たかがヤマト、されどヤマト

2018.10.9 東京・恵比寿 (1)ウラナミシジミ   2018.10.15 (記)

2018.10.9
当面の課題はウラナミシジミ♀のブルーに輝く構造色の撮影。静止でも翅の開き方では捉えられるとは思うが、満足な結果は得られていない。この日は晴れ。まだ半袖でちょうどいいくらいなので、萩の花に集まるウラナミシジミの飛翔も活発だった。背景は花だけでよいので、上から俯瞰的に狙う。ただ、上から撮ることのできる位置にはそれほど来ない。ブルーの構造色が撮れたこの1枚は。残念ながら欠け個体だった。
a0181059_18265078.jpg

横から撮ると、2、4コマ目のように打ちおろした翅ではブルーとなるが、その途中では、3コマ目のように輝かないままである。問題は1コマ目で、右翅は甘ピンだがギラギラのブルー、構造色はピンボケほど輝くのではないかという疑問。
a0181059_18285245.jpg


ここには普通のピンクの萩の他に、10mほど離れた場所に白花の萩もあり、その間を行ったり来たりした。吸蜜する場所は日陰が多くて暗い。
a0181059_19430241.jpg


飛び立ちは速すぎて撮れず、ホバリング気味に花に絡む時を置きピン撮影したが、翅の開きが180度以下では、構造色が出ないようだ。
a0181059_19474240.jpg



メスばかりかと思ったら比較的きれいなオスもいた。飛んでいる時はオスと区別できず、これはメスと間違っての撮影。
a0181059_19464552.jpg


開翅180度でも、ちょっとした差で構造色が出ないのが不思議。
a0181059_19493881.jpg


翅の開きが不十分であるが、動きがあっていい感じだった。
a0181059_19535746.jpg


端にしかチョウがこなかったが、まあいいだろう。
a0181059_19512548.jpg


チョウは中央。全開でピントはきているが、片翅しか輝かず、ブルーも弱い。(チョウを明るくすると白い花がとんでしまう。白い花と暗い色のチョウの兼ね合いが難しい)
a0181059_19525365.jpg


これが本日の一番。エレガントなアングル。
a0181059_20064888.jpg



by otto-N | 2018-10-15 16:17 | Comments(0)
<< 2018.10.9 東京・恵比... 2018.10.3 東京・恵比... >>