たかがヤマト、されどヤマト

2018.10.10 東京・恵比寿 (2)ウラナミシジミ   2018.10.20 (記)

2018.10.10 (午後の部)
午後は曇ってしまったが、再び行ってみる。しかし、萩の花の飛翔は全然ダメだった。花壇に植えられているユウガギクをふと見ると、ウラナミシジミがゆっくりと飛び回っていた。ユウガギクはウラナミには人気がないのだが、この個体はユウガギクに固執しそこから離れようとしない。とまっている時はマクロで、飛び回っている時は広角で撮った。気温が低くなったせいか飛び方は緩い。

ユウガギクの花弁は薄紫色だが白っぽくしかとれなかった。
a0181059_17331119.jpg


とまるたびに撮った。ストローだけにピントが合い、花と後ろの花ボケが重なり面白い絵になった。
a0181059_17371355.jpg


背景はユウガギク一面。
a0181059_17394968.jpg


とても暗かったので画像処理がとても苦しかった。
a0181059_17411110.jpg


翅の開きが不十分なためか、構造色が出なかった。
a0181059_17441214.jpg



F3.2解放だと、後翅の後半にしかピントは来ない。
a0181059_17442985.jpg


2018,10.11
曇っていたが、午後に広角だけ持って行く。ウラナミシジミは出ていたが萩では撮れず。しかし、ニラの花に固執するメスがいた。気温が低いのか飛翔もゆっくり。周りに吸蜜する花の種類がたくさんあっても、ある花だけに固執して吸蜜する個体を目にすることがある。こういう時は、飛び去ってもまた戻ってくることが多い。蜜の吸い合わせの不具合というのがあるのだろうか。
a0181059_17451953.jpg



by otto-N | 2018-10-20 16:06 | Comments(2)
Commented by photobikers at 2018-10-20 20:20
リンク承諾有難うございました。
本日掲載のウラナミシジミいいですね。 身近な蝶達ですが、丁寧に撮られているので、見る側に感動を与えています。
こう撮りたいものです。参考になりますが、此方に蝶がいないのが残念です。
此方では、クロコノマチョウが大繁殖、アサギマダラも平地でのんびりしています。 これからも楽しませてください。
Commented by otto-N at 2018-10-20 22:13 x
photobikersさん、コメントありがとうございます。
今年は遠征することもなく近場ばかりですが、普通種でも撮り方次第で大変身します。
馬子にも衣装ではありませんが、背景とアングルかなぁと思ってます。
いずれにしろ、ブログの諸先輩のコピーから脱却できません。





<< 2018.10.12 東京・恵... 2018.10.10 東京・恵... >>