たかがヤマト、されどヤマト

2018.10.19 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.10.29 (記)

2018.10.19
自宅から徒歩3分のポイント。ウラナミシジミは減るころかと思っていたがそんな気配もなく萩の花の周りを飛び回っていた。イヌタデ・ピンクにオス。
a0181059_12493477.jpg


翅の壊れていないメスを選び、再ぶのを待つ。ムリに飛ばしたら戻って来ない確率大。
a0181059_13135832.jpg


飛び出しは全く撮れない。吸蜜や産卵のために、次の花を物色中のホバリングを狙う。
a0181059_12542310.jpg


ほとんど上から被せ気味に撮影したせいか、質はともかく数だけは大豊作だった。多すぎたので同じ大きさにトリミングし9コマを1セットにした。(縮小しすぎ画像が粗い)
a0181059_13225635.jpg
a0181059_13013545.jpg
a0181059_13015769.jpg


翅の一部だけに日が当たり、ほとんど陰になった画像。日陰の部分はブルーに輝いていた。
a0181059_13043407.jpg


左半分は日陰、右半分は日向。日向の部分もブルーに輝いてはいるが、背景を暗く仕上げないと構造色らしいブルーが目立たない。
a0181059_13073174.jpg


ピンが甘いとブルーがひときわ輝く。
a0181059_13114016.jpg


白花の萩だが、花はずいぶん散ってしまった。
a0181059_12540405.jpg


ツマグロヒョウモンは相変わらず多いが撮ることが少なくなった。足元で突然始まった求愛のダンス。咄嗟にオキピン距離を長くして連写し、やっと入った1枚。
a0181059_14230570.jpg



by otto-N | 2018-10-29 16:43 | Comments(2)
Commented by photobikers at 2018-10-30 10:37
何時みても、ウラナミシジミの飛翔は素晴らしですね。日影気味の方が色よく出ていますね。
ツマグロヒョウモンの求愛飛翔も、都会感があっていいですね。 ランデブー飛行の様です。
Commented by otto-N at 2018-10-30 20:56 x
photobikersさん、ありがとうございます。
ウラナミ♀の表翅は、日が当たっているとブルーが薄くしか見えないので、画像の背景を暗く調整してます。
ツマグロヒョウモンは大きいのでピントの合う範囲が狭いので1頭にも合わないものがほとんどでした。
都会感、後ろの明るい所は道路を挟んだ小学校の校庭です。
<< 2018.10.19 東京・恵... 2018.10.17 東京・恵... >>