たかがヤマト、されどヤマト

2019.1.4 東京都・高尾山  富士山    2019.1.4 (記)

2019.1.4
年末から運動らしい運動をしておらず、高尾山に登ってみた。目的は富士山。当然、ケーブルではなく麓から登る。登山路は稲荷山コース。日当たりのいい道でとても暖かく(それでも最高8℃)、着ていたフリースを脱いでザックにしまう。冬にもかかわらず登山者は多く、ケーブルは長蛇の列。おそらく1時間くらいの待ち時間だろう。フジミドリの季節なら絶望的な長さ。山頂には1時間で到着。山頂も人で溢れていた。富士山には雲一つなく、完璧な姿を見せていたけれど、ここからは枝被りになってしまう。そこで、急階段の登山道を少し降り、紅葉台に行ってみた。人も少なく、ここからの富士山に枝は全く被らない。
a0181059_16471126.jpg
帰りは暗い谷間の6号路から下山したが、すれ違う人の多いこと。冬休みせいか子供連れが目立った。蝶も花もなかったけれど、山道歩きはやはり楽しい。それにしても、高尾山からの富士山はなかなかのものである。前衛の山々の形も富士山の山襞の陰影もすばらしい。




by otto-N | 2019-01-04 20:13 | Comments(2)
Commented by mikiosu at 2019-01-06 05:42
明けましておめでとうございます。
高尾山頂からの富士山、清々しいですね!
昨夏は岳沢で体力不足を痛感したので、夏までに少し鍛え直したいと思っています。
6月頃には下から毎日歩くか…(笑)。
今年も宜しくお願いいたします。
Commented by otto-N at 2019-01-06 16:56 x
mikiosuさん、明けましておめでとうございます。
予想外のなかなかカッコいい富士山でした。
ケーブル始発前の登山道には吸水で降りているとのことなので、それもいいですね。
今年もよろしくお願いします。
<< フライイング・バタフライズ 2... 2019.1.1 新年あけまし... >>