人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

2019.5.2 東京・高尾山麓 ウスバシロチョウ   2019.5.8 (記)

2019.5.2
今年はどうもチョウの発生が遅いようだ。前夜の天気予報は大きく外れ、曇り空。場所によっては雨のようだ。現地に着いてみると、青空が覗き始めた。第一目標はウスバシロチョウ。しかし、1頭が遠くに飛んでいるだけ。付近に花も少なく、さらに採集者。ということで林道を先に進んだが、ミツバウツギはまだ蕾。2つ目のミツバウツギもほとんど蕾。ちょうどクロアゲハが飛んできたが、いつもはいるオナガアゲハさえこれまで1頭も見ていないので、ウスバシロのポイントへ引き返すことにした。しばらく曇っていたが、晴れ間が広がるとウスバシロチョウが飛び始めた。
a0181059_16562535.jpg


ウスバシロの数は少なかった。同時に3頭見るのがやっとというところ。ただ、この場所は併走して横から撮れることがある。カメラを止めるな。この時はうまくいった。
a0181059_16553583.jpg

狙いは青空を入れてのこんな構図だったが、残念ながらキタキチョウ。
a0181059_16575813.jpg


青空バック。とは言っても、上に舞い上がったのを下からあわてて撮っただけ。もっとアンダーにしてあれば光芒が決まったのであるが、F5.6。最初から設定しなくてはムリだ。
a0181059_16591200.jpg


雲が出てくると、気温が低いせいかウスバシロは木の上で休み始めた。近くにいたツバメシジミはほのかな日差しを取り込もうと翅を拡げる。
a0181059_17363553.jpg


すぐ近くに飛んできて翅を半分開き、すぐ飛び去ったトラフシジミ。ピカピカの新鮮個体だった。ただ、このアングルではブルーは輝かない。
a0181059_17372620.jpg


ぽつぽつと雨が降った時間帯もあったが、再び晴れ始めたので奥の林道に行ってみる。しかし、何も飛んでいない。ミツバウツギでアオバ狙いの人はまだ頑張っていた。アオバはまだ来てないとのこと。サカハチチョウの1頭くらいはいるだろうと、さらに20分進み、やっと見つけた。
a0181059_17471954.jpg


例年、コミスジだけはいる林道だが、見たのは1頭だけ。トラフも撮れたしボーズにはならずに済んだので、引き返す。林道入口に戻り期待もせずウツギを見たら、いた。
a0181059_17505635.jpg

ウツギの奥のほうからやっと手前に出てきたのだが、それでも遠かった。日が当たる場所だったので花が白とびする。陰陽の差がありすぎてうまくは撮れないにしても、シャッタースピードが遅すぎた。
a0181059_17541224.jpg


朝、来た時はいなかった道路わき。ウスバシロチョウが舞っていた。中央線に時々電車が通るのだが、ドンピシャのタイミングにはそうは飛んで来ない。
a0181059_23011446.jpg

午後3時、どうやら吸蜜タイムらしい。この下に菜の花が咲いており、吸蜜に余念がなかった。
a0181059_19132952.jpg

菜の花の間にハルジオン。
a0181059_19135145.jpg

背景が遠いと菜の花がまぶしく、どぎつい感じなってしまった。
a0181059_19150842.jpg


ウスバシロチョウは透けた翅の後ろの色がポイントと思うが、なかなか都合のいい場所にとまってくれない。
a0181059_19173188.jpg


黄色く染まった1枚。
a0181059_19204374.jpg




by otto-N | 2019-05-08 19:36 | Comments(2)
Commented by photobikers at 2019-05-11 08:01
流石ですね。撮りはぐれの無い映像の数々。目的の蝶の撮影、此方では撮れない映像ばかりで、羨ましいかぎりです。キタキチョウといえ、山間と青空バック、ウスバシロチョウの飛翔もいいですね。見習います。
Commented by otto-N at 2019-05-11 19:38
photobikersさん、ありがとうございます。
いつも撮り損ねており、その悔しさで毎年同じ場所に通っています。
飛翔はチョウだけを撮るのではなく、チョウの飛ぶ風景を撮りたいと思ってます。
滅多に思ったような構図で撮れないところが面白味ではありますが、いつも落ち込んでばかりです。
<< 2019.5.3 東京・小仏城... 2019.4.29 東京・恵比... >>