たかがヤマト、されどヤマト

2018年 02月 15日 ( 1 )


フライイング・バタフライズ 2017 #11月    2018.2.15 (記)

ヤマトシジミ
江戸川河川敷に青♀探しに通ったのですが、飛翔写真はあまり撮れませんでした。♀は虎の子ですから、そおーっと静止だけ。♂はあまり奇麗な個体がいなかったこともありますが、とにかく♀探しに集中しました。背景のグリーンはヨモギで、ヒメアカタテハも多い場所です。
a0181059_09170230.jpg


太陽光を全面に受け、ピカッと光る瞬間があります。でも、ちょっとピンボケです。
a0181059_09171107.jpg


飛翔中の裏表はなかなか同時に入りません。
a0181059_09171951.jpg


後ろから追うことが多いからでしょうね。もっと背景を入れたいところです。
a0181059_09172721.jpg


土手の上から見下ろしたのですが、川は入らず土手下の道路までしか入りませんでした。もう少し下から狙ったほうがいいのですが、チョウが水平になってしまいます。
a0181059_09173518.jpg



これはムラサキツバメの撮影中、フラフラと飛んできた靑♀が飛び立ったところですが、偶然撮れただけです。スーパーブルーのブルーはどぎつく光を反射します。
a0181059_09174291.jpg


ムラサキツバメ
シャリンバイの植え込みに集まるムラサキツバメについては♂の翅表が第1目的でした。ただ、あまり奇麗ではない個体については飛翔も狙いました。被せ気味にしましたが、角度が合わないと♂のムラサキ色が出ません。静止でも難しいので撮るだけ無駄かもしれません。
a0181059_19375964.jpg


たくさんいる♀は撮りやすいはずでしたが、飛び方が不規則で蝙蝠を連想させます。いずれにしろ、ムラサキツバメの飛翔撮影は昨年も失敗です。
a0181059_11052841.jpg


(フライイング・バタフライズ #12月に続きます)





by otto-N | 2018-02-15 10:12 | Comments(0)