たかがヤマト、されどヤマト

2018年 04月 01日 ( 1 )


2018.3.27 東京都・早春の雑木林 ミヤマセセリ   2018.4.1 (記)

2018.3.27
朝から晴れ。薄雲が拡がる気配もなく、気温は前日よりも高い。この日もコツバメとミヤマセセリを撮りに行く。先にコツバメのポイントに向かうが、いつものルートとは少し異なった道を行くと、笹の原にミヤマセセリが飛び交っていた。午後では見ない場所。気温と日当たりのせいで出て来る時間帯が違うようだ。膝上以上の草丈があるので追いかけにくいので、とまって翅を開いている個体を撮る。朝だと葉上で翅を低い太陽のほうに翅を向ける。まずはレディファースト。
a0181059_09161640.jpg


飛び回る前に体を温めている風の♂。
a0181059_09162390.jpg



ベタ開翅しているよりこちらのほうが美しい。
a0181059_16194567.jpg


飛び立ったので少し追いかけたが、すぐに藪の中に入ってしまい、すぐ見失う。
a0181059_16240918.jpg



道草を食っている時間はないのでコツバメのテリ張りポイントに急ぐ。しかし、暑いせいか、前日とは打って変わって数が少ない。
a0181059_19080105.jpg

低いところにはあまりとまらず、目の高さにとまることが多かった。4枚の表翅を撮るには下向きにせざるを得ないが失敗の山。もどってくるを捉えるのもうまくいかずに終わる。
a0181059_16291320.jpg


安直に、上に飛び出すのを青空が入ればそれでよしと下から狙う。
a0181059_16305644.jpg


コツバメはピーターラビットのぬいぐるみのようだ。
a0181059_16392233.jpg


同じ位置でも背景を変えてみる。いつまでもとまっているのは、他の♂が飛んで来ないからか。(上の4コマ目だけが別個体のようだ。もっとも、美形だけ撮ったのだが・・・)
a0181059_16402677.jpg


ちょっと変わったとまり方。
a0181059_16452504.jpg


ときどきルリタテハが近くに来ていたが、どうやら樹液が目的だったらしい。翅は閉じたままだったが、日射が弱くなった時に翅を開いた。暑すぎると翅を開かないようだ。
a0181059_16482187.jpg



11時すぎにはコツバメが消えたので、ミヤマセセリに専念する。
a0181059_16500776.jpg


飛んでいる場所に近づくが、なかなか置きピン距離まで近づけないし、フレームからも外れてばかりだった。
a0181059_16491774.jpg


それでもあきらめずに走り回る。
a0181059_16555404.jpg


♂と♀の絡み。1枚だけやっと入った。この後、2頭はどんどん舞い上がりコナラの梢の向こうに消えた。
a0181059_16570105.jpg


雑木林を飛び回るミヤマセセリ。私にとっては春の風物詩。でも、今年も惨敗。
a0181059_16584023.jpg




by otto-N | 2018-04-01 19:11 | Comments(4)