たかがヤマト、されどヤマト

2018年 10月 01日 ( 1 )


2018.9.20 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2018.10.1 (記)

2018.9.20
どんよりとした曇り空。半袖では少し寒いくらいなのでカタバミは咲いていないだろうと何も持たずにいったら、半分以上咲いていた。ヤマトシジミも飛んでいるので、カメラとLEDライトを自宅にとりに戻る。
a0181059_14195426.jpg


ライトの届く範囲は50cmほど。置きピン距離は25cmほどなので十分明るいはずなのだが、この程度の明るさではシャッター速度や絞りにほとんど影響しない。撮った画像は暗く、いつものようにソフトで調整せざるをえなかった。ピントは来ているはずなのに輪郭があいまい。曇った日は撮っても無駄かもしれない。
a0181059_14203590.jpg


2018.9.22
薄日が射したり突然射さなくなったり。そのたびに1段露光を変える。が、それを忘れる時がある。そして、こういう時に限って日が翳る。
a0181059_13190861.jpg


飛び立たせ飛翔だが、薄日が射すとこんな感じに翅脈もくっきり撮れる。
a0181059_10140170.jpg


2018.9.23
テニスに出かける前に30分だけ。朝の9時では、いつの間にか太陽が低くなっていた。手元が自分の陰になるので撮影方向が限定される。
a0181059_11184248.jpg


似たような写真しか撮れなかったが、これがチョウの位置としてドンピシャだった。
a0181059_11185773.jpg




2018.9.27
夕方、冷たい雨が上がる。午後5時20分、ふと外を見ると、無数の高層ビルの窓が夕日を反射していた。太陽が沈むころ、街は真っ暗な中にビルだけが輝くことが時々ある。
a0181059_20045139.jpg


その10分後、雲がピンクに染まった。こういう時は西側は夕焼けのはずだがここからは見えない。天気予報を見ていたら、9月に入って東京が晴れたのはたった3日間とのこと。連続18日の雨は100年ぶりだとか。
a0181059_20051091.jpg





by otto-N | 2018-10-01 16:38 | Comments(0)