たかがヤマト、されどヤマト

カテゴリ:未分類( 1193 )


2017.11.24 東京・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2017.12.4 (記)

2017.11.24
昨年はマテバシイの剪定や植え込みの整備などで芳しくなかった東京都下の公園のような所へ行く。ここは自宅から北方向に電車で1時間。この時期、もっと近い所でムラサキツバメを観察したいけれど、発生数が少なく、どうしても少し遠くなる。現場は、入ることのできないフェンスの中にマテバシイがある外側の道路。道路に沿ってサザンカとシャリンバイの植え込みがある。この道路は車の抜け道となっているようで、昼は駐車して(違法)アイドリングしたままで昼寝をしている車が並んでいるし、食事後のコンビニ袋が植え込みに絡んでいるので、写り込まないように取り除きながらの撮影となる。大型トラックが通り過ぎる風圧でせっかくのムラツも飛ばされることも多い。まあ、運転手のみなさんからは、あいつ何やってんだろうと思われているに違いないが・・・

10時ころ着いた時には、シャリンバイの植え込みには早くもムラサキツバメが飛び回っていた。擦れているものが多く、きれいそうな個体を探す。サザンカはたくさん咲いているけれど、吸蜜するのは稀で、ほとんどがシャリンバイの中に潜り込み、葉や茎から汁を吸い、表に出てきては翅を拡げている。そんな中、珍しくサザンカで吸蜜している個体を見つけた。
a0181059_14041325.jpg


ここでは、ムラサキシジミも日向ぼっこに集まる。
a0181059_14103577.jpg



ムラサキツバメは擦れた個体のほうが翅をよく開くし、♂より♀のほうが開く確率は10倍くらい高い。♀は待っているとあっさり開翅してくれる。
a0181059_14115858.jpg


しかし、♂はそうはいかない。葉の上に出て来ても翅を閉じたままのことが多いし、翅を開く個体は擦れたものばかり。しかし、きれいな個体もいるはずとあちこち探しまわる。そんな時、サザンカの花の前にきれいそうな♂が飛んできて開翅した。こうなってはこの♂だけに集中する。開翅する個体は次も開く。近くにも下りてきて開くはずだ。
a0181059_14230219.jpg


少し待っていると近くのシャリンバイの植え込みに潜り込み、ときどき表に出て来ては翅を開く。しかし、太陽の向きを計算しながら頭の方に回り込むが、植え込みは密集しているので近づけずなかなかいい位置では撮らせてくれない。ベストの位置は3コマ目。しかし、一部は葉の影。
a0181059_14274185.jpg


ムラツ♂の幻光は半開翅しているときが一番強いけれど、開き方が狭いことが多く、これまで満足に撮らせてもらえなかった。しかし、これはいい感じ。このブルーにいつも惑わされっぱなしだ。
a0181059_14324410.jpg



さらに道路際にも出て来て半開翅。あわてて飛翔用の21ミリを100ミリに付け替える。間に合ってホッとする。残念ながらこれ以上は開かず、シャリンバイの中に潜り込んでしまう。しかし、前翅の鱗粉列まで写っておりとても嬉しい1枚であった。フラットでも幻光は出るようだ。
a0181059_14394793.jpg



十分に吸汁した後はどこかで翅を開くはずと、植え込みから出てくるのを待っていると、少し遠いが絶好の位置にとまる。頭も下向きだ。300ミリのピントを合わせて待っていたら、突然、開いた。
a0181059_14472001.jpg


数回シャッターを切ってから少し右に寄った時、翅を少しすぼめてから飛び去ってしまう。
a0181059_14461795.jpg


この後、急に日が翳り始めムラツ、ムラシとも姿を消す。しかし、曇ったため、まとわりつくように飛んでいるのは見ていたが、晴れていた時はまぶしくて見つからなかったムラツの塒を発見。300ミリでもこの大きさだが、フェンス内で一番近いマテバシイだった。これで、2つ目の塒。1つ目は1昨年と同じ場所。今年は1つに10頭を越えていた。
a0181059_10225569.jpg


日が翳ってしまった中で、植え込みの上にポツンと取り残された個体。♀か♂かもわからない。とりあえず、横から絞りをF6.3から開けながらフラットに撮ってみる。F2.8にした時、日が射した。日射しがあるのとないのではこんなに色彩が違っていた。
a0181059_16164600.jpg


そして次の行動。開翅して飛び去る。ピントは頭に付近にしか合わなかった。でも、背景のボケ具合はすてきだ。
a0181059_16171530.jpg




by otto-N | 2017-12-04 16:39 | Comments(2)

2017.11.21 千葉県・マテバシイの公園 ムラサキツバメ   2017.12.2 (記)

2017.11.21
江戸川河川敷のヤマトシジミの撮影を止めて、千葉のムラサキツバメを見に行く。ここも、最寄駅から地下鉄に乗りJRに乗り換え、南に約1時間。これも、河川敷に通ったと同様、ラッシュアワーは過ぎたとはいえ、通勤に近い様相。

1年ぶりに現地に着いてみると一部植栽の様子が変わってはいたが、それほどの変化はない。順番にムラサキツバメの塒を見て廻る。まずは落葉樹のモクレンに6頭、有名なカクレミノには約8頭。と、ここまでは例年通りだった。しかし、毎年必ず塒を形成する他のポイントには見落としがあったかもしれないがゼロ。その近くも探したが節穴の目の私には見つけることはできなかった。
a0181059_15182296.jpg


晴れていても気温が低いせいか、飛び回っているムラツはおらず、ムラサキシジミが1頭飛んでいるのを見ただけだった。一巡してから11時半ころ、カクレミノの塒を見たが飛び出す気配もなかったが、モクレンには日が当たり半数が近くに飛び出していた。その中に比較的きれいな♂がおり、モクレンの葉上で翅を拡げてくれたが、少し高かったのでいい色には写らなかった。
a0181059_15255674.jpg


頭を下に向け理想的な構図ではあったけれど、背景の葉の色が明るすぎると翅が露出不足になり、ムラツの構造色を十分に引き出せない感じがする。
a0181059_15262886.jpg


♀はこのモクレンの葉の黄ばんだ淡い緑にとまると、テカる葉とは違った秋の風情を醸し出す。
a0181059_16145696.jpg


それにしても、そのうち落ちてしまうモクレンの葉の上にどうして集合するのだろう。
a0181059_16173464.jpg


P.S.
2107.12.4
晴天の予報にもかかわらず、現地に到着した頃には曇り空。これではムラツはダメだろうと諦め、カメラをザックから一度も出さずに終わる。モクレンはすっかり葉を落とし、カクレミノには1頭だけ(9時には10頭いたとのこと。飛び出しても戻って来なかったようだ)、その近くで3頭、かなり離れた場所に3頭、他に単独で4か所。いずれも、翅を閉じ横倒しのまま、2時間後も最初見た時の姿と寸分違わず同じだった。





by otto-N | 2017-12-02 16:18 | Comments(0)

2017.11.17 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2017.11.30 (記)

2017.11.17
そろそろ最後かなと思いながら7度目の河川敷。少し遅めだが通勤客に混じり、10時の定時出勤、午後3時の定時退社。地下鉄の乗り換え口の混雑を避けるため乗る電車の車両さえも固定されてしまった。

9時59分、最初のブルー。
a0181059_09221214.jpg


雰囲気のいい場所でも開いてくれた。左と右から撮る。真ん中からも撮ったが、縁にピンはこない。
a0181059_09224043.jpg


10時27分、2つ目のブルー。
a0181059_09251049.jpg


いつまでもいたので、撮り過ぎて整理に困るほど数多く撮った。
a0181059_09271032.jpg


しかし、3頭目がなかなか見つからないので、思い切って上流側に1.5kmほどに移動する。夏には多かったとのことだが、擦れた♂が飛び回っているばかり。結局、いつもの場所に戻る。新鮮なヒメアカタテハとヤマト♂。
a0181059_09275214.jpg


13時04分、3頭目のブルー。
a0181059_09370724.jpg


日の高さのせいなのか、とまった位置によるものなのか、これも輝く位置を見つけられなかった。
a0181059_09373127.jpg


13時13分。4頭目かと思ったら、3頭目と同じ個体のようだ。
a0181059_09382616.jpg



14時00分、4頭目はスーパーブルーだった。しかし、1回撮っただけですぐロスト。すぐ見つかると思ったが、発見できずに終わる。撮り逃がしたチョウはきれい。
a0181059_09390710.jpg



14時07分、5頭目。この日のナンバーワン。少し角張った感じがする広い黒帯が目立つ。羽化直のようだった。しかも、この個体を追っているとき、足元からもさらに1頭が飛び出した。迷ったがこちらを追う。
a0181059_09431150.jpg



アングルを変え、色々撮ってみる。
a0181059_09483341.jpg



ベストはやや上からのアングルだった。
a0181059_09521898.jpg



寒いからなのか、ゆっくりとしか飛べない。この後は叢の奥に潜ってしまい見つからなかった。
a0181059_09530617.jpg



14時36分、最後の6頭目。前の個体を追いかけている時に飛び出したものと同じと思う。午後2時半の夕日?を浴びて翅を開き始めた。
a0181059_09555748.jpg


右から左に少しずつカメラの向きを変える。左の翅の付け根が乱れているのが少し残念。
a0181059_09551936.jpg


この位置で微妙にアングルを変え何度もシャッターを切る。
a0181059_09570669.jpg


飛んで細い茎にとまる。開翅するのを待つ。そして撮る。
a0181059_09552715.jpg



15時12分、日が翳ったので待つこと20分。やっと日が射してきた。縁毛まで撮りたかったので、いつもより少し絞り、引いて撮ったラストショット。
a0181059_09584666.jpg


(これで、江戸川河川敷のヤマトシジミは終わります。おつきあいいただいた「はばたき」のFavoniusさんどうもありがとうございました)





by otto-N | 2017-11-30 16:02 | Comments(0)

2017.11.16 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2017.11.27 (記)

2017.11.16
自宅を出る時は風がなかったけれど、河川敷に着いてみると強風。これではダメと諦めていたところ、かなり青い♀を発見。葉の裏にしがみつき翅を開く。
a0181059_17292767.jpg

後ろに回り込む。
a0181059_17305367.jpg


時々風にあおられて翅をパタパタさせるので、そのたびに連写する。この6枚は連続したショットではなく、翅が全開になった時を何度も連写し開いた順に並べたもの。ただ、パタパタと開いた時にはすでに遅く閉じた後。フライングをおかしつつシャッターを切ったのだが、何のことはない、パスト連写なら1発でOKのはずだ。
a0181059_17315645.jpg


かなりブルーの広がったこの個体。自宅でよく見たら、右翅頂部がほんの少し欠け、これまで何度も撮っている個体だった。さすがに最初の遭遇から4日目も経つと、縁毛も荒れており鱗粉も少し剥がれていた。でも、まだまだきれい。
a0181059_18551564.jpg


風が強くてなかなかヤマトシジミは出て来なかったが、新鮮な個体が翅を開いていた。この後は飛ばれて風ですぐロスト。
a0181059_17420112.jpg



午後に見つかったスーパーブルー。しかし、またもや、翅頂部ちょい欠けのいつもの個体。場所が離れていると言ってもせいぜい50m。とまった位置によってはまるで翅は輝かない。
a0181059_17445447.jpg

この♂、何か雰囲気が違う。前翅から後翅にかけての縁取りがみごと。
a0181059_17452966.jpg


地味なブルー。翅の微細な傷と紋から午前中に繁みで開翅していた個体と違うようだ。
a0181059_18115673.jpg



輝く位置を探すが、この個体はこんなところ。光の入射角と反射角が関係しているようだが、靑面積だけではなく、鱗粉の色自体が輝く個体より濃い気がする。青面積の広い個体はブルーが薄い。
a0181059_18121048.jpg
粘ったが強風が収まりそうもなく14時に撤収。




by otto-N | 2017-11-27 16:30 | Comments(0)

2017.11.15 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2017.11.25 (記)

2017.11.15
10時に現地到着。土手の叢に脚を踏み入れてみると、こちらでは明け方の雨が降ったらしくすぐに膝から下はずぶ濡れになってしまった。そして、20mも進まぬ間にゴアテックスインナーの軽登山靴の中はぐしょぐしょになる。

ポイントまで叢の中を行くもののヤマトの♀は見つからない。途中から土手下の道を歩いていると、エノコログサの穂先に逆さになってとまっていた。夜をここで越したらしい。撮影していたらすぐに動きだす。靑面積は広くはないが後翅の白紋が発達したきれいな♀だった。
a0181059_17281503.jpg


位置を変え始めたので急いで下に回り込む。寄り過ぎたがいいだろう。
a0181059_17290188.jpg


エノコログサを入れようと、少し引いて撮ってみる。
a0181059_17284359.jpg


そのうち、翅を開いたまま穂先に登り始めた。
a0181059_17292580.jpg


この前翅の角度、いい感じだ。
a0181059_17300219.jpg


この個体が飛び去った後はなかなか奇麗なブルーは見つからなかった。11時20分、やっと2つ目のブルー。前縁まで靑鱗が載ったスーパーブルーだが、少し擦れていた。
a0181059_17515217.jpg


あまりいい所にはとまってくれないし、翅の開き方は小さかった。
a0181059_17522819.jpg


そして、13時すぎ。飛んでいる時にもひときわ目立つ明るいブルー。
a0181059_17543864.jpg


しかし、撮影中はわからなかったが、あとでPCで見ると、2日前に撮った右前翅頂部にごく小さな欠けがある個体と同じだった。縁毛は少し傷んでいた。
a0181059_17554796.jpg


14路30分撤収。もう気温が低くチョウは不活発。残念ながら傷んでいた4つのブルーも載せておきます。
a0181059_20331453.jpg



by otto-N | 2017-11-25 17:18 | Comments(0)

2107.11.13 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2017.11.23 (記)   

2017.11.13
江戸川河川敷の広大な土手に行く。

朝一番、と言ってももう10時近く。体温を上げるために日を浴びている♂の姿が目につく。
a0181059_09085455.jpg


そのうち、♂が飛び回り始めたが♀は飛び古した個体ばかり。やっときれいなのが見つかった。
a0181059_09120244.jpg


背面から撮るとどれも同じ感じになってしまう。
a0181059_09125091.jpg


飛び移ってクロバーの葉先にとまる。
a0181059_09150172.jpg


そして開翅。靑が輝く位置を探す。
a0181059_20043179.jpg


二つ目のブルー。開き始めたので少しずつ近づく。
a0181059_09175096.jpg


真後ろからV字開翅を狙うがやはり中央しかピントは合わず、少し左により引いて深度を上げてごまかす。ボサボサに見えるけれど縁毛もそろっており新鮮な個体だったがすぐロスト。
a0181059_09185307.jpg


その後はさっぱり奇麗な♀は見つからない。午後になって見つかったちょっとだけ縁毛の擦れたこの個体。朝に撮ったものと似ていると思いつつ、かなりの枚数を撮った。
a0181059_10312184.jpg


後で詳細に調べると午前に撮った個体と同じだった。右前翅の翅頂部付近に小さな欠けがある。
a0181059_09255113.jpg


お決まりのポーズ。南向きの斜面なので撮りやすい。
a0181059_09301862.jpg


右からのほうがよくブルーが輝いた。
a0181059_09322076.jpg


他のブルー。擦れたものも一応撮っておいた。なにしろ老眼なので撮ってからモニターで拡大しないと鮮度が判らない。飛んでいるとき、飛び方と色で♂♀の判定はつく。靑鱗の載りは千差万別。靑が載ってなくても奇麗な個体も多い。
a0181059_09443758.jpg


ヤマトシジミは全開することはほとんどないが、風にあおられ180°の開翅。最高に輝いた瞬間。当然、露出オーバーになってしまったが・・・
a0181059_09493147.jpg





by otto-N | 2017-11-23 08:54 | Comments(2)

2017.11.10 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   201.11.20 (記)

2017.11.10
10時ころ、地下鉄とJRを乗り継ぎ現地に着いてみると、晴れの天気予報にもかかわらず雲が拡がっていた。東京の西と東ではずいぶん天気が違う。でも、青空も見えていたのでなんとかなると粘る。完全に曇るとてきめんにチョウは姿を消す。結局、撤収した14時半まで、晴れたり曇ったりの、風もなくまあまあの天気となった。

11時すぎにやっと見つかったブルー。かなり青いことは飛んでいる時からわかった。撮りやすい場所にとまるのを待つ。
a0181059_17085041.jpg


この河川敷の土手は南斜面。太陽に向かって翅を拡げ頭を上にしてとまることが多い。後ろに回り込み、靑鱗粉が輝くアングルを探す。平地ではないので腹這いになってまで撮る必要がない。
a0181059_17085896.jpg


11時半に見つかった個体はスーパーブルー。黒い部分は前翅先端だけ。ウルトラブルーはもう少し黒部分が小さい。青い鱗粉は細かく翅に載っているので、一見ピンボケかと思うほどだ。♂まがいの♀のブルーは色がうすい。
a0181059_17281296.jpg


薄いブルーだが、やや上から撮るとブルーが濃く輝いた。
a0181059_17310956.jpg


13時に飛び出した一見地味なブルー。
a0181059_17382261.jpg


しかし、靑面積は広くはないがとても奇麗な個体だった。
a0181059_17405691.jpg


ブルーがいちばん輝く位置を探した。輝いたのいいけれど、構図的に不自然だったので少し回転させ縦にトリミングした。(構図的には、上の1コマ目が好きです)
a0181059_17512024.jpg


飛ばれても風がないので追いかけやすい。
a0181059_17392973.jpg


どこから撮るといいのか、飛ばれてとまるたびに色々なアングルを試す。
a0181059_17395582.jpg


カタバミでも吸蜜した。なるべく低い位置から撮る。
a0181059_17462416.jpg


吸蜜時間は短かったが、願ってもみなかったショット。実は2回しかシャッターをきれなかった。
a0181059_17472945.jpg



この後に見つかった2頭のブルー。みんな微妙にブルーが違う。
a0181059_18004146.jpg


この時期の♂は白くて美しい。新鮮な個体が目の前を横切るとついつい追ってしまう。
a0181059_20034162.jpg


白い♂は翅を開いていると遠くからでもよくわかる。この個体は緑の背景の中でとてもきれいだった。
a0181059_20043216.jpg


ベニシジミも飛んでおり、新鮮な個体もまだ見られた。
a0181059_08004422.jpg


少し日が翳り♀も見つからない時間には、21ミリを持ち出した。2~3頭が絡む時もあるのだが、入るのは1頭だけ。そんな画像ばかりだった。
a0181059_20111768.jpg


♀を追いかける♂。♂にはピンがきてないので、♂に追いかけられる♀が正しい。
a0181059_20152290.jpg


モンキチョウも数多く飛んでいた。ただ、季節が季節、ことごとく擦れていた。
a0181059_20192981.jpg




by otto-N | 2017-11-20 20:54 | Comments(0)

2017.11.7 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2017.11.18 (記)

2017.11.7
自宅近くにヤマトシジミはいることはいるのだが、数は少ないし背景がしょぼすぎるので江戸川の河川敷に行く。江戸の祭りの神輿撮影とゴルフで腰を痛めチョウ撮影を休止していた「はばたき」のFavoniusさんに連絡すると静止撮影だけなら大丈夫とのことでご一緒した。

河川敷の土手のどこでもカタバミがあるあるわけではなく、カタバミがあってもヤマトシジミが必ずいるわけではなく、昨年のポイントにはほとんどいなかったので、新たなポイントを探す。♂が飛び交う中にノーマルな靑♀が見つかった。
a0181059_20413180.jpg


右翅をメインにも撮ってみる。真ん中から撮りたいところだが、この開き方では中央しかピントは合わない。
a0181059_20414063.jpg


擦れていたが、靑鱗粉のよく載った♀。撮る角度によってとんでもなく輝く。
a0181059_17210179.jpg


♂は擦れているものがほとんどだったが、新鮮な個体も飛んでいた。どれも似たような感じだが、前翅先端が微妙に異なる。
a0181059_17202574.jpg



土手にはヨモギが多くヒメアカタテハが飛び回っていたが、とても敏感で近づくとすぐ飛び去るものが多い中、やっと撮れた1枚。
a0181059_17215861.jpg



他にはベニシジミとモンキチョウが目につく。第一目標はヤマト靑♀なのでこちらを優先。♂がタンポポに絡んでいた。どうやら、綿毛を♀と間違って誘惑しているらしい。favoniusさんによると、モンキチョウではよく見られる行動とのこと。100マクロをMFに切り替えて連写。
a0181059_17230762.jpg
a0181059_17231547.jpg


ヤマトシジミの♀はそう簡単には見つからず、土手を行ったり来たりして探す。結局、この日撮れたのは数個体にすぎなかった。1コマ目はかなり青かったがいい所にはとまってくれず色もでなかった。4コマ目は擦れてはいないのだが、こんな色あいにしか撮れなかった。靑♀撮影はなかなか難しい。
a0181059_17201187.jpg



2017.11.9
晴れたので行ってみると北風が強い。チョウは出て来てもすぐ風で飛ばされるし、とまってもブレブレ。そんな中に翅の付け根が輝くベニシジミがいたので撮る。赤いとレインボウが目立たない。
a0181059_20133699.jpg


ヤマトシジミは諦め、風が強いためホバリングがちなヒメアカタテハを追う。しかし、速い。すぐ諦めた。
a0181059_11010100.jpg


昼で撤収し上野の「運慶展」へ(前売り券を買ってあった)。登山靴にザックだったが、まあいいだろう(妻の了解済み)。早く着きすぎたので公園内をぶらぶらしていると、季節はずれのアオスジアゲハ(ランタナは好きではないのでしつこくは撮らず)。
a0181059_20134414.jpg




by otto-N | 2017-11-18 16:06 | Comments(4)

2017.11.6 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2017.11.16(記)

2017.11.6
四国旅行から帰った翌日からの3連休は雨続きで1か月できなかったテニス。この日は近所でヤマトシジミを探す。と言ってもも、狭い場所に飛んでくるのを待つだけ。晴れたり曇ったりしていたが、晴れるとせっかくの青♀のブルーがでない。この♀はすぐに♂に見つかり飛び去ってしまう。
a0181059_19582377.jpg

まだ青くないのもいたが、新鮮なので後を追う。
a0181059_20014908.jpg

カタバミは草刈りの後、花が群落になるほど生えてこなかった。数少ないカタバミで吸蜜中、風にあおられ翅が一瞬全開になった。完全に開くことは少ないので撮れるとうれしい瞬間だ。
a0181059_20025520.jpg


おっ大きいと思ったらムラサキシジミ。日が翳ってもしばらく翅を開いていた。
a0181059_20082535.jpg


ヤマトシジミの♂はほとんど飛び古していたが、新鮮なものはきれいだ。しかし、こんな所にしかとまってくれない。この♀は先ほどの個体か。これもなかなかいい所ではとまってくれない。昨年よりは数が多いような気がするが、植え込みと段差で後を追うのが難しい場所なので、ロストしまくりだった。
a0181059_20091505.jpg


(しばらくヤマトシジミが続きそうです)




by otto-N | 2017-11-16 20:21 | Comments(2)

2017.10.30-11.2 しまなみ海道 (4) 多度津町   2107.11.15 (記)

2017.11.2
この日も朝から晴れ。まず、9時の開館に合わせて多度津町資料館に行く。妻の曽祖父は明治時代に多度津から北海道・十勝にやってきたとのことで、ルーツである多度津に一度来てみたかったのがこの旅行の核心。移住時の資料があるかもしれないということで、ここの訪問となった。多度津から北海道への移住時の資料をまとめた本があったけれど、残念ながら、明治20年初めの移住開始直後の記載しかなく、これより遅く移住した妻の曽祖父のことは記載がなかった。気を取り直して、古い建物が混在する多度津の街歩きをする。

古い建物といっても数はそれほど多くはない。道がわかりにくかったが、何とかガイドマップにしたがって歩く。
a0181059_13005563.jpg


人も車もあまり通らない旧市街にあたる場所。なまこ壁の家が所々にあり、古いことは古いがあまりピンとこない。
a0181059_13012614.jpg

やはり豪邸というのが残されていたが、物語りがないので印象が薄い。
a0181059_13014262.jpg


街の中にあるうどん屋は1軒しかなかった。味は外れ。前夜見つけたうどん屋は遠いので行く気がしなかった。他に見どころらしいものもないので、街を一望できる桃陵公園という小山に登る。「一太郎やぁい」という銅像があった。港には「一太郎やぁい」と変な名前の食堂があった。帰ってから調べたら、このへんでは「一太郎やぁい」は有名らしい。
a0181059_13015334.jpg


予定を早めに切り上げ、JRで岡山へ向かう。瀬戸大橋にかかる前のカーブで橋を撮れそうだったので急いでカメラをザックから取り出した。橋の上から遠くに混み合った船が見えたので高速連写したら、橋梁の柱が写っていない1枚があった。岡山では時間がたっぷりありすぎ。岡山からは新幹線ではなく飛行機で帰った。飛行場で、やっと少しはうどんらしいうどんにありつき、ちょっと安かったシャインマスカットとピオーネを買う。
a0181059_13021149.jpg



by otto-N | 2017-11-15 16:51 | Comments(0)