たかがヤマト、されどヤマト

<   2018年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


都心の迷蝶 in the past decade    2018.2.28 (記)

チョウを撮影し始めて8年経ちました。撮影だけのために遠くへ出かけることはほとんどなく、自宅付近(港区・目黒区・渋谷区)で撮ることが多いのですが、こんな超都心にいるとは思われないチョウがいます。紙での記載ではないので正式な記録とはなりませんが、ちょっと面白いと思います。


ミヤマカラスアゲハ  2011.8.29
港区白金台にある自然教育園(正式には国立科学博物館附属自然教育園)のクサギの花に他の黒系アゲハの中に混じって飛び回っていました。この年には、文京区・白山にある小石川植物園でも記録されています。その後、毎年のようにクサギの花咲くころに探していますが、ミヤマカラスアゲハは見つかっていません。
a0181059_19531410.jpg



エルタテハ  2011.11.22
恵比寿ガーデンプレースの高層マンションの植え込みのツワブキにエルタテハが吸蜜していました。残念ながら、当時は広角あるいはコンデジで背景にビルを入れるということを思いつかず、マクロだけでしか撮っていません。遠くから飛んで来たとは思われず、車の中に偶然入り込んだ個体が都内に運ばれ、車外に解放されたものと考えています。飼育品の放蝶も考えられますが・・・
a0181059_17105349.jpg



ギンイチモンジセセリ  2012.5.4
この時期はツマキチョウとトラフシジミを撮影に自然教育園に行くのですが、ギンイチを見たのは後にも先にもこの1頭だけです。湿地周辺にはススキ類の藪が拡がっているので棲息している可能性はありますが、散策路が限定されており、入り込めないので確かめようがありません。
a0181059_17460785.jpg



オナガアゲハ  2012.8.20
高尾山まで行くとオナガアゲハは普通ですが、こんな都心(=自然教育園)にいるとは思いませんでした。2011~2012年には時々見かけましたが、近年では少ないようです。もっと完品の画像もありますが、この擦れた個体は動きがあっていいでしょう。
a0181059_19534249.jpg



クロマダラソテツシジミ  2014.8.29
恵比寿ガーデンプレース・サッポロビール本社の花壇でウラナミシジミかと思って近寄ったらクマソの♂でした。この年の関東でのクマソの第1号でした。近くにはソテツもなく、この1頭だけの発見です。
a0181059_19395108.jpg



アサマイチモンジ  2014.10.18
これも自然教育園です。擦れていましたが、都心では珍しいと思います。しかしながら、イチモンジチョウかもしれません「蝶鳥ウオッチング」のyoda-1さんの鑑別法でも微妙です。ただ、ここではイチモンジチョウでさえ見たことがなく珍品です。ついでに、いそうでいないのがダイミョウセセリとヒメウラナミジャノメで、不思議といえば不思議です。
a0181059_17492839.jpg



オオミドリシジミ  2008.7.1
自然教育園にはコナラの林があり、平地性ゼフィルスのアカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミが細々と棲息しています。ウラゴマダラシジミとミドリシジミはいませんが、オオミドリは10年前には確かに棲息していました。この画像は、自然教育園の我が師匠、「徘徊・・・うろつき回ること」のShinさんが撮影されたものをお借りしました。
a0181059_10575760.jpg



ツマグロキチョウ   2009.9.22
これもShinさんの撮られた写真です。ツマグロキチョウの秋型は棲息地から分散すると聞いていますが、関東の棲息地は山梨県か栃木県です。あまりにも遠く離れているので、なぜ自然教育園で見つかったのか謎のままです。
a0181059_10580536.jpg



明日から3月、そろそろ行動しなくてはいけませんね。Shinさん、貴重な写真をありがとうございました。






by otto-N | 2018-02-28 20:16 | Comments(2)

静止・フリカエリ 2017    2018.2.23 (記)

ウラゴマダラシジミ
毎年、イボタの花が咲く頃にこのチョウを撮りに行くのですが、開翅を撮れずに終わっていました。翅を閉じていた羽化直らしい♀を待ち続け、やっと撮ることができました。しかし、寄り過ぎてしまい(これ以上下がれなかったのかもしれませんが)、縁毛までピントが合っていたのは数が少なく、冷静に距離をおくことも今後の課題です。
a0181059_11405895.jpg


ミドリシジミ
ミドリシジミは写す角度によって青から緑に微妙に色が変わります。頭が向こうに向いた時では後翅は輝かず、横に向いたときは青っぽく撮れるようです。4翅とも輝くのは頭がこちら向きの時で、色も金緑系の色になります。しかし、なぜか目にピントが合わないことが多く失敗ばかりしています。とにかく、1回ごとピントを合わせ数多くシャッターを切る以外、手がありません。これは100ミリマクロで撮りましたが、なかなか後翅までピントが合いません。
a0181059_15553090.jpg


もう少し上から撮ると後翅もはっきりしますが、この画像では目のピンが甘いです。
a0181059_16112669.jpg


こちらは300ミリ。よほど下にとまらないと上から撮り下ろすことができません。それにしても、ちょっと近すぎました。とにかく、こんなにミドリシジミを撮ることができたのは初めてで、近郊ながら前泊した甲斐がありました。
a0181059_11411718.jpg



オオミドリシジミ
早朝のオオミドリシジミのテリ張りは、雑木林に日が差し込むと始まります。最初は頭上で飛び回っていますが、ポツンポツンと日の当たる低木の葉上で開翅します。開翅していても近くに別の♂がやって来るとスクランブル発進するので落ち着きません。オオミドリも頭をこちらに向けた状態なら4枚の翅がすべて輝くはずなのですが、ほとんど頭は太陽と逆の向きで日を浴び、前翅しか輝きません。輝いた翅はまるで鏡のように光を反射します。実際は背景も明るいのですが、絞りに絞っての撮影です。
a0181059_19354543.jpg


頭を下に向けて翅を開き4翅とも輝いていますが、こういうことはめったにありません。ピカピカと輝きすぎ白とびしています。ピントは合っているはずなのですが、拡大して見ると鱗粉列が写っておらず光の点々だけでした。タダミドリと違って、曇っている日には絶対に現れないので厄介です。
a0181059_19452961.jpg



トラフシジミ
ゼフのシーズンはトラフシジミのシーズンでもあります。ポイントに通い詰めて7年目、夏型については開翅する日が予測できようになりました。しかし、スレた個体ばかりなので期待を持てなくなっています。この日も新鮮な個体はあきらめていましたが、ピカピカの個体が1頭だけ降りてきました。路上での吸水中も全開でしたが、路傍の葉の上でも開翅しました。
a0181059_11414740.jpg


上の写真は保全協会の作品展に出品したものですが、ミドリシジミ類と同じく、トラフシジミの場合も構造色は頭を下にした方がよく輝きます。全くブルーに見えない位置もあります。
a0181059_11420538.jpg


ヤマトシジミ
11月にはヤマトシジミの♀探しに奔走しました。♂と見まがうばかりの青♀も見つけましたが、美しいのはほどほどの青♀です。鮮度が大事ですが、光の当たり具合でこれがヤマトシジミとは信じられないくらいに撮影できます。
a0181059_11424395.jpg


前縁まで青鱗粉の載ったスーパー・ブルーです。暗めに撮るとブルーが輝きます。
a0181059_09541752.jpg


スーパーではありませんが、前翅の黒縁が厚く力強い個体でした。
a0181059_09543092.jpg



ムラサキツバメ
ヤマトシジミ探しが一段落した後は、これも懸案のムラサキツバメの♂探しです。素晴らしい輝きのブログ画像を見るたびに、実際の色ではなく画像処理の色と思っていましたが、一度、尋常ならぬ輝きを目にして以来、ムラツ♂を探しています。ムラツの♂も構造色を出すには、頭が下向きのアングルですが、なかなか思うようにとまってくれませんね。この秋にも探すことになりそうです。
a0181059_11430067.jpg

****************************************************************************************************************

以上、飛翔写真を含めて2017年の過去画像の焼き直しをしました。シーズン中にはあまり考えずに掲載していた画像は反省すべき点が多く、たっぷりと時間がある季節、JPEG原画から、トリミング(特に飛翔では水平)や輝度・明暗などの調整を行いましたが、結局、元とはそれほど変わっていないような気がします。(静止画像はシヂミ蝶だけにしました)





by otto-N | 2018-02-23 10:10 | Comments(2)

フライイング・バタフライズ 2017 #12月    2018.2.18 (記)

ムラサキシジミ
千葉のムラサキツバメの集団は12月早々に散り、固体数が減りましたが、逆に、ムラサキシジミが目につきました。蜘蛛の巣に絡んだ枯葉の間をで越冬するようですが、暖かいと外に出て吸水・吸蜜・日光浴など行い、寒くなると塒に帰ってきます。
a0181059_14522881.jpg


チョウが木漏れ日に入った時だけ写り、後は真っ暗です。
a0181059_15353605.jpg


100ミリマクロの撮影ですが、テレコンを挟むか、もう少し近づけばよかったと後悔しています。ただ、近いとピントが合いにくくなるし、何よりフレームが狭くチョウが何処に行ったか判らなくなるので、遠いほうが撮りやすいことは確かです。
a0181059_14575808.jpg


後ろ向きですが、木漏れ日のスポットにちょうど収まりました。やはり、この距離だとチョウが小さいですね。
a0181059_14574823.jpg


モンシロチョウ
毎年、自宅近くの小さな公園の日溜まりにはヤマトシジミが集まりますが、植え込みの手入れのタイミングが悪かったせいか、全くいませんでした。モンシロチョウがアベリアで吸蜜し日向ぼっこをしてから飛んでいきました。後ろの紅葉はコナラです。
a0181059_15035149.jpg




by otto-N | 2018-02-18 10:03 | Comments(0)

「チョウ類の保全を考える集い」 のお知らせ

日本チョウ類保全協会の「チョウ類の保全を考える集い」が、東京と大阪で開催されます。
非会員の方も参加できますので、ぜひご参加ください。


このお知らせは2月17日まで掲載します。
新しい記事は、この下になります。



2月3日(追)
 お知らせしておきながらインフルA型にかかってしまったため、この集いに参加できませんでした。この集会は講演よりその後の懇親会が楽しみという面もあります。とても残念です。記憶している限りではインフルエンザにかかったことがありませんでしたが、イナビルという吸引剤が1回の投与で効きます。ただ、5日間は他人にうつす可能性があるので外出禁止です。
 大阪では2月17日に開かれるので関西の方は是非ご参加ください。

*************************************************************************************************************

1.第14回 チョウ類の保全を考える集い

日時:2018年2月3日(土) 10:30~17:45
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木) 研修室309(センター棟3階)

今年も、毎年恒例の「チョウ類の保全を考える集い」の季節が近づいてまいりました。
チョウや生物多様性の現状と保全を考えるイベントで、各分野の専門家からさまざまなお話をいただきます。
午前中には、アリの巣に幼虫が入って生活するゴマシジミの生態の最新情報について、ゴマシジミとアリを専門に研究しておられる坂本洋典氏からご紹介いただきます。
また、近年では自然エネルギーの利用のために、風力発電や太陽光発電の設備の建設が全国で急速に進んでいますが、環境の改変も強く懸念されています。
発電設備によって起こり得る野生生物への影響、あるいは環境の改変で予想される影響について考える場を企画しました。
さらに、昨年の集いでは世間に先駆けて、海外で問題になっていたヒアリの話題を取り上げましたが、その後、ヒアリの日本への侵入がマスコミを賑わせました。
昨年ご講演をいただいた岸本年郎氏に、国内でヒアリが発見されてからの出来事をお話しいただきます。
最後に、深刻なチョウの保全現場の第一線で取り組んでこられた方々に話題をご提供いただき、各地で減少が進むチョウに
どのように対応していくべきかを、皆さんとともに考えたいと思います。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。どなたでもご参加いただけますので、お知り合いの方にも、ぜひお声をおかけください。

また、プログラム終了後、同施設内のレストランで、懇親会を開催しますので、こちらのご参加もお待ちしております。

プログラム:
10:00~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45~11:30  アリの巣で暮らすチョウ~ゴマシジミ類の不思議な暮らし~
          坂本洋典氏(早稲田大学理工学術院)
11:30~11:50  ゴマシジミの保全活動の難しさ
          中村康弘氏(日本チョウ類保全協会)
11:50~13:00  昼食 (会員総会 11:50~12:20)
13:00~14:30  風力発電・太陽光発電による野生生物への影響
        「風力発電による鳥への影響」
          長船裕紀氏(猛禽類保護センター)
        「太陽光発電による環境改変の実態」 
          永幡嘉之氏(日本チョウ類保全協会事務局)
        「太陽光発電による水生昆虫への影響」
          西原昇吾氏(中央大学理工学部)   
14:30~15:00  ヒアリの侵入とその後
          岸本年郎氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
15:00~15:30  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
15:30~17:30  これからのチョウ類の保全を考える
        「広島県のヒョウモンモドキ保全活動の現状と課題」 岩見潤治氏(ヒョウモンモドキ保護の会)
        「各地で起こる緊急事態への対応」        中村康弘氏(日本チョウ類保全協会事務局)
        「日本チョウ類保全協会による、絶滅危惧種の保全活動」   日本チョウ類保全協会事務局
         総合討論
17:30      閉会
18:00~20:00  懇親会(同施設内のレストラン「カフェ・フレンズ」)会費3,500円(中締め19:30)

●参加お申し込み
参加費:1,000円 
 どなたでもご参加できます。
 事前申し込みがなくても参加はできますが、名札の準備などがありますので、会員の方は、なるべく事前の申し込みをお願いいたします。
 ・お申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com
 
懇親会:プログラム終了後、18:00から同施設内のレストランで、懇親会を開催します(会費3,500円)。
懇親会にご参加を希望される方は、必ず1月30日までに、事前のお申し込みをお願いいたします。
 ・お申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com
 ※懇親会会場:カフェ・フレンズ(センター棟2F TEL:03-3481-9809)

*****************************************************************************************************************

2.第8回関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い

日時:2017年2月17日(土) 13:00~17:00
場所:大阪市立自然史博物館 集会室
   http://www.mus-nh.city.osaka.jp/
   TEL 06-6697-6221


チョウや自然環境の保全を考える「関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い」を下記の要領にて 開催いたします。
今回はニホンジカの被害に対する取り組みと、保全団体の連携によるチョウ類保全の相乗効果に焦点を当ててみました。
ご興味・ご関心のある方はどなたでも参加できますので、是非ご参集下さい。
なお事前の申し込みは不要です(懇親会参加者のみ要申込み)。

プログラム:
<12:30 開場>
13:00~13:05 開会の挨拶  森地重博(日本チョウ類保全協会 理事)
13:05~13:50 兵庫県北部におけるニホンジカによる植生被害とその対策
         菅村定昌氏(豊岡市立コウノトリ文化館自然観察員、NPO法人コウノトリ市民研究所副代表理事)
<13:50~15:20>
    「保全団体の連携による相乗効果 - チョウ類の持続可能な保全活動を目指して」
13:50~14:35 京都府乙訓地域における自然保全団体ネットワーク」
         宮崎俊一氏(乙訓の自然を守る会)
14:35~15:20 兵庫県東播磨におけるギフチョウ保全の地域連携について
         立岩幸雄氏(加古川の里山・ギフチョウ・ネット)
<15:20~15:30 休憩>
15:30~16:10 ヨーロッパ諸国におけるチョウ類の保全活動
         中村康弘(日本チョウ類保全協会 事務局長)
16:10~16:45 チョウ類保全協会の活動報告
         日本チョウ類保全協会
16:45~17:00 閉会の挨拶  松村行栄(日本チョウ類保全協会 代表理事)
<17:30頃 懇親会>

連絡先:森地 papiliomorichi@leto.eonet.ne.jpまたは090-4292-5897まで
参加費(資料代):500円(+入館料300円)
主催:日本チョウ類保全協会、大阪市立自然史博物館

■ 懇親会
懇親会費 :3000円 (予定)
参加希望者は2月10日までに必ずご連絡をお願いします。
(会費は当日会場で徴収します)

以上、どうぞよろしくお願いいたします。

*************************************************************************************************************
特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 事務局 井上晴子

   140-0014 東京都品川区大井4-1-5-201
TEL/FAX 03-3775-7006 携帯:090-5574-5433
   Email: jbutterflyconservation@gmail.com


by otto-N | 2018-02-17 20:04 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2017 #11月    2018.2.15 (記)

ヤマトシジミ
江戸川河川敷に青♀探しに通ったのですが、飛翔写真はあまり撮れませんでした。♀は虎の子ですから、そおーっと静止だけ。♂はあまり奇麗な個体がいなかったこともありますが、とにかく♀探しに集中しました。背景のグリーンはヨモギで、ヒメアカタテハも多い場所です。
a0181059_09170230.jpg


太陽光を全面に受け、ピカッと光る瞬間があります。でも、ちょっとピンボケです。
a0181059_09171107.jpg


飛翔中の裏表はなかなか同時に入りません。
a0181059_09171951.jpg


後ろから追うことが多いからでしょうね。もっと背景を入れたいところです。
a0181059_09172721.jpg


土手の上から見下ろしたのですが、川は入らず土手下の道路までしか入りませんでした。もう少し下から狙ったほうがいいのですが、チョウが水平になってしまいます。
a0181059_09173518.jpg



これはムラサキツバメの撮影中、フラフラと飛んできた靑♀が飛び立ったところですが、偶然撮れただけです。スーパーブルーのブルーはどぎつく光を反射します。
a0181059_09174291.jpg


ムラサキツバメ
シャリンバイの植え込みに集まるムラサキツバメについては♂の翅表が第1目的でした。ただ、あまり奇麗ではない個体については飛翔も狙いました。被せ気味にしましたが、角度が合わないと♂のムラサキ色が出ません。静止でも難しいので撮るだけ無駄かもしれません。
a0181059_19375964.jpg


たくさんいる♀は撮りやすいはずでしたが、飛び方が不規則で蝙蝠を連想させます。いずれにしろ、ムラサキツバメの飛翔撮影は昨年も失敗です。
a0181059_11052841.jpg


(フライイング・バタフライズ #12月に続きます)





by otto-N | 2018-02-15 10:12 | Comments(0)

フライイング・バタフライズ 2017 #10月    2018.2.9 (記)

アオスジアゲハ
Sビールの花壇のノコンギクには、イチモンジセセリ、ヒメアカタテハ、ヤマトシジミ、ウラナミシジミ、アオスジアゲハ等が来ていました。花壇に地味なノコンギクを植えるとはちょっと粋な計らいですが、枯れた部分もあり背景としては難しいものがありました。
a0181059_17265518.jpg


ウラナミシジミ
近くに萩にウラナミシジミが集まり時々絡みます。手前の♂は全くピントが来ていませんが、♀の翅の一部が輝いた瞬間です。翅のしなりも気に入ってます。
a0181059_17325228.jpg


チャバネセセリ
自然教育園のオオニガナの花の明るい黄色が好きですが、狙っていたキタテハは少なく、セセリばかりでした。
a0181059_17345972.jpg


ウラギンシジミ
10月下旬ともなると、人通りもある道路脇の植え込みにウラギンシジミの♀がよく日向ぼっこをしています。少しくらい脅かしてもまた戻ってくるのはどうしてでしょうか。
a0181059_17421505.jpg

(フライイング・バタフライ #11月に続きます)





by otto-N | 2018-02-09 16:20 | Comments(2)

フライイング・バタフライズ 2017 #9月    2018.2.4(記)

ウラナミシジミ
9月はウラナミシジミばかり撮っていたような気がします。毎年、集まる花が決まっているとはゆえ、擦れ個体ばかりの時もあり思うようには撮れませんでした。
a0181059_15400613.jpg


♀は構造色をなんとか撮りたいと♂以上にシャッターを切りましたが、やっと1枚だけ。しかし、翅はただ開いているだけで飛翔感を捉えることができませんでした。
a0181059_15472117.jpg



ドンピシャでしたがチョウの位置が悪く大きくトリミングしました。いつもこのくらい合えば気持ちがいいのですがめったにありません。
a0181059_15520223.jpg


産卵のためにクズに時々まとわりついていました。もう少し左は完全に逆光、背景にビルを入れるために位置がかなり限定されました。
a0181059_11041119.jpg


イチモンジセセリ
花壇にはセセリが群がっています。イチモンジセセリの飛び出しですが、花はリアルに写るよりぼおーっと写っているのが好みです。この距離加減が難しいです。
a0181059_16004342.jpg


チャバネセセリ
イチモンジセセリの他、チャバネセセリも集まります。こんな地味なチョウの背景としては、暖色系の花は派手すぎるので、明るめにして色を押さえました。
a0181059_16024422.jpg


ヒメアカタテハ
例年よりヒメアカタテハが多かった秋でした。ピントが甘いですが、少しだけ植えられていたコキアの背景です。
a0181059_13545619.jpg

(フライイング・バタフライズ #10月に続きます)





by otto-N | 2018-02-04 10:36 | Comments(0)