たかがヤマト、されどヤマト

<   2018年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2018.6.22 東京・奥多摩 メスアカミドリシジミ   2018.6.29 (記)

2018.6.22
現地に着いたのは9時30分。まだ、アイノミドリシジミがテリ張りしていたが、高い位置だったので1枚も撮れずに終わる。少し移動してメスアカミドリシジミが現れるのを待つが、薄い雲が拡がり気温が20℃と低いせいか、一向に出て来る気配はなかった。別の場所を探すが晴れなければ暗すぎるポイント。諦めかけた正午すぎやっと青空が出てきた。少し待っていたらメスアカが現れた。しかし、とまった場所は7~8m先、しかも目の高さより高い。300ミリでまるで米粒の大きさ。そして、半逆光。露出補正に手間取る。(トリミングなしでこの大きさ)
a0181059_17205696.jpg


別の1頭がやってきたが卍には至らず、また同じ場所に舞い戻り半開翅したが、その後は翅を閉じて動かない。
a0181059_17252435.jpg



その向こうにはミスジチョウが舞っており、遠いが連写する。(ピンボケです)
a0181059_17305957.jpg



どうやら産卵行動らしい。モミジの葉先で何度か腹部を曲げていた。葉の先端に産卵するようだ。
a0181059_17324234.jpg



ミスジチョウが飛び去って後もメスアカは同じ場所にいた。少し距離があるが、この上では先ほどから2頭のメスアカが飛び回っていた。しかし、下には降りて来ない。卍飛翔が成立するためにはもう1頭が来なければいけないのだが、その1頭が現れない。そのうち、少し葉先を移動してゆっくりと全開した。
a0181059_17424075.jpg


急いで正面に回ったが翅を閉じ始めた。この後、この枝の向こうの見えない位置に行ってしまった。
a0181059_17444229.jpg


しばらく待ったが現れなかったので、ここを諦め帰路の途中、こんな所でという場所でテリを張っていた。距離は10m超。1.4倍のテレコンを挟む。背景としては悪くないけれど、ここも半逆光。(あまりにも小さいのでトリミングしてます)
a0181059_17501044.jpg


もう1頭向こう側にいるようで、時々絡むが長時間の卍飛翔はせず。先ほどからいる左翅先が少し欠けた個体がまだまだ遠い場所に戻ってくる。
a0181059_17533514.jpg

14時過ぎ、欠けのない個体が近くにやって来たが、頭の上。
a0181059_17554941.jpg



飛んで戻ってきても頭上。
a0181059_17572532.jpg


結局、撮影を諦めたのは14時20分。メスアカのテリ張り時間は思ったよりも長かった。あれだけ気温が低かったのに山を下りると車載温度計の気温は29℃。山の中だけが天気が悪かったとしか思われなかった。




by otto-N | 2018-06-29 16:14 | Comments(2)

2018.6.21 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.6.27 (記)

2018.6.21
暗くなったり少し明るくなったり、そして雨は降らない梅雨らしい梅雨空。21ミリだけを持って近くを散歩。サッポロビール本社前にモンシロチョウが数頭。暗いけれど、梅雨らしい感じが出ればそれでよし。
a0181059_09265863.jpg



少し明るくなると葉上で休んでいたモンシロチョウが飛び出す。もっと道路に近い所で撮りたいところだが、たまにしかそこへは飛んでくれない。
a0181059_19470418.jpg


アゲハがブッドレアに吸蜜にやってくる。置きピンでノーファインダーで撮っていたら(1コマ目)、MFのままファインダーを覗きカメラを動かすことによってピントを合わせるといいことが判明。飛んだ瞬間、シャッターを切る。広角だと望遠より簡単だ(2コマ目)。
a0181059_19482784.jpg


ヤマトシジミの♀が飛び出す。いつもならマクロで撮るのだが、しかたがなく21ミリで撮る。日射しがないので真上から撮ってみたら、結構いけるではないか。(トリミングはしました)
a0181059_19591861.jpg


近くの花に飛び移り、全開翅。少しだけ傷があるけれど、真っ黒くてなかなか奇麗。
a0181059_20011669.jpg


小飛した瞬間、いままで全く姿を現わさなかった♂が突然現れる。そして、瞬く間に交尾成立。晴れていなければ、陰ができないので接近できる。少し絞っただけのF3.5だと背景もボケていい感じだ。晴れていると、背景がうるさいだけかもしれないが、またやってみよう。
a0181059_20032049.jpg



by otto-N | 2018-06-27 16:41 | Comments(0)

2018.6.19 東京・恵比寿 ジャコウアゲハ   2018.6.25 (記)

2018.6.19
前日は梅雨らしい曇り空だった。裏の小公園に行くと♂のジャコウアゲハがいた。この界隈ではジャコウはとても珍しく、これで2回目。どんよりとした曇り空で撮影してみたが暗すぎてことごとく失敗。この日は朝から晴れたので行ってみるとアベリアの花の間を飛び回っていた。一晩ここで越したらしい。
a0181059_17314322.jpg



♂のジャコウアゲハは毒々しい腹部を撮らねばと、順光側に何度も回り込む。
a0181059_17321468.jpg


近くに発生していたらもっと頻繁に見てもいいはず。右前翅に穴があき、左前翅も千切れそうだ。どこからか流れ着いたようだ。ピカピカの新品ならきっとカラスの濡れ羽色だろうと思うが、まだそんな個体をまじかに見たことがない。
a0181059_17323643.jpg


少し休んでは目より低いところばかり飛んでいた。光芒を入れようとカメラをその下に入れたが全部失敗。
a0181059_17371046.jpg


背景が木ではなく青空だとよかったのだが、めったにないジャスピン。
a0181059_17390618.jpg

P.S.
先ほど(25日、16時ころ)この公園を通り抜けたら、ジャコウアゲハがアベリアの間を力なく飛んでいた。尾突はなく翅は無残な状態だったが、飛び方からかろうじてジャコウと判断できた。複数いるとは思われず、おそらく同一個体であろう。





by otto-N | 2018-06-25 16:24 | Comments(0)

2018.6.14 山梨県・ゼフィルスの林道 アイノミドリシジミ   2018.6.23 (記)

2018.6.14
不覚だった。スマホのアラーム音がゼロになっていた。せっかくポイントに近い場所に宿泊したのに、目が覚めたのは8時20分。朝食を少しだけ食べ、一人で現地に向かう。林道に着いたのは9時30分。予定から1時間も遅れてしまった。とにかく、アイノミドリシジミを探すが見つからない。今日もだめかと思った時、下草を飛び回る1頭を見つけた。翅を開くことを期待したが、ちらっと表翅を覗かせただけだった。
a0181059_17453807.jpg


この個体を追っているうち卍飛翔に遭遇したが、暗くて手も届かなかったので、次に備えて一脚とビデオライトを装着する。しかし、その後は卍は見られず。林道を歩いているとアイノはすぐ見つかった。
コンクリの上で翅を開くが、背はこちら向き。前翅しか輝かない。
a0181059_15091991.jpg


その後もアイノは見つかった。しかし、翅を少し開くだけで、小さく飛んでは吸水を繰り返していた。飛んだ瞬間を狙うがピントを外してばかりいた。
a0181059_15103257.jpg


これが一番開いたシーン。もう少しというところで飛んでしまった。
a0181059_17460055.jpg


10時にアイノは消えた。メスアカを待つが12時を過ぎても現れず。擦れたウラゴマダラシジミと新鮮なヒメキマダラセセリを撮って終わり。
a0181059_15171079.jpg


妻はこの間、行く所がなく距離(約10km)と時間(約3時間)から、全くチョウには興味がないけれど長坂駅~日野原駅間の「オオムラサキ自然観察道」を散策。12時半、少し早めに日野原で合流し、長坂の「翁」に蕎麦を食べに行く。ここの蕎麦を食べて蕎麦に開眼したのだが、手打ち蕎麦のおいしい店が各地に増えたせいか、昔ほどの感激はなかった。



補追
6月8日に撮影した黒っぽいヒメシジミはどこが違うのだろうか?と思って、青いシジミの鱗粉を調べてみました。そのヒメシジミの画像。
a0181059_15363335.jpg


これまで撮っていたブルーのシジミ画像を1000×1000ピクセルに切り出して並べてみました。(掲載するため縮小しています)
a0181059_15384880.jpg
a0181059_15390453.jpg
a0181059_15392054.jpg

アサマシジミ :2、8、9
ヒメシジミ  :1、3、4、11、12
ツバメシジミ :5
ヤマトシジミ :6、7
シルビアシジミ:10


アサマシジミは色合いで他と区別できますが、靑鱗粉の形がすべて「毛状鱗」という点で他と決定的に違うようです。青いツバメもヤマトもシルビアも、青鱗粉は板状の「普通鱗」です。ヒメシジミはどうかというと、前翅も後翅も青い個体は色合いが違っても普通鱗。しかし、黒っぽい個体は、後翅は普通鱗ですが、前翅の一部が毛状鱗になっているように見えます。特に、冒頭の個体は前翅中室が毛状鱗化しています(3)。大げさに言うと、アサマ化したヒメがいるということになります。遠くに行かなければヒメシジミがいないので撮影機会がほとんどありませんが、斑紋だけでなく色合いにもバリエーションが豊富で面白いチョウだと思います。これまでは、(12)のように全体が明るく輝くブルーを探してきましたが、黒い中にブルーを筋状にまき散らす個体もなかなかです。5年前の異色同花のヒメシジミ。
a0181059_08284202.jpg




by otto-N | 2018-06-23 16:12 | Comments(4)

2018.6.13 山梨県・入笠山 スズラン   2018.6.21 (記)

2018.6.13
晴れた日が続きそうなので、スズランを見に山梨の入笠山に行く。麓から富士見パノラマスキー場のゴンドラで登ると簡単だが、沢入登山口まで車で行き、そこから登る。登山口の標高は約1500m、入笠山は1955m。途中に湿原があり100万本のスズランが自生しているという。

登山口の駐車場のウツギにヒョウモンが来ていた。とても敏感で近づくたびに飛び去ったがやっと撮ることができた。ウラギンヒョウモンだった。
a0181059_12492051.jpg


杉やヒノキではなく、北方系の松と落葉松にミズナラが混じる明るくて気持ちのいい登山道だった。
a0181059_08482184.jpg


例によって花を撮りながら登る。3コマ目はギンラン。
a0181059_12522655.jpg


40分ほどで湿原に出た。出たところでクリンソウ。
a0181059_12552081.jpg


湿原の木道を進むと一面に黄色い花。落葉松と青空が美しい。黄色い花はウマノアシガタと判明。
a0181059_12560454.jpg


木道をゴンドラ駅の方に登ると、この湿原を見渡すことができる。入笠山頂はこの写真、向かって左の方。スズランはどこにあるかと言えば、エッと驚くかもしれないが、このグリーン全部がスズラン。北海道生まれなのでスズランに驚くことはないのだが、意表を突かれた。
a0181059_12580024.jpg


久しぶりに見るスズランだった。
a0181059_13055445.jpg


日が照りつけるたびにスズランは一斉に香りを発する。昔、天然のスズラン香水というのがあったことを思い出す。
a0181059_13063557.jpg


もっと下からのアングルで蕊も撮りたいのだが、バリアングルでなければ不可能のようだ。
a0181059_13121324.jpg



撮っても撮ってもきりがない。可憐そのもの。
a0181059_13125621.jpg


先日登った赤城山系・荒山で初めて見たクリンソウはこの湿原の至る所に咲いていた。珍しいと思っていたが、ある所にはあるという感じ。4コマ目はアマドコロ。
a0181059_16175810.jpg



山小屋の前で休んでいる時、目の前に咲いていた小さな花。キウリグサというらしい。
a0181059_13265162.jpg



もう咲き終わったと思っていたアツモリソウが山小屋・山彦荘の庭に咲いていた。ランの一種。花はかなり大きい。特定国内希少野生動物種。
a0181059_13274463.jpg



こちらはキバナノアツモリソウ。同じくランの類。絶滅危惧1B。菅笠をかぶった女性のようで、とにかくユーモラス、あるいは不気味ないでたち。最初に見た時は食虫植物かと思った。
a0181059_13301596.jpg


その後ろにはこんなふうに並んで咲いていた。山小屋の庭だが、盗掘されたこともあったとのこと。
a0181059_13302826.jpg


湿原を後に入笠山の山頂を目指す。途中、夏にお花畑となる開けた斜面があり、そこにもスズランが咲いていた。ツマトリソウも咲いていたので撮る。
a0181059_16403063.jpg


湿原から40分ほどで、団体客でごった返す広い山頂に到着。南アルプスから北アルプスは雲がかかってよく見えなかったが、八ヶ岳は真正面。
a0181059_16440681.jpg


さて下山にするかと思った時、キアゲハを発見。例によって「テリ張り南半分の法則」。八ヶ岳バックの位置ではほとんど飛び回ってくれなかった。10分ほどで、日が翳ってしまいお終い。
a0181059_16513040.jpg


下山後、この日の宿の長坂に向かう。宿はバブル期に建てられた広大な新宿区のリゾート施設。他区民は少しだけ高いが区民でなくとも宿泊可能。ただし、いつも空きは少ないようだ。夜、ホタル観賞ツアーがあったので参加。すぐ近くかと思ったが、何と高速で辰野町に向かう。16日からホタル祭りとのことだが、すでに多くの人出。駐車場は満車。暗闇をぞろぞろ歩くとポツンポツンとホタル。さらに先を進むと数が増え、これはというポイントにはカメラマンの三脚が林立。一応、カメラを持ってきたので、橋の欄干に載せバルブ撮影。モニターが明るすぎ、周りに迷惑をかけるのでホタル観賞にはNG。モニターを消す方法がわからなかったので数枚だけ撮る。その1枚に20個ほどの光が写っていた。
a0181059_16444954.jpg



by otto-N | 2018-06-21 16:13 | Comments(0)

2018.6.8 山梨・山道の傍ら  ヒメシジミ   2018.6.19 (記)

2018.6.8
メスアカミドリシジミの卍飛翔を一脚撮影をやってみたいと、目の高さで卍飛翔をしたことのある山梨の林道に出かける。着いたのは9時40分。アイノミドリシジミのテリ張りの時刻が終わるころ。最後の卍に間に合ったものの一脚が届かず撮影は失敗。テリ張りの位置が高く、しかも逆光。1枚、チラッと開いたところが撮れただけだった。
a0181059_11083680.jpg


アイノミドリはテリ張りの後、路上に降りてきて吸水することが多いが、全く見つからない。アイノの後はメスアカミドリも飛び始めるはずなのだが、卍飛翔は見られず時間だけが過ぎていく。この林道は他のゼフもいるはずなのだが、出てきたのはミズイロオナガシジミだけだった。草蔭に入ると緑色を反射するのか緑に染まる。
a0181059_19375237.jpg


12時を過ぎたのでメスアカミドリを諦めアサマシジミを探しに行く。標高が少しあるせいかヒメウツギがまだ満開で、アサマイチモンジが来ていた。だが、とても敏感。4コマ目は、ふつうのイチモンジチョウ。アサマイチモンジのほうが白帯が広いので豪華な感じ。
a0181059_11145233.jpg


イボタで吸蜜するイチモンジチョウのシルエット。
a0181059_11184622.jpg


暑いのでアサマシジミは藪の中で休んでいる時間帯。食草に食痕はあったが3か所ともアサマは見つからなかった。4か所目は1昨年前、道路整備でナンテンハギが刈りとられた後も(幼虫期?)まだ生えて来ておらず、ブルーが見事なこの個体群は消滅した可能性が高い。4か所目に移動中に遭遇したメスグロヒョウモンの♂。
a0181059_11250494.jpg



かなり離れた5か所目。大きかったのでアサマかと思ったが、よく見るとヒメシジミ。
a0181059_11273106.jpg


近くには数頭のヒメシジミが舞っていた。大きさの大小はあるが、これまで見たヒメシジミとはちょっと様相が違っていた。ブルー面積が狭くブルーも輝かず、毛深い感じ。
a0181059_11330034.jpg



裏を撮りたかったが、すぐ翅を開く。まだ、♀は発生していないようだ。
a0181059_11332826.jpg


後翅がほとんど黒い個体もいた。
a0181059_11343988.jpg



かなり大型で一瞬アサマと思ったが、これもヒメ。
a0181059_11374366.jpg


大型で飛び方も明らかにヒメシジミと異なる個体が現れた。追っていると、すぐとまって翅を開いた。アサマシジミだった。もう少し背景がすっきりした所にとまって欲しかったが、撮れたのはこのショットだけ。すぐ飛び去ってしまう。
a0181059_11404771.jpg


次に現れた個体は残念ながら羽化不全。
a0181059_11431215.jpg


ヒメ?アサマ?。飛び方から前者。小型で色も違う。
a0181059_11435516.jpg


びっくりしたのはこのブルー。ヒメシジミ、恐るべし!
a0181059_11471050.jpg

その後、アサマは何頭か飛んでは来たけれど日射しが強く気温が高いためか、とまらずに過ぎ去る。3時過ぎ、厚めの雲が拡がりヒメシジミも出てこなくなったので撤収。




by otto-N | 2018-06-19 16:55 | Comments(0)

2018.6.3 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.17 (記)

2018.6.3
日曜日も朝から晴れ。11時まで撮影する。しかし、前日と打って変って数が少ない。
a0181059_14562565.jpg


また、開翅する個体も少なかった。もう、吸水する必要はなくなったのだろうか?
a0181059_14572718.jpg



2018.6.5
前日の月曜日は休園日。自宅に閉じこもっているのももったいないので自然教育園に行く。日曜日よりも数は多かった。ほとんど擦れているのにピカピカの個体も混じっていた。しかし開かず(3コマ目)。
a0181059_15043412.jpg


散ったムクロジの花の上を飛び回るトラフシジミ。
a0181059_15124994.jpg



当然、上から撮らないとブルーは出ない。これでは、まるでムラサキツバメだ。
a0181059_09060928.jpg



3コマ目はふらふらと飛び回るルリシジミ♀。
a0181059_15120553.jpg


オオウラギンスジヒョウモン♂が池付近にいるというので駆けつけたが見つからず。数日前には羽化直のミドリヒョウモンがいたとのこと。両種とも秋にはよく見るが、ここで生まれ夏眠しているのだろう。ベニシジミ、キマダラセセリ、ヒカゲチョウが出ていた。
a0181059_15225567.jpg


珍しくヤマトシジミ。しばらく撮っていなかった気がする。
a0181059_15211805.jpg

かくして、2018年の夏トラフは終了。





by otto-N | 2018-06-17 16:18 | Comments(0)

2018.6.2 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.15 (記)

2018.6.2
トラフシジミの開翅予定日。しかし、土曜日なので11時までの撮影。9時の開園とともに入ると路上のスポットにトラフが数頭舞っていた。そして、次々と開翅する。
a0181059_14310711.jpg


しかしながら、前日とは異なりほとんどが擦れた個体ばかりだった。
a0181059_14343215.jpg



奇麗な個体はなかなか見つからない。開いても路上だけだった。
a0181059_14333298.jpg


これもだ。路上だと開いても嬉しさは50%。
a0181059_14372798.jpg


やっと葉上で開いたけれど色が出ない半逆光。また、翅の開きもここまでだった。
a0181059_14381403.jpg


あまり奇麗でない個体は少し飛んでもらったが、いつものことながら、飛び出す方向が全く予想がつかず、うまく撮れなかった。
a0181059_14401581.jpg

雨が降らず3日目に突入。トラフシジミは次々と路上に舞い降りてきて吸水する。翅も開くが180度までは開かなかった。翅を開くには気温が高すぎたのかもしれない。また、トラフ開翅日の予想はついても、鮮度的には遅くピカピカの個体は宝さがしに近い状態です。





by otto-N | 2018-06-15 16:21 | Comments(2)

2018.6.1 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.13 (記)

2018.6.2
1週間前、トラフシジミが1頭出たとのこと。トラフの特異的開翅日の条件を満たしていないけれど、そろそろ数が増えているかもしれないと朝一番で出かける。

トラフシジミはすぐに現れた。というより、9時の開園前にはもう路上に集まっていた。トラフはこの時期、日に照らされた路上で吸水する。夏トラフはムクロジの花の季節でもあるが、落ちた花で吸蜜している個体も多い。路上だけではなく湿った倒木や下草でも吸水する。
a0181059_08320039.jpg


葉の上に落ちたムクロジの花にも吸蜜する。この花はよく見ると王冠型でちょっと可愛い。
a0181059_08422387.jpg


ルリシジミの♀が多かった。擦れてはいるけれど。
a0181059_08433523.jpg


トラフと紛らわしいのはムラサキシジミ。何化目だろうか、新鮮だった。
a0181059_08464501.jpg


トラフは路上に降りてきて吸水後、満足すると近くの下草にとまり翅を開くことがある。この個体はちょっと変わっていた。縁毛の擦り切れは全くなく新鮮だったが構造色が出なかった。1コマ目、当然ブルーになると思ったがムラサキのまま。少しずつアングルを変えるが後翅だけが少しブルーになるだけ。
a0181059_08520130.jpg


少し下から右翅をフラットに撮ってみてもあまりブルーにはならない。前からでは逆光になってしまうし、回り込めない場所。
a0181059_08573879.jpg



結局、ほぼ真上からが一番ブルーだった。翅の開き方が足りなかったのかもしれない。左翅に擦り傷があったのが惜しい。
a0181059_08552466.jpg


小飛しても開いたが不思議なムラサキ色。このアングルから構造色は出ないことが多いが、こんな色は初めてだった。
a0181059_09005585.jpg


開翅した2つ目の個体。これも新鮮だったが撮りにくい位置。メタリック・ブルーに輝いたが、向こう側が明るすぎるし、光の当たり具合で翅脈に陰影がつきすぎた。
a0181059_09043468.jpg



3つ目の個体は一番のブルーだった。全開翅した時は位置にもよるが四翅ともブルーに輝く。これは日陰で開いた。翅に小さな穴があき擦れていたのが、ただただ残念だった。擦れていてもブルー、ということは鮮度ではないのかもしれない。
a0181059_09454936.jpg


路上吸水中にも翅を開く場合もあるがほとんどは翅を閉じたまま、長時間吸水する。近寄っても逃げないので散策者に踏まれることもある。そんな時は飛んでもらいますが、簡単には撮れるものではありませんね。トラフの飛翔も3度まで。それ以上するといなくなってしまいます。
a0181059_09421334.jpg



by otto-N | 2018-06-13 16:23 | Comments(2)

2018.5.29 埼玉・夕刻のハンノキ林 ミドリシジミ   2018.6.11 (記)

2018.5.29
前日は地上1.5mほどの高さまで卍飛翔で何度も降りてきたのに、曇っていて暗いとはゆえ、うまく撮れずに終わった。この日は夕方まで快晴が続きそう。もう一度行ってみるかと出かける。

もっと遅くてもいいのだが、早めに来てしまう。林縁の空間にはキタテハが飛び回っていた。暗がりのミズイロオナガシジミが目につく。ウラナミアカシジミはいたけれどスレが目立つ。16時半ころ、♂が集まり始めたが数はそれほど多くはなく、翅も開かない。
a0181059_09054828.jpg


カメラを一脚に取り付け準備を始める。17時すぎ、やっと卍が始まる。しかし、広い藪の真ん中に降りていくばかり。全然、近くにはやって来ない。300ミリで連写するが米粒の大きさで途中で撮る気も失せてしまう。前日とは違って風があり風下に流されている気がするが、これがこのポイントの正常な飛翔ルート。前日が例外だったと考えるべき。樹上に集まり始めた時には、翅を開くことのなかった♂は卍が始まると全開し自分をアピールする。ほとんど撮影不可な高い位置。しかし、時々、戦闘に負けたのか、下のほうにやって来る個体もいる。テリ張りの一等席は、夕日をたっぷり浴び見通しの効く地上3~5mの枝先のようだ。
a0181059_09320079.jpg


夕日を浴びて輝くミドリシジミ。
a0181059_09324637.jpg


遠いのでマクロでは無理だが、煌めくグリーンが美しい。こうして自己アピールに余念がないが、近くに別な♂がやってくると卍飛翔が始まる。すぐ決着がつき、卍まで至らない場合がほとんどであるが・・・
a0181059_09441103.jpg


太陽が低くなり、日が当たる位置は高くなる。風で枝が揺れるのでもう少し下向きになることを期待したがこれまで。
a0181059_09465490.jpg


日は落ちてしまったが、まだ明るい空の光を反射してブルーに輝く。
a0181059_09471344.jpg

この日は近くに卍飛翔が1回も降りて来ず一度も広角で撮ることもなく撤収。自宅に近ければ通い詰めるのだが、この場所はちょっと遠くて負担も多い。今年はこれまでとして、また来年も惰性で挑戦するか。



by otto-N | 2018-06-11 16:59 | Comments(2)