たかがヤマト、されどヤマト

<   2018年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2018.6.8 山梨・山道の傍ら  ヒメシジミ   2018.6.19 (記)

2018.6.8
メスアカミドリシジミの卍飛翔を一脚撮影をやってみたいと、目の高さで卍飛翔をしたことのある山梨の林道に出かける。着いたのは9時40分。アイノミドリシジミのテリ張りの時刻が終わるころ。最後の卍に間に合ったものの一脚が届かず撮影は失敗。テリ張りの位置が高く、しかも逆光。1枚、チラッと開いたところが撮れただけだった。
a0181059_11083680.jpg


アイノミドリはテリ張りの後、路上に降りてきて吸水することが多いが、全く見つからない。アイノの後はメスアカミドリも飛び始めるはずなのだが、卍飛翔は見られず時間だけが過ぎていく。この林道は他のゼフもいるはずなのだが、出てきたのはミズイロオナガシジミだけだった。草蔭に入ると緑色を反射するのか緑に染まる。
a0181059_19375237.jpg


12時を過ぎたのでメスアカミドリを諦めアサマシジミを探しに行く。標高が少しあるせいかヒメウツギがまだ満開で、アサマイチモンジが来ていた。だが、とても敏感。4コマ目は、ふつうのイチモンジチョウ。アサマイチモンジのほうが白帯が広いので豪華な感じ。
a0181059_11145233.jpg


イボタで吸蜜するイチモンジチョウのシルエット。
a0181059_11184622.jpg


暑いのでアサマシジミは藪の中で休んでいる時間帯。食草に食痕はあったが3か所ともアサマは見つからなかった。4か所目は1昨年前、道路整備でナンテンハギが刈りとられた後も(幼虫期?)まだ生えて来ておらず、ブルーが見事なこの個体群は消滅した可能性が高い。4か所目に移動中に遭遇したメスグロヒョウモンの♂。
a0181059_11250494.jpg



かなり離れた5か所目。大きかったのでアサマかと思ったが、よく見るとヒメシジミ。
a0181059_11273106.jpg


近くには数頭のヒメシジミが舞っていた。大きさの大小はあるが、これまで見たヒメシジミとはちょっと様相が違っていた。ブルー面積が狭くブルーも輝かず、毛深い感じ。
a0181059_11330034.jpg



裏を撮りたかったが、すぐ翅を開く。まだ、♀は発生していないようだ。
a0181059_11332826.jpg


後翅がほとんど黒い個体もいた。
a0181059_11343988.jpg



かなり大型で一瞬アサマと思ったが、これもヒメ。
a0181059_11374366.jpg


大型で飛び方も明らかにヒメシジミと異なる個体が現れた。追っていると、すぐとまって翅を開いた。アサマシジミだった。もう少し背景がすっきりした所にとまって欲しかったが、撮れたのはこのショットだけ。すぐ飛び去ってしまう。
a0181059_11404771.jpg


次に現れた個体は残念ながら羽化不全。
a0181059_11431215.jpg


ヒメ?アサマ?。飛び方から前者。小型で色も違う。
a0181059_11435516.jpg


びっくりしたのはこのブルー。ヒメシジミ、恐るべし!
a0181059_11471050.jpg

その後、アサマは何頭か飛んでは来たけれど日射しが強く気温が高いためか、とまらずに過ぎ去る。3時過ぎ、厚めの雲が拡がりヒメシジミも出てこなくなったので撤収。




by otto-N | 2018-06-19 16:55 | Comments(0)

2018.6.3 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.17 (記)

2018.6.3
日曜日も朝から晴れ。11時まで撮影する。しかし、前日と打って変って数が少ない。
a0181059_14562565.jpg


また、開翅する個体も少なかった。もう、吸水する必要はなくなったのだろうか?
a0181059_14572718.jpg



2018.6.5
前日の月曜日は休園日。自宅に閉じこもっているのももったいないので自然教育園に行く。日曜日よりも数は多かった。ほとんど擦れているのにピカピカの個体も混じっていた。しかし開かず(3コマ目)。
a0181059_15043412.jpg


散ったムクロジの花の上を飛び回るトラフシジミ。
a0181059_15124994.jpg



当然、上から撮らないとブルーは出ない。これでは、まるでムラサキツバメだ。
a0181059_09060928.jpg



3コマ目はふらふらと飛び回るルリシジミ♀。
a0181059_15120553.jpg


オオウラギンスジヒョウモン♂が池付近にいるというので駆けつけたが見つからず。数日前には羽化直のミドリヒョウモンがいたとのこと。両種とも秋にはよく見るが、ここで生まれ夏眠しているのだろう。ベニシジミ、キマダラセセリ、ヒカゲチョウが出ていた。
a0181059_15225567.jpg


珍しくヤマトシジミ。しばらく撮っていなかった気がする。
a0181059_15211805.jpg

かくして、2018年の夏トラフは終了。





by otto-N | 2018-06-17 16:18 | Comments(0)

2018.6.2 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.15 (記)

2018.6.2
トラフシジミの開翅予定日。しかし、土曜日なので11時までの撮影。9時の開園とともに入ると路上のスポットにトラフが数頭舞っていた。そして、次々と開翅する。
a0181059_14310711.jpg


しかしながら、前日とは異なりほとんどが擦れた個体ばかりだった。
a0181059_14343215.jpg



奇麗な個体はなかなか見つからない。開いても路上だけだった。
a0181059_14333298.jpg


これもだ。路上だと開いても嬉しさは50%。
a0181059_14372798.jpg


やっと葉上で開いたけれど色が出ない半逆光。また、翅の開きもここまでだった。
a0181059_14381403.jpg


あまり奇麗でない個体は少し飛んでもらったが、いつものことながら、飛び出す方向が全く予想がつかず、うまく撮れなかった。
a0181059_14401581.jpg

雨が降らず3日目に突入。トラフシジミは次々と路上に舞い降りてきて吸水する。翅も開くが180度までは開かなかった。翅を開くには気温が高すぎたのかもしれない。また、トラフ開翅日の予想はついても、鮮度的には遅くピカピカの個体は宝さがしに近い状態です。





by otto-N | 2018-06-15 16:21 | Comments(2)

2018.6.1 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.13 (記)

2018.6.2
1週間前、トラフシジミが1頭出たとのこと。トラフの特異的開翅日の条件を満たしていないけれど、そろそろ数が増えているかもしれないと朝一番で出かける。

トラフシジミはすぐに現れた。というより、9時の開園前にはもう路上に集まっていた。トラフはこの時期、日に照らされた路上で吸水する。夏トラフはムクロジの花の季節でもあるが、落ちた花で吸蜜している個体も多い。路上だけではなく湿った倒木や下草でも吸水する。
a0181059_08320039.jpg


葉の上に落ちたムクロジの花にも吸蜜する。この花はよく見ると王冠型でちょっと可愛い。
a0181059_08422387.jpg


ルリシジミの♀が多かった。擦れてはいるけれど。
a0181059_08433523.jpg


トラフと紛らわしいのはムラサキシジミ。何化目だろうか、新鮮だった。
a0181059_08464501.jpg


トラフは路上に降りてきて吸水後、満足すると近くの下草にとまり翅を開くことがある。この個体はちょっと変わっていた。縁毛の擦り切れは全くなく新鮮だったが構造色が出なかった。1コマ目、当然ブルーになると思ったがムラサキのまま。少しずつアングルを変えるが後翅だけが少しブルーになるだけ。
a0181059_08520130.jpg


少し下から右翅をフラットに撮ってみてもあまりブルーにはならない。前からでは逆光になってしまうし、回り込めない場所。
a0181059_08573879.jpg



結局、ほぼ真上からが一番ブルーだった。翅の開き方が足りなかったのかもしれない。左翅に擦り傷があったのが惜しい。
a0181059_08552466.jpg


小飛しても開いたが不思議なムラサキ色。このアングルから構造色は出ないことが多いが、こんな色は初めてだった。
a0181059_09005585.jpg


開翅した2つ目の個体。これも新鮮だったが撮りにくい位置。メタリック・ブルーに輝いたが、向こう側が明るすぎるし、光の当たり具合で翅脈に陰影がつきすぎた。
a0181059_09043468.jpg



3つ目の個体は一番のブルーだった。全開翅した時は位置にもよるが四翅ともブルーに輝く。これは日陰で開いた。翅に小さな穴があき擦れていたのが、ただただ残念だった。擦れていてもブルー、ということは鮮度ではないのかもしれない。
a0181059_09454936.jpg


路上吸水中にも翅を開く場合もあるがほとんどは翅を閉じたまま、長時間吸水する。近寄っても逃げないので散策者に踏まれることもある。そんな時は飛んでもらいますが、簡単には撮れるものではありませんね。トラフの飛翔も3度まで。それ以上するといなくなってしまいます。
a0181059_09421334.jpg



by otto-N | 2018-06-13 16:23 | Comments(2)

2018.5.29 埼玉・夕刻のハンノキ林 ミドリシジミ   2018.6.11 (記)

2018.5.29
前日は地上1.5mほどの高さまで卍飛翔で何度も降りてきたのに、曇っていて暗いとはゆえ、うまく撮れずに終わった。この日は夕方まで快晴が続きそう。もう一度行ってみるかと出かける。

もっと遅くてもいいのだが、早めに来てしまう。林縁の空間にはキタテハが飛び回っていた。暗がりのミズイロオナガシジミが目につく。ウラナミアカシジミはいたけれどスレが目立つ。16時半ころ、♂が集まり始めたが数はそれほど多くはなく、翅も開かない。
a0181059_09054828.jpg


カメラを一脚に取り付け準備を始める。17時すぎ、やっと卍が始まる。しかし、広い藪の真ん中に降りていくばかり。全然、近くにはやって来ない。300ミリで連写するが米粒の大きさで途中で撮る気も失せてしまう。前日とは違って風があり風下に流されている気がするが、これがこのポイントの正常な飛翔ルート。前日が例外だったと考えるべき。樹上に集まり始めた時には、翅を開くことのなかった♂は卍が始まると全開し自分をアピールする。ほとんど撮影不可な高い位置。しかし、時々、戦闘に負けたのか、下のほうにやって来る個体もいる。テリ張りの一等席は、夕日をたっぷり浴び見通しの効く地上3~5mの枝先のようだ。
a0181059_09320079.jpg


夕日を浴びて輝くミドリシジミ。
a0181059_09324637.jpg


遠いのでマクロでは無理だが、煌めくグリーンが美しい。こうして自己アピールに余念がないが、近くに別な♂がやってくると卍飛翔が始まる。すぐ決着がつき、卍まで至らない場合がほとんどであるが・・・
a0181059_09441103.jpg


太陽が低くなり、日が当たる位置は高くなる。風で枝が揺れるのでもう少し下向きになることを期待したがこれまで。
a0181059_09465490.jpg


日は落ちてしまったが、まだ明るい空の光を反射してブルーに輝く。
a0181059_09471344.jpg

この日は近くに卍飛翔が1回も降りて来ず一度も広角で撮ることもなく撤収。自宅に近ければ通い詰めるのだが、この場所はちょっと遠くて負担も多い。今年はこれまでとして、また来年も惰性で挑戦するか。



by otto-N | 2018-06-11 16:59 | Comments(2)

2018.5.28 埼玉・夕刻のハンノキ林 ミドリシジミ   2018.6.9 (記)

2018.5.28
今年のゼフィルスの発生はとても早いようだ。そろそろミドリシジミも発生のピークを迎えているに違いないと、夕方の卍飛翔の飛翔撮影に挑戦する。午前中は天気は良かったが、15時すぎに薄雲が拡がってきた。曇っていても小雨が降っても卍飛翔はするのだが問題は空の明るさ。残照があっても暗いのでビデオ撮影用のLEDライトを用意した。

早く着き過ぎたけれど叢に♀が翅を開いていることもあるので、心当たりの場所を探すがミドリシジミは見つからない。木陰にいたのはミズイロオナガシジミ。今年はこれが初めて。
a0181059_11055395.jpg


開けた場所を飛び回るキタテハはいつもより多い気がした。キアゲハも小休止。
a0181059_19284824.jpg



15時30分。卍飛翔の場所で支度をするが、曇っているせいか♂の集まりが悪い。低い位置で見たのは1頭だけだった。
a0181059_11102453.jpg


薄雲に覆われて暗いので卍飛翔が早く始まることを期待したが、その気配は全くないまま時間が過ぎていく。16時30分、ふと道路のほうを見ると低い位置で卍飛翔が始まっていた。あわてて駆けつける。
a0181059_11161516.jpg


道路上のこんな低い位置でくるくる舞うのは初めてだった。なんとか甘ピンながら数枚撮れていた。
a0181059_11184134.jpg


さて、今回は、昨年も試したのだが、ミドリシジミは目の高さまで降りて来ないので、一脚にカメラを載せ50cmのロング・レリーズで連写することにした。カメラにはLEDライトを載せているので重くなるが、レンズは21ミリのパンケーキなので何とか操作はできる。置きピンは30~35cm。以下、こうして撮った画像。(今回はすべてトリミングしてます)
a0181059_15573064.jpg

広角レンズだと卍飛翔で2頭そろってピンが来る確率はとても低い。それどころか1頭も入らないことも多かった。表翅の構造色もなかなか出ないが、上から俯瞰的に撮ると横から撮るよりも構造色が出る確率が高そうだ。また、少し上から撮るだけで雰囲気がずいぶん違う。カメラに取り付けたLEDライトは裏翅を明るく照らすだけの効果しかなく、構造色は空からの光の反射角(レンズへの入射角)によって決まるようだ。
a0181059_15535012.jpg

1コマ目は金緑色に撮れたが1頭だけしか入らなかった。6コマ目のように目より高いとチョウは真っ暗になる。あまり俯瞰的に狙うと背景は草藪だけになり決して面白いものではない。この角度の調整が、レリーズを押しながら一脚を両手で持っているのでとても難しい。色を捉えるにはLEDライトはそれほど役には立っていないようだったが、チョウを明るく照らすのでフレームの中心に入れやすかった。それでも外しまくりだった。
a0181059_16200126.jpg


1頭は裏側でもう1頭は表側。ピンは来たが構造色は出なかった。目より少し上だったせいか。これも悔しい1枚。
a0181059_16233210.jpg


意識的に背景に池を入れたのだが、チョウがつぶれてしまった。もっとコマ数が撮れたらという瞬間。頭が前だと後翅も輝くのは静止画像と同じようだ。
a0181059_16162171.jpg

18時、まだくるくる飛んでいたが、ロープで保護された草藪の上ばかりに流れていく。近くに全く来なくなり、あまりにも暗すぎるので撤収した。



by otto-N | 2018-06-09 16:51 | Comments(2)

2018.5.25 神奈川・雑木林の朝 オオミドリシジミ   2018.6.7 (記)

2018.6.25
朝早く起きて、オオミドリシジミを撮りに行く。しかし、前日の天気予報にもかかわらず、現地についても薄い雲が拡がったままだった。オオミドリは林床の日のスポットで翅を拡げるのだが、これでは全く期待できない。7時15分、まだ暗い中、1頭が飛んできたが後が続かない。少し明るくなったので、スポットが当たる場所を探すがそれらしき場所は1か所だけ。しかし、時間が経つとそこも暗くなり、日が当たる目ぼしい場所はなくなってしまった。8時30分をすぎて薄雲が消えたのか、やっと雑木林も明るくなる。と同時にオオミドリが2頭、卍飛翔を始めた。そして、とまった場所は頭上遥か上。
a0181059_13314342.jpg


林床には日の当たるスポットがないので、スクランブル発進してはこの高い場所に戻ってくるだけだった。9時を過ぎた頃、杉の木の真下にも日が当たるようになったが、目より上の藪の中。こうなっては証拠写真を撮るしかなかった。
a0181059_13080328.jpg


雑木林の暗い下草にウラナミアカシジミ。
a0181059_13101491.jpg


その後は場所を移動する。花の散ったイボタには期待をしていなかったが、近くにウラゴマダラシジミの♀。辛抱強く待ったが、翅はついに開かずに終わる。
a0181059_13120256.jpg



by otto-N | 2018-06-07 16:43 | Comments(0)

2018.5.24 東京・イヌブナの樹冠 フジミドリシジミ   2018.6.5 (記)

2018.5.24
朝、起きて窓の外を見るとフジミドリ日和。大急ぎで支度をし電車を乗り継ぎ現場に着くと先客が3名。ゆっくり挨拶を交わす間もなく「来た」との掛け声。あわててザックを置き、300ミリ(+1.4テレコン)で連写。すぐに翅を開いたが、閉じかけたのでだめか思ったが再び開く。距離は4.5m。時刻は9時51分。20秒足らずの出来事であった。
a0181059_20500304.jpg

飛び立つ前の最後のショット。
a0181059_22560995.jpg

実は、こういうこともあろうかとポイントに着く前に既にカメラをセットしていた。そうでなかったなら撮影はできなかったと思う。飛び去った後、みなさん満身の笑顔。話を伺うとフジミドリはすでに10回以上やって来て、至近距離の本ブナでも開翅したが、これが一番の位置。そして一番傷みのない個体とのこと。どおりで、ポイントに着いた時の雰囲気がいつもと違っていたわけだった。この後フジは姿を見せず先客の2名はこれでよしと撤収。その後、新たに2名が加わる。しかし、天候が雲が厚くなったせいかフジはちらりとも現れず、しびれを切らし、居残ったのは私を含め3名だけ。



11時43分。遠くに一瞬、チラッとやって来て飛び去る。隙間からかろうじて撮ったが頭は少し枝被り。あまりにチョウが小さいので大きくトリミングした。
a0181059_08044665.jpg



テングチョウがやってくるが、気温が低下したせいかこのありさま。
a0181059_22153902.jpg


しかし、空が少し明るくなって来た時、アカシジミが飛んできてイヌブナの葉にとまる。いい知らせか。その後、また空は暗くなり、雷の音も・・・。ただ、雲の切れ目から青空が覗いており、もしブナの樹冠に日が当たったら飛んでくるかもしれないと、ひたすらに待つ。
a0181059_22163167.jpg



13時37分。日が差し込みはじめた時、ついにやって来た。すぐに翅を全開にする。それも眼下3m。36秒間、3人はシャッターを切り続けた。
a0181059_22572696.jpg

「よし、やった。これで撤収」と、再び暗くなり始めた空を見上げて大急ぎで下山する。麓に着いたら大粒の雨。自宅で画像を検討すると、最初と最後の個体は傷の位置から別個体。それまでに何度も来たという個体を含め、少なくともこの日は3個体が現れたことになる。最後の画像はトリミングせず載せたけれど、46枚も撮って、ピントがまあまあだったのは5枚きりだった。それまで空が暗かったので絞りはF6.3。途中で絞りをいじっている時に飛び去ってしまった。ゼフのこのアングルでのピント合わせは私にとってはとても難しい。







by otto-N | 2018-06-05 14:03 | Comments(6)

2018.5.22 上越国境・大源太山 シラネアオイ(3)   2018.6.3 (記)

2018.5.22 (続き)
三角山を少し下ってから登り返した後はそのまま直登するのではなく、ダケカンバの巻き道だった。左側に苗場山が見え隠れする。
a0181059_20055311.jpg


平標山との分岐点があり少し直登する。途中の谷間に残雪。その周りにショウジョウバカマ、エンレイソウ、ヤマザクラ、ミツバオウレン。
a0181059_20073622.jpg


平らな場所に出たのですぐ頂上かと思ったが、しばらくダケカンバの中を歩く。
a0181059_20085903.jpg


そして、12時10分、頂上到着。平標山から谷川連峰が見渡せる。しかし、真ん中に桜の木が少し邪魔。
a0181059_20094210.jpg


山頂は広くキアゲハがテリを張っていたので、30分間のシンデレラタイム。
a0181059_20123839.jpg


キアゲハが山頂でテリを張る場合、たいてい真ん中より南側を飛ぶことが多い。平標山は北側。なかなか山バックに撮らせてもらえない。
a0181059_20130454.jpg


南側は逆光になるし景色的にも面白くはない。こういう時は下から上を狙うに限る。
a0181059_20164943.jpg


太陽を撮るとセンサーがおかしくなるのではないかと心配しているが今のところ大丈夫のようだ。1コマ目は抜群の翅の形だが、太陽がはいらなかった。
a0181059_20175260.jpg


ペンタックスのこの山用のレンズ、18-135ミリには距離目盛が打っていない。そのため、AFで自分の指を写してからMFに切り替える。最小距離は35cmだが、アゲハを撮るにはちょうどいい距離だ。実際には40cmくらいか。今回は天気がいいし、キアゲハの飛翔はゆっくりしているので、1/4000、背景を入れるためにF10(ISO可変)とした。明るいと気持ちがいい。こんな明るい所での飛翔は久しぶりだった。
a0181059_20190239.jpg


時々2頭が絡むがそのシーンは全く撮れずに終わる。残った1頭は、飛び疲れたのかその辺で休む。ピカピカだ。
a0181059_20253405.jpg


静止や風景を撮るたびに、AF→MFに切り替える。その都度、置きピン距離が変わりチョウの大きさも変わる。これがこの日のベストか。4枚の表翅を同時に写し込みたいところだが、目の高さ以上でしか飛ばないので所詮ムリ。
a0181059_20274533.jpg


12時40分、下山開始。三角山頂上の分岐点に着いたのは13時。少し休んでから、朝貝への登山道を下る。道幅はそこそこあり道標も完備しているが、落ち葉で滑るし、このルートで登る気はしないほどの急坂だった。
a0181059_20425570.jpg

かなり下ったところで、チゴユリとツバメオモトの群落を発見。マイズルソウは1つだけ。
a0181059_20442979.jpg


さらに下った所でタテハ2種。まずはボロヒオドシ。まだ頑張っていた。
a0181059_20455339.jpg


尾根部にちょっとした空間がありスミナガシがテリを張っていた。飛んでもすぐ戻ってきたが近くまで来ず、大きくトリミング。(このレンズは1本で結構使える。マクロより合焦が早いし、大きなチョウの飛翔も大丈夫)
a0181059_20482358.jpg


登山道はスキー場開発中止みたいな草地の斜面に出て終了。宿に到着したのは15時ちょうど。予定通り三国トンネルからのピストンだったら、登り返しが数か所あり距離もあるのでもう1時間半はかかったことだろう。宿のご主人に感謝です。お礼を言おうしたけれど留守だった。夏のスキー宿は苦しそうだ。




by otto-N | 2018-06-03 18:52 | Comments(0)

2018.5.22 上越国境・大源太山 シラネアオイ(2)   2018.6.2 (記)

2018.5.22 (続き)
尾根道の左に見える苗場山。一度、7月に向こう側の秋山郷から登ったことがある。
a0181059_15290678.jpg


登ったり下ったり、尾根道は続く。
a0181059_15350442.jpg


花は少ないがその度、足を止める。
a0181059_15360056.jpg



暗い登山路の片隅にツバメオモト。撮るのに苦労した。
a0181059_15294205.jpg


シャクナゲの横を通り抜ける。
a0181059_15410413.jpg


シャクナゲの下、まだ蕾のイワカガミとイワナシ。
a0181059_15425731.jpg


そして2つ目のシラネアオイの群落。
a0181059_15505586.jpg


少し下に降りて撮る。ここも下から吹き上げてくる風が強い。
a0181059_15493108.jpg



尾根道の右側の笹藪の中にシラネアオイがポツンポツンと咲いているのを見ながら進む。そして路肩に3つ目の群落。
a0181059_15532926.jpg


ここのは色が濃かったような気がする。
a0181059_16512314.jpg



11時30分。やっと三角山(標高1685m)に到着。左に苗場山(標高2145m)。風の当たらない日だまりにはミヤマセセリが飛んでおり、コツバメかと思ったらルリシジミだった。
a0181059_16002691.jpg


左奥の平標山(標高1984m)と仙ノ倉山(2026m)。平標には2度登り、いずれも風が強かった。ここから正面に見える大源田山(標高1764m)はもう一息だ。
a0181059_16034277.jpg


三角山を少し下った小さなガレ場に大群落。(結局、ここが最後の群落だった)
a0181059_16184014.jpg


ここには色の薄い花もあったが、咲いてから古いというわけでもなさそうだった。
a0181059_16525900.jpg

(シラネアオイ(3)に続きます)



by otto-N | 2018-06-02 16:24 | Comments(0)