人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

2011.06.29 白金の森 トラフシジミ    2011.06.29(記)

2011.6.29
梅雨明けとも勘違いするほどの青空と暑さ(都心の最高気温35.1℃)。昨日は、トラフシジミはいなかった。1つの仮説:雨上がりでは晴れても、木から降りてこない。なぜなら、木の葉に水があるから、地面で吸水の必要はない。今日は、晴れの2日目。木の葉は乾いているだろうと、トラフシジミ探しに行ってきた。

結果は、いた。先日ほどではないが、結構いた。しかしながら、翅は開いてくれない。10:00をすぎても、地面に吸水している。が、ときおり、地面から近くの草の葉に止まるのが出てきた。その中のあまりスレてなさそうな1頭。すりすりしながら、少しずつ葉の上を移動。そのとき、開き始めた。

この位置では、もっと青いはずだが、翅は紫色。光が反射しすぎるのかもしれない。
a0181059_15214652.jpg

むしろ横からのほうが青く輝いた。
a0181059_1522277.jpg

これがトラフの色に近いと思う。
a0181059_15222756.jpg

もう一度正面に回り込むと、色が薄れた。(ピントが翅に合っていないせいもあるが)
a0181059_15231531.jpg
この後、地面に降りて吸水。しばらくしてから全開した。あわてて、撮ったが、位置によって全く青く輝かない。輝くアングルはとても狭い。もっともっと青く輝く位置をと、アングルを探しているうちに飛ばれてしまった。(地べた写真は割愛)


今日のトラフシジミは開いてくれた。翅が少し傷んでいるのは残念だったが、上出来だ。じっくりと撮影することができた。順光でも全く光らない角度がある。青い色も微妙だ。
梅雨時、晴れたからといって、トラフシジミが下に必ず降りてくるわけではないが、連日、ここへ通ったおかげで少しは開翅する条件が絞れたかもしれない。

# by otto-N | 2011-06-29 16:03 | Comments(10)