たかがヤマト、されどヤマト

6月、横浜、ミドリシジミ (2010.6.11)   2011.2.4

2010.6.11
ミドリシジミの開翅を見たくて、また、横浜に行った。しかし、ミドリシジミにはなかなか会えず、あきらめかけたとき、やっと撮ることができた。
a0181059_228404.jpg

栗林に行ったけれど、アカシジミはいなかった。しかし、その代わり、ウラゴマダラシジミがいた。
近くの笹薮には、ヒカゲチョウ。
そして、テリの張りすぎで疲れ、葉陰で休むダイミョウセセリ(いい絵でしょう)。
a0181059_2273663.jpg

この公園のはずれのほうで撮った、ベニシジミ、キタテハ、そして、ルリシジミ。
a0181059_2281319.jpg


この日、2回目の横浜。開翅したミドリシジミを見つけることができず、あきらめてとぼとぼ歩いていたとき、ここで知り合ったHachenbackerさんに、ミドリがいるよ、と手招きされ、やっと撮ることができた。初めは翅を閉じていたが、薄日が差すにつれ、おずおずと翅を開いてくれた。やっぱりこの輝きはきれい。北海道のものよりかなり大きかった。
ウラゴマダラシジミは、なぜゼフィルスの一種なのか合点がいかない。昆虫採集で少年期を過ごした北海道・小樽では、住宅街のどこにでもいる普通種。やはり、北海道のものより大きい。
ベニシジミ以下は、ミドリシジミ撮影時に居合わせたAkakokkoさんに、公園の隅から隅まで案内していただき、そのときに撮ったもの。
横浜の、Hackenbackerさん、Akakokkoさんありがとうございました。6月にまた会いましょう。

# by otto-N | 2011-02-04 22:52 | Comments(2)