たかがヤマト、されどヤマト

2018.6.3 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.17 (記)

2018.6.3
日曜日も朝から晴れ。11時まで撮影する。しかし、前日と打って変って数が少ない。
a0181059_14562565.jpg


また、開翅する個体も少なかった。もう、吸水する必要はなくなったのだろうか?
a0181059_14572718.jpg



2018.6.5
前日の月曜日は休園日。自宅に閉じこもっているのももったいないので自然教育園に行く。日曜日よりも数は多かった。ほとんど擦れているのにピカピカの個体も混じっていた。しかし開かず(3コマ目)。
a0181059_15043412.jpg


散ったムクロジの花の上を飛び回るトラフシジミ。
a0181059_15124994.jpg



当然、上から撮らないとブルーは出ない。これでは、まるでムラサキツバメだ。
a0181059_09060928.jpg



3コマ目はふらふらと飛び回るルリシジミ♀。
a0181059_15120553.jpg


オオウラギンスジヒョウモン♂が池付近にいるというので駆けつけたが見つからず。数日前には羽化直のミドリヒョウモンがいたとのこと。両種とも秋にはよく見るが、ここで生まれ夏眠しているのだろう。ベニシジミ、キマダラセセリ、ヒカゲチョウが出ていた。
a0181059_15225567.jpg


珍しくヤマトシジミ。しばらく撮っていなかった気がする。
a0181059_15211805.jpg

かくして、2018年の夏トラフは終了。





# by otto-N | 2018-06-17 16:18 | Comments(0)