人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

2019.6.6 長野県・南アルプス山麓 (1)ミスジチョウ   2019.6.11 (記)

2019.6.6
天気予報が晴れに変わったので、急遽、予定を繰り上げてクモマツマキチョウを見に行く。4人とも行ったことのない場所であるし、発生は確認されているが今年は数が少なそうなのでボーズを覚悟。とにかく、梅雨入り前のラストチャンスだった。

朝、駐車場近くで新鮮なミスジチョウが数頭飛び回っているのを見つける。路上吸水が主であったが、下草の上でもよく開翅した。
a0181059_15180833.jpg


木の名前はわからないが、複数頭が集まっている木があった。小飛しては翅を拡げていた。撮影してみると葉の上で吸水(汁)していることが判った。
a0181059_15201683.jpg


これまで、ミスジチョウの開翅は路上吸水以外にほとんど撮ったことがない。よく見るコミスジやイチモンジチョウよりはるかに大きいので、ベタではなく、少し翅を立て気味にした全開翅はとてもカッコいい。
a0181059_15203895.jpg


雰囲気の異なる個体が路上に下りて来て、すぐに下草の中に潜り込んだ。翅を開いたのを見ると、白条がとても狭いことが判った。残念ながら、裏翅を撮れないうち飛び去ってしまう。どうやら、この付近に多い地域変異型らしい。
a0181059_15205868.jpg


飛んで来たブルー。慌てて、右手に持っていた21ミリで連射すると当たった。
a0181059_14054927.jpg


オオイチの大好物。熊鈴を持ってくるのを忘れていた。
a0181059_14534041.jpg




# by otto-N | 2019-06-11 16:50 | Comments(0)