たかがヤマト、されどヤマト

2018.11.21 千葉県・江戸川河川敷 ヒメアカタテハ   2108.12.1 (記)

2018.11.21
前日は後半薄雲が拡がり気温も下がったためか、ヤマトシジミはほとんど姿を現わさなかった。この日は快晴。最初に出くわしたのは新鮮ななオス。寒冷期のオスはとても美しい。
a0181059_19325601.jpg


数100mほど離れたセイダカアワダチソウにベニシジミがいたが、隣には新鮮なオスも吸蜜していた。
a0181059_19382921.jpg


これほど新鮮なオスがいるということは、メスもいるはずと探すが擦れたというよりボロボロのメスしか見つからない。少し上流側にはセイタカアワダチソウが群れており、ヒメアカタテハが飛び回っている。思ったより敏感で100マクロで近づくとすぐ飛び立つ。
a0181059_19422067.jpg


河川敷の土手を行ったり来たりしてヤマトシジミを探すが一向に見つからず、諦めて、ヒメアカタテハの飛翔撮影に切り替える。背景は黄色い絨毯というわけにはいかないが、セイタカアワダチソウの群落。
a0181059_19455913.jpg


近づくだけで飛び立つので、シャッターを切ながらの突撃撮影。ほとんどチョウは豆粒にしか写らないが、数打ちゃ当たる。
a0181059_19453117.jpg


広大な江戸川河川敷の土手。ときどき2頭が絡む。(1、2コマ目はピンボケでやっと3コマ目で近づくことができた)
a0181059_19483881.jpg


土手の下にはススキの藪が拡がっており、その向こうが川。
a0181059_19503878.jpg


突撃撮影はかなりの運動量。ピンが来るのは少なく、モニターを見るたびに疲れがどっと出てしまう。
a0181059_20254728.jpg


花にとまるたびに駆け寄り突撃撮影していたのだが、2頭が近くにいる場合、2頭が絡む確率がとても高いことが判った。そこで、絡むの瞬間を待つことにした。ヒメアカの絡みはフェィス・ツー・フエィス。ゼフの卍並みだ。
a0181059_20022648.jpg

絡むとすぐ上へ上がってしまうので、撮影できるのは絡んでから最初の2~3秒だけ。上の画像は以下の9コマの中の5コマ目。10コマ中1頭しか写っていなかった1コマを除き、順番に並べた。たった1.2秒足らずの出来事である。
a0181059_20051912.jpg


置きピン距離は30~40cm。弱気になると遠くなる。これは強気の30cm。
a0181059_19552957.jpg




# by otto-N | 2018-12-01 21:06 | Comments(0)