たかがヤマト、されどヤマト

2018.6.2 東京・白金の森 トラフシジミ   2018.6.15 (記)

2018.6.2
トラフシジミの開翅予定日。しかし、土曜日なので11時までの撮影。9時の開園とともに入ると路上のスポットにトラフが数頭舞っていた。そして、次々と開翅する。
a0181059_14310711.jpg


しかしながら、前日とは異なりほとんどが擦れた個体ばかりだった。
a0181059_14343215.jpg



奇麗な個体はなかなか見つからない。開いても路上だけだった。
a0181059_14333298.jpg


これもだ。路上だと開いても嬉しさは50%。
a0181059_14372798.jpg


やっと葉上で開いたけれど色が出ない半逆光。また、翅の開きもここまでだった。
a0181059_14381403.jpg


あまり奇麗でない個体は少し飛んでもらったが、いつものことながら、飛び出す方向が全く予想がつかず、うまく撮れなかった。
a0181059_14401581.jpg

雨が降らず3日目に突入。トラフシジミは次々と路上に舞い降りてきて吸水する。翅も開くが180度までは開かなかった。翅を開くには気温が高すぎたのかもしれない。また、トラフ開翅日の予想はついても、鮮度的には遅くピカピカの個体は宝さがしに近い状態です。





# by otto-N | 2018-06-15 16:21 | Comments(2)