人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

2019.5.30 神奈川・雑木林の朝 オオミドリシジミ   2019.6.7 (記)

2019.5.30
オオミドリシジミがそろそろ出そうなので行ってみる。テリ張りポイントの木が年々大きくなり、林床に日が射さなくなってしまったので遅めに出かけたのだが、案の定、8時でも林の中は真っ暗。下草も伸びたので撮影できる場所はかなり限定されそうだった。8時10分、1頭がやって来て、頭上で開翅。少し飛ぶが高いところで開翅することを繰り返す。撮れないじれったさ。
a0181059_14363169.jpg

しばらくしてから少しは低い所で開翅したが、ちょうど曇で日が遮られ翅を閉じる。目より高い所だったので左手で引き寄せ100マクロで撮影。その後、雲が消え、2頭目がやってきたがこれも目より上の位置ばかりにとまる。引き寄せての撮影は100マクロではチョウが大きすぎ、ピントも合わない。また、翅の傷がやたらと目立つ。発生初期かと思っていたが、そうでもないようだ。
a0181059_11583917.jpg

これは、まさかの位置だった。目より上だが、翅を下に向けての全開。太陽の光を真正面に反射してまるで鏡のようだった。白とびが怖く、少しずつEVを補正し最後は-3まで下げた。
a0181059_12002391.jpg


その後は、時おり2頭が卍飛翔し、戻ってきて低い位置にもとまるが、いい感じの開翅はなかった。とても残念な位置だったが、翅の色がちょっと面白い。
a0181059_12430060.jpg

オオミドリのブルーはとても微妙。V字開翅の時、アングルを変えて撮ってみた。
a0181059_12483823.jpg

全開を期待したのだが、これで終わってしまう。もう少し頭のほうから撮らなければ後翅は輝かない。
a0181059_12520686.jpg


どうやら時間がたつと、体が温まったのか日射しが強くなったのか、全開せずに半開で終わるようだ。この時も、もう少しで全開かと思ったのだが、逆に翅を閉じてしまった。時刻は8時40分。この後、下のほうには日が射さなくなり、すべて日の当たる頭より上の高い位置にとまる。そして、9時10分、いつもまにかオオミドリの姿は消えていた。
a0181059_12541030.jpg




# by otto-N | 2019-06-07 10:12 | Comments(2)