人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

2019.5.24 栃木県・日光男体山 シロヤシオ   2019.6.4 (記)

2019.5.24
男体山(標高2486m)に登る。二荒山神社の境内にある登山者用の無料駐車場には車は1台だけだった。7時40分、中宮祠で登拝料500円を納め(安全祈願のお札をいただける)、門をくぐって石段を登り始める。すぐ左にシラネアオイがあるという。小さな群落と思っていたが、まるで違った。
a0181059_15091964.jpg


シラネアオイの名前は日光白根山に由来するという。よく見れば、色の濃淡に差がありおもしろい。(おそらく、白根山から株を持ってきて増やしたのと思いますが、この風景は野反湖の大群落に似ています)
a0181059_16362490.jpg


やや急な暗い森の中を登ると、2車線の工事用の舗装道路に出てしばらく進むと中禅寺湖が見えてきた。のどかな風景もすぐ終わり、鳥居のある4合目からは山頂まで急登が続く。
a0181059_15112941.jpg

ときどき後ろに中善寺湖が望めるが、ゴロゴロした岩の間を這いつくばりながら登る。
a0181059_15212014.jpg


中禅寺湖は素晴らしいが、針葉樹林帯の景色は単調。森林限界を過ぎようとしたころ、やっと左に日光白根山が見えてくる。そして、階段状の山道となり、砂礫のザクザク道となる。
a0181059_15245463.jpg

山頂近くからの中禅寺湖と日光白根山。
a0181059_15323204.jpg


10時50分、奥宮と社務所のある山頂に到着。晴れ渡っているの気持ちがいい。ゆっくりと休む。
a0181059_15392360.jpg


山頂からは会津の山々だけではなく北アルプスも望めた。しかし、どこがどの山かは判らなかった。
a0181059_15421070.jpg


11時30分、ザラザラの道なのでカメラをザックに収め、下山開始。帰りはさすがに楽であるが、太腿の筋肉負担が大きい。舗装道路まで下りてくるとヤマキマが飛んでいたが、登山口近くでやっと撮影できた。
a0181059_15513273.jpg


14時10分、登山口に到着。朝は日陰だった境内のシロヤシオに日が射していた。シロヤシオもアカヤシオ同様、本来、苦労して山を登ってしか見ることのできない花。中禅寺湖畔ではそんな必要がないとは意外でした。
a0181059_15580125.jpg




# by otto-N | 2019-06-04 22:14 | Comments(0)