たかがヤマト、されどヤマト

2018.11.16 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2018.11.29 (記)   

2018.11.16
2回目の江戸川河川敷、と言っても平な場所ではなく南向きの土手。草丈が短く、ヤマトシジミを探索しやすいが、登ったり下ったりするので足腰の鍛錬によろし。しかし、4時間探しまわってほとんど成果なし。
a0181059_17394678.jpg

気温が高めなので薄曇りでも開翅はする。
a0181059_17424299.jpg

これだけ見つからないとは。擦れていないだけでもいいのかもしれない。
a0181059_19465705.jpg


ちょっときれいなベニシジミ。オスのヤマトが来るたびにスクランブル発進していた。
a0181059_17455857.jpg


2018.11.17
自宅近く。ピカピカのオスもいたのだが、ヤマトは擦れたオスがほんの少々。
a0181059_17472795.jpg



2018.11.19
もっと近く。しかし、草刈りされてしまい芝生が剥き出し。それでも飛んでいるのがヤマトシジミ。
a0181059_17510914.jpg

靑鱗は狭いが新鮮なメス。
a0181059_17510264.jpg


同じ個体だが、このアングルはなかなかカッコいい。
a0181059_17504702.jpg



2018.11.20
三度目の江戸川の土手。天気予報が外れたせいもあるけれど、新鮮なメスはまるでいなかった。しかし、この絶品のオスが救い。オスのほとんどは日が翳ると翅を閉じるのだが、しばらく開いてくれた。
a0181059_17582510.jpg


これも絶品のベニシジミ。いつまでも同じ場所でテリを張っていた。寒いせいかあまり飛ばない。
a0181059_18001814.jpg




# by otto-N | 2018-11-29 17:32 | Comments(0)