人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アオスジアゲハ ( 63 ) タグの人気記事


2019.7.18 東京・恵比寿 アゲハ    2019.7.21 (記)

2019.7.18
曇っていたがアオスジアゲハがブッドレアにやって来ていた。ブッドレアは花の色がどぎつく、咲き終えた枯れた花弁が花穂に茶色に残るので好きではないが、曇っているとそれが目立たない。ブッドレアの英名はバタフライ・ブッシュ、納得しました。
a0181059_22200984.jpg


例によって花から花に飛び移る瞬間を狙っていたのだが、全くピントが合わなかった。でも、アオスジアゲハの撮影は時間を忘れるほど楽しい。
a0181059_22230013.jpg

アオスジアゲハがいつの間にかいなくなることもあったが、1頭が現れると次々とがやって来る。どうやら空が暗くなると消え、少し明るくなると吸蜜に出てくるようだったが、空が暗くなった時、入れ替わるようにアゲハの数が増え始めた。
a0181059_22291011.jpg


新鮮な個体の裏翅は粉をふいたように美しい。
a0181059_22304043.jpg


アゲハは長い脚がチャームポイントだと思う。このポーズはアゲハの再発見だった。
a0181059_22330492.jpg

このポーズ、アニメのチョウのよう。見えを切られました。
a0181059_22352783.jpg

鶴のような優雅な長い脚、目も可愛い。
a0181059_08421122.jpg

この♀のはばたきの力強さ。翅の開き具合と先端のしなりのせいですが・・・
a0181059_22365873.jpg


それに比べると、♂はなんとなく弱々しかった。ただ、後翅の黒帯にほんの少しの青鱗はなかなかなシブい。この時期の♂をあまり撮ったことがないので、ちょっと見直した。
a0181059_22380421.jpg


手前が♀、向こうが♂。幅1m、長さ10mほどの狭いブッドレアの植え込みに、多い時には10頭も吸蜜してた。ただし、花壇なので撮影は近くに来たときだけに限られる。普段は逆光なのだが、この日は曇り空なので撮りやすい。
a0181059_22391041.jpg

さて、ボーイ・ミーツ・ガール。吸蜜する♀に後ろから♂が近づくが、すぐに♀の前に回り混み、♀の眼前で姿を見せつけるかのようにホバリング。♀はそれに気にも留めず吸蜜を続ける。逆に、♂を追い払うかのように、♀ははばたきの数を増す。結局、♂は♀を惹きつけることはできなかったようだ。こんなシーンは2時間で5回ほど見られた。この時は撮り始めてからバラけるまで約1分間、100枚の撮影。その最初の20枚ほどを並べた。本来は動画で撮るべきだろうが、動画撮影の練習はしていなかった。
a0181059_22445513.jpg
a0181059_22450339.jpg
a0181059_22451730.jpg

求愛する♂にもう1頭が絡む。後から来たほうは♀の前ではなく、後ろに回った。♀に体当たりをかませるが、♀は何のその、激しく翅をはばたかせながら微動だにしない。終始、♀にピントが合っている。この時も♂はフラられた。
a0181059_09153854.jpg
a0181059_09154958.jpg
a0181059_09155868.jpg


産卵中のアゲハへの求愛については何度か観察しており、絡む時には♂を♀が追いかける形になることが多かった。その時、♀はストローを伸ばし、脚で♂を掴みかかる勢いだった(→★★)。♀がストローと脚を伸ばして♂を追いかけるのはキアゲハでも見られた(→★★★)。アゲハの求愛飛翔において、♀がストローを伸ばしているのは積極的な交尾拒否行動、あるいは♀は♂を花と間違ってとまろうとしているのではないかと思っていますが、根拠のないただの思いつきに過ぎません。気になったので、「アゲハ*求愛」で検索してみるとアゲハについては動画を含め、たくさんの画像がアップされていました。その中で、yodaさんのアゲハダンダラさんのモンキアゲハが気になりました。どちらも、♀がストローと脚を伸ばしながら♂を追いかけています。yodaさんのカラスアゲハは遠いのではっきりしませんが、追いかけているのが♀と思います。。♀が♂を追いかける構図はモンキチョウ、ミヤマモンキチョウでも見られますが、yodaさんは他にも、ナガサキアゲハオナガアゲハを観察されており、アゲハ類の求愛飛翔は写真観察としてなかなか面白いテーマかと思います。



11時も過ぎ、帰ろうと思った時、いつの間にかアカボシゴマダラがブッドレアにやって来ていた。花での吸蜜は初めて見たような気がする。
a0181059_20455842.jpg




by otto-N | 2019-07-21 10:10 | Comments(0)

2019.5.17 東京・恵比寿 センダンの木の下(3)   2019.5.28 (記)

2019.5.17
晴れの日が続く3日目。まだ、ウラゴマダラシジミは発生してないようなので、この日も近くのアオスジアゲハを撮る。10時すぎに一度行ってみると、エサキ型が現れた。
a0181059_18582105.jpg

目まぐるしく枝から枝へと移動するが、何枚か撮れた。
a0181059_19024538.jpg

かなり遠いが、ランデブー飛行。あまり近いと背景がこのようには写らず、ただの白い壁になるはずなのでチョウとの距離が難しいところ。ただ、偶然に撮れただけで、何も御託を並べる必要はない。
a0181059_19182854.jpg


午後に行ってみると、3頭が絡み始めた。例によってマニュアルフォーカスで追うが、近いと難しい。
a0181059_19045484.jpg

問題は、上の4コマ目の次のこのシーン。2頭目が、1頭目に脚を立てている。どちらが♂でどちらが♀かは外観で判断がつかないが、アゲハ、キアゲハ、クロアゲハの場合、♂に誘導されるかのように♀が飛び、♂に脚を伸ばすことを観察している。ということから、1頭目は♂? しかしながら、2頭ではなく3頭なので、先頭が♀で、その後ろを♂が追うという普通の構図のほうが理解しやすい。
a0181059_19064063.jpg

この後、さらに1頭が加わり、賑わしくなった。
a0181059_19144480.jpg


いったん上昇したのだが、また地上近くに降りてきた。アオスジアゲハ・恋の空騒ぎ、最後の1枚。
a0181059_19165441.jpg

緑と青の境目、アオスジアゲハの躍動感を感じる。
a0181059_19262993.jpg

横から日が当たる午後のほうが光の条件がいい。しかし、日陰がないのがちょっとつらかった。
a0181059_19282353.jpg


下から見上げているので、なかなか撮れなかった裏翅のパール色がやっと撮れ撮影を終了したが、毎年、同じ木の下で同じチョウを撮り、以前の写真と較べ何も進歩していないことに愕然とする。
a0181059_19302740.jpg




by otto-N | 2019-05-28 17:05 | Comments(0)

2016.5.19 東京・恵比寿 センダンの木の下(2)  2109.5.26 (記)

2019.5.16
朝から快晴。相変わらずセンダンの花にはアオスジアゲハが集まっていた。この木の高さは10mほど。斜め下から見上げて撮るにしろ一番近くても6m、日陰になってしまうが、あえて逆光の透ける翅を狙ってみた。
a0181059_12585657.jpg


しかし、暗くて明るさの補正が思うようにならなかった。一番上ではなく、少し明るいその下の枝に来るのを狙う。
a0181059_12592740.jpg


花よりも、背景の緑のボケがいい感じだ。
a0181059_13035879.jpg


木のてっぺんで4頭が絡んだので追うが、目まぐるしく動くのでカメラがついていけない。
a0181059_13085866.jpg

1頭が脱落し、3頭が青空に舞い上がる。途中で小競り合いがあるようだ。
a0181059_13104788.jpg

そして、急降下。ピント合わせが追い付かず、最後は木の向こうへ飛び去る。
a0181059_13140360.jpg


この1連の動きの発端となったのは、4頭が一直線に並んだこの1枚。完全なるピンボケ。かなり悔しいので掲載します。この1枚から木の向こうに消えるまで、約7分の出来事だった。
a0181059_13185532.jpg


さて、たびたび見られるランデブー飛行。どんどん高く舞い上がり、翅の動きがぴったりとシンクロナイズした時が恋の成就と思われるが、考えすぎか。遠くへ行ってしまい、この日もシンクロナイズしたペアは見つけられなかった。それにしても、背景が空だけだと面白くもなんともない。ここでは、やはり高層ビルが欲しかった。
a0181059_13233361.jpg

(まだ、ゼフには早い端境期。もう1回、ここのアオスジアゲハが続きます)




by otto-N | 2019-05-26 16:34 | Comments(0)

2019.5.15 東京・恵比寿 センダンの木の下(1)   2019.5.24 (記)

2019.5.15
風薫る5月。近くの栴檀の花が咲き始めた。アオスジアゲハを見に行く途中で、ヤマトシジミの♂。300ミリで横着に撮ったが、背景はともかく寒冷期型は凛として美しい。
a0181059_10380223.jpg


時間が早いせいかまだアオスジアゲハは集まっていなかったので、Sビールの花壇に行くと、ヤマトシジミの♀。これも、まだ寒冷期型。真上から300ミリで撮影。思った以上に写っていた。
a0181059_10421689.jpg

他には何もいないので、センダンの木に戻る途中、Wホテルの花壇脇にアオスジアゲハ。車道なのでこれ以上近寄れず残念だったが、背景の車のテールランプがボケていい感じだったので、意識して色を探した。
a0181059_10445610.jpg


栴檀の木に行くとアオスジアゲハが集まり始めていた。ただ、距離が遠すぎる。少し撮った後、テレコンをとりに自宅に戻り出直した。速すぎてフレームに入らないし、ほとんどピンボケ。昼食後にまた再度の出直した。
a0181059_10475030.jpg

撮っていて気がついたのは、背景に雲があるとNG。アオスジアゲハの躍動感が失せてしまう。背景はブルーが必然。また、背景の花が細かすぎ、この10mという距離ではトリミングするとボケずにうるさくなってしまうので、決していい背景ではないが、センダンの木自体が都内ではほとんど見かけず、そこに集まるアオスジアゲハの躍動感をなんとか表現しようと思った。
a0181059_10512019.jpg


午後からは、複数が絡むことが多くなった。2頭が舞い上がるたびに、オートフォーカスでは追従できないので、マニュアルフォーカスに切り替え、チョウを追うが、いつものように撮るのが難しかった。300ミリ+テレコンでは少し横に移動しただけでファインダーから消える。そのたびにカメラから目を離し場所を確認し、またファインダーをのぞき込むのだが、再びピントが合うまでにラグが出てしまう。以下は、一連の動きを同じ大きさにトリミングして並べたもの。大きさが連続していないのはピンボケで没になったため。最後は豆粒となって空に消える。
a0181059_10540085.jpg


翅が傷んでいたのが惜しかったが、エサキ型。
a0181059_11032604.jpg





by otto-N | 2019-05-24 19:42 | Comments(0)

2019.4.29 東京・恵比寿 アオスジアゲハ    2019.5.5 (記)

2019.4.29
薄曇りの空模様。近くでアゲハ。と言っても黒系アゲハはおらずアゲハとアオスジアゲハだけ。ケシの花にとまっているだけだと思うが、アゲハの春型は後翅の黄色部分が広くて美しい。
a0181059_19351350.jpg

アオスジアゲハは相変わらずヒメウツギにやって来る。近くには来なかったこともあるが、あえて花の向こうの舗道の敷石を背景に入れてみた。
a0181059_22333242.jpg


大田区では、クスノキを植えアオスジアゲハを「区蝶」として増やし、東京オリンピックのおもてなしにすると報道されていたが、その後どうなっているか知りたいところ。それはともかく、アオスジアゲハはビル等の人工物がよく似合うが、舗道もそんなに悪くはない。
a0181059_22293141.jpg

連写していたら後ろを人が通った。久しぶりの人影ボケ。もう少し翅が開いていればよかったのだが。
a0181059_08391840.jpg

ここは恵比寿ガーデンプレースの一角。白くて派手な法被姿の人たちが広場のほうにぞろぞろと集まっていると思っていたら、渋谷氷川神社の神輿の出発地だったことを後で知る(Favoniusさんのブログ)。神輿がこちらにやって来た時、静止でいいからヒメウツギの向こうに神輿を入れようと待ち構えていたが、アオスジアゲハは飛んで来なかった。



午後、晴れてきたので再び繰り出す。アオスジアゲハの個体数は多くはないが、断続的にやって来る。
a0181059_08403391.jpg

アゲハが葉の上で休んでいた。目ざとく見つけた♂(尾突がない)が絡むと気持ちのいい全開。♂はほとんどとまらずに飛び続けていたが、突然、咲き乱れている黄色い園芸種の花で吸蜜。宙に浮いているところを狙うがチャンスは少なかった。
a0181059_08400958.jpg


このSビールの花壇にはカタバミが多く(いつも顔を合わせている花壇係の女性に残してくれるよう頼んである)、色が濃いのと薄い2頭のヤマトシジミの♂が時々絡んでいた。薄いほうは擦れ個体だと思っていたが、とんでもない、まだピカピカの寒冷期型だった。そこへ♀が飛んできたので撮ってみると、晴れているのできれいに撮れなかったが、まぎれもない青♀。
a0181059_08410629.jpg

モンシロチョウも舞っており、珍しくヒメウツギで吸蜜。モンシロチョウはヒメウツギより白いんだ。
a0181059_08412471.jpg


P.S.
2019.5.6
アカボシゴマダラ参上。曇り空、日向ぼっこかと思ったら吸蜜だった。この木の花はよく見たらとてもかわいい。下に名札があり「ツリバナ」とあった。
a0181059_11323656.jpg



by otto-N | 2019-05-05 20:20 | Comments(0)

2019.4.22 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2019.5.1 (記)

2019.4.22
午後、自宅に帰る途中、Sビール本社の庭に寄ってみると、アゲハとアオスジアゲハが飛び回っていた。アゲハはほとんど飛び回りっぱなしだったが、アオスジアゲハは満開のヒメウツギが目当てのようだ。300ミリで連射する。
a0181059_16005608.jpg

時々、2頭が絡みしばらく留守にするがすぐに戻ってくる。飛び立つ瞬間に連射するがそうそうピントは合うものでない。4枚の翅が撮れても万歳スタイルは趣に欠ける。翅は少し捻れた形のほうが動きが感じられていいので、チョウを大きくトリミングしたほうがいいかもしれない。
a0181059_16015706.jpg

ヒメウツギの下のほうで吸蜜することが多く、しゃがみこんで撮らざるを得なかった。
a0181059_16110834.jpg

上のほうで吸蜜する場合、通りすぎる車や向こうの景色がボケるが、少し遠かったためかチョウがこじんまりとなってしまった。
a0181059_16021925.jpg

黄色い花を入れた構図を狙ったが、右側が少々うるさかったようだ。
a0181059_17064063.jpg

実は、この日の午前中はヒメウツギのアオバセセリ狙いで多摩に行った。しかし、例年発生しているはずのアオバセセリは全く現れず、正午過ぎに引き上げた次第。黒系アゲハも少なく、撮ったのはツバメシジミとクロコノマチョウくらい。
a0181059_16231260.jpg
 

2019.4.23
2回目の多摩のアオバセセリ。しかし、現れず。クレソンで吸蜜するツマキチョウをありがたく撮らせてもらう。
a0181059_16310885.jpg


2019.4.25
二度あることは三度ある、三度目の正直か?結果は前者。連射したのはクレソンのアオスジアゲハ。クレソンの花は一面に広がっているわけではないが、上から見下ろせるので4枚の翅を比較的撮り易い。と、言っても相変わらずピンは来なかった。少し逆光の位置だったので、飛び上がりは翅に光が入らなかった。
a0181059_21081576.jpg

水平に飛ぶと翅の光が入り、左右非対称だといかにも飛んでる感じがする。
a0181059_16382667.jpg


2019.5.1
曇りか雨のはずが、朝起きてみると日が射し始めていた。先日は着いた途端に小雨が降り始め、この二の舞を恐れて躊躇したが、結局、行ってみた。10時すぎ、現地に着いてみると青空が広がった。ヒメウツギは1週間前とそれほど変わらず三分咲き。よく見ると咲いていないのではなく、剪定に失敗したらしく、花自体が少ないのである。これでは卯の花は薫らない。27日、28日、29日にアオバセセリは1頭だけ来たとのことであるが、この開花状況では仕方がないのかもしれない。ヒメウツギが大好きなアオスジアゲハでさえ、その下のクレソンに集まっている。1週間前ではほとんど咲いていなかったツツジも八分咲きになり、アゲハの類が時々飛んできた。逆光だったのでよく見えず擦れたアゲハと思っていたのだが、キアゲハだった。
a0181059_18514497.jpg

春のキアゲハ♀。ブルーの紋が美しい。
a0181059_18521902.jpg

クロアゲハ♂もやって来たが、両方の白斑を撮れなかった。
a0181059_18550290.jpg

結局、4連敗。この日も居合わせた杉並Mさんと同じ店でのランチとなった。



by otto-N | 2019-05-01 19:37 | Comments(0)

2018.10.2 東京・北青山 アオスジアゲハ   2018.10.13 (記)

2018.10.2
自然教育園に行ってから、建設中の国立競技場に向かう。国立競技場前の路上でヤマトシジミが飛び回っていると知人から画像付きのメールがきたので出かけたのだが、着いた12時過ぎにはカタバミ群落は日陰になっておりヤマトシジミはいなかった。しかし、その代り、神宮球場の門の脇にはヤブカラシが繁茂しており、アオスジアゲハが群がっていた。結果的にはこちらのほうが面白かった。
a0181059_16535074.jpg


神宮球場では六大学の対抗戦が行われているらしく応援団が喧しい。すごいエネルギー。入場者もひっきりなしにやって来るが、どちらかと言うとシルバーの観客が多い。それはそうとして、「明治神宮野球場」の看板を背景にアオスジアゲハが飛ぶのを狙う。複数頭がいつも飛んでいるのだが、せいぜい1頭しか入らなかった。
a0181059_16541525.jpg


これだけ多いと頻繁に複数が絡むけれど、すぐ高く舞い上がるのでなかなか撮れなかった。なんとか写っっていたのは1回きり。
a0181059_17042474.jpg


1時間くらいカンカン照りの中で撮っていたのだが、実は要注意生物も混じっていた。2頭のチョウの少し向こうにいるはずだが、大きいねぇ~。
a0181059_17080833.jpg




by otto-N | 2018-10-13 16:36 | Comments(0)

2018.9.5 東京・恵比寿 (2)アオスジアゲハ   2018.9.12 (記)

2018.9.5 (続き)
路地裏からサッポロビール本社前に移動する。2日間も天気が悪かったせいか、バーベナの花にはアゲハチョウが集まり、芝生の広場では2~3頭のツマグロヒョウモン♂がテリを張り、アオスジアゲハも吸蜜に飛び回っていた。
a0181059_19400375.jpg

どぎつい色なので奇麗とは言えないブッドレアの花で吸蜜するチョウを撮っても仕方がない。目標をアオスジアゲハの太陽とのコラボに定める。花の下に太陽が入るようにカメラを入れ、飛んだ瞬間に連写するだけだが、そうはピントが許さない。葉っぱも邪魔をするし、翅の開き方が問題だった。でも、撮れた時の逆光のアオスジアゲハはたまらない。
a0181059_19465180.jpg

そんなことを繰り返しているうち、2頭が絡んだ。ボーイ・ミーツ・ガール。
a0181059_19512220.jpg

秒8コマで連写するが、この後の10コマは動きが激しくフレームアウト。そして、シンクロナイズド・フライイングが始まる。
a0181059_19531731.jpg


この後の連続4コマ。珍しく4コマとも動きのある翅の形に収まった。
a0181059_19543286.jpg

横から撮るより下からだと、この日のテーマを思い出す。チョウの高さは地上から50cmほど。最後は芝生にでんぐり返って太陽に向かって撮り続けた。
a0181059_20073167.jpg
a0181059_20001912.jpg


あまりにも暑いのでこれで終わりと引き上げる途中、舗道脇のヤブカラシにアオスジアゲハ。こういう時に限って派手な車は通らない。
a0181059_20024821.jpg




by otto-N | 2018-09-12 16:32 | Comments(0)

2018.7.10 -11 東京・恵比寿 コミスジ   2018.7.26 (記)

2018.7.10 -11
旅行に出るためカメラ内のSDカードを整理していたら、どうせろくなものが撮れていないと思い、そのまま放っておいたファイルが出て来た。花に来るアゲハを撮る練習をしていた時のものだ。アゲハの途切れた合間に出て来たコミスジ。21ミリで撮ったがマクロでなくてもいい感じだ。
a0181059_12021084.jpg


大きいので♀かと思うが、すぐ翅を開くので裏翅を撮るのは結構難しかった。ミスジ系は逆光側から撮るのが私の好み。でも、今思うと順光からも狙うべきであった。
a0181059_12021961.jpg


さて、この日は置きピンの練習もさることながら、訪花したチョウをノーファインダーで撮る練習。でも、逆光側からしか撮れないのがこのポイントの欠点だ。赤茶色の建物はサッポロビール本社、その左にウェスティンホテル。
a0181059_17231546.jpg


いつも広角はMFにしているので咄嗟の場合、AF切り替えが間に合わないし、ファインダーを覗く時間もない。しかし、ノーファインダーでは飛翔撮影と全く同じ。まるで歩留りがわるかった。
a0181059_17340272.jpg


この日もツマグロヒョウモンが立ち入り禁止の広い芝生でテリを張っていた。端っこにある花に寄ってくる時にスピードを落とすが、それでもなかなかフレームに入らなかった。
a0181059_17400055.jpg


ヤマトシジミがいたので近づいて撮ってみた。さすがに小さいので大きくトリミングせざるをえなかったが、後ろの葉のぎらつき感など、マクロとは違う面白さが出るかもしれない。
a0181059_17430798.jpg



by otto-N | 2018-07-31 16:04 | Comments(0)

2018.6.29 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2018.7.4 (記)

2018.6.29
朝から晴れ、相変わらずの強風。午後、自宅に戻って来ると関東甲信地方の梅雨は明けていた。例によって21ミリだけを持って近くを徘徊する。Sビール前には少しのモンシロチョウとアゲハチョウ、それに高速で飛び回るアオスジアゲハくらい。しかし、ふと木陰を見るとアオスジアゲハが絡んでいた。
a0181059_09453821.jpg



1~2mほどの高さ。咄嗟にカメラを2頭の下に入れ空に向かって連写する。(右下の数字は並べるための画像番号)
a0181059_09484686.jpg


この後4コマピンボケで、その続き。時には接触する。
a0181059_09494897.jpg


こうしたアオスジアゲハの求愛飛翔は時々見ることがある。しかし、空高く舞い上がり、300ミリでやっとの上空でこのシンクロナイズド・フライイングが繰り広げられる(★1、★2)。求愛飛行の手順としては、木々の間を探雌飛翔しているあるいは吸蜜中の♂が♀を見つけると、当然、♀にアタックをかける。♀にその気がなければすぐ振り切られてしまうが、♀にその気があると♂は♀の前に回り込みスピードを落とす。このとき、♀と♂のはばたきが徐々にシンクロナイズしていく。♀が♂のはばたきに合わせているのか、♂が♀のはばたきに合わせているのかはわからないけれど、とにかく、ぴったり一致したら求愛成功(と思う)。いつも天高く舞い上がってしまうので、交尾に至るまで見とどけることはできないが、こんなことだろうと想像している。もちろん、♂は♀の前で飛びながらフェロモンを撒き散らし、♀を酔わせているに違いない。
a0181059_10332582.jpg



完全にシンクロした瞬間を撮りたかったが叶わず。ただただ、梅雨明けの青空バックのアオスジアゲハが美しい。
a0181059_10335239.jpg


最後は上には舞い上がらず、木立の向こうへ行ってしまいロスト。横から撮るとアオスジアゲハは暗い木立の間では目立たなってしまう。
a0181059_19161850.jpg


何の期待もなくすぐ帰る予定で短パンで出て来たのだが、気がつくと脚は蚊に刺されていた。猛烈に痒く、ムヒを塗りに自宅に戻る。木立の近くの空間にはまだアオスジアゲハが飛び回っていたので、レンズを15ミリに付け替え戻ってみるとアオスジの姿はなかった。とりあえず、アゲハチョウがいたので撮ってみる。広く写るのはいいけれどその分チョウに近づかなければならないので、ほとんど使わない15ミリ。アゲハくらい大きければそれほど近づかなくてもいいだろうと思って使ったが、何か変だった。庭の向こうはこんな急な坂道ではないし、水平補正すると向こうの路地の建物が垂直にならず風景が歪んでしまう。やはり、21ミリでいいようだ。
a0181059_10470667.jpg




by otto-N | 2018-07-04 16:11 | Comments(0)