たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アオスジアゲハ ( 55 ) タグの人気記事


2018.7.10 -11 東京・恵比寿 コミスジ   2018.7.26 (記)

2018.7.10 -11
旅行に出るためカメラ内のSDカードを整理していたら、どうせろくなものが撮れていないと思い、そのまま放っておいたファイルが出て来た。花に来るアゲハを撮る練習をしていた時のものだ。アゲハの途切れた合間に出て来たコミスジ。21ミリで撮ったがマクロでなくてもいい感じだ。
a0181059_12021084.jpg


大きいので♀かと思うが、すぐ翅を開くので裏翅を撮るのは結構難しかった。ミスジ系は逆光側から撮るのが私の好み。でも、今思うと順光からも狙うべきであった。
a0181059_12021961.jpg


さて、この日は置きピンの練習もさることながら、訪花したチョウをノーファインダーで撮る練習。でも、逆光側からしか撮れないのがこのポイントの欠点だ。赤茶色の建物はサッポロビール本社、その左にウェスティンホテル。
a0181059_17231546.jpg


いつも広角はMFにしているので咄嗟の場合、AF切り替えが間に合わないし、ファインダーを覗く時間もない。しかし、ノーファインダーでは飛翔撮影と全く同じ。まるで歩留りがわるかった。
a0181059_17340272.jpg


この日もツマグロヒョウモンが立ち入り禁止の広い芝生でテリを張っていた。端っこにある花に寄ってくる時にスピードを落とすが、それでもなかなかフレームに入らなかった。
a0181059_17400055.jpg


ヤマトシジミがいたので近づいて撮ってみた。さすがに小さいので大きくトリミングせざるをえなかったが、後ろの葉のぎらつき感など、マクロとは違う面白さが出るかもしれない。
a0181059_17430798.jpg



by otto-N | 2018-07-31 16:04 | Comments(0)

2018.6.29 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2018.7.4 (記)

2018.6.29
朝から晴れ、相変わらずの強風。午後、自宅に戻って来ると関東甲信地方の梅雨は明けていた。例によって21ミリだけを持って近くを徘徊する。Sビール前には少しのモンシロチョウとアゲハチョウ、それに高速で飛び回るアオスジアゲハくらい。しかし、ふと木陰を見るとアオスジアゲハが絡んでいた。
a0181059_09453821.jpg



1~2mほどの高さ。咄嗟にカメラを2頭の下に入れ空に向かって連写する。(右下の数字は並べるための画像番号)
a0181059_09484686.jpg


この後4コマピンボケで、その続き。時には接触する。
a0181059_09494897.jpg


こうしたアオスジアゲハの求愛飛翔は時々見ることがある。しかし、空高く舞い上がり、300ミリでやっとの上空でこのシンクロナイズド・フライイングが繰り広げられる(★1、★2)。求愛飛行の手順としては、木々の間を探雌飛翔しているあるいは吸蜜中の♂が♀を見つけると、当然、♀にアタックをかける。♀にその気がなければすぐ振り切られてしまうが、♀にその気があると♂は♀の前に回り込みスピードを落とす。このとき、♀と♂のはばたきが徐々にシンクロナイズしていく。♀が♂のはばたきに合わせているのか、♂が♀のはばたきに合わせているのかはわからないけれど、とにかく、ぴったり一致したら求愛成功(と思う)。いつも天高く舞い上がってしまうので、交尾に至るまで見とどけることはできないが、こんなことだろうと想像している。もちろん、♂は♀の前で飛びながらフェロモンを撒き散らし、♀を酔わせているに違いない。
a0181059_10332582.jpg



完全にシンクロした瞬間を撮りたかったが叶わず。ただただ、梅雨明けの青空バックのアオスジアゲハが美しい。
a0181059_10335239.jpg


最後は上には舞い上がらず、木立の向こうへ行ってしまいロスト。横から撮るとアオスジアゲハは暗い木立の間では目立たなってしまう。
a0181059_19161850.jpg


何の期待もなくすぐ帰る予定で短パンで出て来たのだが、気がつくと脚は蚊に刺されていた。猛烈に痒く、ムヒを塗りに自宅に戻る。木立の近くの空間にはまだアオスジアゲハが飛び回っていたので、レンズを15ミリに付け替え戻ってみるとアオスジの姿はなかった。とりあえず、アゲハチョウがいたので撮ってみる。広く写るのはいいけれどその分チョウに近づかなければならないので、ほとんど使わない15ミリ。アゲハくらい大きければそれほど近づかなくてもいいだろうと思って使ったが、何か変だった。庭の向こうはこんな急な坂道ではないし、水平補正すると向こうの路地の建物が垂直にならず風景が歪んでしまう。やはり、21ミリでいいようだ。
a0181059_10470667.jpg




by otto-N | 2018-07-04 16:11 | Comments(0)

2018.6.25 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2018.7.1 (記)

2018.6.25
朝から青空。近くに散歩する。Sビール本社の芝生には2~3頭のツマグロヒョウモンが飛び回っていたが立ち入り禁止。区域外に飛んできたのを狙うとかろうじて1枚。
a0181059_14034856.jpg


アゲハチョウも3~4頭が飛び回っているが、思ったようには撮れなかった。(大きくトリミング)
a0181059_14091058.jpg


2018.6.26
梅雨の中休みにしては好天が続く。このままでは水不足の心配が頭をよぎる。朝一番に飛ぶのはモンシロチョウのようだ。
a0181059_14121843.jpg

昨年、Sビール本社前の花壇はリニューアルされ、通路はウッドデッキ風になった。1年たち、やっと馴染んできたようだ。手前の花の名前は不明だが、向こう側のピンクは、庭の花としてはちょっと粋なカワラナデシコ。花にまとわりつくこのモンシロ、リアルに撮れた。
a0181059_15104761.jpg


恵比寿ガーデンプレースができてから20年を越えた。丘の上にあるせいか、都心のわりにはチョウが思った以上に集まる。モンシロチョウだけは常在している。
a0181059_14132731.jpg


このモンシロチョウ、人が脇をかすめてもすぐ同じ花に戻ってくる。蜜の出ている花は決まっているらしい。
a0181059_14175646.jpg


手首返し。水平にトリミングしたらチョウが大きくなりすぎた。
a0181059_14222198.jpg


前日はあんなにいたツマグロヒョウモンは1頭もおらず、アオスジアゲハだけがブッドレアにやってきていた。(ピンボケ)
a0181059_14253655.jpg


2018.6.27
最初は曇り空、しかも10mを越える強風。10時すぎに晴れてきたが風は強いまま。すべてのモンシロチョウが吸蜜もせず下草に潜り込むように♀を探して飛び回っていた。1回だけ♂2頭が絡んだがちゃんと撮れずに終わる。アゲハチョウも強風に流され、とまっているのさえ合焦が難しかった。
a0181059_16471091.jpg

2018.6.28
午前中は曇っていたが午後から晴れ。しかし、前日にも増して風が強い。午後、隣のホテルの前を通りかかるとアゲハチョウが風に吹き飛ばされていた。ホテルにはいつも各国の国旗がはためいているのだが見当たらない。風が強すぎて降ろしたのだろうか。アガパンサスも風でなぎ倒される寸前。
a0181059_20005985.jpg





by otto-N | 2018-07-01 16:01 | Comments(0)

2018.5.14 東京・栴檀の花 アオスジアゲハ   2018.5.19 (記)

2018.5.14
自宅近くに高さ10mほどの栴檀の木があり、この花にアオスジアゲハが集まることを昨年発見した。この日、10時ころ偵察に伺うと1頭が樹上を飛び回っていたが花には全くとまらず、どうやら探雌行動のようだった。午後に再び行ってみると3~4頭に増え、時おり吸蜜していた。遠いので1.4倍のテレコンをつけた300ミリでの撮影。飛び上がった瞬間の連写を繰り返す。
a0181059_10552599.jpg

逆光では全くダメだし、完全な順光ではのっぺりとしか写らず、半逆光の位置からの撮影。ほとんど樹上しか飛ばないので、青空を見上げる形。
a0181059_10555121.jpg

頻度は低いが下枝にも来るようになったけれど、枝ばかりが被ってしまう。ただ、このくらい近いと栴檀の花がよくわかる。薄紫色の地味な花だ。
a0181059_10591813.jpg


一番の狙いは青空を飛ぶ2頭のシンクロナイズド・フライイングだったが♀がいなかったのか、そんなシーンは一度も見られなかった。
a0181059_11004892.jpg

「栴檀は双葉より香し」という諺があるけれど、この諺の栴檀は白檀のことで別種とのこと。確かにアオスジアゲハの集まる栴檀は香しい匂いは全くない。






by otto-N | 2018-05-19 16:45 | Comments(0)

2018.4.27 神奈川・多摩丘陵 アオスジアゲハ   2018.5.7 (記)

2018.4.27
前日、アオバセセリは擦れた♂しか出て来なかった。この日の朝は薄曇りだったけれど♀が出て来ることを期待して行ってみる。

現地に到着してみると、アオバセセリはまだ出てない様子。クロヒカゲが2頭ほど飛び回っており、1頭が近くにとまった。そして、珍しく翅を開いた。マクロ距離だが300ミリ、引き切れなかった。
a0181059_17143072.jpg


アオバはなかなか姿を現さない。そのかわり、アオスジアゲハがウツギに何度もやって来るので連写する。
a0181059_17172924.jpg


飛んでいるところを撮りたくて、ピンをチョウ以外のところに合わせ飛んだ瞬間シャッターを切る。こんなことを繰り返した。が、思ったようにな撮れませんね。ただ、日射しが弱いのでウツギもチョウもとても美しい。晴れの日、ウツギには薄暗い夕方に集まることが多い気がするが、いつも暗くてうまく撮れなかった。
a0181059_17194205.jpg


シンクロナイズド・フライイング。今年からはアーティスチック・フライイングと言うべきか。でも、ストローの丸め方を見よ。やはりシンクロのほうがいい。
a0181059_17283843.jpg


薄日だとハルジオンでもしっとり撮れる。
a0181059_17301520.jpg


ひょっこりfanseabさんが現れた。一緒にアオスジを撮っているうち、fanseabさんがエサキ型を見つけられた。急にボルテージが上がる。
a0181059_17370259.jpg

少し遠いが、たしかに前翅中室に過剰紋。紛れもないエサキ型だ。先端に過剰紋が出るハンキュウ型は過去に2回撮ったことがある。
a0181059_17364539.jpg


ハルジオンからハルジオンと忙しく飛び回るエサキ型。
a0181059_17383983.jpg


顔が見えないが飛んでるところも撮れた。
a0181059_17412442.jpg


近くにジャコウアゲハが行ったり来たりしていて、時々、ツツジで吸蜜する。すぐ頭を突っ込むので突っ込む前が勝負。ツツジはたくさん咲いているのに、どういう訳か吸蜜するのはいつも同じ花。上段と下段では個体と時間が異なる。横から撮る時、胴体のあの毒々しい赤を入れたいところ。でも結構難しい。
a0181059_08220173.jpg


ジャコウアゲハは自宅近くにはいないので、撮影機会もほとんどなかった。♀は大好きだが、♂は新鮮な個体を見たことがないせいか、くすんだオナガアゲハという印象しかなかったが、飛び立った時のこの画像を見たら表は艶やかな黒だった。ちょっと見直す。
a0181059_19042241.jpg



ジャコウアゲハの他、近くにやって来た黒系アゲハ。
a0181059_08225353.jpg


アオバセセリはやって来ない。ヒメウラナミジャノメの相手をする。
a0181059_19090224.jpg


よく見ると開いているが、いつも開いていないようなピントの合わない眼。周りが毛深いだけだ。
a0181059_19090983.jpg


空はほとんど曇ってしまいアオバセセリは出そうもない。諦めてツツジにアゲハを探しにいくと、複数のジャコウが飛び回っている場所を見つけた。前日は全く見なかったので天気の関係かもしれない。とまらないので21ミリ。絞り解放(F3.2)でも真っ黒くしか撮れない。こんな暗い場所で撮ってもしょうがないと思うのだが・・・
a0181059_19544226.jpg

飛び回っている高さは胸より上。下から裏を撮るしかなかった。時々2頭が絡む。
a0181059_19554963.jpg

アオバセセリは出なかったけれど、今年は色々出て来てくれた。想定外の方も。fanseabさん、ストロボの使い方は勉強になりました。ありがとうございました。





by otto-N | 2018-05-07 16:01 | Comments(0)

2018.4.26 神奈川県・多摩丘陵 (1)アオバセセリ   2018.5.3 (記)

2018.4.26
河川敷でギンイチモンジセセリを撮っている間にアオバセセリが出たらしい。土日はルーティンの所用があるため行けずその後は2日間天気不良。晴れるのを待って出かける。

9時すぎに到着。ヒメウツギは満開だった。先客に尋ねるとまだ出てないとのこと。いつ出るとしれないアオバを待ちながら、ハルジオンにやってくるアオスジアゲハを所在なく撮る。
a0181059_20100452.jpg


ハルジオンは斜面に咲いているので背景が少々うるさくなる。それよりも、チョウの色に合わせると薄いピンクの花が白とびしてしまう。
a0181059_20110018.jpg


ハルジオンに小さなセセリがやって来た。新鮮なコチャバネセセリだったが、あまり長居はしなかった。
a0181059_20231240.jpg



毎年、クロヒカゲが出て来るが今回も飛び回っている。そのクロヒカゲ、なんとクレソンの花に吸蜜した。その20分後にはハコネウツギでも吸蜜。クロヒカゲの吸蜜は初めて見た。
a0181059_20215468.jpg


近くにツツジがあるので黒系アゲハがやってくる。オナガアゲハもいるらしくミヤマカラスアゲハ以外はここではすべて揃っているようだ。しかし、めったにとまらないしとまっても瞬間的。ただただ、目の前を飛んで行くのを茫然と見守ることが多かった。カラスアゲハ、ナガサキアゲハ、休憩中のジャコウアゲハ。いずれも♂。
a0181059_07532741.jpg


アオバセセリはやって来たのは11時半。珍しく30分もの長い間、場所を変えながら吸蜜していたが、やはり擦れていた。日陰ばかりで吸蜜するので、撮るのがいつものことながら苦しい。暗い画像をチョウに合わせてソフトで明るくすると、花の色が黄緑っぽくなることに気がついた。白い花は微妙だ。
a0181059_21383116.jpg


似たような写真ばかりだった。少しは裏翅がメタリックに輝いて欲しいところ。
a0181059_21454005.jpg


後ろから狙っていたら偶然撮れた。でも、暗すぎた。ISO1600、F4.5、1/2000。
a0181059_21471208.jpg



この後、この♂は近くの葉裏で休憩に入る。以前にも、吸蜜に現れたアオバセセリがこのように休むのを見ている。
a0181059_21501464.jpg


12時すぎ、もう1頭が近くに来たがとまらずに行ってしまう。アオバが途切れたので、ピークの暗い散策路にコジャノメを探す。3頭くらい出ていた。他に、落ち着かないクロヒカゲとクロヒカゲと絡んだダイミョウセセリ。この日の撮影者は5~6人。先客の中に、川崎のMさん、naoggioさん(現場では久しぶり)がおられ、楽しく撮影できました。
a0181059_07571183.jpg


(午後の黒系アゲハに続きます)




by otto-N | 2018-05-03 16:26 | Comments(4)

2017.10.12 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2017.10.18 (記)

2017.10.12
10月に入ったにもかかわらず晴れて暑い日が続く。21ミリだけを持って近所を散歩する。ヤマトシジミは傷んだ個体ばかりなので撮る気も起らず、いつもの場所に行くと、花壇の小さな菊(ノコンギク)にアオスジアゲハが来ていた。一面の花を背景に飛んでいる所を狙うが、花との距離が近すぎチョウが目立たなくなってしまう。
a0181059_20122035.jpg


このくらい花と離れるといい感じになる。
a0181059_12433926.jpg


アオスジアゲハは近寄るだけで逃げてしまう。撮ることができたのは、ちょっと鈍感な個体だけ。置きピン30~40cmでも後ろ姿が精一杯だった。また、この距離では自分の日陰になることが多く、シャッターを切るタイミングを逸してばかりいた。10月に入ると思った以上に、昼でも太陽が低い。
a0181059_12161475.jpg



もう少し翅が広く写って欲しかったが、こればっかりは運まかせ。
a0181059_12503523.jpg


ウラナミシジミとヤマトシジミが1ヵ所しかない萩に集まっていた。たくさんあるよりチョウが集中する。ときどき3つ巴になって絡むが片割れしか撮れなかった。
a0181059_12041268.jpg



もう1つの狙いは♀の表翅の構造色。ブルーがいい感じに写っていたけれど、チョウの位置が下端。しかたがなく大きくトリミングした。
a0181059_20491627.jpg



11時半をすぎ、引き揚げようとした時、目の前にホバリングする小さなムシ。咄嗟に25cmに距離リングを回す。
a0181059_12061138.jpg



ピントが合っているかどうかわからなかったが連写し続けた。さながら空飛ぶクリオネ。
a0181059_12092239.jpg


最後に正面顔をどアップで。しかし、大きさは数ミリ、ちょっと苦しい。
a0181059_12104570.jpg


葉の上にとまったので、AFに切り替え撮影。後で調べてみると、どうやらウリハムシの類らしい。
a0181059_12113843.jpg





by otto-N | 2017-10-18 16:51 | Comments(0)

2017.9.25 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2017.9.30 (記)

2017.9.25
近くのヤマトシジミは数がとても少ない。この日も擦れた♂が2~3頭。その中で♀が翅をせいいっぱい拡げているのを見つけた。
a0181059_13585523.jpg


サッポロビール本社前。アオスジアゲハがオミナエシの花にとまっていた、ただの日向ぼっこのようだが動こうとしない。近づいてみると、表翅のブルーがうっとりするほど美しい。前翅のブルーの筋は太くなるにつれ色が微妙に変化している。いつもは動いているところばかり撮っているので、このブルーのグラデーションには気がつかなかった。美しさのあまり右後翅が欠けていることも。
a0181059_14024679.jpg


珍しくいい所にとまったヤマトシジミ。夏から秋への装いに少しだけ変わった。
a0181059_14065333.jpg
a0181059_14070068.jpg


ウラナミシジミ♀。
a0181059_14090391.jpg



萩にまとわりつくウラナミシジミ♀。ときどき♂と絡むが♂にはピントは来ずに終わる。
a0181059_14125181.jpg


♀の表翅は角度によってブルーに輝く。構造色らしい。背景に難ありだが、ピントはきていた。
a0181059_14125916.jpg



キタテハがもっとも引き立つ背景は黄色だと思う。すぐに飛び去ってしまったが、6回だけシャッターを切ることができた。
a0181059_14114165.jpg


by otto-N | 2017-09-30 16:54 | Comments(0)

2017.9.1 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.9.19 (記)

2017.9.1
300ミリだけ持ってガーデンプレースのSビールの花壇に行く。今年になって植えられたバーベナ・ボナリエンシスが次々と新しい花に咲きかわる。この花の高さは1mを越える。赤紫のボンボリ状の花だが大写しにしても可愛らしい花だ。(庭チョウの花として推薦します。)一番多いのはツマグロヒョウモン、次にナミアゲハ。アオスジアゲハはたいてい2~3頭が吸蜜している。
a0181059_17533767.jpg

アオスジアゲハを撮るのはとても楽しい。花から離れた瞬間、あるいは次の花にとまる瞬間に連写する。この個体はよく見たら先端に2つの小さな過剰紋があった。
a0181059_17540679.jpg


4枚をあえて横に並べてみた。ただし、4コマ目はピンが来ていない。ブッドレアの背景の芝生のグリーンが美しい。
a0181059_17542774.jpg


徹底的に逆光側に回り込んで撮る。もちろん順光からの真珠色の帯も好きだが、逆光だと傷はほとんど目立たない。
a0181059_17545740.jpg


赤紫と緑と煉瓦色が今年の背景。
a0181059_17562781.jpg


ナミアゲハ、アゲハ、アゲハチョウ、どれが正式の名前かいつも迷う。
a0181059_17581816.jpg


黄色い花も咲いている。
a0181059_17583824.jpg


翅を開き切ったところより、こんなバランスで動いている瞬間がいい。
a0181059_17575187.jpg


どちらへ飛ぶかはわからない。動いた瞬間シャッターを切る。
a0181059_17592757.jpg

クロアゲハも来るけれど、この花にはほとんどとまらない。たまに飛んでくるモンキアゲハには全く無視されている。
a0181059_18003900.jpg


一面の黄色。オミナエシだと思う。ナミアゲハはこの花にも吸蜜するが頻度は少ない。アオスジアゲハはまったく寄りつかない。
a0181059_18010985.jpg


真後ろに回り込む。思い切って黄色を明るくした。
a0181059_18012606.jpg


キアゲハがやって来た。ここではとても珍しい。吸蜜するわけではなく、ただの日向ぼっこ。
a0181059_18015772.jpg


そっと後ろへ回り込んだが気づかれて飛び去ってしまう。が、また、やって来た。今度は吸蜜。
a0181059_19493014.jpg


ナデシコも咲いており、この花への執着はすごかった。ストローを花の奥まで差し込む。
a0181059_19532937.jpg


再び、バーベナに戻ってきた。
a0181059_19542015.jpg


同じような後ろ向き構図にしか撮れなかったが、少しは近かった。山で見るのとは違い、ちょっと嬉しかった。
a0181059_19560096.jpg




by otto-N | 2017-09-19 20:33 | Comments(0)

2017.7.18 東京・恵比寿 モンキアゲハ   2017.7.26 (記)

2017.7.18
晴れた日が続いているのに、まだ関東の梅雨は明けていない。アオスジアゲハとアゲハチョウは撮り飽きたけれど、緑の芝生の上を飛び回るツマグロヒョウモンを撮りたくて、また同じ場所に行く。あいかわらずツマグロヒョウモンは芝生の中ほどを飛び回っているが近くには来ない。しかし、カメラを敵と思うのか、こちらに向かって飛んでくることがあり(雀さえスクランブル発進する)、その時だけが撮影のチャンス。しかし、なかなか当たるものではなく、やっと1枚だけ撮ることができた。
a0181059_08483942.jpg


最初はクロアゲハだと思った。飛び方が妙にゆっくりだったし、ここでは見たことがなかったので気がつくのが遅れた。飛び回ってばかりいてとまる気配がないので、広角で追いかけた。暗い木陰ばかり飛び回るので、黄色い紋がなければどこに写っているかわからないほどだった。
a0181059_08492692.jpg


何度か飛び去り姿を消すが、しばらくすると舞い戻ってくることを繰り返した。そのたびに後を追うが、踏み込めない場所ばかりだった。
a0181059_12374177.jpg


この新しい庭の散策路は木道になっており、お洒落ではあるけれどワイルド感に乏しい。
a0181059_08583330.jpg

頭上に舞い上がった。しかし、当然ながら真っ黒。
a0181059_12393299.jpg

突然、姿を消した。あわてて近くを探したら、セコイアの葉上で翅を拡げていた。最初から休む場所を探して飛び回っていたのかもしれない。黄紋は半分しか見えなかった。
a0181059_12405735.jpg


ツマグロヒョウモンはうまく撮れずに終わり、いつものアゲハチョウとアオスジアゲハを撮る。
a0181059_08515672.jpg

2頭が絡んでいた。どうやら、吸蜜する花の争奪戦らしい。以前、脚で相手に絡みつく空中での争いを見たことがあるが、花を巡る争いも激しい。最後は、後から来たほうが先にいたほうを追い出してしまった。こんな激しい争いは他のチョウでは見たことはなかった。
a0181059_12481690.jpg
a0181059_12482637.jpg
a0181059_12483545.jpg

アオスジアゲハはこの紫色によく映える。
a0181059_20053221.jpg

グリーンを少し入れてみる。
a0181059_12451764.jpg


小刻みに翅を震わせ、花の蜜を吸う。
a0181059_12543014.jpg


もう完全にアオスジ・ムラサキ中毒。
a0181059_20343420.jpg


いつまでも撮っていたいけれど切りがない。このへんで止めることにしよう。
a0181059_12545181.jpg



by otto-N | 2017-07-26 16:59 | Comments(0)