たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アゲハチョウ ( 22 ) タグの人気記事


2018.6.29 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2018.7.4 (記)

2018.6.29
朝から晴れ、相変わらずの強風。午後、自宅に戻って来ると関東甲信地方の梅雨は明けていた。例によって21ミリだけを持って近くを徘徊する。Sビール前には少しのモンシロチョウとアゲハチョウ、それに高速で飛び回るアオスジアゲハくらい。しかし、ふと木陰を見るとアオスジアゲハが絡んでいた。
a0181059_09453821.jpg



1~2mほどの高さ。咄嗟にカメラを2頭の下に入れ空に向かって連写する。(右下の数字は並べるための画像番号)
a0181059_09484686.jpg


この後4コマピンボケで、その続き。時には接触する。
a0181059_09494897.jpg


こうしたアオスジアゲハの求愛飛翔は時々見ることがある。しかし、空高く舞い上がり、300ミリでやっとの上空でこのシンクロナイズド・フライイングが繰り広げられる(★1、★2)。求愛飛行の手順としては、木々の間を探雌飛翔しているあるいは吸蜜中の♂が♀を見つけると、当然、♀にアタックをかける。♀にその気がなければすぐ振り切られてしまうが、♀にその気があると♂は♀の前に回り込みスピードを落とす。このとき、♀と♂のはばたきが徐々にシンクロナイズしていく。♀が♂のはばたきに合わせているのか、♂が♀のはばたきに合わせているのかはわからないけれど、とにかく、ぴったり一致したら求愛成功(と思う)。いつも天高く舞い上がってしまうので、交尾に至るまで見とどけることはできないが、こんなことだろうと想像している。もちろん、♂は♀の前で飛びながらフェロモンを撒き散らし、♀を酔わせているに違いない。
a0181059_10332582.jpg



完全にシンクロした瞬間を撮りたかったが叶わず。ただただ、梅雨明けの青空バックのアオスジアゲハが美しい。
a0181059_10335239.jpg


最後は上には舞い上がらず、木立の向こうへ行ってしまいロスト。横から撮るとアオスジアゲハは暗い木立の間では目立たなってしまう。
a0181059_19161850.jpg


何の期待もなくすぐ帰る予定で短パンで出て来たのだが、気がつくと脚は蚊に刺されていた。猛烈に痒く、ムヒを塗りに自宅に戻る。木立の近くの空間にはまだアオスジアゲハが飛び回っていたので、レンズを15ミリに付け替え戻ってみるとアオスジの姿はなかった。とりあえず、アゲハチョウがいたので撮ってみる。広く写るのはいいけれどその分チョウに近づかなければならないので、ほとんど使わない15ミリ。アゲハくらい大きければそれほど近づかなくてもいいだろうと思って使ったが、何か変だった。庭の向こうはこんな急な坂道ではないし、水平補正すると向こうの路地の建物が垂直にならず風景が歪んでしまう。やはり、21ミリでいいようだ。
a0181059_10470667.jpg




by otto-N | 2018-07-04 16:11 | Comments(0)

2018.6.25 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2018.7.1 (記)

2018.6.25
朝から青空。近くに散歩する。Sビール本社の芝生には2~3頭のツマグロヒョウモンが飛び回っていたが立ち入り禁止。区域外に飛んできたのを狙うとかろうじて1枚。
a0181059_14034856.jpg


アゲハチョウも3~4頭が飛び回っているが、思ったようには撮れなかった。(大きくトリミング)
a0181059_14091058.jpg


2018.6.26
梅雨の中休みにしては好天が続く。このままでは水不足の心配が頭をよぎる。朝一番に飛ぶのはモンシロチョウのようだ。
a0181059_14121843.jpg

昨年、Sビール本社前の花壇はリニューアルされ、通路はウッドデッキ風になった。1年たち、やっと馴染んできたようだ。手前の花の名前は不明だが、向こう側のピンクは、庭の花としてはちょっと粋なカワラナデシコ。花にまとわりつくこのモンシロ、リアルに撮れた。
a0181059_15104761.jpg


恵比寿ガーデンプレースができてから20年を越えた。丘の上にあるせいか、都心のわりにはチョウが思った以上に集まる。モンシロチョウだけは常在している。
a0181059_14132731.jpg


このモンシロチョウ、人が脇をかすめてもすぐ同じ花に戻ってくる。蜜の出ている花は決まっているらしい。
a0181059_14175646.jpg


手首返し。水平にトリミングしたらチョウが大きくなりすぎた。
a0181059_14222198.jpg


前日はあんなにいたツマグロヒョウモンは1頭もおらず、アオスジアゲハだけがブッドレアにやってきていた。(ピンボケ)
a0181059_14253655.jpg


2018.6.27
最初は曇り空、しかも10mを越える強風。10時すぎに晴れてきたが風は強いまま。すべてのモンシロチョウが吸蜜もせず下草に潜り込むように♀を探して飛び回っていた。1回だけ♂2頭が絡んだがちゃんと撮れずに終わる。アゲハチョウも強風に流され、とまっているのさえ合焦が難しかった。
a0181059_16471091.jpg

2018.6.28
午前中は曇っていたが午後から晴れ。しかし、前日にも増して風が強い。午後、隣のホテルの前を通りかかるとアゲハチョウが風に吹き飛ばされていた。ホテルにはいつも各国の国旗がはためいているのだが見当たらない。風が強すぎて降ろしたのだろうか。アガパンサスも風でなぎ倒される寸前。
a0181059_20005985.jpg





by otto-N | 2018-07-01 16:01 | Comments(0)

2018.3.30 東京・白山の森 ツマキチョウ   2018.4.10 (記)

2018.3.30
桜が咲いているうちにと、再び植物園に出かける。少し気温が低いせいかツマキチョウは桜のある場所では飛んでいないので、昨年まで菜の花のあった広場の奥のショカッサイを入れて飛翔を狙う。
a0181059_19351695.jpg


しかしながら、撮れた姿には躍動感がなく、これがベスト。ショカッサイは遠くに写っていたほうがいいようだ。近いと妙に光を反射する。
a0181059_20095879.jpg



探雌飛翔で飛びっ放っぱなしの♂。♀と間違えこのタンポポの綿毛に必ず寄って行く。近くで待ち伏せして突撃撮影。
a0181059_19411820.jpg


飛行コースはだいたい同じではある。しかし、そうは言っても満足に撮れるわけではなく、無駄なシャッターばかりを切ってしまった。このペンタックスK-3のシャッターの限度は20万ショット。このところ、1日1500~2000ショット。このままでは、年内にプツンと来そうだ。
a0181059_19415318.jpg


この日はほんとにとまらなかった。静止はこの1シーンのみ。
a0181059_19465106.jpg


11時を過ぎたころ、やっと桜の木の下を飛ぶようになった。
a0181059_19485627.jpg



これには桜は写っていないが、2頭が絡んだ時の撮影。
a0181059_19483529.jpg

これには、かろうじて桜が・・・
a0181059_19500147.jpg



ツマキを待っている間に飛んで来たとてもとても小さいナミアゲハ。レンギョウは2日前に較べると葉っぱが大きくなり黄色というより黄緑色。ルリタテハがフラフラと飛んで来る。
a0181059_19520694.jpg


午後になると順光で撮れる位置で(手前にレンギョウ、向こうに桜)、ツマキが通りかかるのを待つ。しかし、白とびするツマキの翅に合わせると桜は桜色にはならない。暗すぎる。
a0181059_20090052.jpg


3頭が少し離れた場所で絡む。あわてて近づくが遅かった。左の1頭は♀と後で気づく。
a0181059_19580148.jpg

ソメイヨシノは半分散ってしまったが、2日前には1分咲だったオオヤマザクラは満開だった。バク転する♂。
a0181059_19581735.jpg

この夜、川口で斉藤和義のライブ。早めに切り上げた。普段、自宅でCDを聞くことはなく、車の中だけ。かけるのは、斉藤和義 >> エレカシ、奥田民生。



by otto-N | 2018-04-10 18:52 | Comments(0)

2017.9.29 東京・中目黒 ウラナミシジミ   2017.10.8 (記)

2017.9.29
前日は雨。朝から晴れた徒歩20分の公園。ウラナミシジミがまだ奇麗なうちにと出かける。しかし、擦れ個体が多く飛翔さえ撮る気が起らなかった。しばらくすると珍しく新鮮なクロアゲハがやって来たので急いで順光側に駆け付ける。花壇の花がいい感じに撮れた。
a0181059_11094288.jpg


パタパタやっている後ろに回る。
a0181059_11113854.jpg


アゲハチョウもやってきたが、なかなか落ち着かない。
a0181059_11131973.jpg


どうやら引き上げようと思った11時すぎからこの花には集まるようだ。
a0181059_11153918.jpg


晴れて少し気温が高いせいか、ヒメアカタテハさえ翅を全部開かなかった。
a0181059_11162337.jpg


この紫の花にウラナミシジミが集まり飛び交う。この日はセセリは少なかった。
a0181059_11464500.jpg
a0181059_11190397.jpg



道路をはさんだクズにも少し♀がくるが、逆光なのでなかなか撮れない。まばらに咲く百日草にも吸蜜していた。
a0181059_11201947.jpg


ちょっとピンぼけだし、右ではなく左にチョウが入ってしまったのだが、形がよかったのでまあいいとします。
a0181059_11232776.jpg


ピンはきていた。ただし、翅がギラギラしすぎた。晴れているとやむをえないのかもしれない。
a0181059_11234803.jpg



by otto-N | 2017-10-08 16:26 | Comments(0)

2017.9.1 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.9.19 (記)

2017.9.1
300ミリだけ持ってガーデンプレースのSビールの花壇に行く。今年になって植えられたバーベナ・ボナリエンシスが次々と新しい花に咲きかわる。この花の高さは1mを越える。赤紫のボンボリ状の花だが大写しにしても可愛らしい花だ。(庭チョウの花として推薦します。)一番多いのはツマグロヒョウモン、次にナミアゲハ。アオスジアゲハはたいてい2~3頭が吸蜜している。
a0181059_17533767.jpg

アオスジアゲハを撮るのはとても楽しい。花から離れた瞬間、あるいは次の花にとまる瞬間に連写する。この個体はよく見たら先端に2つの小さな過剰紋があった。
a0181059_17540679.jpg


4枚をあえて横に並べてみた。ただし、4コマ目はピンが来ていない。ブッドレアの背景の芝生のグリーンが美しい。
a0181059_17542774.jpg


徹底的に逆光側に回り込んで撮る。もちろん順光からの真珠色の帯も好きだが、逆光だと傷はほとんど目立たない。
a0181059_17545740.jpg


赤紫と緑と煉瓦色が今年の背景。
a0181059_17562781.jpg


ナミアゲハ、アゲハ、アゲハチョウ、どれが正式の名前かいつも迷う。
a0181059_17581816.jpg


黄色い花も咲いている。
a0181059_17583824.jpg


翅を開き切ったところより、こんなバランスで動いている瞬間がいい。
a0181059_17575187.jpg


どちらへ飛ぶかはわからない。動いた瞬間シャッターを切る。
a0181059_17592757.jpg

クロアゲハも来るけれど、この花にはほとんどとまらない。たまに飛んでくるモンキアゲハには全く無視されている。
a0181059_18003900.jpg


一面の黄色。オミナエシだと思う。ナミアゲハはこの花にも吸蜜するが頻度は少ない。アオスジアゲハはまったく寄りつかない。
a0181059_18010985.jpg


真後ろに回り込む。思い切って黄色を明るくした。
a0181059_18012606.jpg


キアゲハがやって来た。ここではとても珍しい。吸蜜するわけではなく、ただの日向ぼっこ。
a0181059_18015772.jpg


そっと後ろへ回り込んだが気づかれて飛び去ってしまう。が、また、やって来た。今度は吸蜜。
a0181059_19493014.jpg


ナデシコも咲いており、この花への執着はすごかった。ストローを花の奥まで差し込む。
a0181059_19532937.jpg


再び、バーベナに戻ってきた。
a0181059_19542015.jpg


同じような後ろ向き構図にしか撮れなかったが、少しは近かった。山で見るのとは違い、ちょっと嬉しかった。
a0181059_19560096.jpg




by otto-N | 2017-09-19 20:33 | Comments(0)

2017.7.18 東京・恵比寿 モンキアゲハ   2017.7.26 (記)

2017.7.18
晴れた日が続いているのに、まだ関東の梅雨は明けていない。アオスジアゲハとアゲハチョウは撮り飽きたけれど、緑の芝生の上を飛び回るツマグロヒョウモンを撮りたくて、また同じ場所に行く。あいかわらずツマグロヒョウモンは芝生の中ほどを飛び回っているが近くには来ない。しかし、カメラを敵と思うのか、こちらに向かって飛んでくることがあり(雀さえスクランブル発進する)、その時だけが撮影のチャンス。しかし、なかなか当たるものではなく、やっと1枚だけ撮ることができた。
a0181059_08483942.jpg


最初はクロアゲハだと思った。飛び方が妙にゆっくりだったし、ここでは見たことがなかったので気がつくのが遅れた。飛び回ってばかりいてとまる気配がないので、広角で追いかけた。暗い木陰ばかり飛び回るので、黄色い紋がなければどこに写っているかわからないほどだった。
a0181059_08492692.jpg


何度か飛び去り姿を消すが、しばらくすると舞い戻ってくることを繰り返した。そのたびに後を追うが、踏み込めない場所ばかりだった。
a0181059_12374177.jpg


この新しい庭の散策路は木道になっており、お洒落ではあるけれどワイルド感に乏しい。
a0181059_08583330.jpg

頭上に舞い上がった。しかし、当然ながら真っ黒。
a0181059_12393299.jpg

突然、姿を消した。あわてて近くを探したら、セコイアの葉上で翅を拡げていた。最初から休む場所を探して飛び回っていたのかもしれない。黄紋は半分しか見えなかった。
a0181059_12405735.jpg


ツマグロヒョウモンはうまく撮れずに終わり、いつものアゲハチョウとアオスジアゲハを撮る。
a0181059_08515672.jpg

2頭が絡んでいた。どうやら、吸蜜する花の争奪戦らしい。以前、脚で相手に絡みつく空中での争いを見たことがあるが、花を巡る争いも激しい。最後は、後から来たほうが先にいたほうを追い出してしまった。こんな激しい争いは他のチョウでは見たことはなかった。
a0181059_12481690.jpg
a0181059_12482637.jpg
a0181059_12483545.jpg

アオスジアゲハはこの紫色によく映える。
a0181059_20053221.jpg

グリーンを少し入れてみる。
a0181059_12451764.jpg


小刻みに翅を震わせ、花の蜜を吸う。
a0181059_12543014.jpg


もう完全にアオスジ・ムラサキ中毒。
a0181059_20343420.jpg


いつまでも撮っていたいけれど切りがない。このへんで止めることにしよう。
a0181059_12545181.jpg



by otto-N | 2017-07-26 16:59 | Comments(0)

2017.7.17 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2017.7.25 (記)

2017.7.17
晴れて暑い日が続く。午前9時では朝の散歩にしては遅すぎるし暑すぎるが、アゲハチョウたちと遊ぶしかない。
a0181059_10543012.jpg

アオスジアゲハは食樹のせいだろうが都会のチョウだと思う。緑の背景より高層ビルの窓枠の背景がよく似合う。
a0181059_10553579.jpg


あるいは、こんな花壇。背景が単純なほど美しい。
a0181059_10554509.jpg



ナミアゲハも連日集まる。といってもせいぜい4頭くらいだが。
a0181059_11054297.jpg


少し遠かったが、連写した一部。
a0181059_11312106.jpg


飛び立つ瞬間にシャッターを切るが、アオスジアゲハと同様、ピンボケの量産。
a0181059_11075779.jpg


捻り技も見せてくれた。
a0181059_11084470.jpg


花から花へ飛び移る瞬間を撮るのは楽しい。
a0181059_11073570.jpg


まだ9時半なのに暑すぎるが、せめて10時まで頑張るとしよう。
a0181059_11074464.jpg



by otto-N | 2017-07-25 18:49 | Comments(0)

2017.7.15 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.7.22 (記)

2017.7.15
今年の春に大改装したサッポロビール本社前の花壇。当初は植物の背丈が低く地面だけが目立っていたがやっと植物が育ち、ちょっといい感じになってきた。名前はわからないがこの花にはナミアゲハとアオスジアゲハに人気があった。
a0181059_12115467.jpg

アオスジアゲハは逆光に限る。裏翅の真珠の光沢が出ないが、何よりも少々の傷は目立たない。赤紫色の背景はサッポロビール本社の壁面。
a0181059_12143186.jpg



アゲハチョウが2~3頭、吸蜜で舞っていた。順光では写りが少々固い。
a0181059_12224656.jpg

花の密度が高いところにやっと来てくれた。
a0181059_12275332.jpg

これも、少し翅が開いた時と閉じた時。少し逆光。
a0181059_12273084.jpg


逆光で翅が透け、表の黒筋が滲む。
a0181059_12195582.jpg

近すぎるがこれ以上後ろへ下がれなかった。至近距離で300ミリのピント合わせはきつい。
a0181059_12262049.jpg


むむっ、やっとフレームに収まったが構図がよくないためトリミング。茎が1本真ん中に被っているけれど、ちょっと大型蝶の迫力が出た。
a0181059_12264973.jpg



by otto-N | 2017-07-22 16:24 | Comments(0)

2017.5.16 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.5.25 (記)

2017.5.16
今年の春、思ってはみないチョウが時々やって来る恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社のイングリッシュガーデン風の花壇が大改装された。どんな風になるのか期待していたのだけれどガッカリ。凡庸。チョウが集まる鬱蒼感がない。カタバミは新しく植えられた植栽に混じって少しあったけれど、そのうち抜かれてしまうだろう。近くにはクスノキ並木があり、必ずいたアオスジアゲハさえも飛んでなく、ただのアゲハとモンシロチョウが1頭いただけだった。
a0181059_08560997.jpg


動きのあるポーズを探す。
a0181059_08562042.jpg


モンシロチョウはすぐ逃げられてしまった。
a0181059_08593844.jpg



南のはずれにある小さな公園。ここも先日草刈りにあいすっかり雑草がなくなっていた。アカボシゴマダラが舞っており何度か樹上で翅を拡げた。背景はタワーマンション。
a0181059_09015345.jpg



昼食後、まだアカボシゴマダラがいるかもしれないとレンズを300ミリに付け替えこの公園に行く。アカボシはいなかったが、アオスジアゲハが飛び回っていた。蝶源を探すと薄紫の花が咲いている高さ10mほどの木だった。何の木だろうと思っていたら、そこは公園。センダンと記されていた。「栴檀は双葉よりかぐわし」のセンダンらしい。
a0181059_09020342.jpg


木の下からでは撮れず撮影できる場所を探すと、木から水平距離で10mと遠く、逆光ではあるが、少し高くなっている植栽のコンクリート枠に足場を見つけた。以下、連写する。
a0181059_09021351.jpg


時おり、2~4頭が空中に飛び出す。MFで後を追うがなかなかフレームに入らないし、入ってもピンボケばかりだった。
a0181059_09023092.jpg


アオスジアゲハの求愛はシンクロナイズド・フライイング。動きがぴったり合うと求婚が成立するようだったが、そんなペアの飛翔は撮れずに終わった。
a0181059_09022286.jpg




by otto-N | 2017-05-25 16:44 | Comments(2)

フライイング・バタフライズ 2016 (9)アゲハチョウ   2017.2.1 (記)

ジャコウアゲハ
子供の日、サッポロビール本社の花壇、初めてジャコウアゲハを見た。皇居の吹き上げ御所にはいるようだが、これまで都心では上野公園で1回見ただけだった。
a0181059_13051557.jpg

カラスアゲハ
5月の裏高尾。ミヤマカラスアゲハには1度も遭遇せず、カラスアゲハだけ。
a0181059_13045890.jpg

アゲハチョウ
8月はアゲハが多い。サッポロビール本社前のブッドレア。あまり好きになれない色だが、チョウには人気がある。
a0181059_13032745.jpg
8月の日比谷公園。ただただ暑かった。背景の建物はマンダリン・オリエンタル。
a0181059_13042262.jpg

キアゲハ
北アルプスの「雲の平」に富山県側から登った。登山口の有峰で撮影。
a0181059_13050648.jpg

クロアゲハ
10月、彼岸花にはアゲハチョウとクロアゲハが集まっていた。黄色いアゲハチョウよりクロアゲハのほうが色的に合う。この赤はちょっとどぎつすぎたかもしれない。
a0181059_13052792.jpg

ナガサキアゲハ
メスは一度も撮れなかった。オスは靑鱗の筋までクリアに撮れたので満足。
a0181059_13053554.jpg
                                                      ~以上、万歳七唱でした~


P.S.
今日(2月1日)、鎌倉アルプスにハイキングに行ってきた。アルプスとはとても大げさな名前であるけれど、鶴岡八幡宮の裏山にある約3時間の天園ハイキングコース。JR北鎌倉の建長寺の境内(拝観料あり)から登り、尾根伝いに鎌倉最高地点の大平山(159m)に抜け、そこから鎌倉宮に下り、鶴岡八幡宮に寄って、鎌倉駅から帰ってきた。天気が良くポカポカ、ムラシくらいは飛んでるかもしれないと思っていたけれど日陰はさすがに冬の気温だった。建長寺の一番奥の半僧坊という所まで急な階段を登りつめると、富士が顔を覗かせた。
a0181059_17325395.jpg
さらに登ると、頂上には一望できる展望台があり(予想外)、雲が切れそうで切れない、オートフォーカスではピントが合わない富士を撮って暇をつぶす。モニターでは写っているのかよく判らない画像をソフトで何とか見れるようにした。
a0181059_16363595.jpg
鶴岡八幡宮は2度目だったけれど、境内は平日にもかかわらず大混雑。本殿の横に陳列されていた数基の神輿、とりわけ、塗りがほとんど剥げ落ちた古い1基がとても見事だった。(残念ながら写真撮影禁止)


   

by otto-N | 2017-02-01 16:03 | Comments(0)