たかがヤマト、されどヤマト

タグ:アゲハチョウ ( 29 ) タグの人気記事


2018.10.1 東京・恵比寿 (1)アゲハチョウ   2018.10.10 (記)

2018.10.1
Sビール本社前に行くと萩が満開でウラナミシジミがたかっていた。いつの間にか時期を逸したようで、ほとんどが擦れたメス。角度によって現れる表翅の構造色を撮ろうと悪戦苦闘していた時、アゲハチョウの求愛シーンに何度か遭遇した。今年は黒系アゲハがとても少なく、ナミアゲハばかりが異常に多い。因みに、ここではクロアゲハを少々見ただけで、ナガサキ、モンキ、カラスは一度も見ていない。

まずは1回目。気がついた時は既に舞い上がり始めていた。斑紋から前の個体がオスと判る。
a0181059_20101946.jpg

しばらくメスがオスの後ろをゆっくりと飛んでいたが、2頭が一度舞い上がり下りてきたときには、オスがメスを追いかける形になっていた。この後は遠くへ行ってしまい撮影はできずに終わる。
a0181059_20120462.jpg

そして、2回目の絡み。ブッドレアに吸蜜中の1頭の前に、1頭がやってきてホバリング。吸蜜しているのがメス。ホバリングしているのが斑紋からオス。その後ろにもう1頭が見えるが性は不明。
a0181059_21073098.jpg


オスはメスの前後を飛び回る。それにもう1頭が介入しようとするがすぐいなくなる。最初のオスはメスの周りから離れない。
a0181059_20265220.jpg

吸蜜する花を変えても執拗に絡むオス。
a0181059_21002446.jpg


ついにしつこいオスに耐えきれなかったのか、メスは舞い上がりオスはその後を追う。しかし、カメラの前に来たときには、メスがオスに脚を立て、ストローを伸ばしてオスを追いかけていた。反撃に出たのか、狂おしげにオスを追いかけているのか。
a0181059_21003920.jpg


しかし、カメラで捉えきれなかった数秒後、今度はオスがメス(尾突が1本欠如)を追いかけていた。追いかけの逆転は、オスとメスの駆け引き?
a0181059_20270808.jpg


二度あることは三度ある。キクの花で吸蜜していた1頭の前に1頭がホバリング。撮影し始めた時には吸蜜を止めて伸びた葉の上にとまっていたようだ。1頭の前に回り込みホバリングを始めたのが斑紋からオス。
a0181059_20294088.jpg

以下、同じサイズにトリミングして並べます。
a0181059_20311942.jpg


オスの翅の開閉はまるでメスを誘うようにゆっくりだ。
a0181059_20314049.jpg


前組の6コマ目からこの4コマ目までがとても不思議。オスは翅を閉じ後ろにのけぞったまま。秒8コマとして、0.5秒間このスタイルだったことになる。
a0181059_20314903.jpg


業を煮やしたのか、メスは突然オスに襲いかかり、もつれるように2頭は舞い上がる。
a0181059_20320693.jpg


あわててカメラを上に向けると、2頭ではなく4頭が空中に並んでいた。手が届かなくてピンボケだが、斑紋を画像で調べるとメスは先頭から2頭目。その後ろに2頭が追いかける。
a0181059_16233096.jpg

この1秒後、少し下に降りてきての乱舞。カメラに近づいたのでピンは来たが4頭がうまく入らなかった。けれど、ちょっと迫力があるでしょう。
a0181059_16262214.jpg

ナミアゲハのオスがメスを追いかけて飛んでいる時は求愛飛行に似つかわしいけれど、メスがオスを追いかけているシーンがよく見られ、この時、メスは脚を伸ばしオスを押さえつけようという雰囲気で、しつこいオスに対して反撃に出たのか、オスに誘惑されて激しく発情したのかは定かではない。ナミアゲハのメスの交尾回数は、平均3回ということが筑波大から報告されており、ボロボロのメスだってオスを受け入れることが可能であり、脚を立てて追いかけるメスは激しくオスに求愛しているように思えるが、メスのほうが絶対優位なのでそこまでする必要はなさそう。ただ、少なくても吸蜜中ではなく、産卵中に絡まれた場合はメスが反撃に出たのではと思っている(→★★)。それと、もう一つ。メスがオスの前であろうともオスの後ろであろうとも、絡んだ場合、メスは必ずストローを伸ばして飛んでいる。このストローを伸ばしているメスについてはどこかで読んだことがあり、手持ちの本を調べたところ、海野さんの「蝶蛾記」の23ページに出ておりました。ナガサキアゲハ、シロオビアゲハの写真も載っており、ナミアゲハ(キアゲハも)だけの性質ではないようです。なお、今年の9月5日に撮ったアオスジアゲハの求愛シーンでは、原画を拡大してみましたが、メスはストローを丸めたままで脚をオスに伸ばすこともありませんでした(→★★★)。


と、色々御託をならべましたが、この記事を書き終えた後、突然、閃きました。海野さんの蝶蛾記には、「チョウのメスは、交尾を一生に1回だけしかしないものが多い。それでもオスに誘われたメスは、よくオスの後ろをついていく。アゲハのなかまではそんなとき、メスがかならず口をのばしている。いったいなんのためにそんなことをするのだろう。オスが食べ物に似たにおいでも出して、メスを誘惑しているのだろうか。」と書かれている。アゲハのオスは蜜の匂いような何かをメスの前に振りまき、蜜を吸おうとストローを伸ばし、オスを花と錯覚して脚を伸ばしてとまろうとしているだけの話。決してオスに逆襲しているわけではなく、産卵中でも食欲には勝てないようですね。



by otto-N | 2018-10-10 16:04 | Comments(0)

2018.9.13 東京・中目黒 キアゲハ   2018.9.22 (記)

2018.9.13
近くのヤマトシジミを見にいくと、何と草刈りの真っ最中だった。あの80cm四方のカタバミ群落はまだ刈られていなかったので、ダメ元でカタバミを残して欲しいとお願いしたらあっさりOKの返事。作業している方には了承してもらえるのだが、いつもその上の管理者からはNGなので期待せず、そのまま中目黒の公園にキアゲハを狙いに行く。その途中にある斜面でヤマトシジミを撮ろうとするが、花が多いカタバミ群落にはほとんど来ず、諦める。ただ、とてもきれいなメスがいたので開くのを待つが、半開翅までだった。でも、このポーズのほうが可愛らしい。
a0181059_17030616.jpg


キアゲハは相変わらず飛び回っていたが、撮りたい方向では飛び方が速く空撮りばかり。アゲハチョウも少なからず飛んでおり、求愛シーンも見られたがアゲハの求愛はそんなロマンチックなものではなく、オスが飛んでいるメスを襲うという動きに近い。ただ、たいていの場合、嫌がるメスの反撃を受けオスは不首尾に終わる。この時は、翅欠けのメスがオスを追いかけている最中のようだ。
a0181059_17085348.jpg

アゲハの激しい空中戦。(上の3コマ目と同じ画像)
a0181059_17141003.jpg



この場所でキアゲハの求愛シーン(反撃シーン)も撮ることができた。キアゲハの場合も全く同じ。産卵場所を探しているメスをオスが見つけ後ろに回り込むがメスに反撃され、オスは背後に回られる。
a0181059_17111410.jpg


メスがオスを襲った瞬間。(上の5コマ目と同じ)
a0181059_17153301.jpg



メスはしつこくオスを追い回す。そしてオスを攻撃。オスは一回転し反撃、再びメスの背後へ。
a0181059_17125968.jpg


しばらくこの状態だったが、突然オスが上へ飛び去り、メスが残される。それにしても激しい空中戦だった。
a0181059_17133749.jpg


結局、キアゲハの探雌中の飛翔速度は速すぎたので、この場所での撮影は諦めざるをえなかった。アゲハを待ちながら撮ったチョウはヒメアカタテハとヤマトシジミ。まだウラナミシジミはいなかった。
a0181059_17164295.jpg

正午近く、自宅に戻る前に草刈りの様子を見に寄ったところ、嬉しいことにカタバミの群落はそのまま残されていた。この秋はここでヤマトシジミを楽しめそう。





by otto-N | 2018-09-22 16:55 | Comments(2)

2018.8.22 - 27 東京・恵比寿 ツマグロヒョウモン   2018.9.1 (記)

2018.8.22
やってくるアゲハチョウのメスは吸蜜と産卵を繰り返し、飛び方もゆっくりだ。この時も21ミリの置きピン設定のまま撮影。
a0181059_19593119.jpg


立ち入り禁止の芝生の広場には、毎朝、ツマグロヒョウモン♂がテリ張りしている。踏み込めないのが残念だが、時にはこちらに向かって飛んでくる。(ピントが来てないのも載せます)
a0181059_14432606.jpg
a0181059_14433768.jpg


そして、一瞬のホバリング。この一連の画像は1秒足らず。
a0181059_22515696.jpg


2018,8.23
ツマグロヒョウモンはブッドレアの花が好きなようで、テリ張りしながら思い出したように吸蜜していた。飛ばすと、この時もカメラに寄ってきた。
a0181059_20105175.jpg


太陽神はうまくは撮れなかった。
a0181059_20150853.jpg



2018.8.24
夕方、東の空がピンクに染まる。西側では富士山が焼けているのだろうが、ここからは見えない。
a0181059_20174116.jpg


2018.8.27
カンカン照り。ロブション横にはイチモンジセセリは全くおらず、Sビール前に少しだけ。太陽を入れてイチモンジを撮ったら白紋が透けるだろう、とやってみた。その結果、透けた白紋は狙い通りだったが、チョウが暗い部分に入ってしまった。でも、光の筋は今後検討の価値あり。
a0181059_11452504.jpg


花壇にやって来たのはウラナミシジミ。すぐに飛び去ってしまったが、今期初。
a0181059_09274784.jpg



午後、外を見ると入道雲が発達していた。夜は激しいゲリラ豪雨。数km向こうで何本も雷の柱が落ちたが撮影はできず。
a0181059_20215833.jpg




by otto-N | 2018-09-01 16:53 | Comments(0)

2018.8.22 東京・恵比寿 アゲハチョウ(2)   2018.8.30 (記)

2018.8.22 (続き)
産卵にやって来るアゲハチョウ。飛翔を撮っても、横からでは、閉翅の裏翅か、開翅の水平にしか撮れず、後ろからで吸蜜時のホバリングと変わらない。飛翔で大きなチョウの迫力を表現できないかと色々試した結果、「下から撮る」となかなかいい感じになった。
a0181059_10351109.jpg


チョウの位置が右隅だったので大きくトリミングした。
a0181059_10354864.jpg


太陽の光芒を入れてみる。
a0181059_10385345.jpg


構図上、しかたがなく太陽をカットしたが、大型チョウならではの迫力が出たと思う。
a0181059_10391533.jpg


積極的に太陽にカメラを向ける。ブルーが濃くなるが、明るくすると太陽がとぶ。(1コマ目は残念ながらピンボケた)
a0181059_10411697.jpg



太陽とチョウがどんと入った。しかし、
a0181059_10441919.jpg


太陽とのダンス。こういうのも捨てがたい。
a0181059_08493467.jpg





by otto-N | 2018-08-30 16:29 | Comments(2)

2018.8.22 東京・恵比寿 アゲハチョウ(1)   2018.8.28 (記)

2018.8.22
暑い日が続く。近くには出かけてもチョウの姿は希薄。種類は限られるけれど、日々練習のつもりでこの日もサッポロビール本社前。涼しいうちにと9時ころに来てみても、アゲハチョウが飛んでくるのは10時すぎ。最初にオスがメスを探して木々の間をせわしなく飛び回っているが、メスが夏ミカンの木に産卵にやって来るのは10時半をすぎた頃。オスは産卵中のメスを見つけると、すぐに絡む。
a0181059_15531109.jpg


ゆっくりした飛翔だが後で撮った画像の細部を見ると、脚を出したりしてバトルは結構激しい。右上がオス、左が迎えうつメス。
a0181059_15554733.jpg


これまでにも、ここでアゲハチョウ同志のバトルを見ているが、オス同志でも空中で脚を出し、体をぶつけ合いなかなか激しいものある。オスに襲われたメスは他のチョウと同じく、ただ逃るだけと思っていたが、途中でメスの逆襲にあい、逆にオスが逃げ惑うシーンに遭遇した。以下はその一部始終。

小さなミカンの木で産卵するメス。産卵の邪魔にならないように距離は40cmほどあけて、21ミリで置きピン撮影。
a0181059_16072595.jpg

目ざとく見つけたオスがメスにつきまとう。
a0181059_16084298.jpg

産卵を邪魔されたメスはその場を離れようとする。(後翅に黒班があるほうがオス)
a0181059_16094313.jpg

つきまとうオスから逃げるメス。
a0181059_16101356.jpg

しかし、茂みの中でごちゃごちゃやって出て来た時、形勢は逆転していた。
a0181059_16132927.jpg

今度はメスがオスを追いかける番だ。
a0181059_16135145.jpg

メスは脚を伸ばし、オスに襲いかかる。
a0181059_16272868.jpg

逆襲にあい、たまらずオスは逃げ惑うばかり。
a0181059_16314534.jpg

執拗に脚を繰り出すメス。上になったほうが勝ち。まるで、戦闘機の空中戦。
a0181059_16322614.jpg


下に飛んでは押さ込まれるだけなのでオスは上へ逃げるしかない。追いかけるメス。
a0181059_16344826.jpg

それでも、許すものかとメスは追い続ける。
a0181059_16360159.jpg


そして、勝負あり。(ストローも武器なのだろうか?)
a0181059_16374182.jpg




by otto-N | 2018-08-28 16:45 | Comments(0)

2018.8.11-21 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.8.25(記)

2018.8.11
暑い日が続く。夕食後、外を見たら雲がピンクに染まっていた。空をできるだけ大きく撮る。
a0181059_14100566.jpg


2018.8.13
久しぶりにSビール本社前に行くが、花壇の花が今年は淋しい。木陰のミソハギ?にイチモンジセセリがいたが、満足に撮れなかった。
a0181059_14580761.jpg


2018.8.17
晴れているが気温が低い。久しぶりに自然教育園に行く。黒系アゲハを期待したのだが、クサギの花はすでに終わっていた。チョウがあまりにも飛んでないので、ザックからカメラを出す気もなくいつもの場所を歩いていたら、目の前でアオスジアゲハが突然の開翅。いそいで、カメラを取り出し21ミリで撮影する。アオスジアゲハを広角でほとんど撮ったことがない。
a0181059_17222288.jpg

後でよく見たら、少し変。後翅の下から2つ目の斑紋が薄い。擦れて薄いわけではなさそうだった。長い間このままだったが、少し飛んで葉陰でとまったのも撮ってあったので、裏翅を見ると、やはりその部分が薄かった。他に見たアゲハはナガサキとクロが1頭ずつ。黒系アゲハはこれからかもしれないがなんとも数が少ない。
a0181059_17263129.jpg



2018.8.19
青空に白い雲。21ミリで2枚の合成。何のことはない、1台は21ミリをつけっぱなしだけのこと。合成すると右と左ではビルの垂直方向がそれぞれ違ってしまうが、主体は空なので、まあいいか。
a0181059_14164424.jpg


2018.8.20
曇っていたのでヤマトシジミの開翅を撮りに裏の公園に行く。きれいそうなオスを目で追っていると開いてくれた。
a0181059_14253609.jpg



ヤマトが少ない場所だが、時々、オス同志が絡み、どっちがどっちだかわからなくなる。今度は後翅の縁毛にピンがきたのだが、前翅の縁毛がボケてしまった。前翅と後翅の両方の縁毛までピンを合わせるのは難しい。
a0181059_14293333.jpg


実は、オスよりも真っ黒いメスを撮りたかった。しかし、きれいな個体は見つからなかった。この小さな公園は時々草刈りされるので、カタバミが群落となるまで育つことはないし、刈った草はどこかに運び去られるので(たぶん卵や幼虫ごと)、数がなかなか増えない。
a0181059_14403027.jpg




ここを切り上げ、ロブション横の移動花壇に行くとイチモンジセセリが集まっていた。石造の建物は曇り空とはいえ、ちょうど逆光になるのでLEDライトをとりに自宅にいったん戻る。LEDは目がつぶれるかと思うほど眩しいくらい明るいのだが、実際に効果があるかは疑問。やはり、飛翔写真は晴れていないとくっきりとは写らない。2コマ目は狙い通りだっただけに翅が壊れているのが残念だった。
a0181059_14355878.jpg


イチモンジセセリはほとんど擦れていたが、中にはきれいな個体も混じっていた。斑紋が透けるアングルを探しマクロで撮っておく。
a0181059_14380663.jpg



2018.8.21
朝から晴れ。ロブション横の花壇のイチモンジセセリが消えてしまった。晴れたらダメなのか、集団でどこかへ移動したのか、とにかくゼロ。その代わりにいたのが、ツマグロヒョウモン♂。やっと1枚だけ撮れた。
a0181059_14472139.jpg


Sビール本社前に少し移動。暑い中、1時間以上頑張ったのだが、撮れたのはこの1枚だけ。とにかく、チョウがいない。
a0181059_14491960.jpg





by otto-N | 2018-08-25 17:14 | Comments(0)

2018.7.10 -11 東京・恵比寿 コミスジ   2018.7.26 (記)

2018.7.10 -11
旅行に出るためカメラ内のSDカードを整理していたら、どうせろくなものが撮れていないと思い、そのまま放っておいたファイルが出て来た。花に来るアゲハを撮る練習をしていた時のものだ。アゲハの途切れた合間に出て来たコミスジ。21ミリで撮ったがマクロでなくてもいい感じだ。
a0181059_12021084.jpg


大きいので♀かと思うが、すぐ翅を開くので裏翅を撮るのは結構難しかった。ミスジ系は逆光側から撮るのが私の好み。でも、今思うと順光からも狙うべきであった。
a0181059_12021961.jpg


さて、この日は置きピンの練習もさることながら、訪花したチョウをノーファインダーで撮る練習。でも、逆光側からしか撮れないのがこのポイントの欠点だ。赤茶色の建物はサッポロビール本社、その左にウェスティンホテル。
a0181059_17231546.jpg


いつも広角はMFにしているので咄嗟の場合、AF切り替えが間に合わないし、ファインダーを覗く時間もない。しかし、ノーファインダーでは飛翔撮影と全く同じ。まるで歩留りがわるかった。
a0181059_17340272.jpg


この日もツマグロヒョウモンが立ち入り禁止の広い芝生でテリを張っていた。端っこにある花に寄ってくる時にスピードを落とすが、それでもなかなかフレームに入らなかった。
a0181059_17400055.jpg


ヤマトシジミがいたので近づいて撮ってみた。さすがに小さいので大きくトリミングせざるをえなかったが、後ろの葉のぎらつき感など、マクロとは違う面白さが出るかもしれない。
a0181059_17430798.jpg



by otto-N | 2018-07-31 16:04 | Comments(0)

2018.6.29 東京・恵比寿 アオスジアゲハ   2018.7.4 (記)

2018.6.29
朝から晴れ、相変わらずの強風。午後、自宅に戻って来ると関東甲信地方の梅雨は明けていた。例によって21ミリだけを持って近くを徘徊する。Sビール前には少しのモンシロチョウとアゲハチョウ、それに高速で飛び回るアオスジアゲハくらい。しかし、ふと木陰を見るとアオスジアゲハが絡んでいた。
a0181059_09453821.jpg



1~2mほどの高さ。咄嗟にカメラを2頭の下に入れ空に向かって連写する。(右下の数字は並べるための画像番号)
a0181059_09484686.jpg


この後4コマピンボケで、その続き。時には接触する。
a0181059_09494897.jpg


こうしたアオスジアゲハの求愛飛翔は時々見ることがある。しかし、空高く舞い上がり、300ミリでやっとの上空でこのシンクロナイズド・フライイングが繰り広げられる(★1、★2)。求愛飛行の手順としては、木々の間を探雌飛翔しているあるいは吸蜜中の♂が♀を見つけると、当然、♀にアタックをかける。♀にその気がなければすぐ振り切られてしまうが、♀にその気があると♂は♀の前に回り込みスピードを落とす。このとき、♀と♂のはばたきが徐々にシンクロナイズしていく。♀が♂のはばたきに合わせているのか、♂が♀のはばたきに合わせているのかはわからないけれど、とにかく、ぴったり一致したら求愛成功(と思う)。いつも天高く舞い上がってしまうので、交尾に至るまで見とどけることはできないが、こんなことだろうと想像している。もちろん、♂は♀の前で飛びながらフェロモンを撒き散らし、♀を酔わせているに違いない。
a0181059_10332582.jpg



完全にシンクロした瞬間を撮りたかったが叶わず。ただただ、梅雨明けの青空バックのアオスジアゲハが美しい。
a0181059_10335239.jpg


最後は上には舞い上がらず、木立の向こうへ行ってしまいロスト。横から撮るとアオスジアゲハは暗い木立の間では目立たなってしまう。
a0181059_19161850.jpg


何の期待もなくすぐ帰る予定で短パンで出て来たのだが、気がつくと脚は蚊に刺されていた。猛烈に痒く、ムヒを塗りに自宅に戻る。木立の近くの空間にはまだアオスジアゲハが飛び回っていたので、レンズを15ミリに付け替え戻ってみるとアオスジの姿はなかった。とりあえず、アゲハチョウがいたので撮ってみる。広く写るのはいいけれどその分チョウに近づかなければならないので、ほとんど使わない15ミリ。アゲハくらい大きければそれほど近づかなくてもいいだろうと思って使ったが、何か変だった。庭の向こうはこんな急な坂道ではないし、水平補正すると向こうの路地の建物が垂直にならず風景が歪んでしまう。やはり、21ミリでいいようだ。
a0181059_10470667.jpg




by otto-N | 2018-07-04 16:11 | Comments(0)

2018.6.25 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2018.7.1 (記)

2018.6.25
朝から青空。近くに散歩する。Sビール本社の芝生には2~3頭のツマグロヒョウモンが飛び回っていたが立ち入り禁止。区域外に飛んできたのを狙うとかろうじて1枚。
a0181059_14034856.jpg


アゲハチョウも3~4頭が飛び回っているが、思ったようには撮れなかった。(大きくトリミング)
a0181059_14091058.jpg


2018.6.26
梅雨の中休みにしては好天が続く。このままでは水不足の心配が頭をよぎる。朝一番に飛ぶのはモンシロチョウのようだ。
a0181059_14121843.jpg

昨年、Sビール本社前の花壇はリニューアルされ、通路はウッドデッキ風になった。1年たち、やっと馴染んできたようだ。手前の花の名前は不明だが、向こう側のピンクは、庭の花としてはちょっと粋なカワラナデシコ。花にまとわりつくこのモンシロ、リアルに撮れた。
a0181059_15104761.jpg


恵比寿ガーデンプレースができてから20年を越えた。丘の上にあるせいか、都心のわりにはチョウが思った以上に集まる。モンシロチョウだけは常在している。
a0181059_14132731.jpg


このモンシロチョウ、人が脇をかすめてもすぐ同じ花に戻ってくる。蜜の出ている花は決まっているらしい。
a0181059_14175646.jpg


手首返し。水平にトリミングしたらチョウが大きくなりすぎた。
a0181059_14222198.jpg


前日はあんなにいたツマグロヒョウモンは1頭もおらず、アオスジアゲハだけがブッドレアにやってきていた。(ピンボケ)
a0181059_14253655.jpg


2018.6.27
最初は曇り空、しかも10mを越える強風。10時すぎに晴れてきたが風は強いまま。すべてのモンシロチョウが吸蜜もせず下草に潜り込むように♀を探して飛び回っていた。1回だけ♂2頭が絡んだがちゃんと撮れずに終わる。アゲハチョウも強風に流され、とまっているのさえ合焦が難しかった。
a0181059_16471091.jpg

2018.6.28
午前中は曇っていたが午後から晴れ。しかし、前日にも増して風が強い。午後、隣のホテルの前を通りかかるとアゲハチョウが風に吹き飛ばされていた。ホテルにはいつも各国の国旗がはためいているのだが見当たらない。風が強すぎて降ろしたのだろうか。アガパンサスも風でなぎ倒される寸前。
a0181059_20005985.jpg





by otto-N | 2018-07-01 16:01 | Comments(0)

2018.3.30 東京・白山の森 ツマキチョウ   2018.4.10 (記)

2018.3.30
桜が咲いているうちにと、再び植物園に出かける。少し気温が低いせいかツマキチョウは桜のある場所では飛んでいないので、昨年まで菜の花のあった広場の奥のショカッサイを入れて飛翔を狙う。
a0181059_19351695.jpg


しかしながら、撮れた姿には躍動感がなく、これがベスト。ショカッサイは遠くに写っていたほうがいいようだ。近いと妙に光を反射する。
a0181059_20095879.jpg



探雌飛翔で飛びっ放っぱなしの♂。♀と間違えこのタンポポの綿毛に必ず寄って行く。近くで待ち伏せして突撃撮影。
a0181059_19411820.jpg


飛行コースはだいたい同じではある。しかし、そうは言っても満足に撮れるわけではなく、無駄なシャッターばかりを切ってしまった。このペンタックスK-3のシャッターの限度は20万ショット。このところ、1日1500~2000ショット。このままでは、年内にプツンと来そうだ。
a0181059_19415318.jpg


この日はほんとにとまらなかった。静止はこの1シーンのみ。
a0181059_19465106.jpg


11時を過ぎたころ、やっと桜の木の下を飛ぶようになった。
a0181059_19485627.jpg



これには桜は写っていないが、2頭が絡んだ時の撮影。
a0181059_19483529.jpg

これには、かろうじて桜が・・・
a0181059_19500147.jpg



ツマキを待っている間に飛んで来たとてもとても小さいナミアゲハ。レンギョウは2日前に較べると葉っぱが大きくなり黄色というより黄緑色。ルリタテハがフラフラと飛んで来る。
a0181059_19520694.jpg


午後になると順光で撮れる位置で(手前にレンギョウ、向こうに桜)、ツマキが通りかかるのを待つ。しかし、白とびするツマキの翅に合わせると桜は桜色にはならない。暗すぎる。
a0181059_20090052.jpg


3頭が少し離れた場所で絡む。あわてて近づくが遅かった。左の1頭は♀と後で気づく。
a0181059_19580148.jpg

ソメイヨシノは半分散ってしまったが、2日前には1分咲だったオオヤマザクラは満開だった。バク転する♂。
a0181059_19581735.jpg

この夜、川口で斉藤和義のライブ。早めに切り上げた。普段、自宅でCDを聞くことはなく、車の中だけ。かけるのは、斉藤和義 >> エレカシ、奥田民生。



by otto-N | 2018-04-10 18:52 | Comments(0)