たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ウラナミシジミ ( 52 ) タグの人気記事


2018.11.6 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.17 (記)

2018.11.6
曇り空だが気温が高いせいか、少し空が明るくなるとヤマトシジミは開翅する。オスばかりだったが、少し青いメスがいた。上から靑鱗が一番輝くアングルを探す。
a0181059_14251906.jpg



横からも撮ってみる。花は枯れかかっているとはいえ、逆に、いい感じにだ。
a0181059_14244795.jpg





まだウラナミシジミが飛び回っており、小菊の上で3頭が騒いでいた。真ん中のメスをめぐるオスの争い。3つの顔が並んだ時は可愛かった。
a0181059_14290177.jpg


ふと少し先を見るとブルーが輝いていた。近寄ってみるとオスではなくメス。スーパーブルー今季第1号。
a0181059_14303368.jpg


青メスは曇り空の下が最高。少しずつアングルを変えじっくりと撮る。
a0181059_14342181.jpg


一番輝く左前翅にフォーカスする。ファインダー越しのブルーがキマルリのように爛々と輝くと言ったらオーバーか。
a0181059_14344677.jpg


少し下から撮ると後の翅がもっと輝いた。
a0181059_14350062.jpg


翅を開いたまま動く気配がないので、そっと後ろへ回る。そして真上から。
a0181059_14403784.jpg


寄り過ぎたので少し引く。少し後ろからのこのアングルのほうが好み。スーパーブルーは曇り空しか輝かない。
a0181059_14414721.jpg

もう少し撮りたかったが、急に空が暗くなりスーパーブルーは翅を閉じてしまう。そして、すぐ雨が降り始めた。


(因みに、スーパーブルーとは、①前翅の黒縁が平行でなく、後ろほど狭く(三角形)、かつ、②前縁に靑鱗粉が載っているものを、個人的に勝手にスーパーブルーと定義して楽しんでいるだけです。)





by otto-N | 2018-11-17 16:08 | Comments(0)

2018.10.26 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.11.7 (記)

2018.10.26
今季初のヤマト青メスを撮った日。キタテハが白菊で一休み。撮ってはみたものの花がうるさすぎ、チョウはどこにいるのかさえ判らなくなってしまった。
a0181059_16502953.jpg


クロアゲハがブッドレアに少し立ち寄って飛び去った。この時期としてはとても新鮮なメス。右翅に他の花の花粉をつけていたが何の花だろう。
a0181059_16424228.jpg



萩に集まるウラナミシジミはかなり少なくなった。メスを待つ飛び古したオスのほうが多いくらいだ。オスはとまってすぐ翅を拡げるのですぐにわかる。メスの飛翔を撮ってみるものの、もう気合が入らない。
a0181059_16545293.jpg


白い菊ではなく薄紫色のユウガギク。この花にとまるとどんなチョウも絵になる。この日はウラナミシジミ♀。あたりはビルの陰に入ってしまったので暗い。
a0181059_17085509.jpg


少し飛んでは花を変える。そのたびに後ろの景色が変わる。花の配置だけではなく、向こうの舗道を行き交う人や通過するクルマが淡くボケる。
a0181059_16541613.jpg


やっと開翅した。花の上をゆっくりと回る。
a0181059_17163202.jpg


とろけるような薄紫にチョウを重ねる。
a0181059_17111315.jpg



花から花へ移る時、そっと飛翔を撮る。日影といえども逆光で、光の当たる方向が悪いのかほとんど構造色は輝かなかった。
a0181059_19144414.jpg




by otto-N | 2018-11-07 16:37 | Comments(0)

2018.10.24 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.3 (記)

2018.10.24
萩の花にはでウラナミシジミの他にもヤマトシジミも吸蜜にやってくる。ほとんどは翅を開かず、開いてもスレ個体。しかし、大型のオスがやってきた。翅が白っぽくピカピカの個体だった。
a0181059_09142783.jpg


少し待っていたら開翅した。
a0181059_09152819.jpg


萩の花もそろそろ終わりで、萎んだ花が写り込むのが惜しい。
a0181059_09165427.jpg


飛翔は全くいいところなし。かろうじてオス。
a0181059_09183385.jpg



2018.10.26
ウラナミシジミの数が減ったということもあるが、この日も飛翔は不作。目の前にいた萩の花にヤマトシジミに2頭が絡んだので、カメラを向けると縦1列に4頭が写った瞬間があった。ウラナミシジミのおまけつき。残念ながら露出オーバー。ヤマトは白とび。
a0181059_09231409.jpg



メスはまだ高温期型ばかりと思っていたが、いきなりブルーの個体が萩の花にやってくる。萩ではほとんど吸蜜せず、白いほうの小菊の花群に飛んでいった。
a0181059_09291951.jpg



12時半を過ぎると、この場所は高層ビルの陰になり日が翳り始める。日陰ではブルーが美しい。
a0181059_09281747.jpg


まだ日が少し当たる場所で吸蜜を始めたので、左手で陰を作っての撮影。陰を作るとほとんどは翅を閉じてしまうのだが、大丈夫だった。
a0181059_09355626.jpg


左手前の花がうるさいが、ここは花壇。花をよけるため、もう1本の手が欲しかった。
a0181059_09383181.jpg



by otto-N | 2018-11-03 16:10 | Comments(2)

2018.10.19 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.11.1 (記)

2018.10.19
ウラナミシジミに混じってヤマトシジミも萩の花のまわりを飛び回っているが、萩にばかり吸蜜する。イヌタデにとまったのを見つけて近くに寄る。高温期にしては傷みがない。どうも高温期型のオスは写りが悪く、馬子にも衣装があてはまらない。灰色がかったブルーのせいもあるが、光線の当たり具合がよくなかったことにする。明るいピンクにしたかったが、少し暗めにしたほうががいい感じになった。
a0181059_20172789.jpg

いつも時々出て来るキタテハ、ユウガギクで長いこと休んでいた。ピカピカのオスのウラナミシジミもまだいた。ヤマト♀も出てきたが、少し青いだけ。ここに来る度に、アカタテハも1回くらい飛んでくるがいつも花にはとまらず飛び去ってしまう。
a0181059_20233064.jpg

この日もウラナミシジミ♀に時間を費やす。
a0181059_20244220.jpg


上から撮るので同じような構図ばかりだが、歩留りはかなりよくなった。
a0181059_20250573.jpg

うまくいけば、連続する3枚のピントが合ってしまう。
a0181059_20273346.jpg


懸命にはばたく感じがちょっと面白かったので、この2コマだけ大きくトリミング。
a0181059_20283364.jpg

構造色は出ていないが、飛んでいる感じが出ていると思う。
a0181059_20305836.jpg


ナチュラルな構造色。
a0181059_20324730.jpg


構造色を強調するとこんな感じになる。
a0181059_20345282.jpg

ウラナミシジミ♀がはばたくのを太陽を背にして後ろから見た時、光を反射して構造色がキラキラ輝くのが判る。とまった時は翅を全開しないので構造色の観察は限定される。ならばと、飛んでいる時を狙ったのだが、後ろからでは自分の陰の中に入りチョウは真っ暗にしか写らない。そこで、陰に入らぬような位置から俯瞰的に撮らねばならなかった。その結果、日向に入った時は構造色は目立たず、画像全体を暗くして初めてブルーに輝いた。これでは、まるで夜だけ見える星のようだ。




by otto-N | 2018-11-01 16:12 | Comments(2)

2018.10.19 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.10.29 (記)

2018.10.19
自宅から徒歩3分のポイント。ウラナミシジミは減るころかと思っていたがそんな気配もなく萩の花の周りを飛び回っていた。イヌタデ・ピンクにオス。
a0181059_12493477.jpg


翅の壊れていないメスを選び、再ぶのを待つ。ムリに飛ばしたら戻って来ない確率大。
a0181059_13135832.jpg


飛び出しは全く撮れない。吸蜜や産卵のために、次の花を物色中のホバリングを狙う。
a0181059_12542310.jpg


ほとんど上から被せ気味に撮影したせいか、質はともかく数だけは大豊作だった。多すぎたので同じ大きさにトリミングし9コマを1セットにした。(縮小しすぎ画像が粗い)
a0181059_13225635.jpg
a0181059_13013545.jpg
a0181059_13015769.jpg


翅の一部だけに日が当たり、ほとんど陰になった画像。日陰の部分はブルーに輝いていた。
a0181059_13043407.jpg


左半分は日陰、右半分は日向。日向の部分もブルーに輝いてはいるが、背景を暗く仕上げないと構造色らしいブルーが目立たない。
a0181059_13073174.jpg


ピンが甘いとブルーがひときわ輝く。
a0181059_13114016.jpg


白花の萩だが、花はずいぶん散ってしまった。
a0181059_12540405.jpg


ツマグロヒョウモンは相変わらず多いが撮ることが少なくなった。足元で突然始まった求愛のダンス。咄嗟にオキピン距離を長くして連写し、やっと入った1枚。
a0181059_14230570.jpg



by otto-N | 2018-10-29 16:43 | Comments(2)

2018.10.17 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.10.27 (記)

2018.10.17
ウラナミシジミの日々。オスは飛び古したものばかりと思っていたがそうではなく、中には新鮮な個体が混じっていた(1コマ目)。メスは相変わらず産卵に明け暮れていた。日陰だったが(2コマ目)、風が吹き日射しが入る(3コマ目)。4コマ目はニラの花での吸蜜。
a0181059_20055939.jpg


萩は白いほうが花盛りといった感じ。日が当たると大きく翅を開くがこれが限界。
a0181059_20074823.jpg


白花でもピンクの花が少し混じっている。日陰のこんな姿もいい感じだ。
a0181059_20093836.jpg


懸案だった明るい場所での飛翔撮影。メスにすぐ絡むオスが敵だが、自分の陰が最大の敵。陰にならない位置に回り込むのがたいへん。結局、何枚も撮れなかったが、明るいところでは構造色が眩しすぎ色がとぶので背景を暗くせざるをえない。
a0181059_20122589.jpg


太陽とカメラの位置の関係か、眩しく輝かなかった時はそれほど全体を暗くする必要はないようだが、あまり面白くはない。
a0181059_20144306.jpg


この花壇の通路は板張り、ウッドデッキのような感じ。お洒落であるけれど人工的。あまり写したくはなかったが、目より下でなければ俯瞰的には撮れなかった。
a0181059_20173816.jpg


毎日ここに通って飽きないかと言えば、確かに飽きる。しかしながら、距離が20mほどしかない花壇の通路で待っているだけで、色々飛んでくるのでチョウは確実に撮影でき(数年前にはクマソが来たくらいだ)、撮影練習にはちょうどいい。キタテハはユウガギクで吸蜜しているわけではなく甲羅干し中、ヤマトシジミもやっと秋らしくなってきた。小菊に飛来したアオスジアゲハは、常に10頭ほどブッドレアに集っているが(ツマグロヒョウモンも)、この花の色も形も嫌いなのでめったには撮らない。
a0181059_20214057.jpg


ユウガギクはチョウには人気がないので、このようなチャンスは少なかった。
a0181059_20335793.jpg



小菊は大人気である。妙に大きく白いヤマトだなと思ったら、ルリシジミのメスだった。ここではとても珍しい。
a0181059_20364739.jpg


少し飛んだところをパチパチやってみた。後ろ姿でもいいから4枚の翅をちゃんと撮りたかったが写っていなかった。とまって吸蜜を始めたのでしばらくいいだろうとモニターを見ている最中に、いなくなってしまった。(翌日にも現れなかった)
a0181059_20380596.jpg



by otto-N | 2018-10-27 17:45 | Comments(2)

2018.10.16 東京・恵比寿 イチモンジセセリ   2018.10.25 (記)

2018.10.16
午前のルーティン。目的は未だ満足に撮れていないウラナミシジミ♀の飛翔だが、またしても失敗。美形が現れるたびに静止を撮るか飛翔を撮るかで迷い、結局はどちらも中途半端だった。
a0181059_10030656.jpg


逆さになって産卵や吸蜜する時の透けた翅は美しい。
a0181059_10043895.jpg


Sビールの花壇には野草が植えられていてイヌタデの群落もある。その群落で1頭のウラナミシジミが吸蜜を繰り返していた。少し飛んでもまた戻ってくる(吸蜜花同一の法則)。しからばと、イヌタデの群落の前に座り込み、チャンスをうかがった。密生しているので被ってばかりだったが、ピンクと薄いブルーの組み合わせはなかなかいい。
a0181059_10072468.jpg


2種類の小菊が植えられていて、薄紫のほうはユウガギクらしいが、白いほうの名前は不明。白い菊は次々と枯れた花を残し見苦しいが、ムシには大人気。チョウ以外にもアブ・ハチ・ガ等が集っている。とっくにスレばかりと思っていたイチモンジセセリは意外にも奇麗な個体が多かった。2コマ目はチャバネセセリだが、これも美形。
a0181059_10131450.jpg


花いっぱいのバックで飛翔を狙う。しかし、イチモンジセセリは暗過ぎる。緑の中に入るとどこにいるのかわからない。花の上に出て来た3コマ目は残念なことにピンボケ。
a0181059_10171171.jpg

花からはこのくらいの高さがいいようだ。
a0181059_10152077.jpg

暗い色のチョウを明るくすると白い花がとんでしまうので、いつもその加減がむずかしい。
a0181059_10144101.jpg


薄紫色のユウガギクのほうがチョウが引き立つが、人気があるのはこの白花の菊。ヤマトシジミもベニシジミもまだ夏の風情だった。
a0181059_10263777.jpg




by otto-N | 2018-10-25 16:24 | Comments(2)

2018.10.15 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.10.24 (記)

2018.10.15
徒歩3分。家に引きこもっているよりはマシと午前中のルーティンワーク。萩には相変わらず少し擦れたウラナミシジミが集まっていた。メスは萩の花の蜜を吸い、ひっきりなしに産卵する。
a0181059_12423130.jpg


そんなメスを見つけては追いかけるオス。両方にピントが合ったがメスが残念だった。
a0181059_12440992.jpg



穂先にオスのウラナミシジミ。尾状突起が残っておりこの時期としてはいいほうだ。
a0181059_12483651.jpg


ヤマトシジミはほとんど翅を開かなかった。たまには裏を撮っておこう。
a0181059_12504063.jpg


ウラナミシジミの交尾ペア。オスが絡むがそれほどしつこくはなく、すぐ飛び去る。しばらく後で見たら落っこったのか、葉にしがみついていた。
a0181059_12532259.jpg


上から見ると2頭ともちょっと可愛い。
a0181059_12594354.jpg



いつまでも動かない交尾ペアをほおっておいて、他を探すがこれといって撮れず。
a0181059_12561611.jpg


交尾ペアを見に行くと、葉の上にいた。2頭でしっかり支え合いちょっとほほえましい。
a0181059_13025359.jpg


飛翔写真はさえなかった。ヤマトシジミは花いっぱいのバックを狙ったがそんなに簡単ではなかった。
a0181059_12474334.jpg




by otto-N | 2018-10-24 16:36 | Comments(2)

2018.10.12 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.10.22 (記)

2018.10.12
徒歩3分の萩の木には産卵と吸蜜のためにメスのウラナミシジミが集まる。オスは少ないが、狙いをつけた美形のメスに干渉するので好ましい存在ではない。それにほとんど擦れているのでスルー。空は曇り時々薄曇りといった感じ。美形のメス。
a0181059_20224537.jpg


上から撮っても少し薄暗いのでブルーっぽいが、どこから撮るととブルーに輝くのだろう。結論は、V字開翅の時、斜め前、少し下の方から撮影する。でも、まだまだ。
a0181059_20262615.jpg



今度はいい感じに輝いた。
a0181059_20281954.jpg



これがこの日の一番かな。ただ、このV字開翅、なかなか眼にピントが合わない。後ピンになってしまうのが8割。いつも、少しづつアングルを変え、ピントを合わせ、飛び去られるまでシャッターを切り続ける。
a0181059_20293560.jpg


少し下からは動き回るので撮れず。でも、このピンクのマーベラがかわいい。
a0181059_20334736.jpg


さて、飛翔。飛んでいる時は鮮度がわからないが、撮ってみるとスレ。スレでも輝く時は輝く。
a0181059_20351697.jpg


美形はとても少ない。尾状突起があったらOK。ムリに飛び立たせると遠くへ行ってしまう。次の花に飛び移りホバリングする時をじっと待つ。
a0181059_20375236.jpg


少しチョウの位置が上だが、これもトリミングせずに出します。
a0181059_20394945.jpg

チョウは枝の先ではなく、枝と枝の間の暗い部分に入り込むことが多い。飛翔写真はどうしても露出不足で全体が暗くなってしまうのだが、明るくすると翅の色がとんでしまう。実際の背景はもっと明るい。V字開翅の時は、翅表が暗くなり上からの光を反射して構造色がよく輝く。ウラナミシジミの構造色はとても弱いようで、暗い時にしか見えない夜空の星のようなもの。しかしながら、結論を出す前に日がよく当たる明るい位置でしっかり撮る必要がありそうです。




by otto-N | 2018-10-22 16:14 | Comments(2)

2018.10.10 東京・恵比寿 (2)ウラナミシジミ   2018.10.20 (記)

2018.10.10 (午後の部)
午後は曇ってしまったが、再び行ってみる。しかし、萩の花の飛翔は全然ダメだった。花壇に植えられているユウガギクをふと見ると、ウラナミシジミがゆっくりと飛び回っていた。ユウガギクはウラナミには人気がないのだが、この個体はユウガギクに固執しそこから離れようとしない。とまっている時はマクロで、飛び回っている時は広角で撮った。気温が低くなったせいか飛び方は緩い。

ユウガギクの花弁は薄紫色だが白っぽくしかとれなかった。
a0181059_17331119.jpg


とまるたびに撮った。ストローだけにピントが合い、花と後ろの花ボケが重なり面白い絵になった。
a0181059_17371355.jpg


背景はユウガギク一面。
a0181059_17394968.jpg


とても暗かったので画像処理がとても苦しかった。
a0181059_17411110.jpg


翅の開きが不十分なためか、構造色が出なかった。
a0181059_17441214.jpg



F3.2解放だと、後翅の後半にしかピントは来ない。
a0181059_17442985.jpg


2018,10.11
曇っていたが、午後に広角だけ持って行く。ウラナミシジミは出ていたが萩では撮れず。しかし、ニラの花に固執するメスがいた。気温が低いのか飛翔もゆっくり。周りに吸蜜する花の種類がたくさんあっても、ある花だけに固執して吸蜜する個体を目にすることがある。こういう時は、飛び去ってもまた戻ってくることが多い。蜜の吸い合わせの不具合というのがあるのだろうか。
a0181059_17451953.jpg



by otto-N | 2018-10-20 16:06 | Comments(2)