たかがヤマト、されどヤマト

タグ:オオウラギンスジヒョウモン ( 10 ) タグの人気記事


2014.9.19 東京・白金の森 (1) ミドリヒョウモン   2014.9.28 (記)

2014.9.19
湿度が低くカラッと晴れた朝。こんな日は、ムラサキシジミが出てくるはず、ということで、久々の自然教育園に行く。ムラサキシジミがよく出てくる道端に行く前に、水生植物園という区域に寄ったところ、シロバナサクラタデが一面に咲いており、アオスジアゲハが吸蜜に群がっていた。この花の背景は大好きで、最初はアオスジアゲハを撮っていた。ところが、ミドリヒョウモンがやってきた。それも、メスだけではなく、オスも。ここでオスを見るのは初めてのような気がする。(→自分のブログを調べたら昨年もオスはいました)。複数頭のオスがいたが、イケ面を追いかけた。
a0181059_20294533.jpg

夏には、ミドリヒョウモンのオスもメスもここで見たことがない。秋にここにやってくるのかだろうか?単に夏に見逃していただけなのだろうか?
a0181059_20295631.jpg

そして、大好きなメス。実は、ヒョウモンの中で一番好きなのは、ミドリヒョウモンのメスなのだ。ミドリのオスはどうでもいい。メスも複数頭が飛び回っていた。1コマ目は一番大破していたメス。これでも飛べる。一応、綺麗どころを選んでの撮影。
a0181059_20301860.jpg

このカットは、実に残念だった。下に余分な求愛中のオスが写っていたので、大きくトリミングした。
a0181059_203053100.jpg

上のカットの次のカット。もちろんオスは振られたが、迫り方はなかなかだった。
a0181059_20303087.jpg

腐っても鯛、ボロでもミドリ。淫靡でゴージャス。後表翅の暗い緑の地色が妖しい雰囲気を醸し出す。
a0181059_2031938.jpg

ミドリヒョウモンかと思ったら、オオウラギンスジヒョウモン。最初は遠かったが、近くにやって来た。場所は異なるが同じようなアングル。ロープで仕切られているので、撮影箇所は限られる。
a0181059_20312823.jpg

オオウラギンスジヒョウモンは、6月にも現れる。ただ、6月にはオスしか見たことがない。9月に現れるのは決まってメスだけ。産卵行動も観察しているので、6月の出現は理解できる。でもメスは?
a0181059_2031458.jpg


これだけのミドリヒョウモンをこの場所で見たことはなかった。毎年、2~3頭だけだった。ここで生まれここで夏眠したのか、秋になって遠くからやって来るのか、よくわからない。夏には一度も見たことがないのだから、ほんとうに不思議だ。オオウラギンスジヒョウモンは夏はオスだけ、秋はメスだけ。東京郊外ならわかるけれど、ここは陸の孤島だ。3日後、ここから3kmくらい離れた中目黒公園という所で、ミドリヒョウモンのオスを複数見た。この公園では一度も見たことはないので、秋に郊外から飛んで来る可能性のほうが高そうだ。とにかく、今年は異常だ。

by otto-N | 2014-09-28 18:10 | Comments(2)

2013.9.27 白金の森 オオウラギンスジヒョウモン   2013.9.30

2013.9.27
ミドリヒョウモンのメスが現れたので、こんどはオオウラギンスジヒョウモンを期待して、自然教育園に行く。この日も清々しい秋空だった。

今年はいつになくシロバナサクラタデが多い。先日はアオスジアゲハが来ていたが撮影は不良消化だった。何かいないかと思っていると、奥のほうにキタテハがきていた。でも、撮れたのはこの1枚。すぐ、遠くに行ってしまった。
a0181059_1333929.jpg

教育園の一番奥、武蔵野植物園というポイントにはタイアザミが咲いており、多くのチョウが現れる。奥のほうにヒョウモンが飛んで来てとまった。行ってみると、オオウラギンスジヒョウモンのメス。木陰でかなり暗い中に咲くタイアザミで吸蜜後、どこかへ消えてしまった。ストロボを使えばよかったかもしれないが、この薄暗い雰囲気は悪くはない。
a0181059_1385449.jpg
a0181059_1392063.jpg

日の射す場所にもタイアザミはあり、アゲハがやって来る。いい位置にアオスジアゲハがきたので、かなりの枚数を撮った。やはり、このチョウ、逆光がいい。途中に介入してきたのはイチモンジセセリのようだ。久しぶりの9コマ。
a0181059_13144121.jpg

比較的傷みのないクロアゲハ。
a0181059_1317085.jpg

でも、スローシャッターでブレブレのこんなのも、好みです。
a0181059_13184165.jpg
とても大きな影を見つけた。何かと思ったらモンキアゲハだった。ここで見るのは初めて。ふわふわと力なく飛びまわり、とまったのは頭の上。残念ながらの証拠写真。水生植物園という所にいたモンキチョウ(♀)、ヒカゲチョウとウラギンシジミ。モンキチョウが蜜を吸っていたツリフネソウは異常繁殖、ウラギンはまだ夏仕様だった。
a0181059_1414383.jpg

先日見たミドリヒョウモンのメスは見つからなかった。飛び廻っていたのはオスばかりだった。ときどき花に来るが、どうやら探雌飛翔がメインの様子。後で画像を調べたら、オスは3頭いたようだ。
a0181059_1328292.jpg
a0181059_13281770.jpg

多かったのはツマグロヒョウモン。あまり撮らなくなってしまったけれど、美しいヒョウモンだ。
a0181059_13301314.jpg

水生植物園にはノアザミが咲いており、いつもツマグロヒョウモンがたむろしている。ここのベンチの下では、ちょっとした騒動があった。解説をすると、とめどもなく下に落ちる気がするので、余計なことは言わないけれど、この曲り具合は北斎か歌麿かというところ。なかなか決着がつかないので、シャッターを切るのを止めてしまったが、最後は、メスが完全に横倒しになって死んだふり。オスはやっと諦め、メスの勝ち。
a0181059_13294144.jpg

ヤマトシジミとツバメシジミの黒いメス。ヤマトシジミは、虹色の幻光。羽化して間もなくのものは良く光るようだ。「あぶら光り」というのも、イメージが悪いので、「レインボウ・リフレクション」と呼ぶことにしようかなぁ、と思っています。
a0181059_13451314.jpg

ヤマトシジミはこの園内にはそれほど多くはないのだが、もう黒縁の幅が狭い寒冷型のオスも出てきていた。いよいよ、秋!
a0181059_13482971.jpg


今年もオオウラギンスジヒョウモンが現れた。ミドリヒョウモンは6月には一度も見たことがないが、オオウラギンスジは6月に新鮮な個体を見ている。両種とも、ここで羽化しここで夏眠後、秋に現れるのか、いったん郊外に移動し秋に戻ってくるのか、興味あるところ。でも、こんな都心で、郊外の山の中のヒョウモンチョウが見られるなんて、とても嬉しいことにつきます。

by otto-N | 2013-09-30 14:04 | Comments(2)

2012.6.19 白金の森① オオウラギンスジヒョウモン    2012.6.22(記)

2012.6.19 白金の森①
トラフシジミの開翅は撮影できたが、あれほど一斉に翅を開くという日の条件がわからない。とにかく観察が必要ということで、自然教育園に出かける。

4日前、トラフシジミがたくさん出たポイントには姿はなし。いつもと逆回りで池に向かう。池の周りには、イヌヌマトラノオが咲き始めていた。よく見るとヒョウモンチョウがいる。オオウラギンスジヒョウモンだった。
a0181059_13223422.jpg

a0181059_13233546.jpg
a0181059_13242641.jpg

すぐ、いなくなったが、再三来てくれた。とても新鮮な、おそらく、羽化直のオスだった。どうやらオスは2頭いるようだった。あまり近づくと飛び去ってしまう。絶えず動き回るのでとても撮りにくかった。
a0181059_13272174.jpg
a0181059_13274592.jpg
a0181059_1328853.jpg


昨年のオオウラギンスジヒョウモンは6月23日に撮っている。教育園で育ち羽化して、この後、秋まで姿を見せない。ここで、夏眠しているか、丹沢とか多摩のほうに飛んでいくのか、よく判らないが、とにかく10月にまた見られるようになる。ただ、秋に見られるのはメスだけ。産卵しているシーンも撮影している。そういえば、この時期はメスを見ていない。メスはイヌヌマトラノオに来ないのかもしれないが、気をつけてみてみよう。

(白金の森②へ続きます)

by otto-N | 2012-06-22 13:42 | Comments(6)

2011 白金の森 9月    2012.3.5(記)

2011 白金の森 9月
9月に入っても、残暑は厳しく、そう新しいメンバーも出て来なかった。もっとも、新しいメンバーが天候のせいで出てくるわけがない。その逆はあっても。でも、さすが、下旬ともなると、やっと秋らしいチョウが現れ始めた。

葉陰にひっそりと休むヒカゲチヨウとヒメジャノメ。暗いので何枚も撮った。この凛とした感じは結構好きです。
a0181059_13253330.jpg

雨上がり、葉陰で休むキタキチョウ。
a0181059_12283596.jpg

アカボシゴマダラはやはり目立つ。逆光気味に撮り、アカボシが透ける位置を捜して撮った。
a0181059_1325486.jpg

ほんの少しだが、緑が透けて見える。
a0181059_12311651.jpg

ツバメシジミは発生が少なかった。
a0181059_1326271.jpg

ウラナミシジミ。尾状突起の付け根の黒紋の回りにキラキラ輝く半紋。これまで気づかずにいた。
a0181059_13264629.jpg

一年中、見られるツマグロヒョウモン。ほとんど撮影しなくなった。が、オスでは前翅裏のオレンジ色が、メスでは前翅表の先端の黒と橙の境目がブルーが、一瞬はっとさせられる。
a0181059_13282292.jpg
a0181059_1233966.jpg

9月下旬、オオウラギンスジヒョウモンとミドリヒョウモンが出現する。オオウラギンスジヒョウモンは♀ばかり、複数頭を撮影した。産卵シーンも撮影した。ただ、ロープ内は立ち入り禁止なので卵は確認できず。ミドリヒョウモンは後にも先にも1頭のみ。オスだった。このオス、オオウラギンスジに執拗に絡んでいた。
a0181059_1328421.jpg

あまり傷んでいないオオウラギンスジヒョウモン。
a0181059_12341885.jpg


不思議なのは、オオウラギンスジヒョウモンとミドリヒョウモン。オオウラギンスジヒョウモンの新鮮なオスを6月に撮影しているが、7~8月には現れず、9月下旬に複数が再出現。そのすべてがメス。産卵しているようなので、ここで生まれて育っていることは確からしいが、夏の間はここで夏眠しているのか、あるいは、遥か彼方の山地に行って9月に舞い戻ってくるのか、マーキングしたいところ。でも6月は1個体しか見ていない。
ミドリヒョウモンについては、6月には全く見ていない。秋には、ここ以外に代々木公園で撮影したことがある。山地に棲息しているヒョウモンについては理解できるが、ここは東京のど真ん中、とても不思議です。

by otto-N | 2012-03-05 13:58 | Comments(10)

2011 白金の森 6月    2012.2.21(記)

2011 白金の森 6月
自然教育園の6月。緑も濃くなり、花も豊富に咲き、特に雨の後、しっとりした緑が素晴らしかった。

池のほとりにあるクサフジの群落には、シロチョウ類が訪れる。モンシロチョウ、キタキチョウ、日が翳るとやってくるスジグロシロチョウ、産卵中のモンキチョウ。モンキチョウはここでは希少種かもしれない。
a0181059_1249316.jpg

イヌヌマトラノオに吸蜜するツバメシジミ(♀)とヒカゲチョウ。3コマ目は、1週間前に一度に数頭羽化したというミズイロオナガシジミの残党。羽化直を撮れなかったかったのは、残念だったが、こんな都心にもゼフがいることに感激した。4コマ目はルリシジミのメス。
a0181059_12494636.jpg

トラフシジミ。4月の春型に続き、夏型もたくさん出てきてくれた。ただ、ここでの食草は何かよく判らない。
a0181059_12501196.jpg

葉上での開翅シーンは難度が高かったが、何とか撮ることができた。
a0181059_12503588.jpg

ルリシジミの開翅。この日は気温が低く、普段は開かないのだが、寒いとみえて薄日が差すとおずおずと翅を開いてくれた。
a0181059_12513817.jpg
a0181059_1252473.jpg

ヒメジャノメ、ルリタテハ、キマダラセセリ、そしてまたヒメジャノメ。
a0181059_12523428.jpg

小さいながらとても綺麗だったナミアゲハ。
a0181059_13352361.jpg

イヌヌマトラノオに吸蜜するオオウラギンスジヒョウモン。
a0181059_13445977.jpg


自然教育園にも3種のゼフィルスが棲息していおり、オオミドリシジミはこのところ目撃情報はないが、アカシジミは2010年に1頭だけ撮影されており、期待したが見つけることはできなかった。ミズイロオナガシジミは数年目撃されていないので期待していなかったので、撮影できたのは嬉しかった。
オオウラギンスジヒョウモンが、都心にいるのはとても不思議な気がする。夏にはいなくなるが、秋に再び現れる。ミドリヒョウモンも秋には現れたが、6月には見たことがないので、今年は注意して捜してみようと思う。

by otto-N | 2012-02-21 14:20 | Comments(6)

2011.10.13 白金の森 ヤマトシジミ    2011.10.16(記)

2011.10.13
前日、ヤマトシジミの青♀の中でも、青部分が広いスーパーブルーは見つかったが、撮りきらないうちにオスのヤマトシジミにじゃまされた。この日も晴れ。自然教育園を少し見ただけで、隣の公園に行く。

羽化したばかりと思われるオスのヤマトシジミ。大きくて翅脈が白っぽい。
a0181059_19512314.jpg

a0181059_19514150.jpg

青っぽいメス。1、2コマ目は同一個体。3、4コマ目はそれぞれ別。
a0181059_19543093.jpg

a0181059_19551417.jpg

こちらのほうが、もう少し青いか・・・
a0181059_1956824.jpg
a0181059_19562625.jpg

ヤマトシジミ以外のチョウたち。ウラナミシジミ♂、園内にいたクロアゲハ♂、オオウラギンスジヒョウモン♀は、ボロボロでもまだ頑張っていた。よく見ると、右前翅に穴があいており、9/29に撮った個体だ。
a0181059_2002339.jpg


2度あることは3度はなかった。しかし、ヤマトの青♀はどんどん出てくるようだ。飛んでいるときに色で区別がつくが、ときどき擦れたオスと間違えることもある。それにしても、もう少し背の高い所に止まってほしいものだ。

by otto-N | 2011-10-16 20:15 | Comments(6)

2011.9.30 白金の森 アサギマダラ    2011.10.4(記)

2011.9.30
そろそろ、アサギマダラの来るころ。しかし、今年は、教育園内のアザミ(タイアザミ)が例年になく少ない。

入ってすぐのところに、1頭だけ、アサギマダラが来ていた。どうやらオスのようだ。この個体、翅をあまり開いてくれず、そして、暗いところのアザミばかりに行くので、撮るのに苦労した。
a0181059_1425430.jpg
a0181059_14252421.jpg
a0181059_14253844.jpg

この日、オオウラギンスジヒョウモンのメスは、翅が壊れていない個体がいた。
a0181059_14255140.jpg
a0181059_14261371.jpg
a0181059_14262953.jpg

ミドリヒョウモンはオスの1頭だけ見つけた。蜜を吸ったり、オオウラギンスジヒョウモンを追いかけていた。
a0181059_14265058.jpg

ツマグロヒョウモンは相変わらずだが、ここへきて、急に数を増したようだ。メスが圧倒的に多い。
a0181059_14382796.jpg


やっと1頭だけ来てくれた。しかし、今年は、アザミの花が少ないせいか、1時間余りで姿を消してしまった。翌日(10/1)には、このオスは姿を見せなかったようだ。その代わり、メスが1頭だけ来たとのこと。教育園の薄暗がりに咲くアザミで吸蜜する姿は、幻想的だ。何回もシャッターを押した。(暗くてピンボケの不安に駆られるせいもあるが)
オオウラギンスジヒョウモン、今日は綺麗なのがいた。昨日の翅破れとは違い、ほとんど無傷だった。画像をアップしなかったけれど、翅の壊れ方から、この2頭とは異なる個体も撮っており、都合3頭が園内にいるようだ。この3頭目の個体は、かなりしつこくオスのミドリヒョウモンに追いかけられていた。撮ったすべてがメスというのは偶然だろうか。

by otto-N | 2011-10-04 15:06 | Comments(10)

2011.9.29 白金の森 オオウラギンスジヒョウモン    2011.10.1(記)

2011.9.29
そろそろ自然教育園には、アサギマダラが立ち寄るころだ。この日も期待したが、姿はなし。けれど、年1回見られるチョウがいた。

夏眠から覚めたオオウラギンスジヒョウモンのメス。この季節、この森に出現する。ここで育ち、羽化した後、遠くの山ですごし、産卵するため帰ってくるのか、あるいは、羽化後ここで夏眠し、目覚めたのかはよく判らない。しかし、春から夏に、ここで見たことはないので、羽化後、山(高尾山の方?)に行き、戻ってくると考えたほうが、ロマンチックだ。翅はボロボロ、右前翅には穴があいて向こうが見える。4コマ目は産卵中だ。
a0181059_2036417.jpg

a0181059_2038841.jpg

ウラナミシジミが飛び回っているが、活発すぎて思うように撮らせてくれなかった。新発見は、後翅の黒紋中の紋。金色とは、気がつかなかった。逆光の縁毛がきれいだった。
a0181059_20385038.jpg

a0181059_2039266.jpg
a0181059_20394875.jpg

今年初めてのムラサキツバメ。翅を開くことなく、すぐに飛び去った。
a0181059_20401597.jpg


東京のド真ん中、都会の孤島に近い自然教育園に、オオウラギンスジヒョウモンがいるとは最初は信じられなかった。でも、確かにいる。昨年も撮っている。山ではこんなボロボロのは撮らないが、ここではボロボロほど存在感がある。草の陰で産卵行動の画像も撮った。山から帰ってきたのか、ここで夏眠していたのか、よく判らないが、ここで育っているのは確かなようだ。



今日、10月1日はピンクリボンの日。今撮った東京タワーです。
a0181059_217533.jpg


by otto-N | 2011-10-01 20:59 | Comments(8)

2011.6.23 白金の森 オオウラギンスジヒョウモン    2011.6.24(記)

2011.6.23
天気予報だと、朝は曇り、午後から晴れ。ひょっとしたら、午前中にも晴れてくるかもしれないと、自然教育園に、トラフシジミ探しに出かけた。

トラフシジミの開翅は、あまり気温が上がらないときに、午前中に晴れることが条件という想定。しかし、現地に着いても、晴れてこず、逆に小雨が降る始末だった。トラフシジミは全く目撃さえできなかった。ヒカゲチョウはあちらこちらにいたが、なかなか敏感。すぐ藪に潜り込む。やっと撮ることができた。
a0181059_14513043.jpg

クサフジの花がきれいだった。クサフジに集まるチョウたち。モンシロチョウ、クサフジに産卵中のモンキチョウ。ツバメシジミのメス、キタキチョウ。
a0181059_14495240.jpg

池の周りにある柳の木にコムラサキが来たけれど、すぐ行ってしまった。その代わりにルリタテハと遊ぶ。
a0181059_14552212.jpg

クサフジに集まるチョウが1種類足りず(4コマにするため)、池に戻ったとき、イヌヌマトラノオの花にヒョウモンチョウが来ていた。なんと、オオウラギンスジヒョウモンだった。
a0181059_1458135.jpg

羽化したてのオスのようだ。
a0181059_14584274.jpg


犬も歩けば棒に当たる。この日は、オオウラギンスジヒョウモンだった。ここで、今頃生まれ、夏には姿を消すが秋にまた現れるという。確かに、昨秋ボロボロのを撮った。この日のピカピカ個体にはちょっと感激した。それも、今がシュンのイヌヌマトラノオの花の上だ。

by otto-N | 2011-06-24 15:12 | Comments(4)

10月、白金の森、オオウラギンスジヒョウモン (2010.10.8)  2011.4.2

2010.10.8
この日も、教育園に行っている。目的は何だったか思い出せない。まだ、アサギマダラが目的だったかもしれないが、たぶん、翅を開くことの多くなったムラサキシジミねらいだったと思う。

ムラサキシジミの開翅は撮れたが、この日のサプライズ、オオウラギンスジヒョウモン。オスではなくメスなので落ち武者とはいえないけれど、よくここまでがんばって飛んできた。
そろそろ飽きたけれど、キタテハとヒカゲチョウ。新鮮だったので載せます。
ムラサキツバメも現れたがすぐいなくなった。ムラサキシジミも開翅する。
a0181059_2012146.jpg

ツバメシジミ(♂)は、やはり、ヤマトシジミよりきれいか。
a0181059_20123584.jpg

隣接する公園のカタバミ畑(畑があるわけありませんが)では、相変わらずヤマトシジミが飛び回っていた。
a0181059_20125046.jpg


秋になると、オオウラギンスジヒョウモンが来るとは聞いてはいたけれど、ほんとうに来た。
翅はぼろぼろ。だが、個人的には、こういうボロさは好きです。ここまでくると、風格さえ感ずる(おかしいかな)。
ツバメシジミ vs ヤマトシジミ。ツバメシジミのほうがきれいだとは思う。しかし、ヤマトのほうが、撮りにくいからこそ意地で撮っている気がする。

by otto-N | 2011-04-02 20:40 | Comments(2)