たかがヤマト、されどヤマト

タグ:キアゲハ ( 19 ) タグの人気記事


2018.9.11 東京・恵比寿 ヤマトシジミ    2018.9.19 (記)

2018.9.11
気温が低下し、薄曇り。近所のヤマトシジミを見に行くと、とても綺麗なオスが出てきた。この時は気がつかなかったが、後でPCで見るとブルーがとてもいい。光線の当たり具合の関係だろうか、こんなヤマトは見たことがない気がする。飛び去った後、次が現れなかったので別の場所に移動したが、もう少し粘るべきだった。
a0181059_17451646.jpg



移動した先はキアゲハの多い中目黒の公園。ビルを背景にできる場所は限られており、そこへはあまり飛んで来ず、しかも逆光気味で色が出なかった。
a0181059_17583576.jpg


2018.9.12
薄日の射す絶好のヤマト日和。隣のマンションの芝生の隅に50cm四方のカタバミの群落があり、そこに行くとすぐにやってきた。高温期から低温期への移行型。ブルーがとてもきれい。
a0181059_19282562.jpg


続いてもう1頭。前日の個体かもしれない。
a0181059_19343100.jpg


時々オス同志が絡みどこかに行ってしまうが、しばらくするとまたやって来る。これは高温期型に近いがとてもきれい。
a0181059_19494488.jpg


不思議なことに摺れたオスはあまりいなかった。6~8月の高温期型のオスは灰色がかったブルーであまり好きではないのだが、光線の当たり具合だろうか、灰色が消えブルーが濃くこの日はとてもきれいだった。
a0181059_19523450.jpg


この日現れた唯一のメス。擦れてはいたが、全開したとき虹色に輝いた。虹色は鮮度とは関係ないのかもしれない。薄曇りの日に真っ黒に撮るのが好きではあるが、直射日光下のこの虹色幻光も楽しみである。半開翅の逆光撮影はクロツに十分張り合える。
a0181059_20483851.jpg



このカタバミの群落は低いフエンス際にあり、四角い格子の間からレンズを突き出さねばならないので、自由なアングルをとれなかった。
a0181059_19560086.jpg



叢を掻き分けるようにメスを探してゆっくりと飛ぶオス。飛翔速度が遅いので撮りやすいが葉被りが多くなってしまう。大きくトリミング。
a0181059_19591138.jpg


だが、オープンスペースではがぜん速くなる。方向転換の予測もつかない。カタバミ群落の前で待っていても撮り逃がしてばかりいた。やっと入ったのだが右の隅。
a0181059_09093808.jpg


カタバミの上では2~3頭が時々絡むが、ピントが来ないし、まるでフレームに入らない。そんな中、まるで飛び立ち合成のような1枚が撮れていた。1/4000ではチョウがブレているのは仕方がないにしてもピントが今一つ。とても惜しい1枚だったが、カタバミが入っていないので諦めはついた。と、言い切るのはむずかしい。
a0181059_09183685.jpg



by otto-N | 2018-09-19 16:40 | Comments(0)

2018.9.10 東京・中目黒 キアゲハ    2018.9.17 (記)

2018.9.10
歩いて20分ほどの公園は花壇は立派だけれど派手な花ばかりで好きにはなれないが、その途中にカタバミが少し咲いている斜面があるので行ってみた。ここでもカタバミは他の草に紛れて咲いており、数頭のヤマトシジミが飛び回っていた。
a0181059_14013533.jpg


しかし、ひときわ背の高いカタバミにはあまりやって来ず、その周辺ばかりを飛ぶ。
a0181059_14032888.jpg


カタバミを踏まぬように撮るのが大変だった。しかし、近いうちに草刈りにあってこの斜面は坊主になる気がする。
a0181059_14042360.jpg


公園にはキアゲハがやたらに多かった。奥の花壇に行っても飛んでいる。ゆっくりとは飛んでないので撮れそうもなかったが1枚だけ入っていた。
a0181059_14102491.jpg


目の前を大きな黄色いものが横切る。キアゲハのカップルと気がつき、後を追う。道路脇の日陰に止まるとメスが翅を開いた。こんなにメスは奇麗だったかと思うほど美しい。そう言えば、キアゲハはオスしか撮ってなかったような気がする。ぶら下げたオスが目立たぬよう何枚か撮る。
a0181059_14125584.jpg


場所が悪すぎるので明るいところへ移すが、180度には開いてくれなかった。オスはボロボロだ。
a0181059_14175267.jpg


すぐ翅を閉じたので、両サイドから撮っておく。
a0181059_14155236.jpg


キアゲハは裏翅が美しいようだ。
a0181059_14243331.jpg


近くを一回りして戻って来たら、別のオスが絡んでいたが、それほどしつこくは干渉しないようだ。すぐに飛び去った。近くにゆっくりと探雌飛翔しているオスがいたので撮れると思って追いかける。戻ってみると交尾はばらけており、新たなオスが迫っていたが交尾拒否。メスだけじっくり撮りたいと思ったのだが、メスは遠くに飛び去ってしまう。
a0181059_14411014.jpg



by otto-N | 2018-09-17 16:12 | Comments(0)

2018.7.26 - 8.5 北海道旅行 (2)襟裳岬   2018.8.8 (記)

2018.7.28
3時40分、フェリーの甲板に出てみると東の水平線は赤く染まっていた。日が出る前の青と赤の空にはいつも魅入ってしまう。
a0181059_15544560.jpg


西の空には欠けた月。夕方は満月だったはずなのにどうしてと考えていると、皆既月食だったことを思い出した。皆既となるのは夜が明けてから。欠け始めた月らしい。まだ暗い中、目を凝らすと陸が見えていた。どうやら祝津の沖のようだ。
a0181059_15552050.jpg


フエリーはどんどん小樽港に近づき、街の灯りもはっきり見えてきたところで、船室に戻り、パンとコーヒーとオレンジジュースで朝食を済ます。
a0181059_15554394.jpg


港には定時到着。下船後、いつものように埠頭の駐車場で少し休む。船がほとんどない小樽港。いつもこんなだ。
a0181059_15555631.jpg


フェリーは徒歩で、つまり車でなくても乗船でき料金も安い。大きなザックの男性はそんな一人と思う。小樽は22歳まで過ごした街。正面に見える山はスキー場のある天狗山(標高500mほど)。中学生の頃はチョウの採集によく登った。なだらかな右肩付近の笹斜面にはベニヒカゲが今でも舞っているはずだ(ほんとうかな)。
a0181059_15560981.jpg



5時、襟裳岬に向けて出発。すぐに高速道に入り、札幌→千歳→日高に抜ける。小樽は晴れていたのに千歳付近では曇っており、千歳の先ではまた晴れてきた。対面の日高道の先は無料区間の高速道が延々と続く。やっと一般道に出て、新冠のセイコーマートで一休みする(北海道の高速の無料区間にはSAがないので注意のこと)。馬の銅像があったので近寄ってみるとハイセイコーの像だった。ここで、妻と運転を代わる。右手には太平洋、左手には牧場が続く。助手席だと写真が撮れる。
a0181059_14181284.jpg


浦河町では街路灯も馬。昆布漁の盛んななだらかな海岸線が続いたが奇岩もあった。やっとアポイ岳が見えてきた。アポイには8月中旬に登ったことはあるが5月には縁がない(山頂付近にはベニヒカゲがいます)。海岸沿いの国道は襟裳岬まで延々と続くが、岬の突端は不吉な雲がかかっていた。
a0181059_14312044.jpg


9時30分、襟裳岬到着。小樽からの走行距離は260km。やはり、岬は霧の中。まだシーズンではないのか観光客も少なく閑散としていた。土産店で流している森進一の歌だけがさびしく響く。拓郎でなくてよかった。
a0181059_14413161.jpg


遊歩道が続いており、2つ目の展望台。
a0181059_14423306.jpg


さらに進むが、相変わらず霧が晴れない。
a0181059_14463707.jpg


下を覗きこむとさすがの迫力。岬の先に点々と続く岩礁。ここが一番の絶景ポイントかな。
a0181059_14452113.jpg


さらに先に進むと昆布干しの広場があり、行けるのはここまで。
a0181059_14561270.jpg


襟裳岬はお花畑。断崖にはさまざまな花が咲いていた。5コマ目はナガボノシロワレモコウ。ゴマがいるかもしれないと思ったが気温が低すぎた。6コマ目の黄色い花はミヤコグサ。北海道にもあるとは知りませんでした。
a0181059_14143913.jpg


空が暗すぎて残念だが、襟裳のツリガネニンジンは見事だった。
a0181059_15020294.jpg


灯台に戻り、その向こうに行ってみる。足元からキアゲハが飛び出したが、寒いのか少し飛び回っただけで藪の向こうに消えた。
a0181059_15132255.jpg



これで3回目の襟裳岬。晴れた襟裳は海のブルーが素晴らしいが、霧の襟裳もなかなかのもの。襟裳、最後の1枚。
a0181059_15162280.jpg

10時30分、少しお腹がすいたが食べる所は1軒しかなく、次に期待し帯広に向かう。



P.S.
今回もパノラマ写真を多用した。切り取った風景より、気持ちのよい広大な風景はパノラマ写真のほうがいいと思う。このパノラマ写真はマニュアル。左から少し重なるようにデジイチで1枚ずつ撮影し、フォトショップエレメントで、手動で合成する。18ミリだと歪みが生じ、うまく繋がらないので24ミリで撮影する。それでも構造物が近すぎると当然繋がらないし、3枚ならまだしも6枚ともなると水平が狂ってしまう。そこで、毎回、3組ほど撮影し、うまく繋がったらお慰みなのだ。なお、4~6コマの組み写真はパノラマ合成の応用。各画像を同じ大きさにリサイズしてから隙間を均等になるように手動で並べている。この均等な隙間を作るためにマウスの微妙な操作を必要とするのでとても面倒だ。

(どの画像もクリックすると大きくなりますが、スマホだと大きくならないようです)




by otto-N | 2018-08-08 16:42 | Comments(0)

2018.6.13 山梨県・入笠山 スズラン   2018.6.21 (記)

2018.6.13
晴れた日が続きそうなので、スズランを見に山梨の入笠山に行く。麓から富士見パノラマスキー場のゴンドラで登ると簡単だが、沢入登山口まで車で行き、そこから登る。登山口の標高は約1500m、入笠山は1955m。途中に湿原があり100万本のスズランが自生しているという。

登山口の駐車場のウツギにヒョウモンが来ていた。とても敏感で近づくたびに飛び去ったがやっと撮ることができた。ウラギンヒョウモンだった。
a0181059_12492051.jpg


杉やヒノキではなく、北方系の松と落葉松にミズナラが混じる明るくて気持ちのいい登山道だった。
a0181059_08482184.jpg


例によって花を撮りながら登る。3コマ目はギンラン。
a0181059_12522655.jpg


40分ほどで湿原に出た。出たところでクリンソウ。
a0181059_12552081.jpg


湿原の木道を進むと一面に黄色い花。落葉松と青空が美しい。黄色い花はウマノアシガタと判明。
a0181059_12560454.jpg


木道をゴンドラ駅の方に登ると、この湿原を見渡すことができる。入笠山頂はこの写真、向かって左の方。スズランはどこにあるかと言えば、エッと驚くかもしれないが、このグリーン全部がスズラン。北海道生まれなのでスズランに驚くことはないのだが、意表を突かれた。
a0181059_12580024.jpg


久しぶりに見るスズランだった。
a0181059_13055445.jpg


日が照りつけるたびにスズランは一斉に香りを発する。昔、天然のスズラン香水というのがあったことを思い出す。
a0181059_13063557.jpg


もっと下からのアングルで蕊も撮りたいのだが、バリアングルでなければ不可能のようだ。
a0181059_13121324.jpg



撮っても撮ってもきりがない。可憐そのもの。
a0181059_13125621.jpg


先日登った赤城山系・荒山で初めて見たクリンソウはこの湿原の至る所に咲いていた。珍しいと思っていたが、ある所にはあるという感じ。4コマ目はアマドコロ。
a0181059_16175810.jpg



山小屋の前で休んでいる時、目の前に咲いていた小さな花。キウリグサというらしい。
a0181059_13265162.jpg



もう咲き終わったと思っていたアツモリソウが山小屋・山彦荘の庭に咲いていた。ランの一種。花はかなり大きい。特定国内希少野生動物種。
a0181059_13274463.jpg



こちらはキバナノアツモリソウ。同じくランの類。絶滅危惧1B。菅笠をかぶった女性のようで、とにかくユーモラス、あるいは不気味ないでたち。最初に見た時は食虫植物かと思った。
a0181059_13301596.jpg


その後ろにはこんなふうに並んで咲いていた。山小屋の庭だが、盗掘されたこともあったとのこと。
a0181059_13302826.jpg


湿原を後に入笠山の山頂を目指す。途中、夏にお花畑となる開けた斜面があり、そこにもスズランが咲いていた。ツマトリソウも咲いていたので撮る。
a0181059_16403063.jpg


湿原から40分ほどで、団体客でごった返す広い山頂に到着。南アルプスから北アルプスは雲がかかってよく見えなかったが、八ヶ岳は真正面。
a0181059_16440681.jpg


さて下山にするかと思った時、キアゲハを発見。例によって「テリ張り南半分の法則」。八ヶ岳バックの位置ではほとんど飛び回ってくれなかった。10分ほどで、日が翳ってしまいお終い。
a0181059_16513040.jpg


下山後、この日の宿の長坂に向かう。宿はバブル期に建てられた広大な新宿区のリゾート施設。他区民は少しだけ高いが区民でなくとも宿泊可能。ただし、いつも空きは少ないようだ。夜、ホタル観賞ツアーがあったので参加。すぐ近くかと思ったが、何と高速で辰野町に向かう。16日からホタル祭りとのことだが、すでに多くの人出。駐車場は満車。暗闇をぞろぞろ歩くとポツンポツンとホタル。さらに先を進むと数が増え、これはというポイントにはカメラマンの三脚が林立。一応、カメラを持ってきたので、橋の欄干に載せバルブ撮影。モニターが明るすぎ、周りに迷惑をかけるのでホタル観賞にはNG。モニターを消す方法がわからなかったので数枚だけ撮る。その1枚に20個ほどの光が写っていた。
a0181059_16444954.jpg



by otto-N | 2018-06-21 16:13 | Comments(0)

2018.5.22 上越国境・大源太山 シラネアオイ(3)   2018.6.3 (記)

2018.5.22 (続き)
三角山を少し下ってから登り返した後はそのまま直登するのではなく、ダケカンバの巻き道だった。左側に苗場山が見え隠れする。
a0181059_20055311.jpg


平標山との分岐点があり少し直登する。途中の谷間に残雪。その周りにショウジョウバカマ、エンレイソウ、ヤマザクラ、ミツバオウレン。
a0181059_20073622.jpg


平らな場所に出たのですぐ頂上かと思ったが、しばらくダケカンバの中を歩く。
a0181059_20085903.jpg


そして、12時10分、頂上到着。平標山から谷川連峰が見渡せる。しかし、真ん中に桜の木が少し邪魔。
a0181059_20094210.jpg


山頂は広くキアゲハがテリを張っていたので、30分間のシンデレラタイム。
a0181059_20123839.jpg


キアゲハが山頂でテリを張る場合、たいてい真ん中より南側を飛ぶことが多い。平標山は北側。なかなか山バックに撮らせてもらえない。
a0181059_20130454.jpg


南側は逆光になるし景色的にも面白くはない。こういう時は下から上を狙うに限る。
a0181059_20164943.jpg


太陽を撮るとセンサーがおかしくなるのではないかと心配しているが今のところ大丈夫のようだ。1コマ目は抜群の翅の形だが、太陽がはいらなかった。
a0181059_20175260.jpg


ペンタックスのこの山用のレンズ、18-135ミリには距離目盛が打っていない。そのため、AFで自分の指を写してからMFに切り替える。最小距離は35cmだが、アゲハを撮るにはちょうどいい距離だ。実際には40cmくらいか。今回は天気がいいし、キアゲハの飛翔はゆっくりしているので、1/4000、背景を入れるためにF10(ISO可変)とした。明るいと気持ちがいい。こんな明るい所での飛翔は久しぶりだった。
a0181059_20190239.jpg


時々2頭が絡むがそのシーンは全く撮れずに終わる。残った1頭は、飛び疲れたのかその辺で休む。ピカピカだ。
a0181059_20253405.jpg


静止や風景を撮るたびに、AF→MFに切り替える。その都度、置きピン距離が変わりチョウの大きさも変わる。これがこの日のベストか。4枚の表翅を同時に写し込みたいところだが、目の高さ以上でしか飛ばないので所詮ムリ。
a0181059_20274533.jpg


12時40分、下山開始。三角山頂上の分岐点に着いたのは13時。少し休んでから、朝貝への登山道を下る。道幅はそこそこあり道標も完備しているが、落ち葉で滑るし、このルートで登る気はしないほどの急坂だった。
a0181059_20425570.jpg

かなり下ったところで、チゴユリとツバメオモトの群落を発見。マイズルソウは1つだけ。
a0181059_20442979.jpg


さらに下った所でタテハ2種。まずはボロヒオドシ。まだ頑張っていた。
a0181059_20455339.jpg


尾根部にちょっとした空間がありスミナガシがテリを張っていた。飛んでもすぐ戻ってきたが近くまで来ず、大きくトリミング。(このレンズは1本で結構使える。マクロより合焦が早いし、大きなチョウの飛翔も大丈夫)
a0181059_20482358.jpg


登山道はスキー場開発中止みたいな草地の斜面に出て終了。宿に到着したのは15時ちょうど。予定通り三国トンネルからのピストンだったら、登り返しが数か所あり距離もあるのでもう1時間半はかかったことだろう。宿のご主人に感謝です。お礼を言おうしたけれど留守だった。夏のスキー宿は苦しそうだ。




by otto-N | 2018-06-03 18:52 | Comments(0)

2017.9.1 東京・恵比寿 アゲハチョウ   2017.9.19 (記)

2017.9.1
300ミリだけ持ってガーデンプレースのSビールの花壇に行く。今年になって植えられたバーベナ・ボナリエンシスが次々と新しい花に咲きかわる。この花の高さは1mを越える。赤紫のボンボリ状の花だが大写しにしても可愛らしい花だ。(庭チョウの花として推薦します。)一番多いのはツマグロヒョウモン、次にナミアゲハ。アオスジアゲハはたいてい2~3頭が吸蜜している。
a0181059_17533767.jpg

アオスジアゲハを撮るのはとても楽しい。花から離れた瞬間、あるいは次の花にとまる瞬間に連写する。この個体はよく見たら先端に2つの小さな過剰紋があった。
a0181059_17540679.jpg


4枚をあえて横に並べてみた。ただし、4コマ目はピンが来ていない。ブッドレアの背景の芝生のグリーンが美しい。
a0181059_17542774.jpg


徹底的に逆光側に回り込んで撮る。もちろん順光からの真珠色の帯も好きだが、逆光だと傷はほとんど目立たない。
a0181059_17545740.jpg


赤紫と緑と煉瓦色が今年の背景。
a0181059_17562781.jpg


ナミアゲハ、アゲハ、アゲハチョウ、どれが正式の名前かいつも迷う。
a0181059_17581816.jpg


黄色い花も咲いている。
a0181059_17583824.jpg


翅を開き切ったところより、こんなバランスで動いている瞬間がいい。
a0181059_17575187.jpg


どちらへ飛ぶかはわからない。動いた瞬間シャッターを切る。
a0181059_17592757.jpg

クロアゲハも来るけれど、この花にはほとんどとまらない。たまに飛んでくるモンキアゲハには全く無視されている。
a0181059_18003900.jpg


一面の黄色。オミナエシだと思う。ナミアゲハはこの花にも吸蜜するが頻度は少ない。アオスジアゲハはまったく寄りつかない。
a0181059_18010985.jpg


真後ろに回り込む。思い切って黄色を明るくした。
a0181059_18012606.jpg


キアゲハがやって来た。ここではとても珍しい。吸蜜するわけではなく、ただの日向ぼっこ。
a0181059_18015772.jpg


そっと後ろへ回り込んだが気づかれて飛び去ってしまう。が、また、やって来た。今度は吸蜜。
a0181059_19493014.jpg


ナデシコも咲いており、この花への執着はすごかった。ストローを花の奥まで差し込む。
a0181059_19532937.jpg


再び、バーベナに戻ってきた。
a0181059_19542015.jpg


同じような後ろ向き構図にしか撮れなかったが、少しは近かった。山で見るのとは違い、ちょっと嬉しかった。
a0181059_19560096.jpg




by otto-N | 2017-09-19 20:33 | Comments(0)

2016.8.31-9.4 北アルプス・雲ノ平(4) 雲ノ平   2016.9.12 (記)

2016.9.2
6時30分、薬師沢小屋を出発。小屋の前の吊り橋を渡り、そのまま暗い道を急登。苔蒸した大きな石と木の根に掴まりながらの3点確保というやつ。カメラはザックにしまう。苦戦の後、8時10分、やっと平らな木道に脱出できたので少し休みカメラを出す。その後また暗い登りがあり、8時30分、やっと平坦な場所に出る。そこからは、延々と木道が続いていた。
a0181059_16451573.jpg

「アラスカ庭園」という場所で、目についた山。その左の奥、遠くに、槍ヶ岳の北鎌尾根が見えた。
a0181059_16552251.jpg

さらに進む。薬師岳。
a0181059_16565363.jpg

遥か遠くに剱岳。遠いので蒼くしか写らない。
a0181059_16571297.jpg

ほんの少し槍ヶ岳が見えてきた。笠ヶ岳も右手に出て来る。
a0181059_17421643.jpg

右手に見えた大きな山。黒部五郎岳か?
a0181059_16573551.jpg

左に大きく水晶岳、・・・・、遠くに槍ヶ岳、右前は三俣蓮華岳らしい。一番右に笠ヶ岳。
a0181059_16561052.jpg

槍ヶ岳はまだこんな。
a0181059_19561336.jpg

とにかく、水晶岳を目指して道が続いているようだ。
a0181059_17164377.jpg

晴れていなかったらただの木道。少しずつ変わる風景。チョウはスジグロシロチョウ、ただ1頭を見ただけ。
a0181059_16555424.jpg

9時15分、「奥日本庭園」到着。約270°のいささか強引なパノラマ合成。左から、薬師岳、剱岳、水晶岳、ずうっーと右に(実は後ろ)黒部五郎岳。(画像はクリックすると、すべて大きくなります)
a0181059_115213.jpg

やはり圧倒的な存在感の剱岳。
a0181059_11523083.jpg

水晶岳。
a0181059_1153328.jpg

木道は続く。アルプス庭園には寄らず、雲ノ平山荘に着いたのは9時40分。
a0181059_13241647.jpg

正面にまじかに迫る水晶岳。
a0181059_13252446.jpg

右に緑色のきれいな山、三俣蓮華岳?(大きくだけ撮ると何がなんだかわからなくなる。引いても撮っておくべき)
a0181059_13261435.jpg

キアゲハがふわふわと飛んできたので見守っていると、茂みの中ほどにとまった。後ろから回り込み、岩に登ってなんとか撮る。気温が低いせいか元気がなかった。近くに花もない。
a0181059_13294459.jpg

雲ノ平山荘から木道が延々と続く。
a0181059_13395662.jpg

木道を進み、後ろを振り返る。遠くにポツンと雲ノ平山荘。星空はすごいだろうな。
a0181059_13401148.jpg

だらだら登りの木道を登り切ると平坦。水晶岳のほうに向かって進む。
a0181059_17324817.jpg

そして、スイス庭園。左から薬師岳、赤牛岳、水晶岳。高天原はその麓のようだ。
a0181059_1734110.jpg

水晶岳に一番近いポイントからのアップ。
a0181059_17343642.jpg

登山道から水晶岳が見えなくなり、祖父岳の肩の狭い道を通っていたとき、一輪だけの白い花(ウメバチソウ?)とイワギキョウ。
a0181059_17342123.jpg

その肩を抜け出た時、雲ノ平の全貌が見渡せた。底にはテント場があり、そこからのここまでの道は植生保護(ハイマツ)のため通行禁止とあった。ぐるーっと遠回りしたことになる。やや左の遠くの山は薬師岳。薬師岳は、水晶岳や赤牛岳から見るのが一番カッコ良さそう。これまで、谷間の底まで見えず、上半分だけだった。
a0181059_17331533.jpg



(雲ノ平(5)に続きます)


   

by otto-N | 2016-09-12 16:30 | Comments(0)

2016.8.31-9.4 北アルプス・雲ノ平(1) 有峰   2016.9.6 (記)

2016.8.31-9.4
8月下旬に、北アルプスの雲ノ平に行くことを計画していたが、連日、天気がわるく今年は諦めていたところ、急に晴天が続くとの予報に変わったので、あわてて2つの山小屋を予約し、行きの北陸新幹線と帰りの高速バスの切符を手配した。最初は、新穂高から入り富山の折立に抜ける予定であったが、都合のいいバスがなく、この逆のルートに変更した。やはり、温泉は登山の後に限るしね。

予定を以下に書きます。毎日、7~8時間の歩行です。
1日目:東京発8:36の北陸新幹線で富山まで。富山から、電鉄富山で有峰口下車。そこから折立行のバスに乗り継ぎ、有峰記念館13:05着。
    有峰ハウス(宿泊)。
2日目:折立→太郎平→薬師沢小屋(宿泊)
3日目:薬師沢小屋→雲ノ平→三俣山荘(宿泊) できたら鷲羽岳登山
4日目:三俣山荘→(できたら)三俣蓮華岳→双六小屋→弓折乗越→鏡平→わさび平→新穂高温泉(宿泊)
5日目:バスで、新穂高9:56→平湯。平湯→新宿15:50。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2016.8.31
北陸新幹線は速かった。11時には富山に到着。駅に到着する前、山並みが見えたが、圧倒的な存在感を示したのはギザギザの剱岳。(実は、しばらく剣岳とはわからなかった。)剱岳は、とても古くて心地よい立山行きの富山電鉄の車窓からもよく見えた。有峰口からのバスもかなりの年代物。折立への林道は有料。1.5~2車線の道が延々と続き途中補修工事でたびたび待たされる。バス停で降りたのは我々だけで、他の登山者は折立まで行き、本日中に太郎平小屋まで登るらしい。富山(あるいは有峰口)から折立までのバスは、9月からは土日しか運行しない。したがって、乗って来たバスは最終便ということになる。有峰ハウスから折立登山口までは歩いて行ける距離ではないが、特別に送迎してくれるとのことで宿泊することにした。そうでなかったら、前日に富山に入り、翌日(この日)の朝6時30分の折立直行バスで来るつもりだった。

さて、有峰についてから近くでチョウを探す。大きなダムがあり、湖も広い。薬師岳(標高2926m)が良く見える。
a0181059_1611880.jpg

標高は1000mくらいなのでタテハ類がいると期待していたけれど、ポチポチ飛んでいるのはミドリヒョウモンのオスくらいで、まったくとまってくれない。どうしょうもなく、近くをぶらぶらしていたら、道端でジャノメチョウを発見。と思ったら、ツマジロウラジャノメだった。風が強くピントが合ったのは1枚だけ。アングルを変えようとしたら、風にあおられ飛んでいってしまった。画像をよく見ると、なんか変。左の前翅が後翅に破れて食い込んでいる感じ。撮っているとき違和感があったが、原因はこれだった。強風のせいか。
a0181059_1612646.jpg

回りに崖がないかと探したが、見つからず。どうやら、強風で遠くから飛んできたようだ。アカツメクサの広場で新鮮なキアゲハが2頭。ザックに入らないので持ってきたのは、18-135ミリだけ。テレ端で撮影した後、ワイ端で飛翔も撮ってみた。ただし、このレンズにはピントリングがついてないので、置きピンの距離設定が面倒。
a0181059_1623285.jpg

このレンズのテレ端は、100ミリマクロと画角がほぼ同じ。ボケ方の差はともかく、鮮明度についてはマクロよりいいかもしれない。問題は重さと最短撮影距離。
a0181059_1618666.jpg

林道を歩いていると柳が多く、コムラサキがいるはずと注意していたら、メスが1頭、飛んできた。1枚撮ってから、近づく。花撮りと山撮りを1本でできる登山専用のこのレンズ、100ミリマクロより合焦が速いので、普段でも使えそうだ。
a0181059_1632956.jpg

萩があちらこちらで咲いており、ウラナミシジミが集まっていたがほとんどメスのスレ個体。風が強くこれも撮りにくかった。ミドリヒョウモンはこの1枚だけ。ヒメキマダラヒカゲくらいはたくさんいるかと思ったけれど、この1頭だけだった。他に見たチョウは、アサギマダラ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、クロヒカゲ、イチモンジセセリ、不思議なことにミドリシジミ。(目の前にとまったが、暗すぎたので設定を変えている間に飛ばれてしまった。ハンノキがあったので不思議ではないかもしれないが、この時期にまだ生きている?)
a0181059_16253055.jpg

午後6時、薬師岳。岩肌が白いせいか雪山のように赤く染まった。
a0181059_17182612.jpg



(雲ノ平(2)に続きます)


   

by otto-N | 2016-09-06 20:08 | Comments(2)

2016.4.15 山梨県・坪山 イワウチワ   2016.4.20 (記)

2016.4.15
中央道の上野原で下りて、奥多摩方面にある坪山(1102m)に行く。目的は、ヒカゲツツジとイワウチワ。いずれも、一度見たことのある花だけれど、こんなに近い山で見られるとは思わなかった。

道路が狭く1車線部分もあり、そこで定期バスがやってきたらどうしようかと思いながらも、登山口のある飯尾という集落に着く。平日にもかかわらず20台ほどの駐車スペースはいっぱいでかろうじて駐めることができた。山の中にあるとはいえ集落は大きく桜が満開。とてものどかな所だった。登り始めは杉林を抜け、雑木林の急な尾根道を登る。
a0181059_1625058.jpg

ところどころにミツバツツジが咲いており、まだ緑の少ない山の中ではよく目立った。
a0181059_16252222.jpg

かなり登った所で、ヒカゲツツジが尾根道の両脇に現れた。色は奥ゆかしい黄色。
a0181059_16253226.jpg

木漏れ日の逆光で撮ると花びらが透け、とてもいい。北風が強く、一瞬、風が止んだときしか撮れなかった。淡い黄色の葉弁の中に橙色の雄しべが浮き立つ。
a0181059_16255346.jpg

ヒカゲツツジの下には、ひっそりとイワウチワが咲いていた。
a0181059_1638862.jpg

風に木漏れ日が揺れ、花が暗くなったり明るくなったり、表情が絶えず変わる。
a0181059_16381938.jpg

ピンクがかった花もあった。
a0181059_16383043.jpg

ただ、花の数はとても少なく、群落として咲いているのは2~3か所。
a0181059_16384071.jpg

17-135ミリでさんざん撮ってから、21ミリ装着のもう1台を持ってきていることに気がつき、あわててザックから取り出し撮ってみた。
a0181059_16465918.jpg

低い位置からの広角レンズは使いにくい。ほぼ這いつくばり撮り。登山道のところどころにしか咲いてないので、休日なら渋滞が起きそう。三脚を立てての花撮りはできないでしょうね。
a0181059_16471351.jpg

風で花は揺れ、光も揺れる。逆光側からしか撮影できなかったけれど、たぶん、逆光のほうが正解。
a0181059_16472451.jpg

広角で撮ったヒカゲツツジ。こちらのほうが実はリアル。
a0181059_1657329.jpg

花の尾根道に続く短い急登を登ると山頂(1102m)。右手には富士山。左手には奥多摩の三頭山(こちらは凡庸すぎて撮影しなかった)。
a0181059_17474873.jpg

しかし、景色よりチョウ。北風が強いので、飛んではいないと思っていたキアゲハが、風のない東斜面を飛び回っていたのだ。撮影時間を30分もらう。キアゲハは1頭。ときどき、アセビの上で休んでは、ヒオドシチョウを追い払うために飛び出す。
a0181059_1751490.jpg

ベタ開翅。左前翅にほんのわずかのひっかき傷。
a0181059_1772166.jpg

山登りの時にはピントリングのない17-135ミリで山頂のキアゲハを撮っていたのだが、さすがに21ミリは使い勝手がいい。こんなに楽だとは。背景を入れた花も撮れるし、これまで登山の時に持ってこなかったのが悔やまれた。
a0181059_1781782.jpg

正面の松の木と重なったのが少し残念だが、顔はこちら向き。
a0181059_1783360.jpg

頭の上を飛び回り、
a0181059_1785091.jpg

谷の方に飛んで行く。
a0181059_179614.jpg

実は上の画像は今一つピンボケ。この後に続く2枚の左がジャスピン、右は寄りすぎボケ。21ミリは軽くて小さいので腕の曲げ伸ばしで距離を調整でき、水平はとれないけれど必殺の手首返し可能。
a0181059_1792351.jpg

ボロボロのヒオドシが飛び回る。ときどき、ヒオドシ2頭とキアゲハを加えた三つ巴戦になる。バトルは激しい。体をぶっつけあう。ピンボケながら撮れた。
a0181059_1795494.jpg

逆光で難しいとしても富士山バックの飛翔を撮り損ない下山。麓の杉林に5本のヒトリシズカ。登るときは気がつかなかった。花撮影に広角もなかなかいい。
a0181059_1710540.jpg



   

by otto-N | 2016-04-20 20:10 | Comments(2)

2015.4.27 群馬県・笠丸山 スギタニルリシジミ   2015.5.6 (記)

2015.4.27
群馬県の笠丸山(標高1189m)にアカヤシオを見にいった。昨年は行こうと思ったときには花が終わったというので、栃木県の袈裟丸山(標高1178m)に登ったけれど、こちらのほうが断然、楽チンな登山だった。

登山口付近は桜やツツジが満開。ポカポカを通りこし初夏の雰囲気。白いチョウが飛び交っていたが、スジグロシロチョウと思う。
a0181059_21724100.jpg

登り始めは木を伐り出した舗装された林道。舗装が切れたあたりから、やっと登山道らしくなる。崖から水が浸み出している箇所があり、いるに違いないと思って近づくと、やはりいた。スギタニルリシジミ。
a0181059_2102245.jpg

とまっても、すぐに向きを変えるので静止を撮るのに手こずった。時期が時期だけにスレ個体ばかりなので、静止よりも、こういうこともあろうかと持ってきた15ミリに換え飛翔に専念した。(専念するほどの時間はとれなかったが)
a0181059_20594946.jpg

撮っている途中で日射しが薄くなったこともあるけれど、絞りを間違った。全部、真っ黒。2EVも足りなかった。なんとかソフトで補正した。暗い林道を歩いていると、ちょっと日が当たるだけで眩しい。目の錯覚で明るいと思っただけだった。
a0181059_991966.jpg

暗い林道の水が浸み出る崖。こんな所がスギタニルリシジミは好きらしい。
a0181059_19151495.jpg

その後は、日陰の急登が続く。見たことのなかった花。ハシリドコロというらしい。シロバナエンレイソウも初めて。ちびたエンゴサク?
a0181059_2124335.jpg

ロープ場を登ったところで、山頂。1時間で着いた。アカヤシオが咲いていてほっとする。
a0181059_213462.jpg

アカヤシオはなんと言ってもこのピンクがとてもいい。それと、先端が尖っていない丸い花弁。個々の花の寿命は短いようで、すぐに落花するので、満開といっても枯れた枝にぱらぱらと花が咲いているだけだ。
a0181059_2132439.jpg

日陰にあっても、1花だけ咲いていても、大きい花だけれど、とても可愛い花だ。
a0181059_2154585.jpg

山頂でお昼。しかし、ゆっくり食べている時間はなかった。山頂のキアゲハ。ときどき、ヒオドシチョウに絡まれ、なかなかいい位置に来てくれない。
a0181059_2142643.jpg

思ったように撮影できず時間が経過する。5分だけ時間をもらい、やっと背景にアカヤシオを入れることができた。やった!、と思ったけれど、ピン甘だった。
a0181059_2141355.jpg

アカヤシオは山頂の崖っぷちにしか咲いていない。山の登らないと見ることのできないツツジだ。日陰の向こうは対岸の山。
a0181059_940373.jpg

モミジの花。初めてみる黄色い花のヒカゲツツジ。
a0181059_2135337.jpg

山を下り、駐車場まで歩いていると、またしても水の浸み出た崖。今度は絞りを開けて撮った。しかし、気温が高いせいか、飛び回り方が異常に速い。フレームに入らないし、ピンが来ないものが続出。2コマ目、2頭入ったことは入ったのだが、かろうじてだった。
a0181059_2152976.jpg

縦型でも撮るが横へ飛ぶとお手上げ。フレームアウトの連続だった。
a0181059_20594946.jpg

スレが少ないものもいた。飛んでいるときに他より明るい。
a0181059_216815.jpg

上の画像とこの画像の間にもう1枚、同じ翅の向きのものが写っていた。秒7コマで、はばたきが同調していたということらしい。
a0181059_2163650.jpg

残念ながらピンが少し来ていなかった。(追われているのはメス。メスも吸水するとは意外だった)
a0181059_1045588.jpg

上からや、斜め上からでは、自分の陰になり撮りにくかったが、これはいい感じ。
a0181059_21104676.jpg


毎年、この時期になるとアカヤシオを見にハイキングすることが恒例になっているけれど、花の時期が難しいようだ。今回は低山で楽だったけれど、花の数はそれなりだった。これまでの一番は昨年登った袈裟丸山だと思う。昨年は花が不作だったというが、それでもこんなものではなかった。それよりも、あわよくばと期待したスギタニルリシジミとの出会いのほうが嬉しかったというのが本音です。

by otto-N | 2015-05-06 20:54 | Comments(0)