たかがヤマト、されどヤマト

タグ:キマダラセセリ ( 7 ) タグの人気記事


2017.5.31 東京・白金の森 ミズイロオナガシジミ   2017.6.10 (記)

2017.5.31
自然教育園にゼフが出ているらしい。アカシジミはとっくに終わっているはずで、ウラナミアカシジミとミズイロオナガシジミくらいはいるかもしれない。いるかもしれないというのは、教育園では、ゼフはシーズンに2~3頭見つかると上出来というほど稀。いつも期待していない。

自宅を出てすぐ、キマダラセセリを見つけた。
a0181059_16314865.jpg

場所を変えながらかなり長い間吸蜜していた。少し暗いが背景が素晴らしく、かなりの枚数を撮ってしまった。
a0181059_16333412.jpg

教育園の暗い森の道にはルリシジミが飛んでいた。とまることはないと思っていたら、枯葉の上で突然の開翅。
a0181059_16342204.jpg


池のある湿地帯にはハンノキやヤナギが点在するが、残念ながらミドリシジミはいない。しかし、コムラサキを見かけることがある。この時は3頭が♀を探して飛び回っていた。まるでとまらないので連写したが、空打ちばかりだった。コムラサキは枝の先端ではなく、枝と枝の間に潜り込むように飛び回る。枝先に出て来る瞬間を撮れればピントは合うが、そうはいかない。ちょっと惜しかったのがこの3枚だった。
a0181059_16371087.jpg

11時ころコムラサキがいなくなったので、例年ミズイロオナガシジミが出て来る場所に行くと、笹の葉の上にとまっていた。ずぼらに300ミリで撮る。
a0181059_16462579.jpg


もう1頭すぐ傍にいたが、こちらはすぐ飛ばれてしまった。移動してウラナミアカシジミを探したが見つからず、そこにいたのはルリシジミ♀と、先が意外と尖がっていたウラギンシジミ♂。
a0181059_16475333.jpg


2017.6.1
曇り空に日が射し始めた時、コムラサキが飛んだがそれっきり。湿地にはクサフジが咲き始め、チャバネセセリがいた。集まっていたと書きたいところだが、目を点にして探さないとチョウは見つからない。
a0181059_16504183.jpg


日も射さなくなり、ミズイロオナガシジミのポイントに行くと、ヒメジャノメしかいなかった。
a0181059_16503386.jpg


2017.6.2
朝から晴れ、気温も高い。しかし、今日こそコムラサキはと出かけたものの、どうしたことかコムラサキは1頭も姿を現さなかった。クサフジには産卵のためかルリシジミがまとわりついていた。
a0181059_17581458.jpg


ルリシジミの♀の表翅は、構造色なのか角度によって一瞬濃いブルーに輝く。
a0181059_17584733.jpg



いつもこのくらいピンがくると飛翔撮影は楽しいのだが・・・
a0181059_17593015.jpg



上空でコミスジが2頭、お決まりのカップル飛行。なかなか2頭とも入らず1枚がやっと。太陽の光芒を残り、空を明るくするのに一苦労した。
a0181059_17032535.jpg



ゼフは見つからず、この日に撮ったチョウ。ルリシジミ♀、キマダラセセリ♀、アカボシゴマダラ♀。
a0181059_17035327.jpg



2017.6.8
前日から梅雨入り。曇りかと思ったら日が射し始めたので出かける。トラフシジミが出たらしい。しかし、トラフのポイントに着くとすっかり空は雲。そこにいたのは大きなカメ。いつまでもじっとしていた。
a0181059_17094343.jpg


足元からヒカゲチョウが飛び出し近くの叢にとまる。
a0181059_17102082.jpg


一通り散策路を流し、事務棟のそばにいたヨツスジハナカミキリ。動き回る4つの目のすべてにピントが合うわけがない。甲虫はむずかしい。
a0181059_17102888.jpg





by otto-N | 2017-06-10 16:21 | Comments(0)

2015.8.19 埼玉県・御岳山 レンゲショウマ   2015.8.26 (記)

2015.8.19
曇りの日が続いていたがやっと晴れたので、かねてから予定していた御岳山(929m)に行く。目的はレンゲショウマ。

青梅線のJR御岳駅からバス、次いでケーブルカー。そこから数分の所にレンゲショウマの群生地があった。北斜面の薄暗い林床につけられたジブザグの散策路は、人でいっぱいとまではいかなかったけれど、相当の人出で、7割は本格的なカメラマン。初めて見る花だったけれど、ほのかな紫、人気があるのは当然という気がした。高さは1mほど、ファインダーを覗くと、木漏れ日の玉ボケが美しい。どうやら、この花は、背景の玉ボケとのバランスが鍵のようだった。入れすぎてもうるさいだけ、明るすぎると白く抜けただだの玉になり、なければないで淋しい(4コマ目 vs 5コマ目)。薄暗い中、花はたくさんあるのに、どう撮っていいのか判らないほど撮りにくく、根気が続かなかった。
a0181059_17513829.jpg

背景に明るい緑が来るようにアングルを選ぶ。ボケが眩しすぎたり、花が落ちた茎の先が写ったりするので、なかなか決まらなかった。
a0181059_17384938.jpg

隠微で幽玄。寂寥感のある不思議な花だった。
a0181059_17385981.jpg

残念ながら、レンゲショウマにはチョウは来ず、こんな地味な花に来ていた。
a0181059_17391262.jpg

正午過ぎ、御岳山の宿坊街(なんと20軒を超える!)を通り抜け、奥ノ院(1077m)に向かった。杉林の登山道(参道)を登っている途中、空が急に暗くなったので途中で引き返した。さらに奥には大岳山(1266m)という山があるけれど、以前、秋に登ったことがあり、頂上からは富士山が見えた。この写真はそのときもの。(2012.11.14撮影)
a0181059_100885.jpg



P.S.
キマダラセセリの写真を撮ったので貼っておきます。(2015.8.21 神奈川県・相模原市)
a0181059_20393599.jpg
 

by otto-N | 2015-08-26 20:24 | Comments(4)

2012.9.24 東京・恵比寿 ウラナミシジミ    2012.9.28(記)

2012.9.24
恵比寿ガーデンプレースの中のSビール本社の英国風ガーデンがヤマトシジミの小さな溜まり場だが、ヤマトシジミ以外にも、ナミアゲハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ、もちろんモンシロチョウも集まる。そんな中で、この日やっとウラナミシジミが現れた。これでやっと秋が訪れた気がした。

突然飛んで来て、とまった。が、全然、翅を拡げない。ひょっとしたら眩しすぎる?と思って、手をかざして日陰を作るとおずおずと開翅。日に当てると閉じた。こんなに単純なチョウばかりだとよいのだが。
a0181059_20114796.jpg

2,3日前にも見たが、撮らせてもらえなかったキマダラセセリ。なぜかこの日はすぐには立ち去らなかった。真横ではなくほんの少し斜め前からがいいかな。
a0181059_2015723.jpg
a0181059_20151930.jpg

まだ、少し暑苦しいよそおいのベニシジミ。ツバメシジミのメス。どこからやって来るのか、ここでは珍しいヒメジャノメ。
a0181059_20181736.jpg


都心にもウラナミシジミが現れた。キマダラセセリもいた。撮りそこなったが、黒縁が薄いヤマトシジミのオスも出てきた。これで、やっと、暑い夏が終わった。

by otto-N | 2012-09-28 20:24 | Comments(8)

2012.6.15 白金の森 トラフシジミ①    2012.6.19(記)

2012.6.15 白金の森 トラフシジミ①
前日、港区の自然教育園では夏型のトラフシジミが出たとのこと。ミドリシジミに横浜ばかりに行っている間に季節は進んだようだ。

9:00の開園に合わせて行ったところ、「散歩」のShinさんもちょうど到着。園内に入るやいなや、カメラの準備もしていないのに、地べたにトラフシジミが吸水中。ザックからカメラを取り出し、あわてて撮影する。
a0181059_1410326.jpg

そのうちどこかへ行ってしまったので、トラフシジミのポイントに急ぐ。すぐ1頭いた。これも道路で吸水中。何枚か撮ったあと、ちょっかいを出すと、近くの葉の上に移った。ひょっとしたら開くかもと思ったら、本当に開いた。眩いばかりのブルーだった。
a0181059_14144435.jpg

a0181059_14152821.jpg
a0181059_14153583.jpg

これで、今日の目標は達成。ふと目を上げると、アカシジミがちょこんととまっていた(1コマ目)。ここでは、アカシジミは初めて。私にとっては伝説のアカシジミだった。その後、3頭見つけ、この日だけで4頭も発見。驚いた。
a0181059_14234846.jpg

アカシジミの他にミズイロオナガシジミがいるはずと、昨年発生した場所を探索中、少し遠いところにトラフシジミが飛んで来て、すぐ翅を開いた。この後、足元にやって来たが、散歩中の女性が来て飛ばれてしまった。少し待ってもらえばと思ったが、後の祭り。
a0181059_14282285.jpg

羽化したばかりのような綺麗なヒカゲチョウが多い。
a0181059_14313492.jpg

池の畔には、クガイソウも咲き始め、ここでは珍しいモンキチョウが来ていた。咲き誇ったクサフジにはルリシジミ。
a0181059_14335585.jpg

クサフジにはキマダラセセリが多い。みんな新鮮だった。
a0181059_1437960.jpg
a0181059_14375586.jpg

池の周りのキマダラセセリも撮ったので、10時すぎ、トラフシジミのポイントへ戻ることとした。日がもっと当たっているはずだ。

(トラフシジミ②へ続きます)

by otto-N | 2012-06-19 14:41 | Comments(6)

2011.6.21 白金の森 ヤマトシジミ    2011.6.22(記)

2011.6.21
雨も降りそうもなく、まあまあの天気。久しぶりに自然教育園に行った。お目当ては、トラフシジミの夏型。

トラフシジミは全然見ず、撮れたのは、キマダラセセリとコミスジ。他に見たものは、ピカピカのウラギンシジミ(♀)とムラサキシジミ。それに、種類不明のヒョウモンチョウとヒカゲチョウ。今日はここまでと、門を出ると、道路拡張工事の雨あがりの水たまりにアオスジアゲハとナミアゲハが吸水中であった。
a0181059_14593681.jpg

さて、ヤマトシジミの2化目がいるかもしれないと、隣の児童公園を覗く。カタバミ畑できれいなメスが産卵中であった。
a0181059_150672.jpg

なかなかの美人。
a0181059_1515279.jpg

オスはといえば、2頭しかいなかった。1頭はボロボロだったので、まあまあのこの1頭を追う。
a0181059_1521519.jpg

あまり太陽がまぶしくなく、気温も高くはなかったので、開翅してくれた。
a0181059_1525218.jpg

カタバミの花が中心の、このポーズもまあまあ。
a0181059_1531229.jpg

オスは2頭しかいなかったと書いたが、その前に1頭いた。最初こ、ちょろちょろ飛んでいる1頭を見つけ、止まるのを待っていた。ところが、飛んでいる最中、何か茶色いものが飛んできて、ぶつかり、ヤマトシジミが消えた。どうしたんだろうと、茶色のものが止まったあたりを見ると、茶色の正体はアブ(ムシヒキアブ科?)だった。ヤマトはアブにキャッチされていた。まだこのとき、目は生きていた。右は、少し移動した後の写真。しっかり獲物に抱き付いていた。
a0181059_1532633.jpg


ヤマトシジミの2化目、オスはちょっと遅かったかもしれない。自宅付近でときどき探したけれど、なかなか見つからなかった。いざ探すといないヤマトシジミ、遠くまでわざわざ探しに行くのも面倒なヤマトシジミ、見つかってほっとした。

by otto-N | 2011-06-22 15:30 | Comments(4)

2011.6.15 さいたま市 ベニシジミ    2011.6.18(記)

2011.6.15
天気予報では、晴れそうだったのはこの日だけ。ミドリシジミを探しに、さいたま市の公園にクルマで行った。最近、首都高のC2という環状線ができたので、自宅から1時間もかからなかった。着いて早々、同好の方々が数人おられたので、蝶果を聞いたところ、朝6:00から来ているが全然いないとのこと。確かに、あちこちうろつき回ったが、ミドリシジミの影はなかった。今年は、昨年と違い、長靴でも入れないほど、水が多い。結局、帰るまでにミドリシジミの影を1匹見ただけであった。

ミドリシジミは撮れなかったが、この日遊んでもらったのは、ベニシジミ。ベニシジミといえども、自宅付近にはあまりいないので、それなりに楽しむことができた。
a0181059_13115725.jpg

赤紋が暗くなってきたが、まだまだ明るい。
a0181059_13121470.jpg

後翅に少し青紋が残っている個体もいた。
a0181059_1312313.jpg

暗がりの間をふわふわ飛んでいたアサギマダラ。キマダラセセリ、ヒメジャノメ。ここにもアカボシゴマダラがいた。コムラサキが樹液に来ていたが、すぐ逃げられた。
a0181059_13125044.jpg


ミドリシジミは不発に終わった。発生が遅れているだけだと思うけれど、このまま終わってしまうのか、ちょっと心配だ。水が多かったが、蛹化するために、それまでいた木が水に浸かって、地上に降りることができないとき、どうするのだろうか、木の上で蛹になるのだろうか?水が引くまで待っているのだろうか?幼虫は泳いで渡るのだろうか?そのまま蛹化できずにおわるのだろうか?ふと、疑問に思った。

by otto-N | 2011-06-18 13:38 | Comments(4)

6月、練馬区、ダイミョウセセリ (2010.6.12)    2011.2.16

2010.6.10
練馬区にある石神井公園。大きな池があり、ハンノキが繁っているらしい。ひょっとしたらミドリシジミがいるかもしれないと、この日の午後行ってみた。確かにハンノキは多かった。が、夕刻になってもミドリシジミの気配はなかった。
公園のはずれの高い木に周りがおおわれた空き地で、アカシジミらしいものが横切ったが見失う。高い木の梢には、ここでもアカボシゴマダラが飛んでいたが遠くて撮れず。足元を見ると、ダイミョウセセリがテリを張っていた。見慣れないセセリがいた。後で調べるとキマダラセセリらしい。ヒメジャノメもいた。
a0181059_10352166.jpg


土曜と日曜は天気が良いと、原則的に練馬区にあるテニスクラブでテニス。住んでいる目黒区から車で40~50分もかかる。テニスは30年やっているが、まるでうまくならない。道具に助けられているだけだ。この日、テニスコートを抜け出し、だめもとで、石神井公園にいってみた。池は想像以上に大きく、奥のほうはなかなかワイルド。ミドリシジミは見つからなかったが、ハンノキが多く、棲息している可能性はあると思う。
池に面したある邸宅の庭の木に、コムラサキらしきものが飛び交っていた。今度また行ってみよう。


PS:
所用とスキーで北海道に行っていた(2011.2.6-15)。
ついでに、何十年ぶりに札幌の雪祭りを見てきた。
売店と観光客が増え、大雪像の数が減ったような気がしたが、このふくろうの目はなかなか良かった。目は氷を埋め込んであるとのこと(2/10)。
a0181059_13413929.jpg


これは、帯広の近く、幕別町の夕日。太陽は日高山脈のほうに沈む。私の個人的な夕日スポット(2/13)。
a0181059_13235482.jpg


by otto-N | 2011-02-16 10:59 | Comments(0)