たかがヤマト、されどヤマト

タグ:クモマツマキチョウ ( 5 ) タグの人気記事


2014.5.24 北アルプス・残雪の谷間 ツマキチョウ   2014.5.28 (記)

2014.5.24
キャンペーン価格でとても安かった宿(温泉)に1泊し、開業前の大町山岳博物館前に妻を降ろしてから、クモマツマキチョウの谷間に急ぐ。妻は山岳博物館の裏の散策路 (頂上は前日クルマで登った鷹狩山)で過ごす予定。

現地に着いたのは9時半ころ。昨年来たけれど、クモツキが全然とまってくれない沢筋。細い道を登って行くと、残雪の中でクモツキを探しているふうの方。ネーチャーkendamarさんだった。この残雪の下方に少しだけあるスミレに来たとのことで、しばらく待っていたらオスがやって来た。吸蜜時間が短く、うまく撮れなかったけれど、一度去った後、再びやって来たときに撮ることができた。
a0181059_1958720.jpg

その直後、ダンダラさん虫林さんdaronさんがやってきた。しかし、クモツキはときどきやってくるものの、スミレにはやって来ず、飛んで行ってしまうだけだった。昨年もこの時間帯は飛び回るだけ。飛翔撮影にトライするもののうまく撮影できなかった。そのうち、飛んで来なくなり、少し上に移動したが、やはりダメ。11時すぎ、ダンダラさんたちは別ポイントに移動したけれど、クモツキがときどき飛んでいるのを見たので、少しだけ粘ってみた。10分ほどたったとき、近くで2頭が絡んだので追いかけると、1頭はメス。そのメス、下の草に降りてオスと格闘していた。交尾するかと思ったが、メスは交尾拒否貫徹。10秒足らずの出来事だった。
a0181059_19595461.jpg
a0181059_200535.jpg
a0181059_20522076.jpg
a0181059_20523966.jpg
a0181059_20525485.jpg

オスが諦めて飛び去る最後の1枚。メスにピントを合わせていたのでオスは少しピンが甘い。
a0181059_20531829.jpg

この後、まだときどき飛んで来たので、飛翔を少し撮るがあまりうまくいかない。
a0181059_195915.jpg

でも、この1枚はちょっと嬉しかった。ぼおーっとしているけど背景に雪山。
a0181059_19591658.jpg

前日のポイントは日が射す時間。まだ飛び回ってばかりだろうなぁと思いつつ、ポイントに向かう。やはり、吸蜜タイムには少し早くなかなかとまらなかった。先に来ていたダンダラさんたちは、カメラマンが多いので別ポイントに移ったけれど、まだ、メスをちゃんと撮っていないことに気付き、ここで粘る。このオス、後翅に小さな切れ込み。その前に撮った個体だ。前日も撮った。
a0181059_203641.jpg

裏面を撮っていなかったので、意識的に真横に回り込んだ。これは別個体。
a0181059_2031966.jpg

予め花の数が多いところで待ち受けての撮影。
a0181059_2062011.jpg

そして、待望のメス。何度か来てくれた。
a0181059_2052824.jpg

後ろから。
a0181059_2074859.jpg

横から。
a0181059_2081293.jpg

そして、飛ぶ瞬間。
a0181059_20184395.jpg

ときどきオス同士が絡むが撮れたのはこの1枚だけだった。
a0181059_19095301.jpg

不調の3枚。3コマ目、何か変だと思ったら、ツマキチョウ。
a0181059_202572.jpg

追いかけるとスミレにとまったので、頑張って撮る。
a0181059_22261839.jpg

同じようなアングルのクモツキ♀。
a0181059_22264478.jpg

同、クモツキ♂。
a0181059_2227567.jpg


この日の撮影のシンデレラ・タイムは午後1時30分。少し過ぎてしまったが、山岳博物館に急ぐ。妻は、北アルプスと散策路に咲く花をそれなりに堪能したようで少し安心。博物館やその下の街にはウスバシロチョウがフワフワとたくさん舞っていた。数日前、高尾山の麓にわざわざ撮影しに行ったのが馬鹿みたい。この後、オオルリシジミを見に行くことをチラッと考えたが、池田町のハーブ園に寄った。

この日、たくさんの方にお会いした。みなさん、お話ができて嬉しかったです。今後ともよろしくお願いします。

by otto-N | 2014-05-28 21:56 | Comments(4)

2014.5.23 北アルプス・残雪の谷間 クモマツマキチョウ 2013.5.26 (記)

2014.5.23
予定では、ネットで見つけた北アルプスを望む散策路に妻を降ろし、独りで撮影する予定であった。しかし、散策路がある場所はパッとしないし、雲がかかっており北アルプスも見えない。ということで、一緒に現地までやって来た。妻は少し離れた登山道を教え、雪渓にぶつかったら引き返すようにいって、クモマツマキチョウを探す。外は曇っているうえ、気温が低い。15℃くらいだった。先客が3名。状況を尋ねると、寒くて全く出てないとのこと。もし、日が出てくるようだったらなんとかなると思い、ハタザオを探して付近をうろつく。でも、ハタザオは見つからず、元の場所に戻った。そのとき、道路際にいた方に手招きされたので駆けつけると、メスが縮こまってとまっていた。ただ、崖際なので、翅縁まで撮れない位置。薄日がさしてきた途端、翅を拡げた。しかし、目より高い。すぐに飛び始め、下にくることを期待したが、崖の上のほうに飛んでいった。
a0181059_14264790.jpg

一応証拠写真は撮れ、空も少し明るくなってきたので、ぶらぶらしていると、道路の上をオスが、まだ寒いのか、ふらふらと飛んでいた。砂利の上にとまったので、横着して斜め上から撮る。すぐ、飛んだので追いかけると草の上。オレンジがきれい。風にあおられ落ちそうになったが、体制を整え飛び去ってしまった。
a0181059_1427441.jpg

この後、空が晴れ始め、クモツキは飛び始めた。スミレ吸蜜の最初はメスだったけれど、AFのピントに手間取っているうちいなくなってしまった。ペンタックスの合焦速度は遅い。しかたがなく、最初はMFでピントを合わせ、途中でAFに切り返すことにした(普通の逆)。でも、撮り終えたあと、元に戻すのをすぐ忘れ、そうはうまくいかない。
a0181059_14273425.jpg

日射しが強まると、オスは探雌飛行で同じ場所を行ったり来たりした。スミレの合間に飛翔も撮影したが、なぜか不調だった。
a0181059_1428048.jpg

午後2時をすぎたころ、カメラマンが続々とまでいかないけれど、増えてきた。ほとんど地元の方。晴れてきたので急遽撮影に来た感じだった。
a0181059_1752956.jpg

雪も残っており、「残雪の谷間」の画像も撮れた。少しリミングして残雪部を大きくしたいところだった。
a0181059_14281811.jpg

今回の目標の1つ。裏の唐草模様を透かして撮る。なんとか撮れた。
a0181059_1429776.jpg

目標、2つ目。逆光でのオレンジ。もう少し、明るいほうが良いのだが、人が多いのでアングルの制限が多い。ピントを左翅に合わせるか、右翅に合わせるか。どちらに合うかはただの偶然。
a0181059_14292049.jpg

偶然と言えば、飛び立った直後。うれしい1枚。
a0181059_16572597.jpg

日が射すと吸蜜しながらすぐ翅を開く。閉翅はまるで撮れなかった。
a0181059_16553380.jpg

翅を開いても、半開き程度。真後ろから撮っても、縁までピントが合わない。
a0181059_1716577.jpg

このスミレの群落は大きかった。その向こうにもスミレ群落があり、この位置と決めて待つ。
a0181059_165918.jpg

スミレ吸蜜の時間は、花の個体差によっているものらしい。蜜がたっぷりあると、頭を埋めてしまう。
a0181059_1659211.jpg

午後3時を過ぎてしまった。そろそろ、終わりに近い。後ろが開いた場所で撮る。
a0181059_14294812.jpg

飛んだと思ったら、写っていた。クモツキ、この日最後の1枚。
a0181059_14301111.jpg


妻はとうに戻ってきており、車の中で朝刊を読んでいた。天気が良くなったので、アルプスを一望できる場所に行ってみる。行った場所は、大町の鷹狩山展望公園。逆光と雲で、北アルプスはよくは見えなかったけれど、すばらしい眺めが拡がっていた。この後、急遽予約した温泉に向かった。
a0181059_14302639.jpg


(2日目のクモマツマキチョウに続きます)

by otto-N | 2014-05-26 18:23 | Comments(8)

2013.5.26 長野県・クララの台地 オオルリシジミ   2013.5.30(記)

2013.6.26
久しぶり、実に30年ぶりのスキー場の民宿。食事は見かけだけの温泉旅館よりよっぽどいい。朝食だって、希望の時間に、6時半だったが、用意してくれた。旅館なら、従業員がまだ来ないからといって、8時のこともある。少しくらい曇ってほしいけれど、この日も晴天。長野道に入り、オオルリシジミの棲息地に向かう。棲息地といっても、ある企業の工場の敷地。地元の方々がこの絶滅危惧種を食草のクララと一緒に保護されている。保護地の近くで、蝶と里山の浪漫紀行の蝶狂人さんと待ち合わせた。もちろん、初対面。

現地に着くと、早速、でかいシジミが斜面を高速で飛んでいた。しかし、とまる気配は感じられない。オスの探雌飛翔のようだ。今日も、飛翔撮影?と思って覚悟を決めたとき、蝶狂人さんがクララ(この植物は自然教育園にもあり、学習済み)に、交尾体を発見。オスは擦れていたがメスは縁毛まで新鮮。その後、オスも新鮮な2組の交尾体が見つかったので、一緒に掲載。3コマ目と4コマ目は同じペアで、逆光側と順光側から撮ったもの。
a0181059_16512852.jpg

高速で飛ぶオスらしきものは、クララを目指して飛び回っているようなので、どうやら、クララを丹念に見て歩けば、何とかなりそうだった。数は決して多くはないが、産卵活動中のメスは見つかった。産卵のときは、ゴマシジミのように、くるくる落着きがなく葉先(穂先?)を回るので、産卵の瞬間を撮るのは難しかった。
a0181059_16572521.jpg

一番撮ったのは、産卵行動中の一休みのとき。晴れていても、翅を開くと聞いていたが、暑いせいかちょっとだけしか開かなかった。結局、オスは飛び回ってばかりいるので、交尾以外は撮影できなかった。
a0181059_1659549.jpg

先日、快晴で暑かった日、ミヤマシジミは陰の中に入ると開翅したことを思い出し、日陰を作ってみた。すると、翅を開くではないか。でも、ミヤマシジミは日陰を外してもしばらく翅を開いていたが、オオルリは瞬間的に閉じてしまう。蝶狂人さんに陰を作ってもらっている間に撮った。この個体は、上の6コマ目のもの。
a0181059_1764363.jpg

翅の開きが足りないが、翅の色合いがずいぶん変わる。日向での色が標準とは思う。
a0181059_17143285.jpg

日陰を外したときの瞬間。何度か繰り返しやっと撮れた。
a0181059_17155550.jpg

陰を作れば必ず開くかと言えば、そうではなく、少し開きかけたときや、翅をすりすりしたときだけ開くようだった。これは、アカツメクサで吸蜜中。少し開きかけたが、なかなか開かなかったので陰を作った。
a0181059_17185683.jpg

最後は全開。
a0181059_17191435.jpg

これも陰を作って、翅を開かせた。
a0181059_17252519.jpg

自分の影の真下。アングルが選べなかった。それより、もっと引いて撮りたかったのに、背伸びしても真下ではムリ。近くにtheclaさんがいなかったけれど、いたらあのLEDが大活躍したであろう大開翅。
a0181059_17253722.jpg

ときどき、アカツメクサに吸蜜する。ハルジオン(ヒメジョオン?)の花にも訪れた。
a0181059_17304119.jpg

メスは産卵するためクララにまとわりつく。そこで飛翔写真。簡単かと思ったがそうでもなかった。あまりに左端だった4コマ目と5コマ目以外は初めてのノートリ。ということは、このシーンでは撮りやすいということですね。
a0181059_17355232.jpg

これが一番のお気に入り。この付近にはウラギンヒョウモンのオスがとても多かったが、先日撮ったばかりなのでほとんどスルー。そんなゆとりはなかった。
a0181059_1736825.jpg

そして正午、高速道路が渋滞する前に帰ろうと思っていたので、予定どおり撤収。その前に最後の一枚。
a0181059_174223100.jpg

この後、蝶狂人さんのログハウス&バタフライガーデンの見学に伺った。チョウの食草や吸蜜植物を育てているとのこと。付近は庭にもオオムラサキが飛んでくるすばらしい環境。この日は、ウスバシロチョウが舞っており、バタフライガーデンにもやって来た。
a0181059_17495496.jpg


この2日間、フィールドノートのtheclaさんにおんぶに抱っこのチョウ撮影。初めてクモマツマキチョウを存分に撮影できたし、予定外のオオルリシジミ。それも、蝶狂人さんに案内までしていただいた。theclaさん、蝶狂人さん、たいへんありがとうございました。そして、クモマツマキチョウの谷間でお会いしたみなさん、チョウが出てきてほんとほっとしましたね。ゲン担ぎに着たオレンジ色のTシャツが目障りだったかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。

by otto-N | 2013-05-30 19:09 | Comments(10)

2013.5.25 北アルプス・残雪の谷間 クモマツマキチョウ(2)   2013.5.28(記)

2013.5.25(続き)
雲一つない晴天。クモマツマキチョウ(クモツキ)のオスはメスを探して飛び回ってばかりだったけれど、午後1時を過ぎるころ、河原に飛んで行った1頭が突然消えた。ひょっとして、とまった?駆け下りてみると、黄色い花で吸蜜。300ミリズームで撮ったにもかかわらず、ちゃんと写っていた。閉翅を横から撮ったとき、透けたオレンジが美しい。この色はツマキチョウには絶対ない美しさ。引いて撮った画像だけど、透けたオレンジを強調するためトリミングしてあります。
a0181059_2004792.jpg

この時間をかわきりに、飛び回ってばかりいたオスの中にはスミレで吸蜜するものも現れた。なんとなく飛び方で判る。しかし、スミレでの吸蜜時間は短く、ギフチョウのように葉陰に潜り込んでしまい、なかなかいい位置では撮れなかった。でも、オレンジがとても美しい。以下はすべて、100ミリマクロ+1.4テレコンで撮影した。
a0181059_2044583.jpg

オレンジが最も美しいのは、半開きで光を透かしたときだった。でも、なかなか、少し逆光という位置に回り込めなかった。吸蜜時間がとても短く、フォーカスを合わせるのが精一杯だった。
a0181059_20105374.jpg

もう少し右、もっと下からと思っても、こうして飛び立たれる。
a0181059_20153539.jpg

1時半ころ、横浜のみなさんは、次のチョウがあるとのことで帰られた。そして、2時すぎ、午前中に一度見え、どこかに隠れていたmaedaさんが、最高のタイミングで現れた。太陽は少し傾き、スミレで吸蜜する時間も長くなり、木陰では翅も少しは大きく開くようになった。しかし、全開翅は、なぜかピンボケ連発)。焦らなくてもいい時も・・・。(3コマ目はピンボケです)
a0181059_20234251.jpg

結局、満足な全開翅は撮れずに終わったけれど、これでいい。次の楽しみにとっておきます。
a0181059_2027374.jpg

そして、ついに、メスも2~3回飛んできた。(そして、シロが飛んだ)
a0181059_20324382.jpg

メスの撮影チャンスは少なかったけれど、何とか撮れた。
a0181059_20323057.jpg


メスも撮れたことだし、走りまわったせいか、とにかくビール!というわけで、3時ころ撤収。途中、クロツバメシジミのポイントに寄ってもらった。が、すでにスレた個体ばかりがカンカン照りの石積みに、少しだけ飛び回っていた。
この日の宿は、むさい男二人にふさわしいスキー場の民宿(安いです)。でも、夕食の後は、安曇野のナチュラリスト氏と3人で、プチホテルのバーで、バーボンとブルゴーニュのピノ・ノワール。久々のおいしい酒だった。もちろんチョウの話。それとスキーとダービーでも盛り上がった。ただ、3人のいでたちは、土曜の夜のお洒落なバーにはふさわしいとはいえなかったけれど。

by otto-N | 2013-05-28 20:59 | Comments(10)

2013.5.25 北アルプス・残雪の谷間 クモマツマキチョウ(1)   2013.5.27(記)

2013.5.25
かねてからの懸案だったクママツマキチョウを撮りに行った。というより、「フィールドノート」のtheclaさんに連れていっていただいた。朝がまるで弱いので、現地近くに前泊し、夜明けに出発したtheclaさんの車に拾ってもらい、すべてお任せの安直な撮影行でした。現地に着き駐車すると、すぐ隣に停まった車から出てきたのは、横浜の4人組だったのでちょっとびっくり。最初に目指すポイントが違うのでいったん別れたが、すぐに合流し、同じ谷筋でクモマツマキチョウ(クモツキ)がやってくるのを待った。でも、スジグロシロチョウばかりでなかなか出てこない。雲1つない晴天。スミレも咲いているのに、天気が良すぎるせいかと嘆きながらも待っていたとき、オスが現れた。しかし、すぐ飛び去る。30分後、また1頭。これも通過するだけ。飛んでいるの撮ろうとするが、みなさん空振り。また待つ。飛んでくるが空振り。どうやら飛んでいるのは同じ個体が巡回しているだけのようだった。あまりにも飛んでこないので、別のポイントへ行ったがそこもダメ。2頭飛んでいくの見ただけだった。
というわけで、午前中は全くダメ。午後、日のあたり始めたポイントに移ると、クモツキは次々というわけではないが、とにかく、午前中のことが嘘のようにやってきた。でも、と・ま・ら・な・い。

初めてのクモツキだというのに、飛翔撮影から入ることを余儀なくされた。とにかく、数打ちゃ当たることを信じて、撮らねばならなかった。タムロン17-50ミリの24ミリ設定。距離は欲張らず約40cm。1/2500秒のシヤッター優先。以下、ピン甘ですが、この日の飛翔の記録です。トリミングは当然してます。
a0181059_13383981.jpg

a0181059_13392231.jpg
a0181059_13394333.jpg
a0181059_13402323.jpg
a0181059_13424388.jpg
a0181059_13411136.jpg
a0181059_1344484.jpg
a0181059_1343819.jpg

ときどき、3頭が絡むことがあって、この2枚がなんとか撮れていた。
a0181059_13445021.jpg


天気が良すぎて、オスは探雌飛翔してばかりで、なかなかとまらなかった。しかたがなく、飛翔撮影した。撮影枚数約350枚。フレームに入ってもピントが合っていないものばかり。近づきすぎるくらいで丁度いいのは判っているけれど、チョウの飛翔航路はジグザグなので難しい。探雌飛翔中でも、個体によってはスミレで吸蜜することもあるので、カメラは1台だけ持っていればいいというわけにはいかなかった。スミレ吸蜜の画像も撮れたので、次回に掲載します。それにしても、汗だく。チョウとの根気較べだった。

by otto-N | 2013-05-27 14:12 | Comments(22)