人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:スーパーブルー ( 35 ) タグの人気記事


2018.11.30 東京・サザンカの裏通り ムラサキツバメ   2018.12.15 (記)

2018.11.30
先日はテレコンを持っていなかったので、この日は300ミリに装着。標準換算だと620ミリに相当する。しかし、はりきって橋の上から狙ったのだが、マテバシイで休む個体はまるで少なかった。真上から見下ろすことはそれほど多くはないのでまあいいだろう。真上からではオスは紫には輝かない。
a0181059_12415036.jpg

メスはいつもと同じ。
a0181059_12433804.jpg


オスは真下に来る必要はないが、頭の向きが問題でまるで輝かない。
a0181059_12442558.jpg


マテバシイの下の植え込みにも少なかった気がする。このメスは前翅の先端が少しだけ靑かった。
a0181059_13052468.jpg



1頭が葉の向こうで撮れなかったが、このぼおーっとした感じも好きである。
a0181059_16030245.jpg



サザンカにムラサキシジミが来たがテレコン装着では望遠すぎ、後ずさりして撮る。
a0181059_13090285.jpg


サザンカが近くだったので100マクロでも撮ったが、中途半端に遠かった。
a0181059_13102678.jpg



別な場所でもオスは少なく、オスはどういうわけか半開で終わってばかりいた。
a0181059_13114447.jpg


虫食いであってもマテバシイの葉はムラサキツバメを引き立てる。
a0181059_13124651.jpg


残念ながらベストアングルはもう少し下。風で揺れて葉が下がるのを見越してシャッターを切り続けたが、ここまでだった。ピンボケの山を築く。
a0181059_13154860.jpg



2018.12.3
曇り。裏の小公園に行ってみると、ヤマトシジミが少し飛んでいた。1頭目のメスは撮り逃がしたが、2頭目はスーパーブルーだった。すぐ飛ばれてロスト。
a0181059_13411200.jpg
a0181059_13412157.jpg




by otto-N | 2018-12-15 16:32 | Comments(4)

2018.11.8 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.21 (記)

2018.11.8
ヤマトシジミの青メスを探しに千葉県の江戸川の堤防に行く前にSビールに寄ってみたところ、花壇の真ん中でスーパーブルーが開翅していた。しかし、その後ろにはオスが控えており、シャッターに指をかけたとたん飛び去り万事窮す。あきらめてここを引き揚げようとしたとき、薄日を浴びて翅を開いている姿を発見した。
a0181059_21474873.jpg


近づきすぎ影を作ってしまい飛ばれたが、葉陰ですぐ見つけた。
a0181059_20041218.jpg


翅の傷、鱗粉の散らばり方から前日と同一個体のようだ。この後、いつもの場所に移動し日光浴。
a0181059_20045053.jpg


他に1頭だけメスは出て来たが、靑色は薄く地味だった。
a0181059_20092662.jpg


地下鉄で東京都心を縦断し江戸川の堤防に着いたのは11時近く。9時すぎには来ていたFavoniusさんはスーパーブルーを撮影していたが、風に流され土手の下の藪に飛んでいったという。スーパーが舞い戻ってきているかもしれないと付近を探すが見つからないどころか、メス自体がおらずボロのオスばかり。背の低いアワダチソウ群生地にはベニシジミとヒメアカタテハがいたので撮っておく。
a0181059_20111193.jpg

場所を変えると擦れたメスは何頭か見つかったが、新鮮な個体は少なかった。新鮮だと、別にスーパーでなくてもとても美しい。
a0181059_20210807.jpg


薄日になり始めた空は昼過ぎには空に雲が拡がり、ヤマトシジミは翅を開かなくなった。
a0181059_20271032.jpg


少し飛んでも翅を閉じたままま。それでも、気温はまだ高いので空が少し明るくなると開くはず。待つこと20分、やっと開いた。
a0181059_20265454.jpg




by otto-N | 2018-11-21 16:50 | Comments(0)

2017.11.7 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.19 (記)

2018.11.7
前日、スーパーブルーに遭遇したのは正午近くでその後はは雨。ということは同じ場所に留まっているに違いない。ということで、気温が上がり始める8時半すぎに行ってみると、2~3頭のオスが翅を開いていた。そのうち、スーパーブルーがここに飛んで来るだろうと思っていたら何のことはない。この青い花は何だろうと近寄ったらスーパーブルーそのものだった。
a0181059_14574141.jpg


枝被りだったので1回シャッターを切り、左に回り込もうとしたとき飛ばれてしまいロスト。再びやって来た時はオスに絡まれ逃げ去ってしまった。そのうち舞い戻るはず。しばらくして戻ってきたが、またしてもオスに追われていなくなった。近くで翅を拡げる青くないメスと少しくたびれたオス。
a0181059_15011831.jpg


こんなことを繰り返していたが、いつの間にかスーパーブルーは前日の場所に戻ってきていた。
a0181059_15032524.jpg


長々と翅を伸ばしていた。ブルーが眩しい。
a0181059_15114228.jpg


結局、オスに見つかり逃げ去ったのだが、しばらくすると戻ってきた。ヤマトシジミはブッドレアでほとんど吸蜜しない。あわてたのでちょっと寄り過ぎた。
a0181059_15151190.jpg


その後、萩で翅を休めていたが半開翅。
a0181059_15162670.jpg

全開したが、萩の花が萎れているのが残念。この後、本格的にマクロが届かないところで上方で吸蜜を始め、少し目を離した時にロスト。
a0181059_15183871.jpg


あまり青くないメス。前日もいた個体?
a0181059_16195350.jpg

青くはないが枯れた花がいい感じだった。
a0181059_16205055.jpg


スーパーブルーが戻ってきたかと思ったら、そうではなかった。靑面積が大きい割には色が暗い。
a0181059_16221035.jpg



萩よりもこの菊がいいようだった。黄色い花もそうだが、白い花では青メスを撮るのは難しい。ブルーを出すと花がとんでしまう。それよりも、花からの反射光で翅が透けてしまう。こうなっては靑鱗粉は消し飛んでしまう。
a0181059_16241826.jpg


ニラの花。時々、アオスジアゲハやキタキチョウが来ている。
a0181059_16303684.jpg



岩の上の落ち葉にとまった。同じ個体のようだ。
a0181059_16300186.jpg


11時ころ、スーパーブルーが舞い戻り、いつもの場所で開翅した。光線の当たり具合のせいかあまりきれいに撮れないうちにオスが絡みどちらがどちらか判らなくなりロスト。色から区別がつかない。この画像の背景は枯れた草ばかりで見苦しくチョウだけをカット。この日の出演者とともに並べます。
a0181059_16362446.jpg




by otto-N | 2018-11-19 16:32 | Comments(4)

2018.11.6 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.17 (記)

2018.11.6
曇り空だが気温が高いせいか、少し空が明るくなるとヤマトシジミは開翅する。オスばかりだったが、少し青いメスがいた。上から靑鱗が一番輝くアングルを探す。
a0181059_14251906.jpg



横からも撮ってみる。花は枯れかかっているとはいえ、逆に、いい感じにだ。
a0181059_14244795.jpg





まだウラナミシジミが飛び回っており、小菊の上で3頭が騒いでいた。真ん中のメスをめぐるオスの争い。3つの顔が並んだ時は可愛かった。
a0181059_14290177.jpg


ふと少し先を見るとブルーが輝いていた。近寄ってみるとオスではなくメス。スーパーブルー今季第1号。
a0181059_14303368.jpg


青メスは曇り空の下が最高。少しずつアングルを変えじっくりと撮る。
a0181059_14342181.jpg


一番輝く左前翅にフォーカスする。ファインダー越しのブルーがキマルリのように爛々と輝くと言ったらオーバーか。
a0181059_14344677.jpg


少し下から撮ると後の翅がもっと輝いた。
a0181059_14350062.jpg


翅を開いたまま動く気配がないので、そっと後ろへ回る。そして真上から。
a0181059_14403784.jpg


寄り過ぎたので少し引く。少し後ろからのこのアングルのほうが好み。スーパーブルーは曇り空しか輝かない。
a0181059_14414721.jpg

もう少し撮りたかったが、急に空が暗くなりスーパーブルーは翅を閉じてしまう。そして、すぐ雨が降り始めた。


(因みに、スーパーブルーとは、①前翅の黒縁が平行でなく、後ろほど狭く(三角形)、かつ、②前縁に靑鱗粉が載っているものを、個人的に勝手にスーパーブルーと定義して楽しんでいるだけです。)





by otto-N | 2018-11-17 16:08 | Comments(0)

2016.11.22 千葉県・江戸川河川敷 ウルトラブルー(2)   2016.11.30 (記)

2016.11.22 続き
スーパーブルーより青い部分が広いだけで、ウルトラブルーとは大げさすぎるけれど、靑鱗が高温期のオスと見まがうばかりに広範囲に載っているのでウルトラとした。チョーきれいなのでウルトラとしたわけではない。スーパーブルーはまだ靑鱗という感じがするが、ウルトラではそれより色は薄く、空色だ。ただし、ぼおーっとした感じで、まるでインパクトがなく、決して美しくはない。
a0181059_17401893.jpg

日陰でも普通の靑♀のように靑鱗は輝かないし、ブルーの色みは日向とほとんど変わらない。いずれにしろ、ブルーは夏ほど灰色がかっていないが、色と形は高温期型のオス。擦れていたなら、全く区別がつかないだろう。
a0181059_1745491.jpg

近づきすぎては飛ばれ、オスに絡まれは大移動するが、とにかく、虎の子。大事に大事に追いかける。飛び着いた先は、土手の最下部。枯れたススキとセイタカアワダチソウのが密集する藪の中。枯れススキにとまったけれど、目より上。しかも遠かった。上方からの光で、メタリックに輝く。が、輝きすぎだ。
a0181059_17504579.jpg

枯れススキでの開翅は、ブルーがでなかった。全体を暗めにすると、明るい場所の雰囲気が出ないし、なによりチョウが暗すぎた。結局、ハイキー気味のほうがいい感じになった。
a0181059_17511581.jpg

藪の中なので身動きがとれない中、シャッター数だけは切った。腹部は大きいと思う。裏翅は普通。
a0181059_1751671.jpg

なんか変、背景が妙にソフト。このシーンではこれでいいのだが・・・
a0181059_17514043.jpg

何枚も撮っても、位置を変えても少し不鮮明。原因に気がついたのは、この枯れススキから飛ばれた後のこと。上の組写真の4コマ目から、いつもはF6.3なのに、F4.5になっていた。F4.5だと、手首に広角をぶら下げての撮影はキツかった。
a0181059_1751527.jpg

14時50分、スーパーブルーの登場。
a0181059_19414661.jpg

しかし、全開はしなかった。飛んで新たな場所にとまっても半分だけだった。4コマ目は、飛び立つ前の一瞬。
a0181059_1942423.jpg

太陽も低くなり、そろそろ活動の終わりの時間だった。
a0181059_19421811.jpg

セイタカアワダチソウで吸蜜しているわけではなく、ただとまって日を浴びているだけのようだった。
a0181059_19422850.jpg

こちらのアングルのほうがいい。
a0181059_19424959.jpg

お誘いのメールがなかったら、ウルトラブルーに遭遇できませんでした。楽しいヤマトシジミ探しでしたね。Favoniusさん、ありがとうございました。

   

by otto-N | 2016-11-30 20:08 | Comments(0)

2016.11.22 千葉県・江戸川河川敷 ウルトラブルー(1)   2016.11.27 (記) 

2016.11.22
課題だったヤマトシジミの青♀のスーパーブルーの日陰での撮影ができ、もう江戸川河川敷に出向くこともなかろうと思っていたけれど、朝、誘いのメールが入り、また出かける。他の場所にはヤマトシジミが少ないことが判ったので、いつもの場所を行ったり来たりし、靑♀を探す。

オスは飛び古びたものばかりになってしまったが、見つかるメスはどれも新鮮だ。個体差が多いので、見つけるたびに後を追う。
a0181059_18345549.jpg

逆さにとまったこの個体。春のツバメシジミを彷彿とさせる。
a0181059_1835555.jpg

靑い面積は広くはないけれど、みんな綺麗だ。
a0181059_1838382.jpg

おそらく、上の3コマ目と同じ個体。青鱗粉を散りばめた翅がきりりと締まった。
a0181059_18351639.jpg

こんな中で、ずいぶん青いというか、オスのような白い個体が飛んできた。ウルトラブルー。スーパーブルーより、青面積が広く、鱗粉の色も靑ではなく空色。まるで夏のオス。昨年、最初見た時はメスとは信じられないかった。
a0181059_18352727.jpg


(ウルトラブルー(2)に続きます)



   

by otto-N | 2016-11-27 20:08 | Comments(2)

2016.11.18 千葉県・江戸川河川敷 スーパーブルー   2016.11.25 (記)

2016.11.18
前日、課題の新鮮なスーパーブルーを撮影できたけれど、あれだけシャッターを切ったのによく見たら、肝心なシーンでは、ピントに納得のいかない画像が多かった。1日で、こんなに青♀が出てきたことはなく、今後はもう2度とないかもしれない。あのポイントでは青♀が今が旬。と、いうわけで連続の出撃。自営業のFavoniusさんも、仕事の都合をつけて来るという。

前日より1時間も早く着いたというのに、ヤマトシジミの数が少ない。晴れているのに気温が低いせいか。土手の叢に入ってみると、夜露で足元が濡れてしまう。都心では夜露がおりることは決してないのに、やはり郊外は夜の気温が低いようだ。Favoniusさんと青♀を探すが、パッとしない。最初の3個体。2コマ目のものは青鱗粉が分散しとても少ないが、よく見るとそれなりにいい感じだった。3コマ目は、少し摺れた黒♀。
a0181059_15355953.jpg

翅脈だけが浮き出て、青鱗がそこそこ載っているが、地味な個体。光の加減かと思うが、背景だけは申し分なかった。
a0181059_15482324.jpg

小さいが青♀。とまってはすぐ翅を拡げたが、毎回、同じようなアングルでしか撮れなかった。
a0181059_19315513.jpg


オスもあまり飛んでおらず、前日が嘘のよう。気温が低いせいか。そんな中でアカツメクサでくるくると回りながら吸蜜しているメスに遭遇。縁毛に小さな欠けがあり、この個体は先ほどと同じようだ。
a0181059_1544820.jpg

光の加減で一瞬、キラッと輝く。
a0181059_15455329.jpg

黒♀。少しだけ青鱗粉を全体に撒き散らしているが、ほとんど真っ黒。ここまで新鮮だと、とてもきれいだ。この時期の黒♀は、夏のように茶色くない。
a0181059_17122290.jpg

ヤマトがあまりにもいないので、離れた場所まで探しにいくが、いいポイントは見つからず、元の場所で探すこととした。新鮮なオスの飛翔を撮ったりしながら、メスを探すが新しい個体は見つからず、帰ろうと思った14時40分。スーパーブルーが現れた。
a0181059_9205161.jpg


もう少し左に寄り、右の翅の縁毛まで撮る。羽化直なのかとても新鮮。普通の青♀よりも、青鱗の粒が小さく、色も薄い。藍ではなく、青。
a0181059_920294.jpg

飛ばれたので慎重に後を追う。飛んでいる時の色はオスに近いが、飛び方はメス。とまったので、開くまで待つ。一度開いたら、次も開くことが多い。逆に、開かない個体は、とまる場所が変わってもなかなか開かない。
a0181059_1601958.jpg

このアングルのほうが可愛らしい。
a0181059_9245489.jpg

また、飛ばれる。しかし、今度はいい位置だった。横顔を撮っておく。もう夕方?光がずいぶん黄色い。
a0181059_15593782.jpg

半開翅。左から右から、何枚撮ったことだろう。数打ちゃピントも合うだろうと思って撮るのだが、そうはいかない。生き残った画像は僅か。このアングル、なぜピントが合わないのだろう?
a0181059_1603096.jpg

翅を開き始めた。寄り過ぎたが下がれなかった。
a0181059_14234121.jpg

右の翅が半透けで、最高の全開翅。
a0181059_9231176.jpg


少し引いて、ちょっとだけ下から撮ったら、4翅縁までピントが合っていたが、逆光の表現が難しい。
a0181059_1758163.jpg

この後は、光が薄く気温が下ってきたせいか、翅を開くことはなかった。それにしても、2日続けてのスーパーブルー、この全開は格別だった。


    

by otto-N | 2016-11-25 15:17 | Comments(0)

2016.11.17 千葉県・江戸川河川敷 スーパーブルー   2016.11.23 (記)

2016.11.17
江戸川の千葉県側の河川敷にヤマトシジミを探しに行く。ATPファイナルの錦織・ワウリンカ戦を見ていたので、朝早くに起きることができず、ポイントに到着したのは10時半。先に来ていたFavoniusさんは、セイダカワワダチソウの前に座り込んでカシャカシャやっていた。思ったより気温が高く、ヤマトの出が早かったらしい。とりあえず、こちらは青♀探し。

最初の個体はすぐ見つかった。
a0181059_1648126.jpg

日陰にしても撮ってみた。
a0181059_16463746.jpg

かなり青いと思ったら、早くも2頭目でスーパーブルーの登場。
a0181059_16493544.jpg

数年前、ヤマト青♀のうち、ただ青いだけではなく、①前翅の黒縁が平行でなく、後ろほど狭く、かつ、②前縁に靑鱗粉が載っているものを、個人的にスーパーブルーと定義した。(もっと青面積が広く、オスと見まがうばかりの個体もおり、これはウルトラブルーと名づけている)
a0181059_1649532.jpg

スーパーブルーも、日向より日陰のほうがブルーがきれいだ。というより、日向で撮ってもブルーはそれほど目立たない。
a0181059_16492450.jpg

日陰だと、背後の緑が薄暗くはなってしまうけれど、青鱗粉の粒立ちまで捉えると、異常な輝き。JPEGで十分だ。
a0181059_16521431.jpg

3頭目。かなり青かった。青いと前翅中室が輝く。
a0181059_1720513.jpg

黒縁は太くても、鱗粉の青さが違うようだ。あまり静止を撮らないFavoniusさんは、ファインダーで覗きながら、こんなに青♀はきれいだったけ?と言いながら、飛翔はそっちのけで、メスを探し回る。
a0181059_17201948.jpg

オスの飛翔を時々撮りながら、メスを探し続ける。4頭目と5頭目、似ているが、ちょっとだけ違う。
a0181059_17281951.jpg

撮った順に、6頭目。青面積は狭いが、ブルーが明るい。すぐに飛ばれ、かなり追いかけた。
a0181059_17321767.jpg

土手の上。刈られた草の隙間から撮影。
a0181059_20592954.jpg

もう少しいい背景で撮りたかったけれど、7個体目は青面積は普通。狭くても、明るいブルーだと、とてもきれい。
a0181059_1864160.jpg

そして、8個体目は再びスーパーブルー。最初はカタバミで吸蜜していた。
a0181059_19221697.jpg

「前縁にも青鱗粉」という条件に少し足りないけれど、よく見れば載っている。
a0181059_19231666.jpg

この個体は日向(左)でもブルーがきれいだった。これ以上は開かず。
a0181059_2063234.jpg

上からのアングル(日向)。日陰にしても撮りたかったが・・・
a0181059_2064370.jpg

気配を察して、別な場所に飛び移る。
a0181059_19292560.jpg

ヤマトシジミとは信じれないほどのブルー。
a0181059_19293934.jpg

やっと大きく開いてくれた。
a0181059_19295197.jpg

左のエッジを撮りたくて、右に移動。10枚以上撮って、足場が悪くやっと1枚。
a0181059_1930129.jpg

がさっとやってしまい、飛び移ったところで開翅。スーパーブルーのラストショット。
a0181059_19301247.jpg

その後に現れた3個体。2コマ目、このアングルはどうしてもピンぼけになってしまうのはなぜだろう。
a0181059_20344838.jpg

14時30分、ヤマトは草の穂先で眠りの体制につくものがでてきた。オスは横からの日を全開で浴びるが、せっかく見つけたメスは翅を開かず、撮影は終了。
a0181059_9112920.jpg

    

by otto-N | 2016-11-23 18:14 | Comments(4)

2015.11.18 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2015.11.28 (記)

2015.11.18
連日、ヤマトシジミ。ところが、擦れたオスしかいないし、メスも飛んでこない。キチョウが舞っていたので、100ミリマクロのAFをMFに切り替え、飛翔を狙ってみる。遠かったけれど、ピントが合っていたものが1枚撮れていた。
a0181059_12532520.jpg

飛び方が遅いのでなんとかなるはずと思ってもう少しやってみたが、なかなかそうはいかなかった。狙いは積もった枯葉の上を舞うキチョウだったのだが。
a0181059_1253081.jpg

アベリアには、アカタテハとキタテハが来た。その下にヤマトシジミ。
a0181059_12591141.jpg

メスが1頭現れ、突然、3頭のオスがメスを追かけ始めた。あわててMFに切り替え連写する。4頭ともフレームに収まっていたのが2枚。大きくトリミング。少し遠いとそれなりの被写界深度が得られるようだ。(クリックして拡大してください)
a0181059_131443.jpg

今日はこれまでかと思っていたところ、青いメスが飛んできて、ピンクのカタバミで吸蜜を始めた。なんと、前日のウルトラブルー。かなりあわてたのでピンボケ連発でいいところは撮れず。
a0181059_1310435.jpg

すぐに飛び去り、地面にとまり開翅。また、飛んで開翅すること3回。上からの光の反射の具合か、露出条件の微妙な違いか、撮ったカットによって、ブルーの色調が変化する。
a0181059_13131933.jpg

擦れてなければ最高だった。残念。
a0181059_13134438.jpg

この後、先ほどのピンクのカタバミの隣の低い方の花で吸蜜を始めた。太陽の方向に翅を開き、くるくる回る。
a0181059_1374191.jpg

結局、同じような写真ばかりになってしまったが、ピンクの花が一番大きく写っていたこれが1番のいいかな。なによりも、左前翅のかすれが目立たない。
a0181059_1314914.jpg


by otto-N | 2015-11-28 20:28 | Comments(0)

2015.11.17 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2015.11.26 (記)

2015.11.17
近くでヤマトシジミを見に行く。カタバミは少ないけれど、そこそこ、日だまりを中心に飛び回っている。オスのほとんどはスレているが、メスは新鮮なものがふらっと飛んで来ては、日光浴をし産卵場所を探す。
a0181059_14415024.jpg
a0181059_1442116.jpg
a0181059_1442124.jpg

普通の青メスだけれど、枯葉の上だと様になる。
a0181059_14425444.jpg

こんな晴れの中でも、いい感じに撮れた。
a0181059_14431642.jpg

これがこの日の問題児。異様に鱗粉が青を通り越し、空色。飛んでいるときはキラキラと輝いていた。撮れたのはこのカットだけ、すぐ飛び去ってしまった。スレているけれど、これほどまでのものは非常に稀。まるで別種のようだった。黒縁が少し太いけれど、色からはウルトラブルーでいいだろう。
a0181059_1442353.jpg

青く大きいメスが飛んできて産卵場所を探す。一度、オスに絡まれ飛び去ったが、戻ってきて、園芸種のピンクのカタバミで吸蜜を始めた。近くには吸蜜源が少ない。
a0181059_14433935.jpg

蜜までが遠いのか、翅を拡げながら潜り込む。この翅の形、いい感じ。
a0181059_1551340.jpg

隣の花に移って吸蜜。翅を大きく入れたら、背景がうるさくなってしまった。
a0181059_211529.jpg

結局、最初に撮ったこのカットが背景がほどよく抜けてくれた。動き回るので思ったようには撮れなかった。
a0181059_1444989.jpg


by otto-N | 2015-11-26 20:48 | Comments(0)