たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ミドリヒョウモン ( 20 ) タグの人気記事


2018.7.25 - 8.5 北海道旅行 (3)帯広・六花の森 Ⅰ   2018.8.9 (記)

2018.7.28
襟裳から帯広に向かう海岸沿いの道は莫大な工事費がかかったため「黄金道路」と呼ばれたが、狭かった道もほとんどトンネル化されており「プラチナ道路」と呼んでもいいくらいの豪華さだった。途中の広尾町はウニの産地であることを思い出し店を探したのだが、ここの雲丹はこの時期は禁漁期間。小樽付近では今が旬なので意外だった。空腹状態で帯広近郊の中札内にある「六花の森」を目指す。六花の森は、帯広の菓子メーカー「六花亭」の経営する庭園。数年前に訪れた時は暑くてゆっくりできなかったので再訪することとした。レストランがあると思ったが喫茶店しかなく、サンドイッチで一息入れる。入場料はかかるが、JAF割引あり。

あいにくの曇り空。園内に植えられた花は園芸種はなく野生種ばかりのようだ。入ったとたん、ミドリヒョウモンのメス。
a0181059_22502146.jpg



少し暗いが、いい雰囲気だった。
a0181059_14230774.jpg


その先には、トラノオの群生地がありヒョウモンが集まっていた。毛が(正しくは性標が)4本のミドリ、3本のオオウラギンスジ、2本のウラギンスジといったところ。
a0181059_14244634.jpg


ウラギンスジのほうが多い感じだったが、思ったより敏感であまり寄れなかった。トラノオがとてもいい。
a0181059_14280507.jpg


その先にとても広大な広場があり、その向こうにはクガイソウも咲き乱れていた。(2コマ目は他の画像からオオウラギンスジ)
a0181059_14351388.jpg



やはり、ミドリヒョウモンの♀に目がいってしまう。曇って気温が低いせいか、翅を閉じることはなかった。閉翅撮影では曇っているほうが翅脈の影がでなくていいのだが。

a0181059_14293038.jpg




ヒョウモンに混じってクジャクチョウも多い。晴れていれば翅を閉じることが多いが開きっぱなしだった。また、ハマナシにも吸蜜していたが、花が深いので翅は半分しか開けなかった。

a0181059_14331685.jpg
a0181059_14333521.jpg



コキマダラセセリか。
a0181059_14393225.jpg



ゴマシジミも飛び回っているが一向にとまる気配はなかった。北海道ではナガボノシロワレモコウが食草。この花でアカマダラが吸蜜していた。
a0181059_14422598.jpg



ゴマシジミを目で追っていると、やっとクサフジにとまった。でも、当然ながら翅は開かない。長野県のものより小振りだと思う。
a0181059_14434787.jpg


(六花の森Ⅱに続きます)



by otto-N | 2018-08-09 18:27 | Comments(0)

2018.7.17 -19 新潟県・火打山 (1)笹ヶ峰   2018.7.20 (記)

2018.7.17-19
登る計画を立ていたが、いつも天気が悪く延び延びになっていた新潟県にある妙高・火打山(標高2461m)に登る。往復8~10時間かかりそうなので、17日は登山口のある笹ヶ峰に前泊し、18日に登山。その日は赤倉温泉に泊まることとした。

2018.7.17
笹ヶ峰と言う名前はどこかで聞いたことがあると思ったら、ミョウコウシジミの棲息地。10年以上前のポイントしかわからず、すでにこのポイントにはいない可能性大とのことだが、とにかく現場を見るのもわるくない。昼すぎに笹ヶ峰の麓に着いたので、とりあえず、日本の滝百選に選ばれた「苗名滝」を観光する。駐車場から徒歩10分ほど。落差55mの素晴らしい水量。柱状節理の玄武岩から流れ落ちる。
a0181059_13245227.jpg


コムラサキがあちこちにいたが、敏感で表を撮ることはできず。ブルーが美しいヤマアジサイ、道端のエビラフジ。
a0181059_13280776.jpg


スキー場脇の狭いワインディングロードを登りつめた所が笹ヶ峰だった。広大な笹ヶ峰牧場の一角にある笹ヶ峰グリーンハウスに宿泊。チェックインを済ませた後、ミョウコウが昔いたという斜面に行くと、まるで植生が変わっているらしく、身の丈2mの植物や灌木で覆われていた。ボロボロのヒメシジミが少しいるだけ。エビラフジをやっと2株見つけただけだった。標高1300mとはいっても、とにかく日向は暑いし一人ではないし時期的にも今年は終わっているはずなので、いったんグリーンハウスに戻ってから、18-135ミリだけを持って、つれあいと散策路を歩くことにする。
a0181059_13383646.jpg


笹ヶ峰牧場は日本にある牧場とは思われなかった。全部牧草地にしないで、ブナとハルニレの大木を残してある。まるで公園のようだった。牛はどういうわけか数頭見ただけ。
a0181059_13432543.jpg


牧場のはずれにはブナとミズナラの森があり、林縁にはヒョウモンが舞っていた。ミドリヒョウモンとウラギンヒョウモンが多い。探し物のミドリヒョウモン♀。せわしなく動きまわるので撮り難い。顔だけ日が当たったのが惜しかった。
a0181059_15593116.jpg


ミドリヒョウモン♂。日の当たらない場所でのヒョウモン色はなかなかいい。
a0181059_13562080.jpg


メスグロヒョウモン♂も混じっていた。ウラギンは開翅を撮れず。ボロのカラスアゲハ♀。待っていると次々やって来る。ナミ(or コ)ヒョウモンもいたけれど撮れず。
a0181059_13573263.jpg


ヒョウモン類は、北海道育ちだったのでそれほど撮る気になれなかった。特に数の多いミドリヒョウモン♂は。でも、裏はなかなか奇麗です。
a0181059_14023765.jpg



花はあまり種類がなかった。クルマユリ、シモツケ、ヤマオダマキ。  、
a0181059_14093857.jpg


小川の横に咲いていた小さな花。暗い上、足場が悪く、きちんと撮ることができなかった。シキンカラマツという名を後で知る。
a0181059_14105409.jpg



宿へ戻り廊下の窓からの景色。
a0181059_14153510.jpg


夕食後、しばらくすると空が赤くなり始めた。
a0181059_14180383.jpg


ハルニレの梢の向こうに三日月。
a0181059_14191567.jpg


焼山(2400m)と赤く染まる飛行機雲。
a0181059_14200871.jpg


(日打山(2)に続きます)




by otto-N | 2018-07-20 16:54 | Comments(0)

2017.9.20 東京・恵比寿 ミドリヒョウモン   2017.9.26 (記)

2017.9.20
曇り空。最初にヤマトシジミを見に行くとピカピカの夏姿の♂。これで最後かもしれないと大事に撮る。
a0181059_17012796.jpg


LEDライトを点けての飛翔撮影。背景が暗いけれど闇夜のカラスまでにはならず、これまでのものより効果がありそう。
a0181059_17533844.jpg


サッポロビール本社前。アオスジアゲハに混じりアゲハチョウ。撮り飽きたきらいはあるけれど、こうピカピカだと撮らずにはいられない。
a0181059_17033679.jpg


そこへ突然ミドリヒョウモン。さっそく、臨戦態勢。ブッドレアが好みのようで、なかなか上には出て来ない。
a0181059_17081984.jpg

そのうち、バーベナにも吸蜜し始めたが、花壇の中に入るわけにはいかずあまり近づけない。
a0181059_17110872.jpg

頭が下が一番好きな構図。ピンクが少し煩いが、なかなか抜けたところにはとまらなかった。
a0181059_17113291.jpg


一番近かったが、下の花は枯れており、そこを外して撮るが構図的にきつかった。
a0181059_17131972.jpg



目の高さではヒョウモンは翅が中途半端に透けて撮りにくい。色の厚みが出ないのだ。ここから1kmほどの自然教育園では、ミドリヒョウモンとオオウラギンスジヒョウモンは夏の始まりに現れ、一度姿を消してから、この時期に再出現する。ミドリヒョウモンに至っては産卵シーンも見たことがあり、幼虫は都心で越冬するのだろうか。成虫は都心で夏眠するとは思われず、夏場は郊外の山に飛び秋に戻って来るのだろうと思うけれど、明らかにはなっていないようだ。
a0181059_17134466.jpg


ミドリヒョウモンが行ってしまった後は、イチモンジセセリと遊ぶ。
a0181059_17142761.jpg
a0181059_17144163.jpg


21ミリで飛翔を撮る。ISOオート、F3.5で1/4000。焦点距離約25cm。ピントが合わねばLEDの効果もわからない。2コマ目ときたら、後翅の縁は合っているのに頭には合っていない。この絞りだと、±1cmはちょっとキツイのかもしれない。
a0181059_17540690.jpg


さきほどから近くを飛んでいた色が褪せスレスレのアゲハチョウ♀。寄って撮ったら夏の終わりの雰囲気が出た。
a0181059_17150764.jpg



by otto-N | 2017-09-26 16:32 | Comments(0)

2017.8.26-30 北アルプス・裏銀座 (6) 小池新道   2017.9.17 (記)

2017.8.29 (続き)
12時20分、鏡池を新穂高温泉に向かっており始める。登山道の脇に咲いていた花。昨年は見なかった5コマ目はジャコウソウと思うが6コマ目は判らなかった。
a0181059_16322792.jpg


もう少しでシシウドが原という急斜面で数頭のベニヒカゲが舞っていた。登山道にはとまるが緑にはとまらない。
a0181059_16411063.jpg


何箇所か水の流れる沢を横切ったけれど、上流にはまだ雪が残っており昨年より圧倒的に水量が多い。かなり下った頃、まだ新鮮なヨツバヒヨドリが現れ始めた。先頭を妻と入れ替わりチョウを探しながら下る。案の定、お馴染みのチョウが吸蜜していた。
a0181059_16461474.jpg


数は少なかったが、ガレ場の脇にまだこんなに新鮮なヒメシジミがいた。
a0181059_16475090.jpg


♂と♀。♂の左後翅に小さな欠けがあったのは残念。
a0181059_16493502.jpg


ヨツバヒヨドリがある所にはミドリヒョウモンが飛んでいるが、♂はムリしてまでも撮る気はしなかった。探していたのは♀。やっと見つけた。怪しい後翅の色はそそられる。ただ、目と同じ高さで、寄らないと撮れない位置だったので苦しかった。日の丸構図で撮るがトリミングに迷いに迷ったあげくこんなに大きくなってしまった。
a0181059_19292736.jpg


それに、なぜか連写モードではなく単発撮りになっていた。翅を開閉するところを狙うものの、翅裏を撮れたのは2枚だけ。その1枚を縦にトリミングしてみた。(やはりデカすぎる)
a0181059_17022754.jpg


近すぎて翅が寝ているところばかりが写る。V字開翅、苦肉のトリミング。
a0181059_19300356.jpg


サカハチチョウ。この時期でもこんなに綺麗とは。
a0181059_17413984.jpg


林道に出る直前、ヤマハハコにヒメシジミ♀。
a0181059_17041425.jpg


幅広い林道に出るとアサマイチモンジ。ヒメキマダラヒカゲは夕方に訪花することが多い。
a0181059_17092004.jpg


ツリガネニンジン系(ソバナ?)の7.5個の蕾たち。
a0181059_17322856.jpg


15時30分、わさび平小屋到着。ビールとカレーライスと冷やしトマトで大休憩。残りは平らな道をとぼとぼと1時間歩くだけ。
a0181059_17145545.jpg


登山口に着いたとき、ちょうど17時のサイレンが鳴った。宿に電話し迎えに来てもらう。宿は昨年と同じ奥飛騨温泉郷中尾にある民宿「たきざわ」。料理がとてもいい。



2017.8.30
近くを散歩もせず、バスを乗り継ぎ松本からあずさに乗り早めに帰京した。平湯のバスターミナルでは晴れていたけれど、安房トンネルを抜けた上高地側は曇り。山一つでずいぶん天気が違う。今回の山歩きでは、同室になった方々が楽しく、山小屋にも慣れることができたけれど、困ったのは昼食。山小屋の弁当はほとんどの場合、高いだけで美味しくないので2人で1個だけにし行動食で補填していたが弁当を完食できず苦労した。後から出る包装ゴミのことも考慮していないし。途中の山小屋で食事できるのならムリに弁当を頼む必要はなく行動食を充実させるべきと悟った。朝食もご飯を一杯食べるのがやっと。梅干しとふりかけが必需品。水晶小屋で食べたカップラーメンがいちばんうまかった。ともあれ、1時間で2組ほどしか出会わない山中を3日間てくてく歩き、無事帰ることができほっとした次第です。




by otto-N | 2017-09-17 14:30 | Comments(2)

2015.9.28 東京・恵比寿Sビール本社前 ツマグロヒョウモン   2015.10.9 (記)

2015.9.28
単焦点の300ミリは、超音波モーターが不調で全治3週間。100ミリにテレコンをつけての散策。すっかり彼岸花は枯れ、ブッドレアにミドリヒョウモンが来ていた。メスはボロボロだった。
a0181059_14495978.jpg

ピカピカだったのはツマグロヒョウモン。
a0181059_14501060.jpg

このところ、ツマグロヒョウモンがいても撮ることがほとんどなくなった。メスはそれなりに綺麗なのだが、表はさんざん撮り飽きた。ならば裏翅かと、翅の開閉に合わせて数枚撮る。
a0181059_1452457.jpg

どうやら、裏の前翅のピンクがアクセントになっているようだ。
a0181059_14521940.jpg

途中でオスに絡まれたが悠然としたもの。
a0181059_1453184.jpg

表からは、基部にピンクが透けるが、あまり奇麗には写らない。
a0181059_14535150.jpg

ブッドレアが淋しいが、このアングルがよさそうだった。
a0181059_1454938.jpg

小さな花のヒマワリが咲き始め、キタテハが吸蜜に来ていた。
a0181059_20475170.jpg

シャトーレストラン前の広場には、ときどき、臨時の花壇が設けられる。秋は、ススキ、コスモスその他。そこへ、ツマグロヒョウモンのメス。昨年は、その飛翔を追いかけていた。今回は静止に専念した。
a0181059_2043174.jpg

なかなか順光から撮ることができず、ほとんど逆光からしか撮れなかった。
a0181059_14544960.jpg

白い花ばかりで吸密していた。開きすぎず、閉じすぎず、微妙な位置でシャッターを切るのはけっこうむずかしい。
a0181059_2043334.jpg

順光での1枚。
a0181059_20435277.jpg


by otto-N | 2015-10-09 20:22 | Comments(0)

2015.9.19 東京・恵比寿Sビール本社前 ミドリヒョウモン   2015.10.1 (記)

2015.9.19
広角だけを持って、近くを散歩。Sビール本社前、ブッドレアにチョウが来ていた。この花はあまり好きではないが、チョウの集客力は抜群。

アオスジアゲハはブッドレアにあまり来ないようだが、この少し痛んだ個体は去ってもまた来た。どういうわけか、2~3コマ目とも、眼はこちらを見ている。考えすぎか・・・。
a0181059_1765614.jpg

彼岸花がところどころに咲いていて、アゲハが来ていた。実は彼岸花もあまり好きではない。
a0181059_17112592.jpg

いつもこのブッドレアにはツマグロヒョウモンが必ずいる。背景には、東京ミッドタウンと六本木ヒルズが入っているのだが、ボケすぎて判らない。ヒルズは煉瓦の門柱の装飾と一部が重なっているし。
a0181059_1774230.jpg

そこへやって来たのはミドリヒョウモンのオス。慣れない広角での静止を撮影。飛翔設定だったので、真っ暗。色の補正がうまくいかなかった。ミドリヒョウモンは都心にもいるけれど、数はとても少ないのです。
a0181059_1775675.jpg


天気がいいと、(悪くても)、閉じこもっているのは何なので、カメラをもって近くを散歩する。チョウのいる場所は限られるし、いつも同じ種類ばかり。それでも、なんかかんか撮影できる。写真は溜まる一方。普通種ばかりなので、見てもおもしろくはないとは思いますが、そんなときはスルーしてください。いつもでしょうけれど。


P.S.
本日、10月1日はピンクリボンの日。先ほどまで、雨で全く見えなかった東京タワーが姿を現しました。
a0181059_1924208.jpg

東京タワーの前に高層ビルを建設中、この眺めもこれまでかもしれません。20年前は、根本まですっかり見えたのですが・・・。
a0181059_9365433.jpg


by otto-N | 2015-10-01 20:40 | Comments(0)

2015.9.13-16 長野県・上高地(4) アサギマダラ   2015.9.29 (記)  

2015.9.15
無事に涸沢小屋に着き、、ヘルメットを返し、ビールで乾杯。その後、しばらく穂高の山々を見上げていたが、12時10分、徳沢に向けて出発。最後のパノラマ合成用の写真を撮っておく。
a0181059_15582312.jpg

ナナカマドの実。
a0181059_14462741.jpg

これで、穂高岳山荘の見納め。たぶん、もう来ることはないだろう。それにしても、ここから見る涸沢槍はカッコいい。
a0181059_14501589.jpg

南岳の下の沢、横尾本谷というらしい。とにかく絶景。
a0181059_14464490.jpg

登山道を下りながら、撮れるものを撮る。スジグロシロチョウ、アキノキリンソウ、オオカメノキの実、ヤハズカミキリ。
a0181059_14465911.jpg

木の実をつついていたホシガラス、センジュガンピ、ヤマハハコ、何の実だろう?
a0181059_14471247.jpg

一番撮ったコウシンヤマハッカ、ヤマハッカの類、食べられれそうもないキノコ。
a0181059_14473099.jpg

本谷橋でアサギマダラを見るも撮れず。チョウがいたのは、横尾に出る前の河原だった。ノコンギクが咲いており、アサギマダラが吸蜜していた。1頭を追いかけていると、なあーんだ、たくさんいた。でも、とても敏感だし、18-135ミリのテレ端だと100ミリマクロと同じくらいの距離。とまった直後しか翅を開かないので、前開くはなかなか撮れなかった。ノコンギクより、フジバカマのほうが人気があった。ヤマハハコでの開翅は撮りたかったのだが、間に合わず。
a0181059_15152393.jpg

全面ノコンギク。でも、かなりのトリミング。
a0181059_1635523.jpg

これも、右を大きくカット。
a0181059_1662314.jpg

この河原にいた他のチョウ。ミドリヒョウモン、アカタテハ、イチモンジセセリ。涸沢カールで見たコヒオドシがいるかと思ったが全く見ず。ヒョウモンはミドリ以外はいなかった。
a0181059_1448171.jpg

そして、横尾に到着。ここにはこんな看板がある。ところどころに貼ってある紙は、今年の遭難状況。あらためて無事帰還したことを感謝。
a0181059_14491524.jpg

16時10分、徳沢着。すぐビールしたことは、言うまでもない。


(上高地(5) 田代池に続きます)



P.S.
9月28日。東京のスーパームーン。広角で撮ったので月は歪んでしまった。2枚のパノラマ合成。
a0181059_19335576.jpg


by otto-N | 2015-09-29 20:42 | Comments(0)

2015.9.13-16 長野県・上高地(2) 涸沢カール   2015.9.24 (記)

2015.9.14
徳沢園の朝食は7時から。山小屋としては遅すぎるのだが、涸沢カールを登り、穂高岳山荘に着けばいいので、時間的には余裕があるので、きちんと朝食を摂る。ここの朝食はもちろんおいしい。

徳沢を出たのは午前7時30分。暗い道を抜けるとすぐ梓川沿いの道に出る。ごついアザミが咲いていた。フジアザミというらしい。
a0181059_17254370.jpg

横尾着8時30分。昨年来たばかりなので道を覚えている。すぐに巨大な一枚岩=屏風岩。
a0181059_17255849.jpg

花を探すがあまりない。ハンゴンソウ、ゴゼンタチバナの赤い実、ゴマナ。  
a0181059_17261153.jpg

至るところに咲いているコウシンヤマハッカ。暗いので何枚撮ったことか。
a0181059_17484977.jpg

屏風岩に沿って道があるのだが、木が邪魔で見える箇所は限られ、本谷橋で見納めとなる。
a0181059_17263444.jpg

本谷橋で小休止。ヒヨドリやアザミが咲いており、少しはチョウがいた。少し枯れた葉が秋を感じさせる。
a0181059_17264971.jpg

日陰の道をしばらく登ると右手に大きく開かれた谷間が見えてくる。左の手前の山は南岳(3033m)と思われるが、この谷間は絶景。しかし、登山道のダケカンバが50m以上にわたって根本から軒並み倒されていた。左の木の枝が不自然だが、横倒しになった木の枝。下山後、ビジターセンターで尋ねたら大規模な雪崩があったとのこと。2コマ目はその対岸。もう少しで全山、黄色くなるはずだ。やっと涸沢が見えてきた3コマ目。一歩一歩登る。
a0181059_17271111.jpg

涸沢が見えてくるこの辺が一番キツイ。今回は勝手を知っているので余裕があったが、見えるのに行けども行けども着かず、昨年は本当に疲れた。
a0181059_19312931.jpg

左の涸沢ヒュッテではなく、右の涸沢小屋に向かう。ナナカマドはまだ紅葉していない。葉から直接白い花が咲くオオヒョウタンボクの赤い実。クロマメノキと思ったがクロウスゴと思う。
a0181059_1727244.jpg

灌木地帯を抜けるとテン場。
a0181059_19373780.jpg

11時30分、涸沢小屋到着。テラスでゆっくり昼食。そして、ヘルメットを借りる(レスキュー保険に入っていると半額の500円)。
a0181059_19371262.jpg

それにしても。無風、雲一つない快晴。
a0181059_1131114.jpg

正午ちょうど、山頂の小屋を目指して出発。岩に書かれた目印をたよりに登る。
a0181059_17273855.jpg

少しずつ登っているのは前穂の高さから実感できる。
a0181059_19484128.jpg

斜めにだらだらと登った突き当りの縦に伸びた灌木地帯から、ザイテングラードが始まる。大きな岩をよじ登る感じだった。
a0181059_17275185.jpg

振り向けば、常念岳。
a0181059_19543389.jpg

進む先の山の形はちっとも変わらない。2コマ目、今思うとこの鎖場が一番の難所だった。えっ、まだ咲いていた大好きなイワツメクサ。
a0181059_1728974.jpg

思いきりアンダー。なかなかカッコよく撮れた。
a0181059_17291639.jpg

登って来た方を振り返る。キャンプ場のテントは豆粒。かなり上がった。
a0181059_2012099.jpg

鎖場を過ぎると、かなり楽。大きな岩が少ないが、滑るので注意。そして、午後2時、穂高岳山荘に到着。涸沢から3時間かからなかった。
a0181059_17282788.jpg

山小屋の受付を済ませてから、外でビール。この山小屋はカードが使えるし、WiFiも使える。涸沢岳と奥穂高の間に石を敷き詰め、その上に建っている。石畳のテラスから登って来た東方向を望む。
a0181059_22113377.jpg

個室を頼んであった。部屋は12畳ほどの大部屋に2人だけという贅沢。隅に布団が積んであったので、布団を拡げ昼寝、をしたのが大間違い。気がついたときは、すでに5時30分。外に出ると、奥穂のとりつき岸壁には日が下のほうから当たっていた。いつの間にか雲の上。雲海の上の太陽。そして、ブロッケン現象。
a0181059_221151100.jpg

夕食の時間になったので食堂に行く。夕食はこれまで泊まった山小屋の中で一番おいしかった。しかし、西側の窓から見えた太陽はすぐ沈みそう。急いで食べ、先ほどの場所へ戻る。間に合った。
a0181059_2212522.jpg

撮っていた場所は、山小屋の奥穂寄り。涸沢岳のほうを見ると、たくさんの人が夕日を見ていた。しまった、向こうのテント場のほうがよかった。と、あわてて移動し、沈んだ後の夕日を撮る。昼寝をしないで、山小屋の周りをうろついておくんだったと、後悔。後の祭り。なにしろ、この写真には、左の端に当然写っていてもいいはずのジャンダルムが写っていない。実は、見えるとは知らなかった。
a0181059_22122361.jpg



(上高地(3) 奥穂高岳に続きます)

by otto-N | 2015-09-24 20:24 | Comments(2)

2014.9.22 東京・中目黒 ツバメシジミ   2014.10.2 (記)

2014.9.22
所用がありこの公園の前を通りかかったら、ミドリヒョウモンらしきものがいたので、翌日、確認しに行った。2~3頭のオスが花壇の花に集まっていた。自然教育園とは数km離れた場所。これまで、ここでは一度も見たことはなかったのだが。

ミドリヒョウモンのオスにはあまり関心がないので、1枚だけ証拠写真。春にツバメシジミを撮りに来ているのだが、秋にはあまり撮ってはいない。探してみると、何頭かすぐ見つかった。3コマ目と4コマ目は別個体。同じようなアングルだけれど、光の反射の角度でずいぶん色が違う。
a0181059_12483514.jpg

4コマ目の個体はとても新鮮だった。
a0181059_12494859.jpg

頭を下に向けるお決まりのポーズだが、このポーズが一番かもしれない。
a0181059_12501197.jpg

飛ばれたときの飛翔撮影。背景がひどいのでトリミングした。2コマ目も3コマ目も超アンダー。補正してもしきれるものではなかった。上に行ったり、茂みにはいるとこうなってしまう。
a0181059_12544652.jpg

裏翅を撮るなら別に飛んでいなくてもいいわけだが、ピカピカの裏翅は綺麗だった。
a0181059_12553152.jpg


ミドリヒョウモンがこんな場所にいるとは思ってもみなかった。自然教育園で秋にだけ見るのは、夏に羽化しても全く活動せず、茂みの中でそのまま夏眠し、秋に出てくるというのが一番簡単な解釈だが、秋になって一部茂みができるこの公園で発生したとは思われない。後日、また訪れてみると1頭も見なかったし、自然教育園においても、1昨日はとても少なかった。ということから考えると、秋にミドリヒョウモンは郊外からやってくるような気がする。(タイトルと画像が一致していない変な終わり方)

by otto-N | 2014-10-02 16:20 | Comments(0)

2014.9.19 東京・白金の森 (1) ミドリヒョウモン   2014.9.28 (記)

2014.9.19
湿度が低くカラッと晴れた朝。こんな日は、ムラサキシジミが出てくるはず、ということで、久々の自然教育園に行く。ムラサキシジミがよく出てくる道端に行く前に、水生植物園という区域に寄ったところ、シロバナサクラタデが一面に咲いており、アオスジアゲハが吸蜜に群がっていた。この花の背景は大好きで、最初はアオスジアゲハを撮っていた。ところが、ミドリヒョウモンがやってきた。それも、メスだけではなく、オスも。ここでオスを見るのは初めてのような気がする。(→自分のブログを調べたら昨年もオスはいました)。複数頭のオスがいたが、イケ面を追いかけた。
a0181059_20294533.jpg

夏には、ミドリヒョウモンのオスもメスもここで見たことがない。秋にここにやってくるのかだろうか?単に夏に見逃していただけなのだろうか?
a0181059_20295631.jpg

そして、大好きなメス。実は、ヒョウモンの中で一番好きなのは、ミドリヒョウモンのメスなのだ。ミドリのオスはどうでもいい。メスも複数頭が飛び回っていた。1コマ目は一番大破していたメス。これでも飛べる。一応、綺麗どころを選んでの撮影。
a0181059_20301860.jpg

このカットは、実に残念だった。下に余分な求愛中のオスが写っていたので、大きくトリミングした。
a0181059_203053100.jpg

上のカットの次のカット。もちろんオスは振られたが、迫り方はなかなかだった。
a0181059_20303087.jpg

腐っても鯛、ボロでもミドリ。淫靡でゴージャス。後表翅の暗い緑の地色が妖しい雰囲気を醸し出す。
a0181059_2031938.jpg

ミドリヒョウモンかと思ったら、オオウラギンスジヒョウモン。最初は遠かったが、近くにやって来た。場所は異なるが同じようなアングル。ロープで仕切られているので、撮影箇所は限られる。
a0181059_20312823.jpg

オオウラギンスジヒョウモンは、6月にも現れる。ただ、6月にはオスしか見たことがない。9月に現れるのは決まってメスだけ。産卵行動も観察しているので、6月の出現は理解できる。でもメスは?
a0181059_2031458.jpg


これだけのミドリヒョウモンをこの場所で見たことはなかった。毎年、2~3頭だけだった。ここで生まれここで夏眠したのか、秋になって遠くからやって来るのか、よくわからない。夏には一度も見たことがないのだから、ほんとうに不思議だ。オオウラギンスジヒョウモンは夏はオスだけ、秋はメスだけ。東京郊外ならわかるけれど、ここは陸の孤島だ。3日後、ここから3kmくらい離れた中目黒公園という所で、ミドリヒョウモンのオスを複数見た。この公園では一度も見たことはないので、秋に郊外から飛んで来る可能性のほうが高そうだ。とにかく、今年は異常だ。

by otto-N | 2014-09-28 18:10 | Comments(2)