たかがヤマト、されどヤマト

タグ:モンキチョウ ( 29 ) タグの人気記事


2018.3.15 千葉県・江戸川河川敷 (1)モンキチョウ   2018.3.20 (記)

2018.3.15
スキーから帰った翌日、足腰の痛みはないのでモンキチョウを撮りに江戸川の河川敷に行く。2月28日にも行ったけれど南風が強くさんざんだった。この日はカラッと晴れてはいなかったが、その分、翅の色が白とびしないはずだ。最初に撮影できたのは♀。
a0181059_08570499.jpg


ゆっくり飛んでいたので撮りやすかった。
a0181059_08583988.jpg


問題は自分の陰。陰に入らぬように追いかける。
a0181059_09535715.jpg


いつものポイントにやって来たものの急に南風が強くなってきた。そして時おり薄雲が拡がり、その度にモンキチョウは姿を消す。日が射すたびに現れるので、走り寄って追いかけるが風で流されるチョウに射程がうまく入らない。時々、♀♂が絡むがすぐバラけてしまう。やっと撮れ、構図も狙ったとおりに撮れたけれど、両方は入らず片方だけだった。
a0181059_09045440.jpg


悩んだあげく、21ミリではなく15ミリを使うことにした。15ミリだともっと近づかなくてはいかないが、置きピン40cmのままでもピンが合えばトリミングはできる。でも、やはりダメ。探雌飛翔の♂を追いかけるが、やはりチョウが小さすぎた。ピントも合っていないのでトリミング不能。
a0181059_09140476.jpg



チョウは風にあおられる。防護ネットが風で膨らむ。
a0181059_09162520.jpg


15ミリでも撮れないものは撮れない。21ミリに戻す。土手の上の遊歩道は比較的風が弱い。時々飛んで来る♂を待ち構える。背景のグリーンを明るくしたいところだけれど、それでは黄色がとんでしまう。
a0181059_09192431.jpg


上の次のコマ。もっとコマ数が撮れるとよいのだが、秒8.3コマだとこれが限界。
a0181059_09193166.jpg


再び土手斜面。草丈が低いので走りやすいが、斜度は20度くらい。風に飛ばされるチョウを息が切れるまで追いかけ、追いついても逃げられっ放し、だんだん休む時間のほうが長くなってきた。全然、フレームに入らないし、入っても近づけずピンボケの量産。14時、風が止みそうもないし雲も拡がってきたので、モンキチョウを諦めた。
a0181059_09541441.jpg

(江戸川河川敷(2)に続きます)




by otto-N | 2018-03-20 10:47 | Comments(0)

2018.2.28 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ    2018.3.4 (記)

2018.2.28
今年は寒いのにどういうわけかモンキチョウの発生が早いようだ。寒い日ばかりではなく異常に暖かい日もあるので突然羽化したということか。例年、3月に入ってから発生する江戸川河川敷の千葉県側でも2月の中旬には発生したとのこと。さあ、はばたき道場の初稽古に行ってみるか。

と、勇んで現地に着いてみたものの、モンキチョウが舞う広大な土手は工事中で立ち入り禁止。フエンスに囲まれた中は、草がきれいに刈りとられ、工事車両用の太い道路が左右から作られていた。モンキも飛んでおらず、草ごと持っていかれたらしい。(画像はすべて、クリックすると大きくなります。東京スカイツリーもわかります)
a0181059_09222120.jpg


ここを諦め、昨年もいいのが撮れずに終わった別ポイントに行くが全くモンキの姿が見えなかった。撮りたい背景があってのモンキチョウ。来るまで待とうモンキチョウと、枯草の斜面に腰をおろし早めのお昼にする。そこへ、電話。姿が見えないので来ていないかと思ったら、土手向こうの畑の脇で撮影しているという。行ってみるとすぐにモンキが現れた。ネギ畑横の急斜面の下を飛んでいる。追いかけるが速くて追いつかない。気温が高すぎるのだ。♀を探して飛び回っているメインの場所は道路ではなくて、斜度40度、高さ5~6mの斜面の中腹。追いかけるにはかなり危険。でも、追いかけた。
a0181059_09415137.jpg


この斜面ははっきり言って枯草が醜い。けれど、そんな贅沢は言ってられない。モンキには後少しというところで反旗を翻されているばかりだったので、21ミリの距離目盛りは40cm。少し遠いのでチョウが小さくなるがこれ以上近づけないのでしかたがない。したがって、画像は1段階のトリミング(80%)。露出は、F3.5~4.0、1/4000、ISOオート。ぼやーっと写る背景が好きです。
a0181059_09421772.jpg


少し日が翳るだけで飛ぶのを止める。体を横にして日光浴しているのだが、近づくとすぐに飛び出す。追いかける。反転されたがキャッチ。
a0181059_09425369.jpg


斜面の上は平らだが風が抜けるせいかはモンキは飛ばないが、南向きのこの斜面は日だまりとなっているので集まっているらしい。それにしても、この斜度でよくも追いかけたものだ。(ちょっとピンボケ)
a0181059_09431826.jpg


斜面の上方から下の道路と畑を写し込むことができた。もう少し向こうには緑の長ネギ畑があったのだが、この日一番のお気に入り。枯草とモンキの黄色はよく似合う。
a0181059_09433478.jpg



2018.3.4
日曜だけれど明日から1週間の天気が悪そうなので、下手くそテニスを止めモンキチョウを撮りに行く。気温は高かったが(20℃くらい?)江戸川の土手を吹き抜ける南風が強すぎ、モンキは全く現れない。風が弱そうな場所を探したが、結局、先日来た畑の横の急斜面しかなかった。しかし、数が少ない上、やって来てもすぐ風に流され飛び去ってしまう。撮影チャンスは数えるだけ。かろうじて、風に向かって遅く飛ぶ♂を並走して追いかけたこの3枚だけが背景は汚いけれどOKかな。置きピン距離は30cm。ノートリだとチョウはこの大きさになります。
a0181059_17274666.jpg
a0181059_17275929.jpg
a0181059_17280867.jpg


実は、1か月前にインフルエンザに罹り高熱で朝目覚めた時、左肘が痛くて全く動かせなかった。モーラステープで筋肉痛はすぐ消えたけれど、関節そのものに不具合があるようで、真っ直ぐ伸ばした時と60度以上に肘を曲げて少し捻った時に、逆腕をとられたような痛みが走る。どうやら、30年前にスキーで負った古傷が再燃したらしい。一時は、カメラも左手で構えられない状態。1か月経ち、かなり良くなったので、スキーに出かけられると思っていたが、28日に機材の入った重いザックを不用意に背負った時、かなりの衝撃が来て元の木阿弥。これでは、ストックも十分に突けないし、スキー板さえ担げない。昨日のテニスでは左手はサーブ時のトスでしか使わないのに、夕方には腕が曲がらなくなってしまった。一晩でモーラステープで痛みは引き腕も曲がるようになったけれど、今年はスキーは断念せざるを得ないことが確定しました。あーあ。



by otto-N | 2018-03-04 18:07 | Comments(2)

2017.3.10 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ(2)   2017.3.19 (記)

2017.3.10  続き
1頭の♀がゆっくりと飛んでいた。少し飛んでは叢の中に潜り込み、また少し飛ぶということを繰り返していた。近づいてみると、どうやら産卵しているようだった。
a0181059_16420359.jpg


長い距離は飛ばず、またゆっくりと飛ぶので撮りやすいと思ったのだが、なかなかどうして、思ったようには撮れなかった。2コマ目のピンははいいとしても翅の開き形が悪く、1コマ目は近くて、3コマ目は遠くてピン甘。そして、4コマ目は白とび。
a0181059_16421885.jpg


これも、前翅が白くとんでいる。(モンキの♀は思った以上に翅は白い)
a0181059_16425593.jpg


産卵場所を探してのフワフワ飛翔。産卵場所は枯葉との混在地帯。
a0181059_16431146.jpg

一度ピンが来ると何コマか連続して撮れる。
a0181059_17375619.jpg


追いかけているうち、♂に絡まれた。長続きせず、すぐに分離(産卵中なので当たり前だ)。この斜面に咲いているのは、ヒメオドリコソウとオオイヌノフグリ。枯れた草の瀬が高く、吸蜜してもうまく撮れなかった。
a0181059_16432060.jpg


この後、300ミリを襷がけしていたので(右手に広角、左手で300ミリを押さえながら走るのはけっこうキツイ)、少し葉被りだったがタンポポ吸蜜を撮ることができた。タンポポは土手を越えた向こうに咲いていた。
a0181059_16473566.jpg


午後1時過ぎ、南東の風から北風に変った。気温も下がり、飛び出さなくなった。風の当たらない場所で休む♂。緑の葉陰より、こんな茶色の枯草の中のほうが断然黄色がきれいだった。
a0181059_16474540.jpg


以上がはばたき道場での初稽古の結果ですが、広角での飛翔撮影は蝶への虐待という面もあります。♂の探雌飛翔中では、吸蜜や日向ぼっこで翅を休める時もありますが、ムリに飛び立たせずに飛ぶのを待ってから追いかけました。でも、自然に飛んでいるいるのではなく、追いかけるからチョウが逃げ飛んでいるということを否定しきれません。追いかけるほうはヘトヘトで息も上がり、チョウが勝つかヒトが勝つかという勝負ですが、むろんチョウの勝ち。まあ、こんなに追いかけることができるのは、この広い土手くらいです。広角撮影で追いかけて撮ることができるのは、モンキの他、ギンイチとミヤマセセリくらいと思いますが、藪に阻まれるのでほんの数mだけの追いかけです。たいていの飛翔撮影は、花にまとわりついているか、飛んで来るのを出会い頭に連写するのが関の山。全く非効率ですし、21ミリ広角ではチョウとの距離が近いので(モンキで30~40cm、ヤマトで25cm)、チョウの自然な行動に対して侵襲的です。チョウとの距離があくマクロか望遠での撮影がいいのですが、背景が撮れないという欠点があります。飛翔をマクロや望遠で試してはいるのですが、ピントがなかなか合いません。チョウに優しく撮るには、さてどうするか、考えてしまいます。まあ、マクロの場合も、チョウに近づきすぎて飛ばれることが多々あり、せっかくの吸蜜や日向ぼっこを邪魔したということで、チョウにとっては大なり小なり撮影は迷惑な話であり、望遠だけがチョウに優しい撮り方かもしれません。と言うことを考えるときりがなくなってしまいます。





by otto-N | 2017-03-19 18:08 | Comments(0)

2017.3.10 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ(1)   2017.3.15 (記)

2017.3.10
はばたき道場、2日目。前の日より少しだけ気温が高い。いきなり♂が1頭現れたので追いかける。しかし、前日にこの土手を中腰で走り回っていたせいで、太腿の裏から尻ぺたにかけて筋肉痛。こんなに痛むのは何年ぶりだろう。気合を入れなければ走れなかった。(昨年は、恵比寿駅の長いエスカレーターを歩いて登り、登り切ったとたん、両脚とも太腿が攣ってしばらく動けなかった。週1回はジムで筋トレしているのだが、レッグエクステンションだけでレッグカールはやっていないので、その祟りがきたようだ)
a0181059_15125780.jpg


無制限1本勝負というわけではないけれど、ここで逃がしたらチャンスはなくなるので、息が切れるまで追いかける。というのは、まだ気温が低いので飛翔速度はそれほど速くはない。もう少し気温が上がったら手がつけられないほど、モンキ♂の探雌飛翔は速くなってしまうのだ。
a0181059_15134817.jpg



疲れるのはお互いさま。こちらの息が上がるころチョウも疲れたとみえ、すとんと飛ぶのを止め、翅を休める。そして飛翔の再開。
a0181059_15145498.jpg



枯草は美しい。しかし、相変わらず満足な色に撮ることはできなかった。
a0181059_15140380.jpg



チョウと平行して走りながらシャッターを切り続ける。真横からでは表翅が写らないので被せ気味にする。しかし、そうすると雑然とした背景しか入らず、被せる角度がむずかしい。
a0181059_15144594.jpg


川の遥か向こうのスカイツリーが入ったものが何枚かあった。入ったと言っても、F5.6ではぼおーっとしか写らない。かなり絞ってストロボを焚かなければムリと思う。(中央付近の細い線がスカイツリー)
a0181059_16502168.jpg


♂同志が絡むこともあった。土手の上に行ったので追いかける。
a0181059_15242468.jpg


2頭とも入れるのは難しかった。1頭にピンが来るのがやっとだった。でも、1頭しか入らなかったが、2コマ目はいい感じだった。
a0181059_15141695.jpg


江戸川河川敷の土手はこんなのどかな景色。雲もいい。(林立する枯葉がちょっと恨めしいが、これも春の風情)
a0181059_15133493.jpg

(モンキチョウ(2)に続きます)




by otto-N | 2017-03-15 14:52 | Comments(0)

2017.3.9 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ   2017.3.12 (記)

2017.3.9
江戸川河川敷の「はばたき道場」に出かけ、初稽古に励む。昨秋、静止撮影に目覚めた師範代は腰痛のこともあり、もっぱらマクロ解放での静止撮影に専念。はばたき道場の180度のパノラマ写真。左が下流、右が上流側。対岸の中央にはスカイツリーが見える。北風が吹き抜けるこの河川敷の土手はまだ若草は少ない。モンキチョウの発生も埼玉や横浜より遅いようだ。写っている左から右までの間は400mくらい、土手の斜度は15~20度くらいか。まだモンキチョウの数は少なく、この広大でのどかな景色の中で、チョウを見つけるたびにひたすらに追いかけた。
(すべての画像はクリックすると大きくなります)

a0181059_20384246.jpg


気温が低いせいか、11時をすぎてからやっとモンキチョウが飛び出した。21ミリで追いかける。
a0181059_20394568.jpg


モンキチョウが飛び回る枯れた草原は見た目が美しいのだが、撮ってみるとうるさいだけだった。モンキチョウも意外と目立たない。
a0181059_20400614.jpg



きれいとは言えない若草と枯葉が混在する土手。急旋回した瞬間が撮りどころではあるが、ちょっと惜しかった。
a0181059_20393155.jpg



メスを探して飛び回るオスの横に平行して走り、時には先回りし、しゃにむにカメラを撮りたい方向に向けシャッターを切る。しかし、そんな撮影者の思惑を無視するようにチョウは飛び続けた。息が上がるころ、チョウも疲れたか、翅を休める。また飛び立つのを待ってその後を追う。チョウとヒトとの100m競争。そんなことの繰り返しだった。
a0181059_22104338.jpg


逆光、色とび、うるさい背景はNG。だが、そんなことにおかまいなく、異性を求め飛び続ける。
a0181059_09084645.jpg


青空バックは撮れると楽しい。
a0181059_20391806.jpg



だが、単純といえば単純。
a0181059_20390044.jpg



これも、青空が入った。この向こうは土手の上の道路と河川管理の無粋な建物。
a0181059_20402225.jpg



一番撮りたかった背景はこれだった。江戸川と川に架かる鉄橋。一度土手の向こうへ行って、再び土手の斜面に戻る時にしかチャンスはなかった。
a0181059_20395599.jpg






by otto-N | 2017-03-12 18:36 | Comments(2)

フライイング・バタフライズ 2016 (1)モンキチョウ   2017.1.16 (記)

この冬もチョウについては新しい画像を提供できないので、掲載済みではあるけれど、自己反省をかねて昨年の飛翔写真を、ペンタックスの付属ソフトの使い方も少しは理解できたので、原版からリニューアルして並べてみます。実際のところ、その前年、前々年から進歩なしですが・・・

モンキチョウ
新生チョウの撮り始めは、Favoniusさんと、東京と千葉県の間を流れる江戸川の河川敷の3月上旬のモンキチョウが定番となった。その日によって発生状況が変わるけれど、枯れた土手の南斜面を飛び回るモンキチョウを追いかける。別名、はばたき道場。門下生は私一人だけ。

南斜面なので土手の上からでは逆光。その下に広いグランドがあり、その向こうは江戸川。この付近の土手はとても急なので、横にしか追いかけることはできない。
a0181059_15513180.jpg

土手の上に広がる青空を狙う。探雌飛翔中のオスはとても速い。フレームに入れるのが精一杯というより、偶然入ったらめっけものというだけのこと。
a0181059_15505692.jpg

川面ぎりぎりまで追いかけ、背景に入ったのはコンクリートブロック。もともと殺風景が場所だから仕方がない。
a0181059_155191.jpg

高圧送電線の高い鉄塔があり、なんとなくランドマークになっている。グランドに飛び出したのを追いかける。どっちが疲れるかチョウとの競争だった。
a0181059_1430174.jpg

別な日。オオイヌノフグリの群落にやってくるモンキチョウをじっと待ち、300ミリの置きピンで狙ってみた。なかなか思うようにピンが来なかった。三脚とレリーズが必要だった。この個体は外側の黒縁の色が薄い。
a0181059_15514216.jpg
 

P.S.
ペンタックスK-5から、K-3に換えてもうすぐ1年、2台のうち1台の十字キーが不調となったので、新宿にあるリコーのサービスセンターに持ち込んだところ、2台とも後ピン傾向。また常用していている21ミリはヘリコイドがガタつき、100ミリマクロはレンズ内にゴミが入り少し曇り、要修理とのことで預けてきました。やはり、機材のメンテは今のうちにやっておく必要があるようです。それにしても、車検と重なり痛い出費でした。
   

by otto-N | 2017-01-16 18:10 | Comments(2)

2016.6.27 群馬県・日光白根山 ヒオドシチョウ   2016.6.30 (記)

2016.6.27
前々日の天気予報では曇りだったけれど、前夜の予報では晴れ。本当かいなと思っていたが、朝起きてみると、ピーカン。朝一番のロープウェイ(平日は8時)に乗る。ロープウェイからの丸沼と、山頂駅(標高2000m)からの日光白根山(標高2578m)。
a0181059_11343645.jpg

山頂駅の広場はシラネアオイの大花壇になっていたが、花はすでに終わり。登山道はその奥の神社の横から始まる。登山開始は8時20分。ずうーっと薄暗い針葉樹林帯を進む。山頂を見ることのできる場所は2~3か所しかなかった。花もほとんどない。
a0181059_11325868.jpg

そのうち、高山植物が見られるようになった。
a0181059_11331528.jpg

日影にあったイワカガミの群落。
a0181059_11471279.jpg

実は、イワカガミよりミツバオウレンのほうが好み。
a0181059_1146519.jpg

樹林帯を抜けると突然の岩石地帯。高山植物も咲いていたが、乾燥しているのか、ちびたものばかりで美しくなくほとんど撮影しなかった。ときどき、モンキチョウが飛んでいた。
a0181059_11334065.jpg

後ろを振り向けば、この大展望。
a0181059_11323331.jpg

最初のピークに達したが、一番高いのは真ん中のピークらしい。一度下り、向こうの岩を登った所が関東最高峰標高の2578m。
a0181059_12454931.jpg

10時に山頂到着。山頂からの180度のパノラマ。左に尾瀬の双耳峰、燧ヶ岳、右に男体山と中禅寺湖。中央下に見えるのは五色沼。(どの画像もクリックすると大きくなります)
a0181059_12481698.jpg

男体山と五色沼。最初のピーク(右手前に写っている大きな岩)に戻って撮るべきだった。
a0181059_131519.jpg

五色沼をズームアップ。
a0181059_1254035.jpg

もう1つ隣りのピークに移ると、弥陀ヶ池が見えた。その向こうは菅沼らしい。
a0181059_1324072.jpg

弥陀ヶ池のズームアップ。木道の先を行くと菅沼に至るロープウェイ以前の旧ルート。
a0181059_1332788.jpg

帰路は、弥陀ヶ池に下りるルート。急で狭く、足元がすぐ崩れるガレた登山道だった。途中、登山道を見上げると、ここからは登りたくないと思うほどの急峻さ。
a0181059_1363350.jpg

岩場を過ぎると、シャクナゲの大群落が拡がっていた。花はこれからのようだ。ハクサンシャクナゲとツガザクラ。
a0181059_13121783.jpg

急な登山道がそろそろ終わりという頃、ヒオドシチョウが岩の上で休んでいた。翅を開くたびにシャッターを切る。
a0181059_13155155.jpg

弥陀ヶ池との分岐点付近。自生のシラネアオイが咲いているはずだが、今年は雪が少なく、終わったとのこと。ウメバチソウ、ハクサンチドリ、ミヤマキンバイ。
a0181059_13161598.jpg

そして、弥陀ヶ池。V字の向こうに白い雲。さざ波が少し収まった瞬間。
a0181059_13203859.jpg

ここでしばらく休んでいると、雲が拡がってきた。座禅山方面に向かう。薄曇りだと花は撮りやすい。
a0181059_1317959.jpg

座禅山はただの丘で、見晴しもない噴火口の跡。あいかわらずの針葉樹林。スギゴケの緑。
a0181059_1321379.jpg

垣間見えた山頂。その後は、ロープウエイ山頂駅まで、ただひたすらに降り続けた。
a0181059_13211899.jpg

13時20分、山頂駅到着。さて、山を撮ろうかと思ったら、山頂には日が当たっていない。薄日が当たるのを待って撮る。右裾を斜めに樹林帯を突っきり、岩石地帯の稜線を登り右のピークに出て、中央ピークに移り、さらに左のピーク下の岩の間、稜線の手前の直線ルートを下りてきたようだ。
a0181059_10255599.jpg

ロープウェイに乗り込もうとしたとき、目の前でメスのモンキチョウがオスに絡む。シャッタースピードはそのままで、テレ端でMF撮影。背景に白根山は入らなかった。山頂は気温が低くキアゲハはおらず、森林限界でヒオドシが飛んでいたくらい。この2000m地点でも、飛んでいたのはモンキチョウとヤマキマくらいという寂しさ。広場の回りの樹冠を激しく飛び回っていたのはフジミドリかもしれないが、まあ、ルリシジミだろうなぁ。
a0181059_1472866.jpg




   

by otto-N | 2016-06-30 20:20 | Comments(0)

2016.3.3 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ(2)   2016.3.9 (記)

2016.3.3 続き
広角飛翔撮影で走り回り疲れ果て、あるオオイヌノフグリの群落の近くで休んでいるとき、通りかかったオスのモンキチョウがかなりの確率で吸蜜に立ち寄ることに気がついた。静止狙いで300ミリで撮ってみたけれど、葉に被ることが多いので、思い切って、少し遠目から飛び立つところを置きピンで狙ってみた。
a0181059_14102146.jpg
a0181059_14103056.jpg
a0181059_14104259.jpg
a0181059_14105832.jpg

これはとまっているところ。一面の群落ではないのが残念。
a0181059_14111855.jpg
a0181059_14112973.jpg
a0181059_141143100.jpg
a0181059_1411571.jpg

とまっているチョウがどちらに飛ぶか予想がつかず、あらかじめピントを合わせておく場所は裏切られているばかり。
a0181059_14121131.jpg
a0181059_14122359.jpg

a0181059_14125395.jpg
a0181059_14131242.jpg

結局、背景が花一面というわけにはいかず、望遠で撮っても伸びた草が煩わしいだけ。斜面の下から上へ撮っていたので、後ろが抜けず、ちょっとつまらなかった。モンキチョウを待っているときに、近くに飛んできたベニシジミ。すぐに飛び去る。
a0181059_15172753.jpg


 

by otto-N | 2016-03-09 18:10 | Comments(2)

2016.3.3 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ(1)   2016.3.7 (記)

2016.3.3
この日は朝から温かかった。春うららといった感じ。前日は、100ミリマクロで静止を撮ろうとしたが、オスは敏感で近づくことができなかったので、300ミリを用意した。暖かいと飛び出しが早いはずと、現地には10時すぎに到着。しかし、どういうわけかモンキチョウは飛んでいない。やっと出てきたのは11時40分。21ミリで追いかけ、とまったら300ミリで静止を撮る。例によって、右手首にもう1台のカメラをぶら下げたままシャッターを切るので、ピンボケの連発。走り続け息も切れているので、しかたがない。
a0181059_12242132.jpg

a0181059_12451212.jpg

ときどき吸蜜するけれど、ほとんど葉被りになってしまう。後で判ったのだが、ヒメオドリコソウでは吸蜜はしていなかった。
a0181059_12244273.jpg
a0181059_12245443.jpg
a0181059_1225562.jpg

21ミリでのオスの飛翔写真。比較的飛ぶのが遅いオスを見つけ追いかけた。途中、とまったら静止を撮影し、再び飛んだら追いかける、の繰り返し。こちらは息が上がり、汗がカメラのモニターにぽたぽた落ちる。次に飛ぶまでの間にジャンパーを脱ぎ捨て、さらに別な場所で長袖も脱ぎ捨てながらの追跡。その後はTシャツ1枚。暑かった。
a0181059_12374573.jpg

a0181059_12375565.jpg

a0181059_1238617.jpg

a0181059_12373699.jpg

a0181059_12394726.jpg

a0181059_12381852.jpg
a0181059_1239348.jpg

黄色いメスも見つかった。ゆっくり飛ぶので追いかけやすかった(追いかけすぎた)。
a0181059_12414257.jpg

a0181059_12403735.jpg

a0181059_12413021.jpg

このポイントのランドマークは高圧鉄塔。
a0181059_12405018.jpg
a0181059_12413100.jpg
a0181059_12411693.jpg


モンキチョウ(2)に続きます。


 

by otto-N | 2016-03-07 18:15 | Comments(0)

2016.3.2 千葉県・江戸川河川敷 モンキチョウ   2016.3.4 (記)

2016.3.2
晴れる日が続くと予報があった初日、少し気温が低いけれど、新しく買い替えた2台のペンタックスK-3を持って、遅ればせながらモンキチョウを撮りに行く。レンズは100ミリマクロ(+1.4テレコン)と21ミリパンケーキ。

地下鉄で東京を横断し、最寄の駅から長い橋を渡り、歩くこと40分、やっとモンキチョウが飛び交う江戸川河川敷に到着する。ここは千葉県側。川の向こうが東京側。右の鉄橋は、成田空港に京成スカイライナーで行く時に通る北総線の鉄橋。真ん中あたりに東京スカイツリーが見えるが小さくしか写らない。この広大な土手斜面がこの日のロケ地。モンキチョウの出没範囲は約1km。行ったり来たり、数がまだ少ないので大変だった。東京側の土手は北斜面、まだモンキチョウはまだ飛んでおらず、暖かい南斜面の千葉県側から発生する。(四隅が暗くなる21ミリの写真4枚のパノラマ合成。クリックすると大きくなります)
a0181059_1361655.jpg

少し寒いので速くは飛ばないだろうとたかをくくっていたけれど、そんなことはなく、探雌飛翔中のオスは速くて追いつけず、とまってもカメラを構えた瞬間、飛び立つほどの敏感さ。数も少なく、最初に撮ることができたのはメス。
a0181059_1363421.jpg

羽化直らしく飛び方も遅い。けれど、撮れたのはこの1枚だけ。
a0181059_1364521.jpg

あいかわらず、オスには手も足も出ず、次に撮れたのもメスだった。黄色いメスは後翅の裏側の緑色が美しい。
a0181059_137286.jpg

メスはゆっくり飛ぶので追いかけやすい。遠くに高層ビルが見える川下のほうが背景としては好きなのだが、こちらは逆光。
a0181059_1372686.jpg

そこで、順光になるように追いかける。
a0181059_1374095.jpg

4枚の翅が同時に写るこんなポーズが好み。しかし、ピンボケだった。
a0181059_943834.jpg

21ミリで置きピン25cmではちょっと近すぎ。
a0181059_138928.jpg

a0181059_1384377.jpg

30cmくらいがいい感じだと思う。しかし、強気の25cm、弱気の35cmの間を揺れ動く。
a0181059_13826100.jpg

a0181059_138574.jpg

a0181059_965042.jpg

真横に入ると、後翅裏の緑色がいい感じだった。
a0181059_1391853.jpg

飛んでいるオスはこの1枚。翅の開きあんばいも構図も良かった。しかし、ピンボケ。残念!速すぎる!
a0181059_95640.jpg


by otto-N | 2016-03-04 20:28 | Comments(0)