たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ヤマトシジミ ( 282 ) タグの人気記事


2018.11.21 千葉県・江戸川河川敷 ヒメアカタテハ   2108.12.1 (記)

2018.11.21
前日は後半薄雲が拡がり気温も下がったためか、ヤマトシジミはほとんど姿を現わさなかった。この日は快晴。最初に出くわしたのは新鮮ななオス。寒冷期のオスはとても美しい。
a0181059_19325601.jpg


数100mほど離れたセイダカアワダチソウにベニシジミがいたが、隣には新鮮なオスも吸蜜していた。
a0181059_19382921.jpg


これほど新鮮なオスがいるということは、メスもいるはずと探すが擦れたというよりボロボロのメスしか見つからない。少し上流側にはセイタカアワダチソウが群れており、ヒメアカタテハが飛び回っている。思ったより敏感で100マクロで近づくとすぐ飛び立つ。
a0181059_19422067.jpg


河川敷の土手を行ったり来たりしてヤマトシジミを探すが一向に見つからず、諦めて、ヒメアカタテハの飛翔撮影に切り替える。背景は黄色い絨毯というわけにはいかないが、セイタカアワダチソウの群落。
a0181059_19455913.jpg


近づくだけで飛び立つので、シャッターを切ながらの突撃撮影。ほとんどチョウは豆粒にしか写らないが、数打ちゃ当たる。
a0181059_19453117.jpg


広大な江戸川河川敷の土手。ときどき2頭が絡む。(1、2コマ目はピンボケでやっと3コマ目で近づくことができた)
a0181059_19483881.jpg


土手の下にはススキの藪が拡がっており、その向こうが川。
a0181059_19503878.jpg


突撃撮影はかなりの運動量。ピンが来るのは少なく、モニターを見るたびに疲れがどっと出てしまう。
a0181059_20254728.jpg


花にとまるたびに駆け寄り突撃撮影していたのだが、2頭が近くにいる場合、2頭が絡む確率がとても高いことが判った。そこで、絡むの瞬間を待つことにした。ヒメアカの絡みはフェィス・ツー・フエィス。ゼフの卍並みだ。
a0181059_20022648.jpg

絡むとすぐ上へ上がってしまうので、撮影できるのは絡んでから最初の2~3秒だけ。上の画像は以下の9コマの中の5コマ目。10コマ中1頭しか写っていなかった1コマを除き、順番に並べた。たった1.2秒足らずの出来事である。
a0181059_20051912.jpg


置きピン距離は30~40cm。弱気になると遠くなる。これは強気の30cm。
a0181059_19552957.jpg




by otto-N | 2018-12-01 21:06 | Comments(0)

2018.11.16 千葉県・江戸川河川敷 ヤマトシジミ   2018.11.29 (記)   

2018.11.16
2回目の江戸川河川敷、と言っても平な場所ではなく南向きの土手。草丈が短く、ヤマトシジミを探索しやすいが、登ったり下ったりするので足腰の鍛錬によろし。しかし、4時間探しまわってほとんど成果なし。
a0181059_17394678.jpg

気温が高めなので薄曇りでも開翅はする。
a0181059_17424299.jpg

これだけ見つからないとは。擦れていないだけでもいいのかもしれない。
a0181059_19465705.jpg


ちょっときれいなベニシジミ。オスのヤマトが来るたびにスクランブル発進していた。
a0181059_17455857.jpg


2018.11.17
自宅近く。ピカピカのオスもいたのだが、ヤマトは擦れたオスがほんの少々。
a0181059_17472795.jpg



2018.11.19
もっと近く。しかし、草刈りされてしまい芝生が剥き出し。それでも飛んでいるのがヤマトシジミ。
a0181059_17510914.jpg

靑鱗は狭いが新鮮なメス。
a0181059_17510264.jpg


同じ個体だが、このアングルはなかなかカッコいい。
a0181059_17504702.jpg



2018.11.20
三度目の江戸川の土手。天気予報が外れたせいもあるけれど、新鮮なメスはまるでいなかった。しかし、この絶品のオスが救い。オスのほとんどは日が翳ると翅を閉じるのだが、しばらく開いてくれた。
a0181059_17582510.jpg


これも絶品のベニシジミ。いつまでも同じ場所でテリを張っていた。寒いせいかあまり飛ばない。
a0181059_18001814.jpg




by otto-N | 2018-11-29 17:32 | Comments(0)

2018.11.10 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.23 (記)

2018.11.10
土曜日。テニスに行く前の30分だけの撮影。気温が高いのか早くもオスが飛び回っていた。少し離れたニラの花にとまったヤマトを見に行くとメス。スーパーブルーだった。
a0181059_12371973.jpg


花の上を動き回るのでピントがなかなか合わないし、明るすぎるのでブルーがきれいに撮れなかった。
a0181059_12373514.jpg


後翅の斑紋から今までの個体とは別だった。
a0181059_22173683.jpg


光の加減でブルーが出ていないが、ニラの吸蜜はちょっと面白い感じになった。
a0181059_12381298.jpg


この後、いつもの場所に飛んで行ったが、やはり、スーパーブルーとしては靑が暗く、地味な感じの個体だった。
a0181059_12383149.jpg

鮮度のいいオスもいた。自宅に戻る途中、舗道でピカピカのオス、やっととまってくれた。
a0181059_12385021.jpg


2018.11.11
日曜日はメスは現れず、オスだけ。
a0181059_12423010.jpg

縁毛があいまいになってしまうので撮ることの少ない真後ろから。
a0181059_12423909.jpg



by otto-N | 2018-11-23 16:31 | Comments(0)

2018.11.8 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.21 (記)

2018.11.8
ヤマトシジミの青メスを探しに千葉県の江戸川の堤防に行く前にSビールに寄ってみたところ、花壇の真ん中でスーパーブルーが開翅していた。しかし、その後ろにはオスが控えており、シャッターに指をかけたとたん飛び去り万事窮す。あきらめてここを引き揚げようとしたとき、薄日を浴びて翅を開いている姿を発見した。
a0181059_21474873.jpg


近づきすぎ影を作ってしまい飛ばれたが、葉陰ですぐ見つけた。
a0181059_20041218.jpg


翅の傷、鱗粉の散らばり方から前日と同一個体のようだ。この後、いつもの場所に移動し日光浴。
a0181059_20045053.jpg


他に1頭だけメスは出て来たが、靑色は薄く地味だった。
a0181059_20092662.jpg


地下鉄で東京都心を縦断し江戸川の堤防に着いたのは11時近く。9時すぎには来ていたFavoniusさんはスーパーブルーを撮影していたが、風に流され土手の下の藪に飛んでいったという。スーパーが舞い戻ってきているかもしれないと付近を探すが見つからないどころか、メス自体がおらずボロのオスばかり。背の低いアワダチソウ群生地にはベニシジミとヒメアカタテハがいたので撮っておく。
a0181059_20111193.jpg

場所を変えると擦れたメスは何頭か見つかったが、新鮮な個体は少なかった。新鮮だと、別にスーパーでなくてもとても美しい。
a0181059_20210807.jpg


薄日になり始めた空は昼過ぎには空に雲が拡がり、ヤマトシジミは翅を開かなくなった。
a0181059_20271032.jpg


少し飛んでも翅を閉じたままま。それでも、気温はまだ高いので空が少し明るくなると開くはず。待つこと20分、やっと開いた。
a0181059_20265454.jpg




by otto-N | 2018-11-21 16:50 | Comments(0)

2017.11.7 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.19 (記)

2018.11.7
前日、スーパーブルーに遭遇したのは正午近くでその後はは雨。ということは同じ場所に留まっているに違いない。ということで、気温が上がり始める8時半すぎに行ってみると、2~3頭のオスが翅を開いていた。そのうち、スーパーブルーがここに飛んで来るだろうと思っていたら何のことはない。この青い花は何だろうと近寄ったらスーパーブルーそのものだった。
a0181059_14574141.jpg


枝被りだったので1回シャッターを切り、左に回り込もうとしたとき飛ばれてしまいロスト。再びやって来た時はオスに絡まれ逃げ去ってしまった。そのうち舞い戻るはず。しばらくして戻ってきたが、またしてもオスに追われていなくなった。近くで翅を拡げる青くないメスと少しくたびれたオス。
a0181059_15011831.jpg


こんなことを繰り返していたが、いつの間にかスーパーブルーは前日の場所に戻ってきていた。
a0181059_15032524.jpg


長々と翅を伸ばしていた。ブルーが眩しい。
a0181059_15114228.jpg


結局、オスに見つかり逃げ去ったのだが、しばらくすると戻ってきた。ヤマトシジミはブッドレアでほとんど吸蜜しない。あわてたのでちょっと寄り過ぎた。
a0181059_15151190.jpg


その後、萩で翅を休めていたが半開翅。
a0181059_15162670.jpg

全開したが、萩の花が萎れているのが残念。この後、本格的にマクロが届かないところで上方で吸蜜を始め、少し目を離した時にロスト。
a0181059_15183871.jpg


あまり青くないメス。前日もいた個体?
a0181059_16195350.jpg

青くはないが枯れた花がいい感じだった。
a0181059_16205055.jpg


スーパーブルーが戻ってきたかと思ったら、そうではなかった。靑面積が大きい割には色が暗い。
a0181059_16221035.jpg



萩よりもこの菊がいいようだった。黄色い花もそうだが、白い花では青メスを撮るのは難しい。ブルーを出すと花がとんでしまう。それよりも、花からの反射光で翅が透けてしまう。こうなっては靑鱗粉は消し飛んでしまう。
a0181059_16241826.jpg


ニラの花。時々、アオスジアゲハやキタキチョウが来ている。
a0181059_16303684.jpg



岩の上の落ち葉にとまった。同じ個体のようだ。
a0181059_16300186.jpg


11時ころ、スーパーブルーが舞い戻り、いつもの場所で開翅した。光線の当たり具合のせいかあまりきれいに撮れないうちにオスが絡みどちらがどちらか判らなくなりロスト。色から区別がつかない。この画像の背景は枯れた草ばかりで見苦しくチョウだけをカット。この日の出演者とともに並べます。
a0181059_16362446.jpg




by otto-N | 2018-11-19 16:32 | Comments(4)

2018.11.6 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.17 (記)

2018.11.6
曇り空だが気温が高いせいか、少し空が明るくなるとヤマトシジミは開翅する。オスばかりだったが、少し青いメスがいた。上から靑鱗が一番輝くアングルを探す。
a0181059_14251906.jpg



横からも撮ってみる。花は枯れかかっているとはいえ、逆に、いい感じにだ。
a0181059_14244795.jpg





まだウラナミシジミが飛び回っており、小菊の上で3頭が騒いでいた。真ん中のメスをめぐるオスの争い。3つの顔が並んだ時は可愛かった。
a0181059_14290177.jpg


ふと少し先を見るとブルーが輝いていた。近寄ってみるとオスではなくメス。スーパーブルー今季第1号。
a0181059_14303368.jpg


青メスは曇り空の下が最高。少しずつアングルを変えじっくりと撮る。
a0181059_14342181.jpg


一番輝く左前翅にフォーカスする。ファインダー越しのブルーがキマルリのように爛々と輝くと言ったらオーバーか。
a0181059_14344677.jpg


少し下から撮ると後の翅がもっと輝いた。
a0181059_14350062.jpg


翅を開いたまま動く気配がないので、そっと後ろへ回る。そして真上から。
a0181059_14403784.jpg


寄り過ぎたので少し引く。少し後ろからのこのアングルのほうが好み。スーパーブルーは曇り空しか輝かない。
a0181059_14414721.jpg

もう少し撮りたかったが、急に空が暗くなりスーパーブルーは翅を閉じてしまう。そして、すぐ雨が降り始めた。


(因みに、スーパーブルーとは、①前翅の黒縁が平行でなく、後ろほど狭く(三角形)、かつ、②前縁に靑鱗粉が載っているものを、個人的に勝手にスーパーブルーと定義して楽しんでいるだけです。)





by otto-N | 2018-11-17 16:08 | Comments(0)

2018.10.30 群馬県・水上 諏訪峡   2018.11.9 (記)

2018.10.30
平日の天気が不良続きで紅葉登山に出かける機会を逸してしまったが、日帰りできる水上の諏訪峡に行ってみることにした。ただ、諏訪峡を調べてみると、バンジージャンプの橋が有名なだけで紅葉の写真はほとんどなく不安を感じたが、せっかくの好天なので出かけた次第。

諏訪峡の外れにある道の駅に車を停め、上流から下流に向かう。快晴だが風が強く、歩道わきでヤマトシジミがイヌタデの茎にしがみつき緑色の幻光をちらつかせていていたが、うまく撮れず。
a0181059_13091680.jpg


上流側に見えるはずの谷川岳は雲がかかっていて見えなかったが、周りの山々はかなりの色づいていた。
a0181059_13194020.jpg

しかし、諏訪峡自体は紅葉になっている場所は少なく、少し早いようだ。それでも、紅葉をなんとかカメラに収める。
a0181059_13214922.jpg



さえないままバンジージャンプのある橋を下を潜る。紅葉はこの先からだった。圧巻と言いたいところだが、それなりの紅葉。流れる川(利根川)が美しく、紅葉が写り込んだ淵もあった。
a0181059_13130539.jpg


狭い谷なので縦構図のほうが川を撮りやすいが、横構図ではこんな感じの峡谷が続く(長くはないけれど)。
a0181059_13184892.jpg

清流に落ち葉が舞う。奥は谷川岳だが見えない。その向こうは新潟県だが、西高東低の気圧配置なので雨が降っていることと思う。となると、谷川岳は雪?
a0181059_13274072.jpg


木々の間から見える水面が美しい。
a0181059_13311792.jpg


最後は大きな橋(車道)に出て遊歩道はお終いで、「諏訪峡入口」の案内板があった。その橋から向こうを見下ろした川面。
a0181059_13343373.jpg


ここから、上流側へ来た道を引き返す。来る時には飛び回りっぱなしで撮れなかったオスをなんとか撮影する。
a0181059_13380395.jpg


道の駅に戻ってみると、来る時に最初に渡った橋からはの紅葉は逆光だったが、今度は順光になっていた。横構図で収まらなかったので、縦構図2枚のパノラマ合成。この左側をもっと撮りたい所だが、無粋な大規模マンション。
a0181059_13414396.jpg


ゆっくり散策しても2時間ほでであったけれど、人はほとんどおらず、それなりの歩きと撮影が楽しめた。でも、以上の紅葉写真、実は、ペンタックス附属のソフトでカスタムイメージ「風景」にして現像した(チョウはいつものように「ナチュラル」)。黄色と赤と青が強調され、実際より華やかに仕上がる。観光ポスター、ブログ記事をそのまま信じてはいけません。




by otto-N | 2018-11-09 16:13 | Comments(0)

2018.10.24 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.11.3 (記)

2018.10.24
萩の花にはでウラナミシジミの他にもヤマトシジミも吸蜜にやってくる。ほとんどは翅を開かず、開いてもスレ個体。しかし、大型のオスがやってきた。翅が白っぽくピカピカの個体だった。
a0181059_09142783.jpg


少し待っていたら開翅した。
a0181059_09152819.jpg


萩の花もそろそろ終わりで、萎んだ花が写り込むのが惜しい。
a0181059_09165427.jpg


飛翔は全くいいところなし。かろうじてオス。
a0181059_09183385.jpg



2018.10.26
ウラナミシジミの数が減ったということもあるが、この日も飛翔は不作。目の前にいた萩の花にヤマトシジミに2頭が絡んだので、カメラを向けると縦1列に4頭が写った瞬間があった。ウラナミシジミのおまけつき。残念ながら露出オーバー。ヤマトは白とび。
a0181059_09231409.jpg



メスはまだ高温期型ばかりと思っていたが、いきなりブルーの個体が萩の花にやってくる。萩ではほとんど吸蜜せず、白いほうの小菊の花群に飛んでいった。
a0181059_09291951.jpg



12時半を過ぎると、この場所は高層ビルの陰になり日が翳り始める。日陰ではブルーが美しい。
a0181059_09281747.jpg


まだ日が少し当たる場所で吸蜜を始めたので、左手で陰を作っての撮影。陰を作るとほとんどは翅を閉じてしまうのだが、大丈夫だった。
a0181059_09355626.jpg


左手前の花がうるさいが、ここは花壇。花をよけるため、もう1本の手が欲しかった。
a0181059_09383181.jpg



by otto-N | 2018-11-03 16:10 | Comments(2)

2018.10.19 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.11.1 (記)

2018.10.19
ウラナミシジミに混じってヤマトシジミも萩の花のまわりを飛び回っているが、萩にばかり吸蜜する。イヌタデにとまったのを見つけて近くに寄る。高温期にしては傷みがない。どうも高温期型のオスは写りが悪く、馬子にも衣装があてはまらない。灰色がかったブルーのせいもあるが、光線の当たり具合がよくなかったことにする。明るいピンクにしたかったが、少し暗めにしたほうががいい感じになった。
a0181059_20172789.jpg

いつも時々出て来るキタテハ、ユウガギクで長いこと休んでいた。ピカピカのオスのウラナミシジミもまだいた。ヤマト♀も出てきたが、少し青いだけ。ここに来る度に、アカタテハも1回くらい飛んでくるがいつも花にはとまらず飛び去ってしまう。
a0181059_20233064.jpg

この日もウラナミシジミ♀に時間を費やす。
a0181059_20244220.jpg


上から撮るので同じような構図ばかりだが、歩留りはかなりよくなった。
a0181059_20250573.jpg

うまくいけば、連続する3枚のピントが合ってしまう。
a0181059_20273346.jpg


懸命にはばたく感じがちょっと面白かったので、この2コマだけ大きくトリミング。
a0181059_20283364.jpg

構造色は出ていないが、飛んでいる感じが出ていると思う。
a0181059_20305836.jpg


ナチュラルな構造色。
a0181059_20324730.jpg


構造色を強調するとこんな感じになる。
a0181059_20345282.jpg

ウラナミシジミ♀がはばたくのを太陽を背にして後ろから見た時、光を反射して構造色がキラキラ輝くのが判る。とまった時は翅を全開しないので構造色の観察は限定される。ならばと、飛んでいる時を狙ったのだが、後ろからでは自分の陰の中に入りチョウは真っ暗にしか写らない。そこで、陰に入らぬような位置から俯瞰的に撮らねばならなかった。その結果、日向に入った時は構造色は目立たず、画像全体を暗くして初めてブルーに輝いた。これでは、まるで夜だけ見える星のようだ。




by otto-N | 2018-11-01 16:12 | Comments(2)

2018.10.15 東京・恵比寿 ウラナミシジミ   2018.10.24 (記)

2018.10.15
徒歩3分。家に引きこもっているよりはマシと午前中のルーティンワーク。萩には相変わらず少し擦れたウラナミシジミが集まっていた。メスは萩の花の蜜を吸い、ひっきりなしに産卵する。
a0181059_12423130.jpg


そんなメスを見つけては追いかけるオス。両方にピントが合ったがメスが残念だった。
a0181059_12440992.jpg



穂先にオスのウラナミシジミ。尾状突起が残っておりこの時期としてはいいほうだ。
a0181059_12483651.jpg


ヤマトシジミはほとんど翅を開かなかった。たまには裏を撮っておこう。
a0181059_12504063.jpg


ウラナミシジミの交尾ペア。オスが絡むがそれほどしつこくはなく、すぐ飛び去る。しばらく後で見たら落っこったのか、葉にしがみついていた。
a0181059_12532259.jpg


上から見ると2頭ともちょっと可愛い。
a0181059_12594354.jpg



いつまでも動かない交尾ペアをほおっておいて、他を探すがこれといって撮れず。
a0181059_12561611.jpg


交尾ペアを見に行くと、葉の上にいた。2頭でしっかり支え合いちょっとほほえましい。
a0181059_13025359.jpg


飛翔写真はさえなかった。ヤマトシジミは花いっぱいのバックを狙ったがそんなに簡単ではなかった。
a0181059_12474334.jpg




by otto-N | 2018-10-24 16:36 | Comments(2)