たかがヤマト、されどヤマト

タグ:ヤマトシジミ ( 259 ) タグの人気記事


2011.7.4 沖縄・宮古島 ヤマトシジミ    2011.7.12(記)

2011.7.4
この日も晴れ。8:00ころ、ホテル近くの空地にヤマトシジミのメスを撮りに行った。実は、昨日の夕方も行ったのだが、あまりにも蚊が多く、撮影どころではなく早々に退散した。

この空地には、これまで見たこともないくらいの数のヤマトシジミがいた。すべてが新鮮個体とは限らない。また、これだけ多いと、目移りしてしまう。オスのほうが、朝日を浴びてよく開翅する。2、3コマ目は同一個体だが、前翅の黒縁に個体差がある。
a0181059_11193481.jpg

朝日の影が長く伸びる。
a0181059_1122209.jpg

オスより、メスを探した。裏翅が黒っぽいのがメスだが、なかなか開かない。開いても半分。
a0181059_11231050.jpg

それでも、目星をつけたメスを目で追っていると、全開してくれた。
a0181059_11232960.jpg

東京では、寒冷地型として青メスが出るのに、どうして?
a0181059_11235351.jpg
もっと撮りたかったが、開く個体はなかなか見つからず、時間切れ、ホテルに戻った。

どこに行こうかと、ガイドブックを見ていたら、保良泉(ボラガー)・ビーチというのがあった。行ってみると、波が高く、潮が引いてからのほうが良いとのこと。浜には、シーカヤックが並んでいた。カヤック軍団が出た後、やれやれと海に入ったが、サンゴはなし、サカナもいなかった。1回入っただけで撤収。海は上から見ただけではわからない。
a0181059_11433854.jpg


次に向かったのは、有名な新城(アラグスク)・ビーチ。潮が引き始め、サンゴの間をすり抜けるのに苦労した。サンゴは大きいが、種類が少ない印象。向こうに見える島は大神島。
a0181059_11441015.jpg

このビーチでも砂浜との境目には、モンバノキ、クサトベラが茂っており、シロオビアゲハ、ベニモンアゲハが来ていた。が、翅が傷んでいるものばかりだった。観察していると、モンバノキ(葉が白っぽい)にはベニモンアゲハ、クサトベラにはシロオビアゲハと花が決まっていた。
クサトベラに来たシロオビアゲハとウスキシロチョウ。
a0181059_11493359.jpg

モンバノキには、スジグロカバマダラが集まっていた。クサトベラには来ない。
a0181059_11495750.jpg

セセリを撮ったが、どうやらユウレイセセリというらしい。変な名前だ。それと、ゴマダラカミキリ。
a0181059_11501444.jpg


パイナマガ・ビーチの夕焼け。明日も晴れ。(夕焼けモードはなかなかのもの)
a0181059_12122813.jpg



やっと、ヤマトシジミのメスの開翅を撮影できた。宮古島に来て以来、毎日、翅の開く瞬間を探していたが、5日目にしてやっと撮ることができた。それにしても、同じヤマトシジミとは思われない。オスだって、東京のものより一回りは小さい。色も白っぽい。飛び方も、朝夕だけかもしれないが、ゆっくりだ。
スジグロカバマダラは、逆光気味でよかったが、前翅が少し欠けていたのが残念。PCで見て気が付いた。

by otto-N | 2011-07-12 12:31 | Comments(4)

2011.6.30 沖縄・宮古島 スジグロカバマダラ    2011.7.6(記)

2011.6.30
毎年、沖縄の梅雨開けに合わせて、沖縄の離島にスノーケリングに行っている。スノーケリングといっても、ビーチでぼおーっとして、ときおり、魚とサンゴを見に海に繰り出すだけだけれど。今年は、久しぶりの宮古島。隣の伊良部島と合わせて5泊した。サンゴ礁が隆起した島らしいので、スノーケリングのポイントは多いが、チョウは少ない。確かに、森林はなく、サトウキビ畑ばかり、石垣島と違って期待はできない。

直行便ではなく那覇で乗り換えた。その那覇空港では、バードストライキングのため、着陸と離陸が大幅に遅れ、宮古に着いたのは13:00すぎ。ビーチに行く予定もなかったので、とりあえず、来間島の竜宮展望台へ。

展望台から見た海。何度みても沖縄の海に感動する。向こうが宮古島。白く見えるのが有名な与那覇前浜。右に見える来間大橋(全長1690m)でこの来間島とつながっている。
a0181059_1345694.jpg

この展望台のそばには、数匹のスジグロカバマダラが黄色の花に集まっていた。結構敏感だった。
a0181059_13454411.jpg

スジグロカバマダラ以外では、イチモンジセセリ、ヤマトシジミ(♀)。
a0181059_13455943.jpg

この後、来間島の長浜に行って海に入ろうとしたが、まあいいかとパスし、東平安名岬崎に行ってから、パイナガマビーチ前のホテルに入った。夕方、近所を散歩。見つけたのはヤマトシジミのオス。東京のものより、かなり小さい。そして、飛び方がまるで遅い。色が薄いので、スレているのかと思ったらそうではなかった。
a0181059_13461447.jpg


竜宮展望台に来たのは、数年前にきたとき、ジャコウアゲハが花に群がっていたからというのも理由の1つ。しかし、群がっていた花はそこにはなくジャコウアゲハもおらず、その代わり、少し離れた所の黄色の花に、スジグロカバマダラが集まっていた。このスジグロカバマダラ、張り切って撮っていたが、宮古島滞在中どこにもいて、特に、この黄色の花との組み合わせは撮るのも面倒になった。

メスのヤマトシジミ、翅を一瞬開いたのを見た。青メスだった。(翌日から、ヤマトシジミのメスを探すこととなる)

by otto-N | 2011-07-06 14:25 | Comments(4)

2011.6.21 白金の森 ヤマトシジミ    2011.6.22(記)

2011.6.21
雨も降りそうもなく、まあまあの天気。久しぶりに自然教育園に行った。お目当ては、トラフシジミの夏型。

トラフシジミは全然見ず、撮れたのは、キマダラセセリとコミスジ。他に見たものは、ピカピカのウラギンシジミ(♀)とムラサキシジミ。それに、種類不明のヒョウモンチョウとヒカゲチョウ。今日はここまでと、門を出ると、道路拡張工事の雨あがりの水たまりにアオスジアゲハとナミアゲハが吸水中であった。
a0181059_14593681.jpg

さて、ヤマトシジミの2化目がいるかもしれないと、隣の児童公園を覗く。カタバミ畑できれいなメスが産卵中であった。
a0181059_150672.jpg

なかなかの美人。
a0181059_1515279.jpg

オスはといえば、2頭しかいなかった。1頭はボロボロだったので、まあまあのこの1頭を追う。
a0181059_1521519.jpg

あまり太陽がまぶしくなく、気温も高くはなかったので、開翅してくれた。
a0181059_1525218.jpg

カタバミの花が中心の、このポーズもまあまあ。
a0181059_1531229.jpg

オスは2頭しかいなかったと書いたが、その前に1頭いた。最初こ、ちょろちょろ飛んでいる1頭を見つけ、止まるのを待っていた。ところが、飛んでいる最中、何か茶色いものが飛んできて、ぶつかり、ヤマトシジミが消えた。どうしたんだろうと、茶色のものが止まったあたりを見ると、茶色の正体はアブ(ムシヒキアブ科?)だった。ヤマトはアブにキャッチされていた。まだこのとき、目は生きていた。右は、少し移動した後の写真。しっかり獲物に抱き付いていた。
a0181059_1532633.jpg


ヤマトシジミの2化目、オスはちょっと遅かったかもしれない。自宅付近でときどき探したけれど、なかなか見つからなかった。いざ探すといないヤマトシジミ、遠くまでわざわざ探しに行くのも面倒なヤマトシジミ、見つかってほっとした。

by otto-N | 2011-06-22 15:30 | Comments(4)

2011.5.13 恵比寿 ヤマトシジミ    2011.5.14(記)

2011.5.13
大雨があがり、晴れるとの天気予報。教育園に行ったものの、蒸し暑く、春の花も咲き終わり、チョウもいなかった。

教育園に行く前立ち寄ったYGP(恵比寿ガーデンプレース)。ヤマトシジミがじっとしていた。
a0181059_1954659.jpg

教育園に入っても、チョウの姿はなし。ここで、ヤマトシジミを今年初めて見たが、みんなスレていた。
ところで、このところ気になるムシ。北海道の晩秋によく現れたユキムシのよう。葉の止まったので、マクロで何枚も撮った。体長1.5mm程度なのでピントがまるでだめ。やっとあったものの1枚。アリマキかカイガラムシの1種かと思う。
a0181059_2092975.jpg

昼近くになって晴れてきた。池の周りでテリ張り中のイチモンジセセリ。これを撮っているとき、ジャコウアゲハが近くを横切っていった。追いかけたが全然だめ。この1年で、ここでのジャコウアゲハは初めてだった。
a0181059_19495134.jpg

自宅に戻り、15:00すぎ、YGPへ行くと、新鮮なヤマトシジミがまだいた。1コマ目は青いメスだったが、翅を全く開かず、日影にじっとしていた。
a0181059_19502067.jpg

300ミリズームと100ミリマクロで撮った(トリミングしたのであまりイミはないか)
a0181059_19503544.jpg

活動を中止して休みに入ったオス。かなり新鮮だった。
a0181059_19513841.jpg


自然教育園はかなり厳しい状態になってきた。今まで楽しませてくれた花もしばらくなさそう。これからイボタが咲くかと思うが、ウラゴマダラシジミはいない。アオスジアゲハとツマグロヒョウモンとイチモンジセセリが集まるくらいだ。
ヤマトシジミは、他の場所ではスレているのにYGPでは新鮮だった。ポイントによって羽化時期がちがう気がする。(1例だけで判断するのはどうかと思うが)

by otto-N | 2011-05-14 20:44 | Comments(4)

2011.5.6 白金の森 ヤマトシジミ    2011.5.11(記)

2011.5.6
教育園に行ったところ、休園だった。しかたなく、隣の公園でヤマトシジミを捜した。

ヤマトシジミは、すぐ見つかった。それもとても青いメス。
a0181059_14521952.jpg

濃いブルーの面積が大きい。オスと間違えるくらいだ。惜しいことに、縁毛が少しくたびれていた。
a0181059_1459250.jpg

新鮮なメスが、また、見つかった。青くはないけれど、なかなかシック。
a0181059_14523710.jpg

まだまだ、青いメスがいた。
(上2コマと下の2コマは別個体)
a0181059_14525455.jpg

オスもいたけれど、やはり、あまり止まらないのでなかなか撮れない。メスにちょっかいを出さないでくれと願うばかり。
a0181059_14563672.jpg

前からのアングルはわるくない。
a0181059_14571731.jpg

メスのツマキチョウがナズナに産卵し、近くのキク科の花で吸蜜。これを繰り返していた。
菜の花に産卵しているのは、別個体。
a0181059_1457414.jpg


教育園が休みのことを知らずに行ったおかげで、捜していたヤマトシジミのメスを撮ることができた。
晩秋に出る青メスより、ブルーが明るく、面積が大きい気がする。
ヤマトシジミは、ゴールデンウィーク前半に急に出てきたようだ。目に付き始めたと思ったら、もう翅が擦れているものが多い。翅がくたびれるほど、オスは頑張って飛び回っていたのだろう。

ツマキチョウもそろそろ終わり。食草としてペンペン草という手があった。これなら、都会でも増えていくことができる。

by otto-N | 2011-05-11 15:32 | Comments(2)

2011.5.2 恵比寿 アオスジアゲハ    2011.5.10(記)

2011.5.2
10:00すぎ、恵比寿ガーデンプレースのサッポロビール本社前の庭に行ってみた。

すぐ現れたのは、ヤマトシジミのペア。しばらく待っていると離れた。すぐ近くに止まったメスの翅を開くのを待ちこと数分、少し開いてくれた。
かなり青く、そして新鮮。。全開とはいかなかったが、4コマ目のオスと較べても、遜色はないほど青い部分が広い。
a0181059_1924291.jpg

カタバミで吸蜜後、飛んでいってしまった。残念。
a0181059_1926333.jpg

この庭には、植えた園芸種に混じって、雑草も適度に生えている。ヒメ(ハル?)ジオンは、アオスジアゲハが好きらしく、次々と飛来する。
a0181059_19321765.jpg

アオスジアゲハは逆光側から撮ると、アオスジが透けて美しい。
a0181059_192721100.jpg

ツマグロヒョウモン(♂)、ナミアゲハも飛んできた。
アセビに吸蜜するルリタテハは近くの別な場所で撮った。
a0181059_19273765.jpg


ヤマトシジミの青メスは新鮮できれいだったが、全開翅を撮れず残念。しかし、チラッと見えるところがいいのかもしれない。
アオスジアゲハを撮るのは、動きが早いので失敗も多いがとても楽しい。来るのが途切れるまで、相当な枚数を撮ってしまう。そして、たくさん撮ったときに限ってどれもよく撮れている。

by otto-N | 2011-05-10 19:58 | Comments(2)

2011.4.28 白金の森 ヤマトシジミ    2011.5.10(記)

2011.4.28
今日こそはと、いつもの場所へ。いつものルートで。

隣の公園には、ヤマトシジミが出てきたが、なかなか思ったように撮れない。
a0181059_18242293.jpg

道路わきに飛んでいたオスが、やっと、一瞬カタバミに止まった。
a0181059_1825228.jpg

トラフシジミは降りてくるものの、ぴたりと翅は閉ざしたまま。
a0181059_18255458.jpg

ツマグロヒョウモンも出てきた。(右:翅先端が黒いのがメス)
越冬して、翅が透けているウラギンシジミ秋型。(左:赤いのがオス)
a0181059_18262848.jpg

今年初めてのコミスジ。チョウジソウに吸蜜するキタキチョウとツマキチョウ。帰り際、正門脇のツツジの植え込みにいたクロアゲハ。
a0181059_18264533.jpg


トラフシジミの開翅はもうあきらめです。夏型に期待しよう。
ヤマトシジミは出てきたが、非常に活発。春の出始めは、メス探しに必死で、なかなか止まらないです。
(こちらも、早く青メスを探さなくては)

by otto-N | 2011-05-10 18:48 | Comments(2)

2011.4.26 白金の森 ヤマトシジミ    2011.5.7(記)

2100.4.26
天気がよく、トラフシジミ狙いで自然教育園に行った。

入園する前に、隣の児童公園に寄ってみると、ヤマトシジミがいた。しかし、見つけるのがやっと。数が少ない。
a0181059_15122446.jpg

園内では、相変わらずツマキチョウが飛んでいる。朝のうちは、吸蜜する個体が多い。
チョウジソウとの組み合わせはなかなかよい。クサイチゴの花にも止まるものが増えた気がする。
a0181059_15131011.jpg

ツバメシジミのメスを見かけたが、飛んでいってしまった。オスはその辺をちょこまか飛び回っている。新鮮なものを捜す。
a0181059_15142493.jpg

園内では、トラフシジミを見なかったが、隣の公園にいた。
最初、花壇と地面を行ったり来たりしていたが、藤棚のフジに潜り込んでしまった。産卵ではないらしい。
a0181059_1515422.jpg

花弁からの反射光がスポットライトのようだった(撮るタイミングをちょっとはずした)。花はセントポール、トラフはこの花が好きらしい。
a0181059_1517447.jpg

ここには、何本か夏ミカンの木がある。クロアゲハがやってきて産卵を始めた。卵はまん丸だった。
a0181059_15172679.jpg

アゲハチョウ、アオスジアゲハも吸水にやってきた。いよいよチョウ本番である。
a0181059_15174898.jpg

夕方、日が蔭った枝の先に、眠りについたヤマトシジミがいた。逆光で撮る。
a0181059_15183072.jpg


ヤマトシジミがやっと現れ始めた。まだ、オスしか見ていないが、青いメスが本命だ。
自然教育園には、カタバミはあまりない。雑草として処分されているのかもしれない。隣の公園の一角のカタバミが咲き始めたので、今後はここで粘ることになる。

by otto-N | 2011-05-07 16:02 | Comments(2)

10月 白金の森 ウラナミシジミ (2010.10.19)  2011.4.20

昨年の積み残しです。ちょうど半年前のものです。

2010.10.19
教育園の秋も深まり、チョウの種類も限られてきた。
ウラナミシジミのオス。珍しくツリフネソウに止まった。4コマ目はヤマトシジミ。
a0181059_1524445.jpg

木陰のタイアザミの花にやってきたナガサキアゲハのメス。少し翅は壊れているが、まだまだ大丈夫。
a0181059_15241927.jpg


ウラナミシジミはメスばかりいて、どういうわけかオスは少なかった。
ナガサキアゲハは、翅が痛んだものが多かった。
それにしても、ナガサキアゲハが都内で普通に見られるようになったことは驚きかもしれません。

(10月20日から、アフリカに行ってきました。少しはチョウも撮ってきましたので、積み残し分としてアップする予定です。)

by otto-N | 2011-04-20 15:42 | Comments(0)

10月 白金の森 ヤマトシジミ (2010.10.15)  2011.4.19

昨年度の積み残しです。

2010.10.15
自然教育園の隣の区立の公園の片すみには、ビオトープと称して、ほんの少しだが雑草の生えている場所がある。
ここは、ヤマトシジミの穴場。青いメスも出てきた。
a0181059_140323.jpg
a0181059_141863.jpg

やっぱり、このポーズでしょう。
a0181059_146281.jpg


寒冷型の青いメスを探すのは、なかなか楽しい。羽化したてのに会うと嬉しくなる。
都会のチョウ探しのささやかな楽しみです。

by otto-N | 2011-04-19 14:13 | Comments(0)