人気ブログランキング |

たかがヤマト、されどヤマト

タグ:東京タワー ( 15 ) タグの人気記事


2019.1.1 新年あけましておめでとう   2019.1.1 (記)

2019.1.1
新年あけましておめでとうございます。
恒例になった初日の出、今回は不作。6時半にそっと部屋を抜け出し、カーテンの隙間から外を覗くと雲がかかっておりこの段階で初日の出を諦めたが、年1回の屋上解放日、ヘリポートに行ってみる。日の出前の東京の空。左側には新宿の高層ビル街があるのだが、この位置からは撮れず、その右側からの180度のパノラマ合成。肝心の日が出る位置の品川方面にはやはり厚い雲がかかっていた。
a0181059_14280099.jpg


太陽がとっくに出ているはずの6時45分になっても、雲の隙間からも太陽は顔を出さず空だけが明るくなっていく。初日の出を見ることはできなかったけれど、縦構図4枚で撮ったパノラマ合成。果てしなく続く灰色のコンクリートのビル群に囲まれ、眼下に都会のオアシス「自然教育園」が横たわる。
a0181059_12542791.jpg


引き続き、身近なチョウばかりになるかと思いますが、今年もよろしくお願いいたします。

otto-N


(画像をクリックするとPCでは大きくなりますが、スマホでは大きくならないようです。特に、パノラマ画像は意味がないかもしれません)



by otto-N | 2019-01-01 16:18 | Comments(12)

2018.12.21 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2018.12.26 (記)

2018.12.21
年賀はがきを買いに行くついでに裏の公園に立ち寄ると、いつもの日だまりに1頭だけヤマトシジミが飛び回っていた。今年はカタバミも咲いておらず、吸蜜できるのはアベリアくらい。寒さの中で栄養補給もできずかなり厳しい感じだ。
a0181059_19465942.jpg


長年使っているキヤノンのプリンターは3色しか使わないので望んだ色が出ないのだが、高い純正インクでなくてもそれほど支障はなかった。しかし、光沢紙で名刺を作ると黒いはずの文字が靑くなってしまった。普通紙で試し摺りした時は問題がなかったので、光沢紙ではダメなようだ。さて、年賀状。これまた青字に印刷されてしまった。原因は紙質にあると思い、用紙を「インクジェットはがき」ではなく普通の「はがき」にしたところ黒字になった。やれやれ。


それはそうと、12月23日で東京タワーは還暦を迎えるという。21日から3日間、赤にライトアップされるとのこと。東京タワーのライトアップを撮るのもいささか飽きてしまったが、一応撮っておいた。実際は160度ほどをパノラマ合成したが、それでは東京タワーは豆粒になってしまうので半分くらいにカットした。そうか、東京タワーは私より〇年若い。
a0181059_20014569.jpg


2018.12.25
西高東低の気圧配置。前日の北風が収まったので、10時半ころ、裏の公園を見に行くがヤマトシジミは飛んでいなかった。日差しが心地いいと言ってもダウンを着てのこと。気温はかなり低い。しかし、いないはずはないと確信して、一度自宅に戻り出直すと今度は階段下の日だまりで飛びまわっていた。珍しく枯れ茎の先端にとまり、太陽の光をまともに反射し風に揺れながらブルーに輝いた。
a0181059_16290722.jpg


モニターを見ているうちにいなくなったので、植栽に囲まれた隣の日だまりを覗くと1頭が飛んでいた。飛び方が少し緩やかだったので別個体かもしれないと思いながら撮ってみる。飛ばれたので後を追うと、1頭目のいた場所に飛んで行き2頭が絡んでどこかに行ってしまった。自宅に帰ってPCで見ると、2頭目をちゃんと撮っていた。どうやら、こちらが4日前と同じ個体のようだ。
a0181059_16374868.jpg


この日の夜の東京タワーはイブと同じく、クリスマス・カラー。午後8時過ぎ、少し欠けた月が昇ってきた。
a0181059_22280025.jpg


P.S.
2018.12.31
12月25日以降、27日、30日、それと今日、裏の日溜まりにヤマトシジミを見に行ったけれど、ついに姿を現すことはなかった。晴れていても、冷え込んだ日が続くとやはり厳しいようだ。平成最後の東京タワー。もっとも、元号はなくてもいいと思っているので全く感慨はなく、来年はいよいよ大台かと思うと今までとは違った気分になる。
a0181059_19511847.jpg



by otto-N | 2018-12-26 17:36 | Comments(2)

2018年 明けましておめでとうございます   2018.1.1 (記)

2018.1.1
新年明けましておめでとうございます

恒例の屋上からの初日の出です。毎年正月には出かけることもないので、朝6時半に起き、同じ位置からの撮影です。日の出は6時50分ころ。24ミリ相当で5枚の合成ですが、180°のパノラマを撮るために東南角に少し早めに行き、撮影ポジションを確保する必要があります。実は、日の出る瞬間よりも日の出前の透明に近いブルーと赤く染まり始めた地平線が好きなのです。残念ながら、温かみのある優しい黄色い光でライトアップされた東京タワーは、高い所からではビル群に飲み込まれて目立ちませんが、今でも東京のシンボルだと思います。
a0181059_13054440.jpg

6時50分過ぎ、やっと太陽が出て出てきました。太陽を見ず、六本木ヒルズに赤い太陽光が反射する頃、左から5回シャッターを切ります。毎年撮影しており、風景にそれほど変化はないようですが、少しずつ新しいビルが増えています。昨年は目黒駅前の高層ビル(画面右)はまだクレーンを積んでいましたが、もう完成間際になりました。太陽はまだビルの間から昇ってきましたが、このポイントに高層ビルが出来たならここからの風景はお終いになるかもしれません。(画像はすべてクリックすると大きくなります)
a0181059_16362234.jpg


7時、屋上の開放時間は終了。西には少しピンクに染まった富士山。この位置からは区の焼却場の煙突があったりして不細工なので、山裾から下はカットです。昼ころ、裏の小公園に行ってみましたが、昨年はいたヤマトシジミはおろかムラサキシジミも見つかりませんでした。
a0181059_13081900.jpg

今年でチョウ撮影8年に突入です。今年も近場のチョウしか撮れないと思いますが、よろしくお願いいたします。

otto-N




by otto-N | 2018-01-01 16:38 | Comments(2)

2017年 明けましておめでとうございます   2017.1.1 (記)

2017.1.1
新年あけましておめでとうございます

マンション屋上のヘリポートからの東京の初日の出です。六本木ヒルズに太陽の光があたり、一番輝いた時にシャッターを切りました。24ミリで4枚のパノラマ合成です。クリックすると、六本木ヒルズの右の遠くにスカイツリーが見え、その右に東京タワー。太陽は品川の向こうから昇り、その手前に自然教育園の森が拡がっています。一番右は、目黒駅前に建築中の高層ビル。毎年、同じ時に撮影していますが、少しずつ高層ビルが増えています。
a0181059_17524142.jpg

昨年も同じようなチョウばかり撮っていました。
今年もそれほど変わらないと思いますが、よろしくお願いいたします。

otto-N

***********************************************************************************************


10時すぎ、ヤマトシジミに会いに行ってきました。寒かったせいか、なかなか出てきませんでしたが、しばらくしてから、いつもとは違う所から飛んできました。ここで、ヤマトシジミが年を越したのは初めてです。
a0181059_12545218.jpg

このヤマトシジミは、12月4日に最初に撮っているので、ここで少なくとも28日間生きていることになります。しかし、この日だまりに咲いているカタバミは3つか4つ。それも小さな花ばかりなので、吸蜜源としては心もとない感じです。日が照っているのに、とまってもすぐ翅を開かず、開くのは数分たってから。まるで元気がない感じです。裸地にとまったのを見ていると、翅を拡げながら移動を始めました。この動きは吸水している時の動きのような気がしたので撮ってみました。影になるのであまり近づくことができなかったのですが、確かに、吸水しているようです。ヤマトの吸水は意識して観察していませんでしたが、吸蜜源のない時期は重要なことかもしれません。
a0181059_1255430.jpg


★ More:  屋上での撮影(クリックしてください)

by otto-N | 2017-01-01 19:52 | Comments(18)

2016.9.27 東京・恵比寿 ヤマトシジミ   2016.10.1 (記)

2016.9.27
朝、薄日が射したので、ヤマトシジミの開翅を撮りに出る。

オスはこのくらいの薄日がちょうどいいのだが、奇麗な個体は少ない。
a0181059_13453967.jpg

メスはやはりもう少し暗くてもいい。そのほうがアラが目立たない。オスを避けるかのように草の陰にすぐ入り込む。
a0181059_13455190.jpg

こんな背景で撮っても仕方がないのだが、近々、草刈りが入りそう。そうなったら丸坊主で土が剥き出しだ。
a0181059_13455925.jpg
雑草として刈られてしまうカタバミはすぐに生え、近くに吸蜜できる花もあるのだけれど、問題は刈られたカタバミについている幼虫や卵。集めて焼却されてしまうので、せっかく夏から秋に増えたヤマトシジミは、越冬する前に数を大きく減らしてしまう。



P.S.
2016.10.1
今日はピンクリボンの日。ピンクにライトアップされた東京タワー。18時30分に点灯された。
a0181059_19412031.jpg



   

by otto-N | 2016-10-01 20:12 | Comments(0)

2016年 明けましておめでとうございます   2016.1.1

2016.1.1
新年あけましておめでとうございます。

雲一つないすっきりした何年かぶりの初日の出でした。六本木ヒルズに朝日が当たるのを待って撮影しました。ますます高層ビルが増え、まだあちらこちらにクレーンが見えます。朝日が出るあたりは、品川のビル群ですが、水平線ではなく、ビルの上からしか朝日が昇らないという日が来るのはそう遠くないかもしれません。
a0181059_15483492.jpg

今日は、昨日(大晦日でしたが)、友人から真っ白い羽化直のヤマトシジミの♂が2頭いるという知らせが入り、江戸川区の小さな公園に行ってきました。残念ながらヤマトシジミは見つかりませんでしたが、この時期、新鮮なヤマトシジミがいるということに驚きました。今年もチョウの発生が少し異常かもしれませんが、引き続き身近なチョウの撮影を楽しみたいと思います。(でも、たまには、変なの撮りたいですね)
今年もよろしくお願いいたします。

otto-N (オット・エヌ)

by otto-N | 2016-01-01 16:02 | Comments(28)

2015.9.19 東京・恵比寿Sビール本社前 ミドリヒョウモン   2015.10.1 (記)

2015.9.19
広角だけを持って、近くを散歩。Sビール本社前、ブッドレアにチョウが来ていた。この花はあまり好きではないが、チョウの集客力は抜群。

アオスジアゲハはブッドレアにあまり来ないようだが、この少し痛んだ個体は去ってもまた来た。どういうわけか、2~3コマ目とも、眼はこちらを見ている。考えすぎか・・・。
a0181059_1765614.jpg

彼岸花がところどころに咲いていて、アゲハが来ていた。実は彼岸花もあまり好きではない。
a0181059_17112592.jpg

いつもこのブッドレアにはツマグロヒョウモンが必ずいる。背景には、東京ミッドタウンと六本木ヒルズが入っているのだが、ボケすぎて判らない。ヒルズは煉瓦の門柱の装飾と一部が重なっているし。
a0181059_1774230.jpg

そこへやって来たのはミドリヒョウモンのオス。慣れない広角での静止を撮影。飛翔設定だったので、真っ暗。色の補正がうまくいかなかった。ミドリヒョウモンは都心にもいるけれど、数はとても少ないのです。
a0181059_1775675.jpg


天気がいいと、(悪くても)、閉じこもっているのは何なので、カメラをもって近くを散歩する。チョウのいる場所は限られるし、いつも同じ種類ばかり。それでも、なんかかんか撮影できる。写真は溜まる一方。普通種ばかりなので、見てもおもしろくはないとは思いますが、そんなときはスルーしてください。いつもでしょうけれど。


P.S.
本日、10月1日はピンクリボンの日。先ほどまで、雨で全く見えなかった東京タワーが姿を現しました。
a0181059_1924208.jpg

東京タワーの前に高層ビルを建設中、この眺めもこれまでかもしれません。20年前は、根本まですっかり見えたのですが・・・。
a0181059_9365433.jpg


by otto-N | 2015-10-01 20:40 | Comments(0)

2015.1.1 明けましておめでとうございます   2015.1.1 (記)

2015.1.1
2015年 明けましておめでとうございます。

東京の初日の出といきたいところですが、ちょうど太陽の出るあたりだけ厚い雲がありちょっと残念でした。それでも雲の切れ目からほんの少しだけ朝日を見ることができました。街は暗く沈んでいますが、明るくなるにつれ、クレーンが林立しどんどん変わっていく東京が姿を現しました。果てしなく灰色の建物が続く東京砂漠ですが、今年も都会のチョウがテーマの1つです。新しく単焦点の300ミリレンズが加わったので、飛翔写真以外の楽しみが増えました。右手前に黒く広がっているのが、わが白金の森「自然教育園」です。
a0181059_16233015.jpg

昨年中は多くの方々に親切にしていただき、ほんとうにありがとうございました。本年もよろしくお願いいたします。

otto-N (オット・エヌ)

by otto-N | 2015-01-01 14:40 | Comments(20)

2014.10.1 栃木県・鬼怒川河川敷 ツマグロキチョウ (2)   2014.10.10 (記)

2014.10.1 続き
昨年には見られなかった場所でのツマグロキチョウ。曇っているせいか飛んでいてもすぐ葉陰に休んでしまう。気温も低いせいか飛翔も普段より弱々しい感じだった。
a0181059_154813.jpg

曇っているので、背景は暗くなるけれど、そのぶん、翅の黄色が落ち着く。
a0181059_157616.jpg

日は差さないまでも、ときどき空が少し明るくなる。そのたびに絞りを開けたり絞ったりしたが、露出オーバーではすぐ黄色が色飛びしてしまい、補正できなかった。
a0181059_1564611.jpg

広い河原の片すみだけにしかいなかった。6コマ目、無紋型かと思ってかなりの距離を追いかけたが、キタキチョウだった。
a0181059_1542576.jpg

まだ、雨の滴が残る河川敷。ズボンもぐしょぐしょだし、靴の中にも水がたっぷり。歩くたびに音。
a0181059_1561545.jpg

ときどきクズの蔓に脚をとられ追えなくなったけれど、深追いの必要もないほど、ツマグロキチョウは飛んでいた。
a0181059_1562958.jpg

空を写すとチョウはすべて逆光。翅裏が白いタイプの個体を追いかけたが、その色はでなかった。
a0181059_1551072.jpg

翅裏の黒スジが少し透けて見え、曇っているので黄色も綺麗に撮れた。
a0181059_1573047.jpg

途中、モニターを見たら、背景は叢ばかり。広い河川敷も撮ろうと意識した。相変わらず曇ったまま。かなり淋しい風景。
a0181059_1552222.jpg

ときどき地面にもとまる。飛び上がったとき、下からカメラをあてた。
a0181059_1555884.jpg

表翅が4枚そろって写っていたのはとても少なかった。せっかく撮れたのに背景に難あり。
a0181059_1554384.jpg


空が明るくなることを期待して、(明るくなったらシルビアを探しに行こうと思っていたが)、ずるずるとこの場所にとどまってツマグロキチョウを撮っていたが、一向に明るくなる気配がなく、気温も上がらなかったので、午後3時に撤収。



この日は10月1日。ピンクリボンの日。
a0181059_19395526.jpg


by otto-N | 2014-10-10 18:20 | Comments(8)

2014.1.1 あけましておめでとうございます   2014.1.1 (記)

2014.1.1
2014年 明けましておめでとうございます
東京の初日の出です。ビルがこの1年でさらに増え、太陽が出てきた場所は建築中のビルの陰になり、その瞬間を撮ることができませんでした。高いビルから順に朝日を壁面に反射し、この1年が始まります。
a0181059_9483357.jpg


ブログを始めてから3年たちました。まだまだ撮っていないチョウがたくさんありますが、今年もマイペースでいきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
otto-N

by otto-N | 2014-01-01 10:01 | Comments(44)